みんカラPR企画

商品ディスプレイ
PHOTO

< 特集記事 >第六弾:ドライブを快適に『インテリアディテーリング』!

< 特集記事 >
第六弾となる本記事では「インテリアディテーリング」について特集致します。
オートブライトダイレクト製品の連続特集も今回が最後となります。
これまでお読みになっていただき誠に有難うございました。
最後も是非ご覧下さい。

※過去の特集記事もアーカイブ掲載中
[過去記事]
①スノーフォーム洗車
②ツーバケツ洗車
③鉄粉&タール除去/ワックスコーティング
④ペイントクレンズ/クイックディテーラー
⑤ガラスディテーリング

[ インテリアディテーリング ]
インテリアディテーリングは革、人工皮革、綿、プラスチックなど様々な素材が対象となります。
素材ごとに適切な製品を用いて綺麗に汚れを落とし、紫外線(UV)やタバコのヤニ、ほこりなどからインテリア材をケアすることが重要です。

Part1:革洗浄『レザークレンズ(Leather Cleanse)』/『リバイブ(Revive)』

[革洗浄]
・対象製品名:レザークレンズ(洗浄剤/UVカット)
リバイブ(洗浄剤/栄養剤)

自動車の革シートは、家庭のレザーソファとは違い走行時、駐車時ともに日光にさらされています。
そのため、紫外線の影響を受けやすく日焼けを防止するには事前のケアが必要です。

革専用洗浄剤である『レザークレンズ』はpH中性で革にやさしく、洗浄力はもちろん、"UV遮断剤"が含まれておりますので、紫外線から革を保護する効果がございます。

また『リバイブ』はクリームタイプの洗浄剤で、栄養剤が含まれている製品でございます。
レザー洗浄と合わせて、乾燥やひび割れを防ぐ効果が高く、レザークレンズと合わせて使用いただくとより効果を発揮します。

Part2:コットン洗浄『ファブダイレクト(FAB Direct)』

[コットン洗浄]
・対象製品名:ファブダイレクト(室内多用途クリーナー)

人工皮革や綿素材は材質の特性上、汚れが繊維に入り込む傾向があります。
特に綿素材のシートや天井は繊維と繊維の間に汚れが入り込み洗浄も困難です。
そのため、洗浄剤を噴射し、ブラシやスポンジを用いて繊維の間についた汚れを掻き出すように除去していきます。

オートブライトダイレクトの『ファブダイレクト』は生分解性成分で出来ており、環境にも人体にもやさしい製品です。
シート、天井、カーペットなど様々な箇所の汚れを除去し、繊維を元の状態へと戻します。
また、天然消臭剤成分が含まれており、繊維に染み付いた臭いの消臭効果もございます。

希釈せずに使用可能で、仕上げも水を必要とせず、タオルで拭えば完了です。

Part3:プラスチック洗浄『ピンクシーン(Pink Sheen)』

[プラスチック洗浄]
・対象製品名:ピンクシーン

インテリアの多くで採用されているマット色のプラスチック(トリム)素材には、艶出しドレッシング剤よりマットな色を引き立てるケミカルがおすすめです。
また、ほこりを落とすだけではなく、ほこりが再び付かないようにアンチダスト成分が含まれているドレッシング剤をご使用ください。

オートブライトダイレクトの『ピンクシーン』はプラスチック、ビニール、ゴムおよび金属部分に対応した洗浄剤です。
特にプラスチックパーツに使用すれば、固有のマット感漂う工場出荷時のルックスを甦らしてくれます。

本製品にはアンチダスト成分が含まれており、ほこりの再付着も防止します。
室内洗浄用製品で、ベタつきや滑りが発生しないように作られております。