• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Cyber Xのブログ一覧

2012年04月29日 イイね!

伝統の一戦 GT <東京ドーム >

伝統の一戦 GT <東京ドーム >GW2日目、東京ドームで伝統の一戦、巨人vs阪神を見てきました。4年ぶりのプロ野球公式戦をブログにしてみました。









東京ドーム
4月29日午後2時試合開始のデーゲームでしたが、ひと足先午前11時に入場し、ジャイアンツの練習風景を見ました。午前中から気温はグングン上がりましたが、エアドーム内はとても涼しく快適でした。


試合前の特別見学は40分限定で、一般開場は正午なので一旦外に出ました。


阪神タイガースOB 赤星憲広氏トークショー
GWスペシャル企画、球場外での赤星さんのトークショーです。途中から聴いたのですが、結構面白いトークショーでした。赤星さんの話では、プロ野球選手で最も快足なのは北海道日本ハムの糸井選手、最も外野守備が巧いのは千葉ロッテの岡田選手だそうです。
最も面白かったのは、ジャイアンツ24番のユニフォームTシャツを着た小さい女の子からの質問でした。
「ジャイアンツの選手でいちばん好きな選手は誰ですか?」と聞かれた赤星さん、観客は大爆笑、迷わず「高橋由伸選手です」と答えたのは、赤星さん一流のジョーク?だったかもしれません。


先発はジャイアンツ内海、阪神岩田、両サウスポーエースでした。

ヒーローインタビュー
内海、岩田の投手戦でしたが、ジャイアンツ加治前選手のタイムリーヒットと、村田選手の犠牲フライであげた2点を守り抜き、2-0でジャイアンツの勝利、ヒーローは加治前選手と7回無失点の内海投手でした。
内海選手は今日が30歳のバースデー登板、記念の勝利でした。


今日のGT戦は一本もホームランがでない試合でしたが、一緒に観戦した酔狂な阪神ファンの知人は納得の敗戦だったようです。
「なんで城島なんか出すんや(チャンスで二併殺)。ブラゼル出さなあかんやないか・・・。零点ではあかんわ~」と敗戦の弁。
巨人ファンの私は空中戦を期待したのですが、もちろん結果に満足。GW初日は通常出勤だったのですが、いいGW前半を楽しむことができました。
Posted at 2012/04/29 22:00:00 | コメント(3) | トラックバック(0) | 野球 | 日記
2012年04月22日 イイね!

信州 桜の名所 <高遠城址公園、国宝 松本城 >

信州 桜の名所 <高遠城址公園、国宝 松本城 >16日(月)にようやく開花宣言した信州の「高遠城址公園」と、「国宝・松本城」に行ってきました。高遠城址公園、松本城とも満開の桜見たさに、とても多くの花見客で賑わっていました。







高遠城址公園
戦国時代の高遠城は、武田信玄の重臣・山本勘助が縄張りを行った城で、諏訪と高遠を結ぶ交通の要衝の地にありました。信玄の五男・仁科盛信の時代に武田攻めにより落城しましたが、江戸時代には高遠藩の藩庁となり、明治の廃藩置県まで存続しました。天守や石垣などない中世的な城でしたが、明治8年(1875)、これを惜しんだ元高遠藩士が城跡に1,500本の桜を植樹しました。


三の丸


二の丸


桜雲橋
高遠城址公園のランドマークといえる桜雲橋(おううんきょう)です。


タカトオコヒンガンザクラ
高遠城の桜は「タカトオコヒンガンザクラ」といい、ソメイヨシノより少し小ぶりで赤みのある花を咲かせます。ピンク色で染まったタカトオコヒンガンザクラ見たさに毎年花見シーズンには、関東、中部地方を中心に20万人前後の観光客がここ高遠城にやって来ます。
高遠城址公園は「日本さくら名所100選」に指定されており、弘前公園(青森)、吉野山(奈良)と並び、「桜の三大名所」といわれています。


信州そば
公園内に唯一あったこの店で昼食をとることにしました。ご当地名物・信州そばです。 一皿に盛られていますが、これで二人前です。



国宝 松本城
国宝指定されている松本城は、「現存天守」をもつ日本に12基しか残っていない城郭です。「現存天守」とは、江戸時代、またはそれ以前に建設され、現代まで保存されている天守で、松本城をはじめ、姫路城、彦根城、丸岡城、犬山城、高知城、松江城、宇和島城、備中松山城、松山城、弘前城、丸亀城、の各天守を指します。こうやって間近に見ると、黒い天守には荘厳さとその迫力に圧倒されます。
天守閣は文禄2年(1593)頃の築といわれています。

松本城も満開と好天の土曜日が重なって、かなりの数のひとたちが来ていました。お城の周辺の桜がとても綺麗でした。


黒門
本丸に入る正門で、櫓門形式の枡形門です。復元建築です。


本丸


長野県の桜はここ数日から見ごろとなっています。西から低気圧が接近しており、お天気が少々心配でしたが、山梨県を過ぎるあたりから晴天となりました。
高遠城、松本城とも日本100名城に登録されている名城で、桜とのコラボレーションが見れる名所です。
今年もお城と桜を見たさに信州まで足を延ばしましたが、行ってよかったと思えた日帰りドライブでした。
Posted at 2012/04/22 12:00:02 | コメント(7) | トラックバック(0) | 自然 | 日記
2012年04月07日 イイね!

東京 桜の名所 <千鳥ヶ淵、靖国神社、目黒川 >

東京 桜の名所 <千鳥ヶ淵、靖国神社、目黒川 >4月になり、東京の桜もようやく見ごろの時期になりました。お天気がよかったので、花見の名所といわれる「千鳥ヶ淵」、「靖国神社」、そして「目黒川」を散策してきました。どのスポットも桜見たさにに、多くのひとたちで賑わっていました。






千鳥ヶ淵
旧江戸城「北の丸公園」の北西、濠の一帯を「千鳥ヶ淵」といいます。上野恩賜公園と人気を二分する都内でも有数の花見のスポットです。昨年に引き続き、今年も真っ先に訪れてみました。


千鳥ヶ淵緑道
千鳥ヶ淵の沿道「千鳥ヶ淵緑道」です。この緑道(りょくどう)沿いを歩いてみました。


靖国神社
千鳥ヶ淵から道路を挟んだ反対側に靖国神社があります。「千代田桜まつり」で、ここも大勢のひとたちが参拝に、花見に来ていました。

「靖国の桜」は、明治新政府の木戸孝允(桂小五郎)によって植樹されたのが始まりでした。「靖国の桜」は東京の桜開花を告げる標本木に指定されています。


大村益次郎
長州藩出身で幕末、高杉晋作らとともに倒幕の先鋒に立ち、上野戦争では彰義隊を鎮圧、日本陸軍の祖といわれた大村益次郎の像です。あの西郷隆盛も一目置くほどの人物でした。上野に向けて建てられているそうです。


目黒川
都内目黒川沿い約3.8kmに約800本のソメイヨシノ、ヤエザクラ、シダレザクラなどが咲く、ここも花見の名所です。狭い宅地の間を流れる目黒川の桜は綺麗のひとことでした。



今日はまだ肌寒さが残る一日でしたが、東京の桜を見れて本当によかったと思っています。「目黒川」は初めて行ったスポットで公園ではなく、川沿いを歩いて見るだけでしたが、ここもひとひとひと噂に違わず、素晴らしいスポットでした。千鳥ヶ淵は外国人観光客も多く、中国系の団体客は大騒ぎをして沿道を歩いていました。この時期、桜を見るにつけ、日本っていいな、日本に生まれてよかったな、と思うのはちょっと大袈裟でしょうか。
Posted at 2012/04/07 20:00:01 | コメント(5) | トラックバック(0) | 自然 | 日記
2012年04月03日 イイね!

独眼竜の名城 <仙台城、瑞鳳殿、感仙殿、善応殿 >

独眼竜の名城 <仙台城、瑞鳳殿、感仙殿、善応殿 >戦国武将は数多くいますが、男性のみならず、女性にも人気がある武将といえば伊達政宗があげられると思います。東北の米どころ仙台の礎を築いた伊達政宗が築城した「仙台城」と、政宗・忠宗・綱宗三代が眠る「経ヶ峰歴史公園」をブログにしてみました。




日本100名城「仙台城」
仙台城(青葉城)は慶長6年(1601)、徳川家康の許しを得て、岩出山城を本拠としていた伊達政宗が青葉山に築城を開始した平山城でした。平野は奥州街道が通り、海に面した地形は海陸交通の要衝となることや、広瀬川が堀の役目を果たし天然の要害となることがこの地を選んだ理由でした。「千代」を「仙臺」と改め、人口増が見込まれる城下には成長の早い杉の木を植林し、水田開発にも力を注ぎました。
翌年にはほぼ完成し、本丸には「本丸大広間」、「本丸奥」、「懸造り」、「能舞台」をはじめ、櫓や門がありましたが、天守は建てられませんでした。政宗の長女・五郎八姫(いろはひめ)が、徳川家康の六男・忠輝と婚約していたため、家康の目を憚ったのかもしれません。


大手門跡と隅櫓
江戸時代には仙台藩62万石の政庁となりましたが、二代忠宗の時代に平地に二の丸、三の丸が造営され、以降伊達家当主はこちらで政務を執りました。
明治・大正時代にはほとんどの建物が取り壊され、戦前まで「大手門」、「隅櫓」、「巽櫓」が現存していましたが、昭和20年(1945)の仙台空襲で焼失してしまいました。その後、「隅櫓」が復元されましたが、3.11東日本大震災で被災し、今はまだ復旧工事が完了せず、こんな感じで管理されています。


中門跡の石垣
本丸には大手門から坂道を登っていくコースを通ります。その途中にある中門跡の石垣です。
 

本丸北壁石垣
発掘調査により、この石垣は政宗が築城した時代の石垣を覆うように、四代藩主・綱村の時代に積まれた石垣であることが判明しました。寛文8年(1668)の地震により被災した石垣を修復したものでした。


本丸跡
詰門跡の大鳥居をくぐると、本丸跡です。有名な伊達政宗の騎馬像があります。


伊達政宗
幼名を梵天丸といい、永禄10年(1567)に伊達家16代当主・輝宗と、のちに山形城主となった最上義光の妹・義姫の長男として生まれました。5歳のとき天然痘を患い、右目を失明しました。
天正12年(1584)に17代当主となると、急速に勢力範囲を拡張し、天正17年(1589)には南奥州を制圧しました。
しかし、この領土拡張に待ったをかけたのが、豊臣秀吉でした。秀吉は「惣無事令(大名間の私闘を禁じた法度)」違反を理由に会津領を没収すると、天正19年(1591)には一揆を扇動したことを理由に、米沢城から岩出山城に減封、国替えを命じました。

文禄2年(1593)の文禄の役には秀吉軍に従軍しましたが、従軍時に政宗が伊達家の部隊にあつらえさせた戦装束は非常に絢爛豪華なもので、上洛の道中において巷間の噂となりました。これ以来派手な装いを好み着こなす人を指して、「伊達者」と呼ぶようになったといわれています。
政宗自身は鎧や兜を黒で統一し、漆を塗って、より光輝くよう工夫をしました。赤や金の軍装が多くなり始めた時代に、黒光する軍装は対照的によく目立つものでした。

慶長3年(1598)に秀吉が亡くなると、禁止されていた大名間の婚姻を徳川家康との間に結びました。
関ヶ原の戦いが起ると、上杉景勝の重臣・直江兼続と戦い、上杉領を奪い獲りましたが、最終的に秀吉に奪われた旧領は奪回できず、62万石で初代仙台藩主となりました。


宮城県護国神社
仙台城本丸跡に昭和25年(1950)に創建された神社です。国有地払い下げの際、買い取ったものですが、仙台市がこれに反発、一部を買い取りましたが、本丸跡は現在も神社の私有地となっています。
また、二の丸跡は東北大学が、三の丸跡は仙台市博物館が所有し、ボランティア・ガイドさんの話によると、これらの関係が処理されないかぎり、復元建築の可能性は薄いとのことです。


神社の境内には有料駐車場と、青葉城本丸会館があって、テナントに青葉城資料展示館と売店や食堂があります。

この店で昼食をとることにしました。仙台名物「牛タン」です。タレを使用せず、塩をまぶして焼いて食べるというものです。仙台産牛タンは2回目ですが、ここの牛タンは少し厚みがあり、噛み応えがありました。

青葉城展示資料館では、15分間のCG映画を上映しており、政宗築城時代の仙台城をより知ることができました。
伊達政宗騎馬像は名残惜しかったのですが、次の目的地に向かいました。


経ヶ峰歴史公園
仙台城から車で15分くらいの場所、経ヶ峰に伊達家を祀る霊廟があります。伊達政宗は生前、遺骸をここ経ヶ峰に葬ることを遺言に残しました。寛永13年(1636)、江戸へ参勤交代の最中、政宗は江戸仙台藩邸で亡くなりました。その翌年に完成した政宗の霊廟が「瑞鳳殿(ずいほうでん)」でした。 昭和6年(1931)に国宝に指定されましたが、仙台空襲で焼失、昭和54年(1979)に再建されたものです。

瑞鳳殿



感仙殿・善応殿・妙雲界廟
二代忠宗(1599-1658)の霊廟を「感仙殿(かんせんでん)」、三代綱宗(1640-1711)を「善応殿(ぜんのうでん)」といいます。また、感仙殿の隣を「妙雲界廟(みょううんかいびょう)」といい、九代周宗(ちかむね)、十一代斉義(なりよし)とその夫人の墓です。


伊達政宗は、慶長16年(1611)に起った慶長三陸地震津波では、津波で荒れた土地を耕し、水田にすることで石高を増やし、江戸で消費する米の3分の1を仙台産が占めるようになりました。
慶長18年(1613)には、スペインと貿易をするため、江戸で宣教師と交渉し、支倉常長を渡航させました。残念ながら、幕府のキリシタン禁教令により実現しませんでした。
ともすれば武功しか目立たない戦国大名ですが、毎日の料理の献立まで作ったというグルメぶりが伊達家の記録に残っているそうです。
独眼竜政宗の人気は、意外とこんな面にあるのかもしれません。
Posted at 2012/04/03 01:00:02 | コメント(4) | トラックバック(0) | 史跡 | 日記

プロフィール

「関東で一番遅い紅葉 =亀山湖紅葉狩りクルーズ 2017 = http://cvw.jp/b/9733/40797129/
何シテル?   12/02 20:00
オートビレッジ時代の2001年11月に登録しました。みんカラもメジャーになり、国産車から外国車まで、いろんなオーナーカーを見て楽しませてもらっています。2015...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/4 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

リンク・クリップ

350S G's ~納車から1年インプレッション~ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/08/26 21:01:12
*紅葉めぐり* ~河口湖の畔にて~ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/12/05 20:01:55
*秋色水鏡*  ~南アルプスのふもと 南伊奈ヶ湖より~ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/12/05 19:52:36

ファン

31 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ マークX G's トヨタ マークX G's
2015年4月7日登録のマークX 350S”G's”です。G'sのエクステリアと、3. ...
トヨタ チェイサー トヨタ チェイサー
2001年式最終型JZX100チェイサーツアラーV TRD Sportsで、2015年4 ...
トヨタ チェイサー トヨタ チェイサー
この前期100系ツアラーSにそもそも乗り換えたキッカケは、当時所有していた91年式C33 ...
日産 ローレル 日産 ローレル
グレードはツインカムターボ・メダリスト。同じRBエンジンのR32スカイラインGTS-tと ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2006年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2004年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2003年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2002年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2001年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる