• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

loft_hybridのブログ一覧

2014年07月09日 イイね!

【ナノエナジー・ツー 体感モニター】 『ナノエナジー・ゼロ』から『ツー』へ その2

【ナノエナジー・ツー 体感モニター】 『ナノエナジー・ゼロ』から『ツー』へ その26月17日にトーヨータイヤ『ナノエナジー・ゼロ』から『ツー』に換えて3週間ほど経ちましたが、今回は前回に引き続いて、インプレッション(燃費比較含む)です。
弄りネタアップのつもりがこちらのネタが先になってしまいました。今日が締切なのもので(^^;
この間に6月28日に車検もすませてしまいました。

★燃費性能
前の『ナノエナジー・ゼロ』(AAA-a)やその前のブリヂストンECOPIA EP001S(AAA-a)と同様によく転がります。1年くらいデータをためないと正確な比較にはならないとは思いますが1年前と同様にこの期間での燃費比較を試みます。

基本データ
トーヨータイヤ NanoEnergy0(AAA-a) 195/65R15 91H
 装着期間:約1年(2013/6/29~2014/6/17) 走行距離:29,939km(ODO63,008km~92,947km)
トーヨータイヤ NanoEnergy2(AAA-c) 195/65R15 91H
 装着期間:約3週間(2014/6/17~2014/7/8) 走行距離:2,461km(ODO92,947km~95,408km)

使用する燃費データ
 気温・気候も近いので、『ゼロ』の履き終わりの1か月(5/17-6/16)と、『ツー』を履いてから昨日までの期間で、乗車時刻・時間と経路が同じ通勤復路のデータを使います。雨の日や、急ぎの用事などでいつものコースと異なるコースになった日を除いて、使えるデータの日数としては、『ゼロ』は18日分、『ツー』は12日分になります。

通勤復路(距離50km、うち高速道路13km、一般道路37km)の比較
『ゼロ』 34.5km/l(18回分平均、最高37.8、最低30.3、平均気温21℃、空気圧320~330)
『ツー』 34.6km/l(12回分平均、最高36.2、最低32.6、平均気温24℃、空気圧310~320)
 燃費差+0.29%

気温と空気圧の差がありますが、ほぼ同じと言っていいのではないでしょうか。
また1年ほどデータをためて比較したいと思います。

★静粛性
一般路走行、高速走行(100km/hr)でも特にロードノイズは気にならず、前の『ナノエナジー・ゼロ』よりも静粛性は良いと思いました。
ただし低速(40km/hrくらい)で横Gがかかるくらい急ハンドルを切った時は、結構なノイズが発生します。

★ドライ性能
いつも試している高速インターの急カーブなどでも問題なく、AAA-aからAAA-cになりましたが、ドライではむしろ滑りにくい感じもしました。

★ウェット性能
雨の走行もしましたが問題なしです。雨のカーブで急ハンドルしてみて若干後輪の滑る感じがありましたが、コントロール範囲内でした。AAA-aからAAA-cになったのでちょっと心配でしたが、日常使用ではaでもcでも問題ないようですね。ウェットaはいざというときの保険みたいなものなのでしょう。

★乗り心地
主観と好みの問題になると思いますが、前の『ゼロ』よりも良くなったように感じました。私はやわらかめの乗り心地が好みで、装着したCTのグレードはもともとやわらかめのベース車なのですが、それでも『ツー』の方が良い感じに思いました。

★ライフ(耐摩耗性)
1年以上乗らないとわかりませんが、『ゼロ』と比べると溝が深いので『ツー』の方が長いのかも?

★その他
タイヤの縦溝が『ゼロ』に比べると大きく深いのですが、そのせいでしょうか、砂利の駐車場に止めてから発進する時には結構な確率で溝に小石がはまってコツコツと音が発生します。しばらく走ると取れますけどね。
またこの溝のおかげで『ゼロ』に比べての乗り心地や静粛性アップにつながっているように思います。



ブリジストンのEP001Sは、縦溝が3本で、スリップサインが一直線上でしたが、トーヨーの『ゼロ』も『ツー』ともに縦溝が4本で、スリップサインが段違い。
その他、細かな模様が違います。『ツー』の方が細かくなっていたりして、このあたりの工夫は企業秘密なんでしょうか。

以上、インプレッションでした~。ご参考までに(^O^)/
Posted at 2014/07/09 16:10:13 | コメント(1) | トラックバック(0) | CT200h日記 | 日記
2014年06月18日 イイね!

【ナノエナジー・ツー 体感モニター】 『ナノエナジー・ゼロ』から『ツー』へ その1

【ナノエナジー・ツー 体感モニター】 『ナノエナジー・ゼロ』から『ツー』へ その1ご無沙汰しております。今日はタイヤネタでーす。(続編予定ありです)

来週末にCTの最初の車検を控えていますが、タイヤも昨年6月29日に交換してから走行距離が3万キロくらいになり交換時期を迎えていました。
去年はラッキーにもモニターに当選して、ブリジストンのAAA-aタイヤからトーヨーのAAA-aタイヤに履き替えることができました。
こんにちわ『ナノエナジー・ゼロ』その1
こんにちわ『ナノエナジー・ゼロ』その2

そんな先日こんなメールが・・・


わお、ラッキー!!
今度は横浜のAAA-aにしてAAA-aの履き比べだーと思っていたのですが・・・ウェット性能は落ちますが、トーヨーさんのお言葉に甘えて、『ナノエナジー・ツー』(AAA-c)に履き替えることにしました。
同じAAAでもウェット性能が落ちた分、燃費は良いのかもしれないと淡い期待を抱きながら・・・

これまで履いていた『ナノエナジー・ゼロ』ですが、1年でこれだけすり減りました~


使用前(2013/6/29 ODO63008km) → 使用後(2014/6/17 ODO92947km)

約11か月半、走行距離29939kmでした。
もうすぐスリップサインがでそうで、ちょうど交換時期のようです。

前のタイヤが、ブリジストンのECOPIA EP001S(AAA-a)約11か月使用(2012/8/4~2013/6/29) 走行距離:29,948kmで、今回交換のナノエナジーゼロと似たような条件でしたが、この時点で1.5mmくらい余裕があった(昨年ブログ参照)ので、寿命はこちらの方が短いかもしれないです。

燃費などの詳細な比較・分析は次回以降にします。

昨日になりますが、夕方からの出勤日だったので、午後に昨年と同じところで交換・・・



交換中・・・



約1時間で作業は終了


『ナノエナジー・ゼロ』と比較すると溝は4本で同じですが、溝の深さがより深く、トレッドパターンもちょっと違うように見えます。

「空気圧はいくらにしました?」と聞くと「230」との返事。「320」でお願いします、と言うと「わかりました」と。昨年と同じ会話を同じ人としたのでした・・・


バルブに装着するタイプの空気圧モニターを昨年からつけているのすが、タイヤ交換前にはずしていたので、タイヤ交換後通勤途中の淡路SAで装着。
作業しているとパンクでもしたのかと、徳島から来た方に声をかけられる。
気を使わせてスミマセンでした~<m(__)m>



走り始めてモニタをみるとなんと、右後輪の圧がががが・・・・



乗ってる感じではパンクした感じもなく、そのまま職場へ。
自宅で空気圧をチェックしたところ、右後輪もちゃんと3.2入っており、どうやら計器の故障のようでした(T_T)

タイヤのインプレッション、燃費比較の記事に(たぶん)続く・・・
Posted at 2014/06/18 19:46:23 | コメント(4) | トラックバック(0) | CT200h日記 | タイアップ企画用
2014年05月21日 イイね!

ガラケーからスマホに替えて、ハイドラ!デビュー

ガラケーからスマホに替えて、ハイドラ!デビューすんごいご無沙汰してましてすみません。
いろいろ弄っているのですが、アップする時間がががが・・・

今日は弄りネタではないのですが、1年前から半ば壊れていたガラケーが着信が取れなくなったり、勝手に電源が切れたりと末期症状になり、ちょうど、今春、大学生になってスマホにした次女から、ドコモの学生割引で家族が安くなるやつ?がもうすぐ終わりだからと連絡あり、昨日、遅ればせながらスマホに機種変しました。

そして昨日から早速あこがれのハイドラデビュー!!
淡路島ではハイドラやってる方は少ないようですが、運よく昨日と今日、お二人の方とハイタッチできました!
なかなか感動ものでした~
Posted at 2014/05/21 18:04:31 | コメント(4) | トラックバック(0) | CT200h日記 | クルマ
2013年07月20日 イイね!

こんにちわ『ナノエナジー・ゼロ』その2

こんにちわ『ナノエナジー・ゼロ』その2

こんにちわ『ナノエナジー・ゼロ』その1の続きで、今回は以前履いていた同じAAA-aタイヤである、ブリヂストンECOPIA EP001Sとの燃費の比較です。
念のため付け加えておきますが、その日の交通状況や天候などによっても燃費は左右されるので、さまざまな条件を平準化するためには1年くらいデータを集めないと、より正確な比較にはならないと思いますが、今回はモニターレポートの報告期限がありますので、そのあたりは誤差の大きなデータになることをご了承ください。
しかも、今日2年目の点検でわかったのですが、NanoEnergy0の空気圧を交換時に320にしてもらっていたつもりが、300に減っていたことが判明。EP001Sは320、交換前には時に340にまで自然に増えていたこともあったので、この点はNanoEnergy0に不利になると思います。

基本データ
ブリヂストン ECOPIA EP001S(AAA-a) 195/65R15 91H
 装着期間:約11か月(2012/8/4~2013/6/29) 走行距離:29,948km(ODO33,060km~63,008km)
トーヨータイヤ NanoEnergy0(AAA-a) 195/65R15 91H
 装着期間:約3週間(2013/6/29~現在) 走行距離:2,252km(ODO63,008km~65,260km)

使用する燃費データ
 気温・気候も近いので、EO001Sの履き終わりの6月の1か月と、NanoEnergy0を履いてから今日までのデータを使います。雨の日や、急ぎの用事などでいつものコースと異なるコースになった日を除いて、使えるデータの日数としては、EO001Sは16日分、NanoEnergy0は10日分になります。

比較するコース
 さらば ECOPIA EP001S…で検討したような通勤復路(約50km)の比較に加えて、通勤往路や職場間移動のいくつかのパターンでの比較を試みます。

★通勤復路(距離50km、うち高速道路13km、一般道路37km)の比較
ECOPIA EP001S 34.1km/l(16回分平均、最高36.7、最低30.8、平均気温24℃、空気圧320~340)
NanoEnergy0 34.3km/l(10回分平均、最高34.9、最低33.7、平均気温26℃、空気圧300~320)
 燃費差+0.6%
NanoEnergy0が僅差で良かったです。気温が2℃高かったですが、空気圧低いこと考えると差があるのか?

★通勤往路パターン1(距離50km、うち高速道路13km、一般道路37km)の比較
ECOPIA EP001S 35.3km/l(4回分平均、最高37.1、最低32.7、平均気温26℃、空気圧320~340)
NanoEnergy0 34.4km/l(4回分平均、最高34.9、最低33.9、平均気温29℃、空気圧300~320)
 燃費差-2.5%
ECOPIA EP001Sの方が良かったです。空気圧の差か?

★通勤往路パターン2(距離56km、うち高速道路13km、一般道路43km)の比較
ECOPIA EP001S 35.4km/l(7回分平均、最高37.7、最低32.3、平均気温23℃、空気圧320~340)
NanoEnergy0 36.0km/l(4回分平均、最高37.1、最低35.1、平均気温28℃、空気圧300~320)
 燃費差+1.7%
NanoEnergy0の方が良かったです。気温が5℃も高いのでこのせいか?

★職場間移動(一般道路7km、ゆるい下り)の比較
ECOPIA EP001 42.9km/l(10回分平均、最高57.1、最低31.0、空気圧320~340)
NanoEnergy0 41.8km/l(6回分平均、最高45.7、最低36.3、空気圧300~320)
 燃費差-2.6%
ECOPIA EP001Sの方が良かったです。短距離なのでその前の暖気運転距離にも影響されますが・・・

他の走行パターンもありますが、天候などの条件を揃えると1,2回分しか比較データがないので割愛します。


ちなみに、公表されている数値では、ウェット性能は155でどちらも同じですが、転がり抵抗の数値は、EP001Sが6.3、NANOENERGY 0が6.5(低い方が良い)で、どちらもAAAの範囲ですが、EP001Sの方がわずかに良いということになっています。
しかし、実感としては、NanoEnergy0の方が転がり抵抗は良いのかもと感じることがあります。

それは、通勤復路で、明石海峡大橋の中央部分から神戸側にかけての下りで、いつもエンジンオフ(76km/hrのクルコン走行、これ以上だとエンジンがかかる)で走行できる距離を測っているのですが、NanoEnergy0に履き換えてからの方が明らかに長く走れるのです。その差、数m~10mくらいではありますが、空気圧がやや低いこと、新品タイヤであることを考えても、NanoEnergy0の方が転がり抵抗は良い可能性はあると感じました。(お世辞ではなく(^^;))

正確には再び1年履いて見て、詳細な比較をしたいと思っています。

と、いうことでAAA-aタイヤ対決レポートでした~(^O^)/

Posted at 2013/07/20 21:32:23 | コメント(2) | トラックバック(0) | CT200h日記 | 日記
2013年07月04日 イイね!

こんにちわ『ナノエナジー・ゼロ』その1

こんにちわ『ナノエナジー・ゼロ』その1

横浜タイヤからもこの7月にAAA-aタイヤがでると聞き、次のタイヤは横浜かトーヨーのAAA-aかと考えていたところ、なんとトーヨーのモニター募集が…


・・・それで、なんと運よく当選!

モニター募集のタイヤは、195/65R15のワンサイズなので、他の応募者の方には合わない方もおられたようで、意外に競争率は低かったのかもしれないと思います。
本当はECOPIA EP001S(AAA-a)をもう数か月履いてから交換しようかと思っていたのですが、モニター期間が決まっていて、指定されたトーヨーの営業所で先週土曜日(6/29)に早々に交換となりました。

ジャッキに載せてタイヤ外すと空飛ぶ車みたいにみえません?
50年後くらいにはそんな車に乗れるかな。(生きてれば?)

そうこうするうちに装着完了。

空気圧、なにも聞かれずにあっさりと「できました」と言われたので、「空気圧はいくらに?」と聞くと「230」と(@_@;)
車に表示の標準空気圧は260なのですが、EP001Sと同じ、320にしてもらいました。

さてインプレッションです。

★燃費性能
前のブリヂストンECOPIA EP001S(AAA-a)と同様によく転がりますが、モニターインプレの報告期限が7月21日なので、もう少しデータをためてから比較したいと思います。
1年くらいデータをためないと正確な比較にはならないとは思いますが。

★静粛性
一般路走行、高速走行(100km/hr)でも特にロードノイズは気になりませんでした。
荒れた路面ではやや目立つかなとは思いました。

★ドライ性能
いつも試している?高速インターの急カーブでも問題なかったです。

★ウェット性能
雨の走行もしましたが問題なしです(当たり前か)。日常使用ではaでもcでも問題ないような気もしますが、ウェットaはいざというときの保険みたいなものなのでしょうね。

★乗り心地
こんなものだろうと思います。EP001Sとはちょっと違う感じなのですが、どう言ったらいいのか。同じレベルで方向性がちょっと違うと言うのか…

★ライフ(耐摩耗性)
これこそ1年以上乗らないとわかりません。

全体の印象ですが、ECOPIA EP001S と比べて、ちょっと乗り味が違う感じがするのと、ロードノイズの感じが少し違う以外は、同じAAA-aだけあって違いがあまりよくわかりませんでした。(トーヨーさんにモニターに選んでもらったのに悪いけど(^^;…)

乗り味やロードノイズの違いはタイヤの表面パターンの違いからくるのかも。

ブリヂストン ECOPIA EP001S(※約3万キロ走行後の状態)


トーヨータイヤ NanoEnergy0 (※新品状態)


EP001Sは、縦溝が3本で、スリップサインが一直線上。
NanoEnergy0は、縦溝が4本で、スリップサインが段違い。
その他、細かな模様が違いますねえ。このあたりの工夫は企業秘密なんでしょうか。

…燃費を比較したその2に続きますよん…

Posted at 2013/07/04 20:26:02 | コメント(2) | トラックバック(0) | CT200h日記 | クルマ

プロフィール

「【ナノエナジー・ツー 体感モニター】 『ナノエナジー・ゼロ』から『ツー』へ その2 http://cvw.jp/b/993742/33540313/
何シテル?   07/09 16:10
loft_hybridです。ハイブリッド車には2003年から乗っています。今はレクサスCTに2011年7月から乗ってます。CTの前車はプリウス11型、初代エステ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

自作 「フロントリップスポイラー」 のお色直し 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/01/12 13:47:05
Aピラー・Bピラーパーツの脱着方法 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/07/25 18:28:56
TNP講座番外編 ScanGaugeII 表示項目の選定は? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/07/17 20:28:00

お友達

よろしくおねがいしま~す!
42 人のお友達がいます
コムテックコムテック *みんカラ公認 セルスター工業セルスター工業 *みんカラ公認
@しょう@しょう THINK DESIGNTHINK DESIGNみんカラ公認
YUPITERUYUPITERUみんカラ公認 サイ吉サイ吉

ファン

8 人のファンがいます

愛車一覧

レクサス CT CT G'sスポーツ(自称) (レクサス CT)
希少なイエローのベースグレード(内装はアイボリー)です。 2月11日契約して、4月納車予 ...
トヨタ プリウス トヨタ プリウス
8年目13万キロです。 最高の通勤往復燃費は28.7km.lでした。 6月の平均燃費は2 ...
トヨタ エスティマハイブリッド トヨタ エスティマハイブリッド
8年目13万キロ。 色は初代エスハイ限定色のピンク。 ダブルムーンルーフ付。 ハイブリッ ...

過去のブログ

2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.