みんカラPR企画

日本製LEDバルブ製造の日本ライティング
PHOTO

全国の新車ディーラーから高い評価を得た実力

有名メーカーへのLEDコンバージョンキットのOEM供給を行っていた日本ライティングが、自社ブランド「Zeus」を立ち上げたのが2015年。新車ディーラー専売モデルとして発売された「Zeus」は、その信頼性と性能を認められ、現在では約5,000店にも及ぶ全国の新車ディーラーに納入されています。そして、2017年にはダイハツおすすめアクセサリーに採用され、全国のダイハツディーラーで販売されています。

また、2016年に修理工場向け「ZRAY」、2017年には量販店向け「Zeye」を新たに立ち上げ、「Zeus」譲りの品質と性能が高く評価されています。
そしてこの度、OEM供給とディーラーでの取扱を通じて、培ってきた経験と技術を結集させた最新モデルを発売します。

最高クラスの明るさと配光を実現した2018年モデル

2018年モデルは、H8/9/11/16、HB3/4タイプとH4タイプ ロービームにCREE製の最新LEDチップを採用。ハイビームにも同じCREE製のハイパワーLEDチップを採用することで、最高クラスの明るさと配光が可能となりました。

ロービーム時のカットオフラインの再現性と、ハイビーム時の照射性能は、他の追随を許さない優れたパフォーマンスを実現しています。
色温度は視認性に優れた6000K(H4タイプ ハイビームは6500K)を採用。照射光は白すぎず悪天候時も安心です。明るさ(光束)はHi:7000lm Lo:5000lm(H4タイプ)、5000lm(H8/9/11/16、HB3/4)を実現しました(バルブ2本分)。

さらに進化した信頼性と耐久性

LEDは発熱によって性能が大きく低下します。そのため、点灯直後の性能を損なうことなく、最大限の明るさを維持させ続けることが最大の課題です。バルブ本体には熱伝導性に優れたA6063アルミ材の削り出しを採用し、また自社設計の専用電動ファン内蔵でLEDを効果的に冷却するなど、これまでに培った様々な技術で、この課題を高い次元でクリアしています。もちろん内蔵する電動ファンは、防塵/防水対策済みなので故障の心配はありません。また、付属するコントローラーもノイズ対策済みです。

すべての工程を本社工場で一貫生産する“日本製”へのこだわり

日本ライティングのLEDコンバージョンキットは、すべて本社自社工場で生産しています。アルミ材の切削・加工から電子基板実装、組立、パッケージに至る全工程が、1つの場所で完結しています。また、各工程では、X線検査、耐振検査等の様々な検査が実施され、最終的に二時間の点灯検査と温度検査を経てお客さまの下へ出荷されます。こうした検査を徹底することで、日本ライティングは常に“日本製”に相応しいものづくりを追求しています。

今回紹介した製品は、日本ライティング公式オンラインストアZWEBでご購入できます。
また、他ブランドではアクアやノートなどの車種別モデルも充実しています。