みんカラPR企画

雨の日の視界不良に!キイロビンゴールド

雨の日の視界不良の原因は?

雨の日に運転中、ガラスがギラついて前が見にくいと感じたことはないだろうか?特に、強い雨が降る夜、前方から対抗車のヘッドライトに照らされたりすると、まったく前が見えなくてドキっとすることがある。このギラつきの原因は、ガラスにこびりついた油膜や被膜だ。油膜はアスファルトやカーワックスなどの油分がガラスに付着したもので、その油膜が太陽光などで焼き付いたものが被膜である。被膜はガンコで、通常のガラスクリーナーやウィンドウォッシャーでは落とすことができない。

ガラス用クリーナーの代名詞。キイロビンの進化版”キイロビンゴールド”

そんなとき役に立つのが、プロスタッフ社のキイロビン。キイロビンは同社で発売されてから40年以上の歴史を誇る、もはやガラス用クリーナーの代名詞的存在だ。そして、今回オススメするのはキイロビンの進化版「キイロビンゴールド」。主成分の酸化セリウムが強化されたことに加え、ガラス系ナノパウダーが新たに配合されたことで、クリーナー効果が向上し、作業時間が従来品の半分で済むようになった。

ガラスのギラつきが解消出来ると、視界が劇的に良くなる

愛車のガラスのギラつきが気になるという方は、キイロビンゴールドをぜひ一度使ってみて欲しい。そもそもガラス自体は滑らかなものだから、ガラス表面が何も付着していないキレイな状態になれば視界が良くなるのは当然なのだが、実際にやってみるとその違いに驚くと思う。

撥水コーティング剤の前処理にも最適

ところで、最近はガラス撥水剤の愛用者も多いが、雨の日に視界が悪くなるもう一つの要因が撥水コーティング層の劣化だろう。まばら状になったコーテング層の表面が凸凹して、視界の妨げになるからだ。ガラス撥水剤はとても便利なアイテムだが、窓ガラスが汚れた状態で塗り重ねたりすると余計に視界が悪くなってしまう。

ガラス撥水剤の愛用者には、その施工前にキイロビンゴールドを使ってみることを是非オススメしたい。最初にガラス面をキレイにしてから施工するだけで、撥水コーティング剤の効果が飛躍的に向上することをきっと体感できるはずだ。

MOVIE