みんカラPR企画

ビルシュタイン(阿部商会)

60,000kmを超えたあなたの愛車の足回り、本当に大丈夫ですか?

最近家族や友人から乗り心地が悪くなったと言われたことはありませんか? クルマは消耗品とわかっていても、毎日、毎週乗っていると、なかなかそのへたり具合に気づきにくいものです。車重を支え、常に上下動を繰り返しているダンパーは、消耗が激しいパーツのひとつなのです。特に60,000kmを超えたクルマにお乗りの場合、純正ダンパーは消耗してしまい、新車の頃の乗り心地を実現することは、例えばタイヤを交換したとしても不可能なのです。

ダンパーが劣化すると、乗り心地の悪化だけでなく危険ですらあります

操安性に大きな影響を与えるダンパーが劣化すると、ハンドル操作のキレが落ちたり、直進安定性が悪くなってハンドルの微修正が増え、高速道路の走行などで知らず知らずのうちに疲れてしまいます。また、コーナーや車線変更でふらついたり、発進時のノーズダイブやブレーキング時の不安定さにつながるなど、乗り心地だけでなく、安全性の観点からも事故などにつながりかねない、危険な兆候と言えるのです。そんな時の選択肢として考えてほしいのが、ビルシュタインの純正品質補修用ダンパー『B4プログラム』です。

ビルシュタインの純正品質補修用ダンパー『B4プログラム』は純正同等でリーズナブル

ビルシュタインの純正品質補修用ダンパー『B4プログラム』は、形状と減衰力が純正品と同じ、純正互換タイプのダンパーです。ビルシュタインというと、アフターパーツとして走り屋のご用達といったイメージがあるかもしれませんが、世界中の有力自動車メーカーに、純正採用されている欧州トップクラスのサスペンションメーカーなのです。厳しい基準が設けられる純正の足回りに数多く採用されているビルシュタインですから、その品質の高さは言うまでもありません。ディーラーでメーカー純正品のダンパーに交換しようとすると、非常に高価になってしまいますが、『B4プログラム』は純正品と比較して性能は同等で、且つリーズナブルな価格を実現。交換を躊躇する必要はありません。

『B4プログラム』で新車の走りを取り戻し、愛車の魅力を再確認しましょう

ビルシュタインのダンパーと言えば、イエローのボディを連想される方も多いと思いますが、『B4プログラム』はブラックのボディです。なぜなら、通常のビルシュタインのイエローボディのダンパーは、純正より高性能であることを追求している証ですが、『B4プログラム』はあくまで純正互換品。その性能は純正と同等であり、グレードアップではありません。しかし、確実に新車の頃の状態に近づけることができまず。新車から長く乗っている方はもちろん、中古で購入されたオーナーの方も、きっとそのシャキッとした乗り味の変化に、笑顔で満足していただけることでしょう。長く愛された愛車をもっともっと楽しむために、ビルシュタインの『B4プログラム』という選択肢があるのです。