車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月12日 イイね!
アフリカツイン 水廻り総取り替え計画










数週刊前、リヤ側のエンジン上部のウォーターアウトレットパイプ取付部からの水漏れが発覚したため、水廻りパーツの総取り替えを決意し、昨日実行に移りましたが、これら全てが初めてやる作業であったため、一気にやるには体力的に無理があり、一部を次回に残し作業を終えました。



左ラジエータの上部ホース交換です。こいつはサーモスタットケースからやってくる冷却水がここを通ってラジエータで冷やされます。




サーモスタット交換、エアクリーナーケースの下に隠れています。またカプラーなども全て外してようやく作業できます。




写真の下側に見えるホースも交換です。これは各シリンダーの冷却水がパイプとホースを経由し、2系統でサーモスタットケースに送られてきます。




サーモスタットは、穴の開いている方が右側に来るようにセットします。これを間違えると、エンジンが冷えているときに送られる冷却水が、左側のラジエータに行ってしまうのではないかと思います。
ケース左側(写真上部)のサーモユニットも新品に。



こいつはラジエータで冷却された水が、ウォータポンプからフロントのエンジンに送られるホース。ホース先端にはウォーターホースジョイントがついています。これが強敵でした・・・




手の入るスペースが僅かで、2時間近く格闘しました・・・結局ジョイントはホースから外して単体でエンジンに取り付け、のちにホースを取り付けました。ホースをしっかり奥まで入れるのって結構力がいります。しかしここで手を抜くと大変なことになるのであくまで慎重かつ丁寧に・・・
で、何とかここは無事に取付完了・・・




次はウォーターポンプ流入側に装填されているパイプ交換です。ポンプ側からパイプを取り外した状態で、穴が見えますね。左側にあるホースは先ほど取り替えたフロント側のエンジンに冷却水を送ります。




新旧インテークパイプ、当然ですがOリングも交換。このOリングがぴったり過ぎるのか、なかなかスムースにポンプ側へ挿入できません・・・無理やり入れれば水漏れ・・・ここも焦らず慎重に


 

インテークパイプの先端に短いホースがついていますが、このホースには三つ又の樹脂部品を取付けます。そこには各ラジエータ下部からくるホースが接続されます。




サーモスイッチ、右側のラジエータ下部に付いています。


シール材をしっかり塗布




リヤ側のエンジンで熱された冷却水はヘッドからパイプ、ホースを介してサーモスタットケースに送られます。今回ここのパイプ部分からの水漏れと思っていましたが、ホースとパイプの間からの水漏れと分かり、キャブを外す時間も体力も残りわずかであったため、パイプの交換は次回に見送りました。


こっちはフロント側




右側のラジエータホース、反対側はサーモスタットケースと接続しています。




左側ラジエータも同様。丸い部品はガソリンタンクのクッションゴムです。これも両側新品に。




これは右側ラジエータ下部から冷却水をウォーターポンプへ導くホースです。




ホース交換はとりあえず終了、燃料タンクの後ろ側にあるクッションゴム、カラー、ボルトも新品。


トリムも在庫があったので両側とも新品に。




今回交換した全てのホースが8本。




インテークパイプ、ジョイント、三つ又、キャップ、サーモスイッチ、サーモユニット、サーモスタットに燃料タンククッション




燃料タンククッショントリム




冷却水のリザーバータンクと右側ラジエータをつなぐオーバーフローチューブと、ドレンチューブ・・・これ1メートルくらいあります。





次回の作業になったヘッド部分のホースジョイント。これやるはキャブを外す必要があり、次回燃料ホース類と一緒にやろうと思います。




ホース類には一部在庫僅かなもの、またジョイントやパイプ類なども同様でした。ホースはマフラーを避ける形状になっていたり、またホースの場所によっては保護用のラバーが巻いてあったりすることから、メーカー純正品が欠かせませんね・・・まあこれで当分水廻りの方は心配なさそうです・・・しかし疲れました。













Posted at 2017/02/12 15:57:09 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年01月29日 イイね!
アフリカツインお漏らし













僕のアフリカツインは我が家に来てもう4年目になり、その間それなりに手を入れてきましたが、やはり18年目の車両ですから、状態維持のためには多少の出費も覚悟の上で付き合っておりますが、またその時がやってきました。お漏らしが発覚しました。最近なんかクーラントが蒸発するよーな匂いが気になっていましたが、ややこしいところからのようです。これキャブまで外さないとだめかも・・・


わかるかな・・・



わかりずらい・・・




リヤシリンダーヘッドの前側に挿入されているウォータパイプの付け根部(パーツリストのNo.8に取り付けるNo.12のOリング交換)からのようです。クーラントはシリンダーヘッドからこのパイプを通りホースを経由して右側のラジエターに戻る構造のようです。



しかしこの際、純正パーツが出るうちに水廻りの部品を全てやっちまおう!と決意。最近お世話になっているウェビックさんの純正パーツ注文画面にアクセスし、赤○部分の部品を発注。




サーモスタット、サーモユニット、ラジエターキャップ、Oリング等の消耗品は問題なし、ホース類は左右のラジエター上部をつなぐジョイントホースのみ欠品、あとは一部メーカー在庫が僅かになってきているものもありましたが今回は全て揃いました。ウォーターパイプやジョイント類も在庫僅かでしたがどうにか揃いました。









LLCと液体パッキン含め、支払いは3まんえん・・・シビれます・・・



しかしかわいいアフリカ君のためにこれからも頑張りまーす!作業は来週かな





Posted at 2017/01/29 19:28:45 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2016年10月10日 イイね!
アフリカツイン プラグ交換












僕のアフリカ、3年前中古で購入時に新品にしてもらってから12000キロ、始めてのプラグ交換を決意。しかしアフリカのプラグは少々厄介モノなんです・・・

厄介その1

プラグソケットを持っていなかったので、短いほうを2りんかんで買ってきましたが、肉が厚くてプラグホールに入らない・・・HODAショップのオヤジさんに相談すると、店に転がっていたらしき中古の純正ソケットを500円で譲ってくれました(長い方)。


肉厚の差はほんの僅かですが入りません・・・また長さも足りません。



厄介その2

プラグ交換するだけなのに外装品ほぼ全裸、たかがプラグ交換に24ℓタンクまで降ろすんです・・・向かいのコンビニ行くだけなのに、わざわざネクタイスーツに着替えて行くようなもの・・・航続距離伸ばすため、メンテを犠牲にしたってことか、実にめんどくさい。しかもツインプラグ・・・



車体左側にある2本が取りづらい入れづらい・・・



取付角度といい長さといい、ホントに純正(車載工具)ソケットレンチがないと出来ないよ・・・


前側エンジンの右側はこっち向いてくれてるのでありがたい


後側エンジンの1つは頭頂部についているのでこれも楽ちん




プラグはイリジウムの8番



あまり回さないからか、若干黒いですね。




24ℓタンクが載れば一安心♪作業保留になっているホイールベアリングはいつできるかな?









Posted at 2016/10/10 16:32:13 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2016年08月11日 イイね!
アフリカツイン インシュレータ チョークケーブル スターターバルブセット交換









ケーブル類の中で唯一まだ交換していなかった「チョークケーブル」と、その先端に付いているスターターバルブ(セット)、それに折角キャブ外すので、インシュレータも一緒に交換します。
お決まりのビッグタンク、エアクリーナケースを外します。




キャブも取ります。






インシュレータがキャブに引っ付いてなかなか外れてくれませんでしたがとうにか…インマニの突起部にインシュレータのくちばし部分を合わせるようになっているので、キャブからインシュレータを外す前に、インシュレータの位置をしっかり確認しておきます。
二つ並んでいる方が新品です。1個約3,000円の高級部品が2個…ウソだろホンダさん


新品ズーム




チョークケーブルの、ワイヤー部分が一本から二手に分かれる部分は分解できる構造になっています。ブーツでしっかり覆われているにもかかわらず、水が入ってかグリスは変色しています。スロットルやクラッチケーブル程使用頻度は少ないため、おそらく新車から一度も交換されなかったのでしょう。




ワイヤに接続されているスタータバルブに大きなダメージはありませんでした。




チョークレバー側のタイコも大丈夫でしたね。




スタータバルブ(1セット)も3,000円確か以上しました。ケーブルも3,800円位。高いよホンダさん・・・
店のオヤジさん曰く、キャブ廻りの部品は特に高いそうです(ホンダに限ったことなのか?)。




スタータバルブセットに入っている部品を一式新品のケーブルにセットします。




キャブを車体に戻します。チョークケーブルは先にキャブへ取り付けておきます、インシュレータもキャブにしっかり位置を合わせて取付たらキャブを車体に戻します。ワイやーの取り回しを間違えるとキャブを外したり面倒なので、よく最初の位置を確認しておきましょう♪
インシュレータをキャブにつけた状態で車体に戻す方法が良くなかったのか、両インシュレータが左右のインマニへなかなか同時に入らず苦労しました(汗)。インシュレータはインマニに装着後、キャブを装着するのが正しいやり方かもしれません・・・
いずれにしてもインシュレータが正しい位置に装着されていないと、二次空気吸って「恐怖の手戻り」なんてことに・・・考えたくもない(汗)




スロットルケーブルAとBは、写真のステーを外せばキャブを車体へ装着後でも簡単にセットできます。無論スロットル側を緩めたり外したりする必要もありません。




チョークレバー側を元に戻します。




久しぶりにタンクを外したので、傷部分にタッチペンなどして差し上げました♪




フレームと接続されるタンクの裏側部分も




タッチペン♪




とりあえず組み付け完了!さてキャブは大丈夫か?




アイドリング安定してる・・・よかったー♪成功です!



あと残るは前後のホイールベアリング交換です。友人からベアリングプーラーの差し入れもあったことだし、盆休み中になんとかしたいなァ













Posted at 2016/08/11 15:53:27 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2016年08月06日 イイね!
アフリカツイン サイドスタンド交換












近い将来欠品になるであろうサイドスタンド…他車種との共通部品でもないし、また消耗品という位置づけでもない、いかにも廃番予備軍的部品であるため、新品が出るうちに交換を決意しました。
材料費はスタンドが3,800円、スプリング、ナットボルト類合計5点で税込6,000円強でした。


おそらく新車から一度も交換はされていないんでしょうね・・・錆もみられます。





新旧比較、古いほうは接地部分に反りが見られます。18年間車体を支え続けた証です。



新品には接地部分に金属を瞬間接着剤で固定しましたが、瞬間剥離しました。



こいつがサイドスタンドピポットボルトですが、アタマが短いので舐めないよう注意が必要です。



サイドスタンドスイッチは4,000円と大変高価な部品なので、とりあえず今回は再利用します。



ボルトとナットも新品に交換。



サイドスタンドスイッチ固定用の小さいボルトを入れます。狭いので若干入れずらい・・・



サイドスタンドスプリング装着完了!サイドスタンドスイッチ作動も確認。



これでもうサイドスタンドも当面安心です。実に萌えます♪





夏休みは前後ホイールベアリングとチョークワイヤ、キャブインシュレータの交換。9月4日のライドアフリカツインまでに全部やってしまおう♪










Posted at 2016/08/06 07:55:08 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「アフリカツイン 水廻り総取り替え計画 http://cvw.jp/b/980112/39306231/
何シテル?   02/12 15:57
南多摩郡の@たまあなごと申します。1号機、11’XT1200Zスーパーテレネと、2号機 98’XRV750アフリカツイン 3号機はポンRR(噛みつき日本猫)現...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
お友達
XT1200Zとアフリカツインオーナーの皆様、よろしくお願い申し上げます。
5 人のお友達がいます
ししふうししふう * SUPER-MONCHI2SUPER-MONCHI2
轍疲労轍疲労 たけちゃんライダーたけちゃんライダー
《良》《良》
ファン
3 人のファンがいます
愛車一覧
ホンダ アフリカツイン 2号機 (ホンダ アフリカツイン)
1998年式の国内仕様、サハラブルーメタリック。2013年11月うちの家族になりました。 ...
ヤマハ XT1200Z スーパーテネレ 1号機 (ヤマハ XT1200Z スーパーテネレ)
峠も走れそうなオフロードスタイルの大型マシンが欲しくなり、突然これに乗り換えを決意しま ...
その他 その他諸々 3号機 ぽんRR (その他 その他諸々)
3号機へ降格  2005年式                               ...
BMW R1200S 旧1号機 (BMW R1200S)
2014年9月まで我が家の1号機でした。スタイルに一目惚れしてしまい、2011年の2月に ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.