みんカラPR企画

美音 be on sound
PHOTO

車内を快適にする自動車の断熱材について

日本の夏は暑い。ここ数年はさらに暑さを増しているようです。
そんな真夏の車内は蒸し風呂状態! エアコンもなかなか効いてくれない!
そんな悩みを少しでも解消できるのが今回紹介する断熱材です。

断熱材とは、繊維からなる綿や、プラスティックやゴムを発泡させたスポンジなどのシート素材で、素材の中に空気がたまることで、断熱効果を発揮します。
熱は固体→液体→空気という順に熱を伝えやすい性質にあります。熱くなった鍋を鍋つかみで持てば熱くないのは、鍋つかみの繊維の中にたまった空気が熱を伝わりにくくしているからです。

be on sound® 取扱いのおすすめ断熱材

【3M シンサレート】
3M シンサレートは、径約2μmのポリプロピレンファイバー(中が空洞、◎←断面はこんなかんじ)と径約25μmのポリエステル繊維とを一体化した微細な繊維の高密度不織布です。幅広い産業での実績や、布団や衣類などでも使用されており、軽量で使いやすい断熱素材です。

【Nitto エプトシーラー】
Nitto エプトシーラーは、耐久性にすぐれたEPDMゴム発泡体で、空気よりも断熱性能の高いガスを閉じ込め、高い断熱性能を実現しています。ウレタン素材と比較して耐久性が比較的高く長期にわたって安定した効果を発揮し、国産自動車メーカーでも採用されている信頼性のあるスポンジシートです。

断熱シートの施工方法

自動車のデッドニング作業は、車内の内貼りを外して、その中の鉄板(インナーパネル・アウターパネル)に対して、材料を貼っていく作業です。今回は、断熱材を天井に施工した例を紹介します。

①まずは内貼りを外します。(内貼りの外し方は、ネット上でいくつも紹介されていますので、そちらをご参照ください。)
②施工場所を拭いてきれいにしておきましょう。
③外した内貼りの裏にシンサレートを敷きます。両面テープなどで仮止めする程度で十分です。
④天井裏の鉄板にエプトシーラーを貼ります。エプトシーラーは粘着付ですの、離けい紙を剥がして貼るだけです。
⑤シンサレートを敷いた内貼りを天井に戻して完了です。

今回、弊社のスタッフがはじめてデッドニングをしましたが、素人でも施工できました!

断熱材の効果で車内空間を快適に!

断熱材を施工すれば、外気の熱が車内に伝わりにくくなるので、炎天下に駐車した車内の蒸し暑さは、断熱材を施工する前と比べ、比較的軽減されます。更にエアコンもよく効くようになります。

弊社で断熱材を施工した車内では、信号待ちやエンジンをかけた状態で停車してる時に、施工前はエアコンの効きが悪く、車内はすぐに暑くなりましたが、施工後は、車内にエアコンの効いた空気が保温されているので、一段とエアコンの効きが良くなって、実感できるほど快適になりました。

是非、日本の蒸し暑い夏を、be on sound®取扱いの断熱材を施工して、快適なカーライフをお過ごしください。