みんカラPR企画

パナソニック ゴリラ 2019年モデル
PHOTO

ほとんどのクルマにお手軽簡単に取り付け可能!

ポータブルカーナビ「ゴリラ」に2019年モデルが登場したので、みんカラスタッフが試してみました! 今回お借りしたのは7インチディスプレイを搭載したハイエンドモデル「CN-G1300VD」。被験車は、ナビが付いてない&付けられないマツダ・ロードスター(NR-A)です。

ゴリラは強力な吸盤でしっかり簡単に、ほとんどのクルマに取り付けられるのが良いですよね。上下左右に首フリができるので、画面が見やすい位置にしっかり調整することができます。

VICS WIDE対応の「スイテルート案内」を使用するにはアンテナの取り付けがマストですが、元々のルート案内が優秀なゴリラはとりあえず無しでも大丈夫。複数のクルマやバイクを1つのナビで運用したい人にとってはかなり便利なゴリラ君です。ウホッ。

ナビはスマホより専用機 見やすい新地図データ搭載「ゴリラ」2019年モデル
https://panasonic.jp/car/navi/products/G1300/

令和のゴリラはココが進化! 見やすい新地図データを搭載!

もともと案内表示の見やすさに定評があるゴリラですが、2019年モデルはカラー舗装やドットレーンに対応したリアル3D交差点拡大図を搭載する2019年度版の地図データを搭載。目で見たままと同じように画面に表示されているので、使っていて安心感が格段に違いました。案内標識や高速道路の看板もよりリアルになっていて、運転に余裕が持てますよね。

なお、G1300Vは2022年7月末まで道路マップを無料更新できるので、しばらくは無料で最新の地図を使い続けることができるとのこと。都内では「東京2020」に向けて工事が多発しており、今後新しく作られる道路も増えてくるので非常に嬉しいポイントです。実はゴリラ、東京2020公式カーナビゲーションだったりします。ウホッ

こんなに進化!最新ゴリラ新旧比較表
https://panasonic.jp/car/navi/products/G1300/oldandnew/index.html

初めての道でも頼もしい、ゴリラの心強さ

ゴリラの特徴といえば「安全・安心運転サポート」。事故多発ポイントや一時停止箇所、踏切や制限速度をアイコンと音声で案内してくれる機能で、ウッカリからくる事故をに気付かせてくれます。さらに、高速道路では「逆走注意アラーム」と「逆走検知・警告」で逆走を警告してくれるのもゴリラならでは。重大事故防止にも貢献してくれる心強いゴリラなのです。ウホッ

視認性の高さもゴリラの魅力です。走行中に画面を凝視するのは危険なので、スマホと比べて大きな画面による視認性はとても重要だと感じました。右半分は「ルート情報」、左半分は「地図」といった2画面表示にすれば、慌ててレーンチェンジすることも無くなるので、事故の危険性も減るのではないでしょうか。※逆走を検知・警告できる状況は限られます。

ヒヤリハット地点が事前にわかる!充実の安全・安心運転サポート
https://panasonic.jp/car/navi/products/G1300/navigation/index.html#Nav01

高い支持にも納得。使えば使うほど分かる、安全安心ゴリラの心強さ

ナビはスマホで十分、使う前はそんな意識が少なからずありましたが、改めてゴリラを使うとスマホナビには無い機能が多数搭載されていることがわかりました。大画面とリアルな地図表示による視認性の高さ、高精度な自車位置測位システム、リヤビューカメラ(※別売り)接続機能などなど。

でもやはり一番大きな違いは、安全・安心を提供してくれる数々の機能です。前述した「安全・安心運転サポート」だけでなく、リアルな地図表示や道幅優先探索など、初めて走る道を安全・安心に走れるよう進化してきたゴリラ。みんカラ・パーツ・オブ・ザ・イヤー(POTY)ポータブルナビ部門で毎年上位を独占するほど、ユーザーから高い支持を集め、多くの人に愛されているのも納得です。

早い者勝ち!先着3000名様「ACアダプター」プレゼント”新ゴリラご購入キャンペーン”
https://panasonic.jp/car/navi/campaign/gorilla_2019/

MOVIE