みんカラPR企画

前後2カメラの新hpドライブレコーダー「F880G Kit」
PHOTO

SONY製CMOSイメージセンサー「STARVIS」搭載で夜間でも鮮やかな映像を記録

hpドライブレコーダーシリーズ初のフロント&リアの2カメラモデル「F880G Kit」。画質の決め手となるCMOSイメージセンサーには、世界で評価されるSONY製の「STARVIS」を搭載し、有効画素数200万画素、1920×1080の高解像度なフルHD画質で映像を記録します。夜間でも前後の車両の動きをしっかりとらえ、ナンバープレートなどの重要な情報を逃しません。また耐熱性に優れ、劣化や変形の少ない光学6層ガラスレンズは光透過率が高く、鮮明な画像記録を可能にします。

トンネル出入り口などの明暗の大きな変化にも強いHDRとWDRのW画像補正

明るい部分と暗い部分の両方を認識して画像の明るさを自動調節するHDR(ハイダイナミックレンジ)とWDR(ワイドダイナミックレンジ)のW補正機能を搭載。トンネルの出入り口など明暗差が大きい状況での映像の白とびや、ヘッドライト点灯前の薄暗い道路での黒つぶれが軽減でき、昼夜を問わず視認性の高い記録が残せます。フロントカメラの最大記録画角は136度で広範囲を記録し、360度回転するリアカメラは対角123度の広い視野を持ちながら車内の撮影も可能にしました。もちろんLED信号機にも対応しています。

最大24時間の録画(※)ができる駐車モードで愛車を見守ります

駐車中にクルマの前で動くものを認識した場合や、衝撃を検知した際に自動で録画を開始する駐車監視モード(※)を装備。長時間の連続録画に適したタイムラプス(1コマの間隔を長くとって録画する機能)も備わります。通常の走行時は、電源が入っている状態では常に録画する「常時録画」、常時録画中に衝撃を検知すると、その直前から検知後の1分間の映像を位置情報とともに記録する「緊急録画」、録画中にボタン操作で静止画を撮影できる「手動記録」の3つのモードが用意されています。
※別売りの常時電源ケーブル「c501」が必要です。車両バッテリーの状態により録画時間は異なります。

オービスアラートをはじめ、多彩な運転サポート機能で快適ドライブを応援

前方の車が発進後に運転を開始しないと警告を発する「前方車発進アラート」や、周囲の暗さを検知した際にヘッドライトの点灯を促す「ヘッドライトアラート」、70km/h以上で走行中に車線を逸脱したときに警告する「車線逸脱アラート」、設定した速度以上での走行時に警告する「制限速度アラート」など、センサーを活用した安全運転支援機能を数多く装備。オービスデータは574件収録し、取り締まりカメラに近づくと警告音で知らせます。

MOVIE