みんカラPR企画

360度ドライブレコーダー
PHOTO

【TVで話題】あおり運転から車内撮影まで記録するなら

近年注目のドライブレコーダー。いざという時、どういった製品が本当に役立つのだろうか?
その答えの1つが、テレビでも放映された360度ドライブレコーダー『ダクション 360 S(DC5000)』である。フロントガラス取り付けでぐるっと360度撮影。車両の前方だけではなく、側方や車内も撮れるので、あおり運転や幅寄せ、いざという時のドライバーの状況までまるごと記録が可能。さらに、日本初のデュアルレック機能搭載で、車両前方のナンバープレートもきれいに記録することができる。

車のアクシデントは車両周りのどこで起きるかわからない・・・。ダクション 360 Sは、そんな時に360度まるごと記録しておいてくれる頼もしい味方である。

自分は悪くないのに・・ ”もらい事故”にも360度ドライブレコーダー

「隣車線の車がいきなり自車線に割り込みしてきて事故に・・」
そんな場面でもダクション 360 Sなら、ドライバーの挙動を記録することであなたの主張を後押し。

事故にあってしまうと冷静に自分のドライビングを振り返ることは案外難しいもの。その一部始終を記録している360度ドライブレコーダーがあれば、車周辺の状況とドライバーの状況を照らし合わせながら第三者にしっかりと説明ができるはず。さらに、ダクション 360 Sはスマートフォン連携可能なため、その場でワイヤレスで映像確認することができる。

駐車中も活躍 ドアパンチや車上荒らし対策におすすめ

スーパーやコンビニの駐車場で隣のドアが衝突する「ドアパンチ」や、少し車を離れたすきに襲われた「車上荒らし」。実はこれらの決定的瞬間を確認するには、側方や車内の記録が必要。
360度撮影するドライブレコーダーなら、衝撃を検知するとそのシーンを360度まるごとメモリーカードに記録。どのような状況で愛車が被害にあったのか確認することができる。

さらにダクション 360 Sなら、時間経過と共に自動で動作モードを変更。常時録画モード(30分間)→前後録画モード(16時間)→後録画モード(2週間)と遷移することで、長期間の監視を可能にした。
※別売の駐車監視オプション(DC201)が必要です。また、動作環境や設定によって各モードの動作時間は異なります。

各種アワードも受賞した『ダクション 360 S』

360度撮影できること以外にも、様々な特徴があるハイグレードモデル。
●日本初デュアルレック機能搭載で、車両前方のナンバープレートもきれいに記録
●夜間撮影も対応
●撮影データはスマートフォンまたはパソコンで再生可能
●駐車監視モード中、衝撃を検知すると光る威嚇LED付き(別売の駐車監視オプションが必要)
●GPS搭載で車速や位置情報も記録
●選べる専用microSDカード(別売、品番:DC3/4/5)
●カードエラーをお知らせする音声通知機能付き

MOVIE