• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

@たまあなごのブログ一覧

2017年09月16日 イイね!

アフリカツイン自走不能 治りました

アフリカツイン自走不能 治りました










夏休み中に長野県川上村で突然死をした我がアフリカツイン、お店の夏休みも絡んだため約3週間後、元気になったので迎えに行ってきました。原因はステーターコイルが通電しなくなったことによるものらしいんですが、その原因がはっきりしないらしい。

コンビネーションスイッチから伸びる配線が、GSタンク下でメインハーネスと接続されるのですが、そこのカプラー内のギボシの接続がしっかりしていなかったことも一因ではないかとのこと。とりあえずここの修正、ステーターコイル交換、少し焼けてしまったレギュのカプラーを交換してもらい、アフリカツインは復活となりました。



今回は痛い出費となりましたが、長野からショップまでのレッカー代約15万円が保険でカバーできたので、まあ納得。


そして納車翌日アフリカと散歩の途中、、狭小ターンで寝かせ過ぎたリヤがグリップを失い、こんなことに











ショックで取り乱しそうになりましたが、気を取り直して・・・・
まずウィンカーは下部に若干傷が入ったものの、ほぼ見えない傷なのでそのまま使用、ウィンカー取付部のサブフレームを修正。
ナックルガードとミラー、バーエンドはメーカーから部品が出ました。






ミラーのロックナットを覆うブーツも交換







問題は右サイドカウルです・・・上下のデカールを交換してもカウル本体に傷が残ることと、右カウル下側のデカールはもうメーカーから出ないんです・・・あとは右サイドカウルをASSYで買えば綺麗に治るのですが、25,000円近くするシロモノなのでとりあえず今回は、ストックしている上側のデカールのみ交換。


痛々しいなあ


古いデカールはがすとだいたいこうなります・・・古い糊がとてつもなく強力に固着していて簡単には取れません・・・以前左サイドカウルのデカール上下を交換した時と同じです



ドライヤーで温めたりコンパウンド使ったりして格闘すること3時間半・・・やっときれいに取れました。灯油使うと早いみたいですが、塗装を傷める気がしてやめました。



ストックしていた上側のデカール、食器用洗剤を水で薄めてスプレー噴射しながら貼ります。以前左サイドカウルのデカール交換を経験していたので今回もまあまあうまく貼れました。



下側のデカールはこのままで乗るしかありません・・・ヤフオクで出品されないかなぁ



ついでにオイルとフィルターも交換、前回交換から5か月、2000キロ







添加剤ルブロイドの残り半分をエンジンオイルとともに


左ミラー、ナックルガード、バーエンド、ストック用に同じデカール購入でしめて約12,000円・・・これからは大事に乗ろっと・・・


Posted at 2017/09/16 22:35:32 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年08月18日 イイね!

アフリカツイン 自走不能

アフリカツイン 自走不能










ついにその時がやってきました・・・夏休み8月14日の10時半、長野県南佐久郡川上村にて突然死しました・・・いきなりエンストして、そこからうんともすんとも



損保会社に連絡して車両引き上げの要請。150分待ってようやく到着、地元のホンダショップに持ち込むにもこの時期じゃ空いている店もないだろうと、だめもとで横浜市内のアフリカ購入店に電話すると、営業中とのことで、そこまで持って行ってもらうことにしました♪13時30分に現地スタートし約200キロの旅が始まりました。



中央道上りの大渋滞にはまりながらも5時間でショップに到着!


原因はステーターコイルの不良みたいです。レギュレータとステーターコイルから来ている配線を接続しているベージュ色のカプラーが少し焼けてしまっています。

ステーターコイルは新品在庫があるものの30,000円以上する高価なものです。レギュは生きていることを祈りつつ・・・

運搬距離は200キロ弱レッカー代は15万円まで損保でカバーされるので、どうにか自腹はなさそうな感じです。皆さん任意保険は強い味方です!しっかり入っておきましょう!



Posted at 2017/08/18 09:56:59 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年07月15日 イイね!

アフリカツイン ホイールベアリング、ホイールダンパー他交換

アフリカツイン ホイールベアリング、ホイールダンパー他交換










部品は去年購入済みであったのですが、アンカー使いでワイルド的作業にするか、ベアリングプーラーを使って丁寧な仕事をするか迷っていました。結局8000円で新品のプーラーを買って作業することにしました。


まずはフロント左側から。


ベアリングの位置を事前に計測。





ハブに傷がつかないよう工具を直接当てないように。



あとはベアリングを引き上げます。



ベアリングがパキ・パキ・パキと音を出しながら徐々に上昇、そして抜けます。





ガタはなく音もしません。



ベアリングは1日冷凍保存、また使用直前まで保冷剤で冷やしました。



あとは円柱状の木の上からプラハンでひたすらたたきます。




ダストシールは当然新品にします。



位置が決まったらダストシールをはめます。



フロント右側も同じ要領ですが、こっちはベアリングの深さが決まっていて、ハブのいちばん奥まで行ったらOKです。


ベアリング間にセットされているディスタンスカラーも新品(右側)にします。傷はありましたが、目視で摩耗などは確認できませんでした。


フロント右側もダストシールと、スピードメーターギヤを回すギヤーボックスリテーナ―というリング状のものを新品にします。



グリスアップして



ダストシール交換



右ホイールサイドのカラーも新品に。





いい感じです♪




次はリヤ側です。リヤホイールハブにセットされているフランジは、反対側から木を当ててプラハンでたたくとホイールから徐々に飛び出してきます。フランジが抜けたリヤホイール。



ホイールダンパーを取り出しましたが全てカチカチ、石のように固くなっていますし3個は接合部が切れていました。これじゃアクセル空けた時、ごつごつするわけですね。



ホイールダンパーをセットする前に汚れを取っておきます。



プーラーをセットします。



上昇させます。



取り出し成功。



ここもベアリングを目一杯奥まで入れればよいだけですので、深さの計測は不要です。



そしてハブの中からアクスルディスタンスカラーを取り出しこれも交換。あ、ハブの外側にある大きなOリングも交換します。



こちらもベアリングにガタはなく、またディスタンスカラーの摩耗も前輪用と同様に目視ではわかりませんでした。



次はリヤの右側、ブレーキディスクを外して作業を行います。



こちらはベアリングの位置を計測します。





サクサク抜きます。



打ち込んだらダストシール交換です。



リヤ右側完成♪




最後はリヤのフランジ部にあるベアリングに取り掛かりますがここも深さを計測します。





引き抜きにかかります。



抜けたらベアリングをセットします。





適正位置まで入りました。



ベアリングを入れた方の裏側から新品のカラーを入れます。





ダストシールも当然新品




そしてハブダンパーも当然新品。これだけで確か4,000円近くしたかと・・・。



ハブのOリングも交換。ホイールダンパーセット部に水が入らないようにする重要な部品です。





少しシリコンを塗布してフランジを入れやすくします。



あとは少しずつプラハンで叩きながら奥までセットします。



リヤスプロケのフランジボルト5個も新品交換。



リヤ左側のカラーも新品交換。





右側のカラーも新品交換。



PEOさんのクロモリシャフトを挿入♪





アクスルシャフトのロックナットとワッシャーも新品に。





完成!!!



美しい!!!



走行後の感想
ベアリング交換してもはっきり言って何も変わらない・・・ベアリングは症状が出たら交換しましょう・・・効果がわかりません。

ホイールダンパー交換はゴムの弾力が回復した分、ショックが少なくなった感じです♪これはやる価値ありですね!

部品代がおおよそですが20,000円弱、プーラー8,000円、結構お金かかりました~~~






Posted at 2017/07/15 08:22:39 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月12日 イイね!

アフリカツイン フロントブレーキスイッチ交換

アフリカツイン フロントブレーキスイッチ交換













突然フロントブレーキスイッチが作動しなくなりました。



レバー握ってもテールランプが明るくならない・・・



で、こいつを取り替える。20年近く働き続けたのでしょうお疲れ様でした!



すると点灯!



いつもならウェビックさんで純正部品をまとめて3,000円以上購入し、送料無料で送ってもらうのですが、今回はブレーキスイッチ以外購入する部品がないのでアマゾンプライムにて社外品をGET。送料無料1,100円でした!
Posted at 2017/05/12 21:57:56 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月04日 イイね!

アフリカツイン フューエルチューブ、キャブ廻りのチューブ全交換



おおよそ3年半前、車両購入直後にやはりここ、燃料ポンプからキャブへ行く途中にある樹脂製のジョイント部分からお漏らしが発生し、チューブとジョイントを無料交換してもらったのであるが今回も同じ症状・・・旧型アフリカの新たな持病ということか。




原因はチューブかジョイントなのであろうが、どうせなら燃料系は一度全部交換してしまった方が安心なですね。


まずはフューエルチューブB、ガソリンタンク~ガソリンフィルターまでの部分






次はフューエルチューブA、ガソリンフィルター~燃料ポンプまでの部分




ワイヤガードなるチューブ保護の部品もメーカー在庫があったので交換。




続いてフューエルチューブF、燃料ポンプ~樹脂製ジョイントまでの部分



燃料ポンプ側の差し込み口が大口径に改良されているのか、チューブの口径と合わないので差し込むのに力がいりますね。


ここにもワイヤーガードが付きますが、欠品中のためここは部品を再利用します。




こいつが問題?(多分)のフューエルチューブジョイント


特に取付方向は決まっていないみたい。




次はフューエルチューブE、ジョイント~キャブ方向へ行く部分。ホース右側の三つ又(スリーウェイジョイント)も交換します。






三つ又の先は左右のキャブにガソリンを送るため、2方向へ分かれます。




これは三つ又~右キャブへガソリンを供給するフューエルチューブC。


狭いのでちょっととるのも入れるのやりにくい・・・乱暴に扱ってキャブ側をこわさないようにセット。




残るは三つ又~左キャブまでの部分、フューエルチューブD。



いずれホースもも弾力性が低下していますね・・・動脈硬化ですよ。





左キャブ側も入れずらい・・・



あとは三つ又側をつなぐだけ。




燃料ホース全交換終了!




続いてこいつは燃料ポンプのドレンチューブ、どうでもよかったのだけど、メーカーに1個だけ在庫があったので買っちゃいました・・・




今度はキャブ廻りのチューブ交換ですね。左右キャブの真ん中からでているチューブ。


これもかちかちです。



右側の金属製三つ又へ接続します。



これは左右キャブのオーバーフローパイプです。この辺の部品はメートル単位で販売しているバルク品を自分でカットして使うタイプになります。


こんな感じになります。新品は弾力があって♪
この三つ又、2個必要なんですがメーカー欠品中でしたが、なぜかアマゾンで購入できました!



ここもバルク品をカットして使用します。



エアクリーナーボックス周りはホースが1本だけしか部品が出てきませんでした。



先端のジョイントも交換。


ピンク色のドレンホース先端に付いている良くわからん樹脂部品も交換。何の役目をするんだろ


ガソリンタンクのドレンホースもバルク品で交換。




ガソリンコックレバーも交換。




完成!お漏らしが無事止まりました。さてGWはどこへ行こうかな♪











Posted at 2017/05/04 03:48:34 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「アフリカツイン自走不能 治りました http://cvw.jp/b/980112/40417856/
何シテル?   09/16 22:35
南多摩郡の@たまあなごと申します。1号機、11’XT1200Zスーパーテレネと、2号機 98’XRV750アフリカツイン 3号機はポンRR(噛みつき日本猫)現...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

お友達

XT1200Zとアフリカツインオーナーの皆様、よろしくお願い申し上げます。
5 人のお友達がいます
轍疲労轍疲労 * ししふうししふう
たけちゃんライダーたけちゃんライダー SUPER-MONCHI2SUPER-MONCHI2
《良》《良》

ファン

4 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ アフリカツイン 2号機 (ホンダ アフリカツイン)
1998年式の国内仕様、サハラブルーメタリック。2013年11月うちの家族になりました。 ...
ヤマハ XT1200Z スーパーテネレ 1号機 (ヤマハ XT1200Z スーパーテネレ)
峠も走れそうなオフロードスタイルの大型マシンが欲しくなり、突然これに乗り換えを決意しま ...
その他 その他諸々 3号機 ぽんRR (その他 その他諸々)
3号機へ降格  2005年式                               ...
BMW R1200S 旧1号機 (BMW R1200S)
2014年9月まで我が家の1号機でした。スタイルに一目惚れしてしまい、2011年の2月に ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.