• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Cyber Xのブログ一覧

2012年03月26日 イイね!

水戸 梅の名園  <偕楽園 >

水戸 梅の名園  <偕楽園 >今月末まで水戸偕楽園で催されている「水戸梅まつり」に行ってきました。偕楽園は岡山後楽園、金沢兼六園と並び日本三名園といわれる名園です。今年でちょうど開園から170年を迎えた「偕楽園」をブログにしてみました。







偕楽園
偕楽園は水戸藩9代藩主・徳川斉昭(烈公1800-1860)によって天保13年(1842)に開園されました。入園できる者は当初は武士と限られていましたが、次第に領内の領民にも開放されていきました。「偕楽園」の由来は、「領民と偕(とも)に楽しむ場にしたい」という目的で命名されました。
ちょうど3月の最終日曜日と好天が重なって、駐車場までは1時間待ち、想像した以上のひとが梅まつりを見ようと押し寄せていた“超満員”の偕楽園でした。


表門
 

一の木戸


孟宗竹林


吐玉泉
大理石から、玉のような澄んだ水をたゆまなく吐くので、「吐玉泉(とぎょくせん)」と名付けられました。水が湧き出るのは仕掛けがあって、造園当時から一度も水枯れしたことがないもので、徳川斉昭の考案だそうです。偕楽園の名物のひとつで、多くのひとだかりができていました。


好文亭
偕楽園のランドマークといえる「好文亭」に行ってみることにしました。好文亭は徳川斉昭によって、休憩所として建てられた木造三階建ての建物で、いちばん上の「楽寿楼」からの眺望は人気のスポットで、料金所から長蛇の列でした。好文亭は、昭和20年(1945)の水戸空襲で焼失後、復元されたものです。偕楽園はこの種の庭園としては珍しく入園料はかかりませんが、好文亭は唯一有料となっています(大人190円、小・中学生100円)。
また、好文亭の由来は、梅の異名「好文木」からついたものです。


楽寿楼から見える「千波湖」です。
 

田鶴鳴梅林(たづなきばいりん)です。


13haもある広大な敷地には、約百品種、三千本の梅が植えられています。偕楽園をひととおり歩いた感じでは、ドーム球場が軽く5つくらいは入る、そんなイメージの大きさです。


見晴広場
「水戸の梅まつり」メイン広場です。祭り太鼓の催しです。


左近の桜
「左近の桜」は、徳川斉昭夫人・登美の宮が降嫁の際、仁孝天皇(にんこうてんのう)から下賜されたのが最初で、現在の桜は京都御所紫宸殿から昭和38年(1963)根分けされたものです。桜はまだつぼみでした。


第50代「2012 水戸の梅大使」
毎年、「梅大使」のお嬢さんたちが公募され、水戸の梅まつりに花を添えます。初代「梅娘」から数えて今年は50代目にあたります。


偕楽園は3.11東日本大震災で被災し、昨年の水戸の梅まつりは中止になりました。好文亭は壁が崩れ、園内も大きな損傷を受けましたが、ほぼ1年かけてこの2月に完全復旧し、今回の梅まつりに間に合うことができました。
これだけ規模の大きい公園ですが、好文亭を除く園内は無料で開放しています。岡山後楽園や金沢兼六園は有料ですが、日本3名園といわれる偕楽園が無料開放を続けているのは、170年前開園時の徳川斉昭のコンセプトを現在も引き継いでいるからだそうです。
「皆と偕に楽しむ」、170年たった現在でも、その伝統が脈々と生きているのでした。
Posted at 2012/03/26 23:00:07 | コメント(5) | トラックバック(0) | 自然 | 日記
2012年03月04日 イイね!

武蔵の名城 <江戸城(皇居東御苑、皇居外苑) 、井伊掃部頭邸跡(前 加藤清正邸)>

武蔵の名城 <江戸城(皇居東御苑、皇居外苑) 、井伊掃部頭邸跡(前 加藤清正邸)>3月3日ひな祭りの日は、東京近辺は最近になく暖かく陽気もよかったので、皇居を散策してきました。
皇居は徳川幕府の江戸城であった敷地に、明治元年(1868)年10月に皇居となり、翌2年(1869)3月、明治天皇が京都御所より住まいを移し、現在に至っています。皇居の内、「皇居東御苑」と「皇居外苑」は、「江戸城」の櫓や石垣など多くの史跡を見ることができます。また、皇居は「江戸城」として、日本100名城に指定された武蔵国を代表する城郭です。この「江戸城」をブログにしてみました。

皇居東御苑
江戸城の本丸、二の丸、三の丸部分を皇居東御苑といい、国の特別史跡に指定されています。


大手門
江戸城の正面入口にあたる「大手門」です。江戸城の各門の特徴は「枡形門(ますがたもん)」と呼ばれ、外側と内側が二重門になっており、進路は必ず直角にしてありました。外側を「高麗門(こうらいもん)」、内側を「渡櫓門(わたりやぐらもん)」といい、防御のための工夫が施してありました。万一敵に攻められたときに、高麗門を突破されても、渡櫓門で足止めさせ、弓や矢で攻撃できるようにしてありました。


大手三ノ門跡と同心番所
江戸城へ登城するには、「大手門」、「大手三ノ門」、「大手中ノ門」と「中雀門(書院門)」の計4つの門を通らなければなりませんでした。また、各門には「番所」が設置され、この大手三ノ門には「同心番所」が置かれていました。
ここでは与力や同心といった者が警備を行い、ここを馬に乗ったまま通過できるのは、尾張、紀伊、水戸の御三家だけで、他の大名は駕籠や馬から降ろされ、検問を受けました。


百人番所
大手三ノ門跡を通過すると、大手中ノ門跡手前に今度は「百人番所」があります。鉄砲百人組といわれた与力や同心たち100人が配置され、昼夜を問わず警護にあたっていた番所です。昭和30年代に復元された建物だそうです。


大手中ノ門跡と大番所
登城の際、通過する最後の大番所です。他の番所よりも位の高い与力や同心が警護にあたっていました。


中雀門跡
大番所を通過し、本丸入口の「中雀門(書院門)跡」へ向いました。緩やかな坂道です。
「中雀門跡」です。

ようやく本丸です。少し先に「本丸天守台」が見えてきました。



松の大廊下跡
本丸天守台の手前に、元禄年間に赤穂藩主・浅野内匠頭が吉良上野介に刃傷事件を起こした「松の大廊下跡」があります。


江戸城本丸天守台
江戸城の天守は3度にわたって修築されました。最初の天守は慶長12年(1607)に完成しました。
2度目は元和8年(1622)に完成し、3度目は寛永15年(1638)に完成しました。いずれの天守も「天下普請」で、将軍が諸大名に命じて造らせたものでした。
ところが、明暦3年(1657)の大火事・明暦の大火により、寛永期の天守は焼失してしまいました。江戸市民10万人もの死傷者を出だしたとも伝えらえる大火事は、濠と石垣で防御した天守も焼けつくしてしまいました。
4度目の天守再建に着手しましたが、三代将軍家光の異母弟で初代会津藩主となった保科正之が、町の復興に全力を注ぐべきとの進言があったため、工事は中断され、その後天守が再建されることはありませんでした。
いままで幾つかの天守台を見てきましたが、これほど綺麗で、またこれほど巨大な天守台は見たことがありません。まさに、天下人徳川将軍家に相応しいお城であったというのがよくわかります。



次は天守台の裏にある「北詰橋門(きたはねばしもん)」と「平川門」に向かいました。


北詰橋門
江戸城天守台に最も近い位置にある「北詰橋門」です。この門は重要地点にあることから、濠を深くし、石垣も他の場所よりもより高く堅固にしてあり、橋を跳ね上げる仕掛けになっていました。
現在の橋(復元)は固定された橋となっています。


平川門
徳川家康が江戸へ入る前、太田道灌(1432-1486)の時代からここに門があって、当時、門の前には上平川村や下平川村などがあったそうです。
この門は江戸城の艮(うしとら)の方角(東北)、つまり鬼門にあたるため、「不浄門(ふじょうもん)」とも呼ばれ城内の死者や罪人を出す特殊な用途の門でもありました。また、「御局御門(おつぼねごもん)」とも呼ばれ、大奥女中の通用門としても使用されました。
お福(春日局)が門限に遅れて、この門前で一夜を過したという逸話も残っています。


二の丸庭園
「皇居東御苑」から今度は、「皇居外苑」に行ってみることにしました。

皇居外苑
大手門の南側、桔梗濠に面したまずは巽櫓(桜田二重櫓)からです。

巽櫓
櫓とは、倉庫や防衛の役割をもった建物で、かつて江戸城には19の櫓がありました。今は、「伏見櫓」、「富士見櫓」とこの「巽櫓」の3つしか残っていません。うしろに小さく写っているのが「富士見櫓」です。
明暦の大火で焼け落ちた天守の代用として、「富士見櫓」が使われたそうです。いずれも貴重な現存建築です。


桔梗門
 

坂下門と宮内庁



二重橋と伏見櫓


楠正成
南北朝時代に後醍醐天皇が京都に向けて進軍途中に、楠正成が天皇一行を出迎えた時の姿をかたどったものがこの銅像だそうです。
上野恩賜公園の西郷隆盛、靖国神社の大村益次郎とをもって、「東京の三大銅像」というそうです。


桜田門


井伊掃部頭邸跡(前 加藤清正邸)
桜田門から桜田濠沿いに200~300m半蔵門寄りに歩くと、「国会前」信号機があります。この脇は現在は憲政記念館の所有地ですが、江戸時代初期には肥後熊本初代藩主・加藤清正の江戸屋敷がありました。二代忠広の時、加藤家は改易され、その後は彦根藩江戸屋敷となりました。
有名な幕末に起った大事件、桜田門外の変はこの彦根藩邸から井伊直弼が桜田門外にさしかかった時、水戸浪士らに暗殺された事件でした。

彦根藩邸跡から桜田門方面です。登城途中のこの僅かな距離で井伊直弼は暗殺されました。 徳川幕府滅亡のきっかけともいえる大事件でした。


江戸の名水「櫻の井」
彦根藩邸前には江戸時代、名水井戸といわれた有名な井戸がありました。三本の釣瓶を下ろすと、
一度に桶三杯の水が汲め、幕末当時江戸城を訪れる通行人に豊富な水を提供し、重宝がられたそうです。この井戸跡が、その名水「櫻の井」井戸跡です。加藤清正が掘ったと伝えられています。
歌川広重の浮世絵にも描かれるほど有名な井戸であったそうです。


「櫻の井」の真下を通る首都高です。その先に見えるのは半蔵門になります。東京FMはここからオンエアしています。


日本100名城「江戸城」をブログにしました。現存する濠や石垣、天守台や櫓は、何度見ても素晴らしいし、また、それらの旧跡が周りのビル群と何ら不自然さもなく調和しているのは、日本の首都東京ならではの風景かもしれません。
関東地方の日本100名城は全部見ましたが、関東のお城では江戸城は最も好きなお城です。 昨年、金山城(群馬県)でボランティアの方に関東の100名城でいちばんよかったのはどこでしたか、と聞かれたとき、迷わず「江戸城」と答えたことを覚えています。
今回、皇居東御苑と皇居外苑を見ましたが、しばらくしたら、また行ってもいい、そんな印象の名城でした。
Posted at 2012/03/04 02:00:21 | コメント(6) | トラックバック(0) | 史跡 | 日記

プロフィール

「続日本100名城 =歴史を変えた真田の城= 名胡桃城 http://cvw.jp/b/9733/40450498/
何シテル?   09/23 22:00
オートビレッジ時代の2001年11月に登録しました。みんカラもメジャーになり、国産車から外国車まで、いろんなオーナーカーを見て楽しませてもらっています。2015...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/3 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

350S G's ~納車から1年インプレッション~ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/26 21:01:12
*紅葉めぐり* ~河口湖の畔にて~ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/12/05 20:01:55
*秋色水鏡*  ~南アルプスのふもと 南伊奈ヶ湖より~ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/12/05 19:52:36

ファン

31 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ マークX G's トヨタ マークX G's
2015年4月7日登録のマークX 350S”G's”です。G'sのエクステリアと、3. ...
トヨタ チェイサー トヨタ チェイサー
2001年式最終型JZX100チェイサーツアラーV TRD Sportsで、2015年4 ...
トヨタ チェイサー トヨタ チェイサー
この前期100系ツアラーSにそもそも乗り換えたキッカケは、当時所有していた91年式C33 ...
日産 ローレル 日産 ローレル
グレードはツインカムターボ・メダリスト。同じRBエンジンのR32スカイラインGTS-tと ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2006年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2004年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2003年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2002年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2001年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.