みんカラPR企画

Car Pit Vigorous|ワンオフのヘッドライト加工ならCar Pit Vigorousまで!!!
  • 【基本加工費用】
  • 殻割り:¥25,000〜 / イカリング:¥5,000(各一ヶ所)
  • ウィンカーLED加工:¥10,000〜 / ポジションLED加工:¥10,000〜
  • インナー塗装:¥10,000〜 / 流れるウィンカー加工:¥50,000〜
  • 流れるテール加工¥50,000〜 /プロジェクター移植加工¥35,000〜
  • その他加工:要相談
会社名Car Pit Vigorous
Official Web Site
所在地 〒674-0092
  兵庫県明石市二見町東二見359-2
TEL078-201-9222
E-Mailcar_pit_vigorous88@yahoo.co.jp
クオリティの高さは折り紙付き

プロジェクターライトやSMD/CCFL管(通称イカリング)のインストール、インナーパネルの塗装、ウインカーのLED化など、ヘッドライトを始めとした灯火類のカスタマイズ全般を手掛ける『Car Pit Vigorous(カーピットヴィゴラス)』。同社がまず追求しているのはユーザーに必ず満足してもらえるクオリティの高さだ。それを実現するため、メールや電話で綿密な打ち合わせを行い、よりニーズに適したプランを提示することも可能。たとえば、SMD/CCFL管のカバー塗装などは点灯していない時のチープ感を払拭し、統一感を出す手法としてユーザーから好評を得ている。また、コーキング作業の後、水漏れチェックを行うなどクオリティの追求は徹底しているのだ。

リーズナブルな価格を実現

ヘッドライトや灯火類のカスタマイズは基本的にワンオフ作業となるため「工賃が高いのでは?」、「予算以上の見積が出されるのでは?」といった不安を感じる人も少なくないはず。しかし、『Car Pit Vigorous』では、まず各作業の基本工賃を明記してそういったユーザーの不安をなくし、しかもリーズナブルな価格設定としている点に注目だ。一例としてヘッドライトユニット分解作業(殻割り)が2万5000円~、プロジェクターライト移植が3万5000円~、SDM/CCFL管追加が1ヵ所5000円といった具合。さらに、価格は要相談になるが、その他の作業にも対応でき、新品ヘッドライトでなくショップの方で中古品を手配してトータルコストを抑えることも可能。

高い技術力で満足の仕上がり

電気的な知識に加え、ディテール処理や保安基準への適合など様々な要件を満たすことが要求される灯火類のカスタマイズ。『Car Pit Vigorous』では、今や定番カスタムと言えるプロジェクター移植の場合、見た目にはわかりにくいカットラインと光軸、左右の並行度がきちんと出るように細かな調整作業が行われる。また、SMD/CCFL管の追加では、ノーマルで搭載されているレベライザーやAFSといった機能をできる限り残すように加工するのがこだわり。製品としてのクオリティだけでなく、安全性や対向車への配慮なども徹底している。また、カスタマイズに留まらず、HIDの取付けやバラストの交換、修理などにも対応。灯火類に関する作業全般を安心して任せられる。

レンズクリーニングや加工ライト取付けも可能

ワンオフ品の製作といった大がかりな作業だけでなく、レンズクリーニングも実施している『Car Pit Vigorous』。今どきの樹脂製レンズに多い経年劣化による黄ばみ、あるいは表面のクリア膜はがれや細かな線傷などに対して作業を行うことで、レンズが新品同様の輝きを取り戻す。当然、新品ユニットへの交換よりもリーズナブルだから、ユーザーにとっては嬉しい限りだ。また、加工ライトの取付けにも対応。パーツを手に入れたけど、「自分では取付けできない」、「近くに作業してくれるショップがない」といった場合、同店にクルマを持ち込めば、防水加工や配線加工まで含めて取付け作業を行ってくれる。