みんカラPR企画

新世代の流水コーティング GLASIAS GOLD
PHOTO

グラシアスシリーズの最新作が登場!新世代流水コーティング グラシアスゴールド

次世代ガラス系コーティングとして、みんカラユーザーを中心にカー用品量販店でも人気を集めているグラシアスシリーズ。その最新作である「新世代流水コーティング グラシアスゴールド」がこの春に発売される。グラシアスゴールドの特徴は流水性。屋外の駐車場の利用者や運転頻度が高いユーザーの場合、ボディに雨シミが付きがちだが、水がまとまって流れ落ちる流水タイプのコーティングなら雨や汚れから愛車を守りやすい。さらにグラシアスゴールドはUV吸収剤が配合されており、紫外線による劣化も防いでくれる。前作のグラシアスよりも耐久性や艶、キズ消し性能が大幅にアップした「新世代流水コーティング グラシアスゴールド」。みんカラでも人気のシリーズ最新作だけに試してみる価値はありそうだ。

新車の輝きと艶は取り戻せる。ミラーボディの秘密は
「高純度ガラスエレメント」

グラシアスの特徴は、何といっても新車のようなミラーボディを得られるその仕上がりだろう。しかし、グラシアスゴールドではその艶の秘密となる有効成分が2倍以上含まれており、「高純度ガラスエレメント」がより定着して硬化する。ゆえに被膜の密度が上がり、結果的に濃厚な艶が発揮されるのだ。また、艶のある鏡面仕上げに欠かせないのがキズ消し。グラシアスゴールドにはキズ消し成分が配合されているため、細かなキズや洗車キズをコーティング作業時に埋めることができる。煌めく艶は愛車に高級感を与え、ドライバーの気分も高揚させる。グラシアスゴールドにおいて筆者が伝えたいことは実用性はもちろん、仕上がっていく様が楽しいということ。目に見えて愛車が輝いていく充実感を多くの人に体験してほしい。

撥水バリアと高純度ガラスエレメント、キズ消し成分の
三層構造で高耐久を実現

深い艶を発揮するグラシアスゴールドのコーティングが長持ちする理由は「撥水バリア成分」、「高純度ガラスエレメント」、「キズ消し成分」という三層構造によるもの。まずはボディ表面にキズ消し成分が浸透し膜を形成、その上から高純度ガラスエレメント、撥水バリア成分と被膜が重なることで、雨や汚れからボディをしっかりと守ってくれる。施工直後は撥水バリア成分が守り、高純度ガラスエレメントが硬化した後はガラス系コートが低撥水状態となり、付着した水を流水させる。この三層構造の長所は高耐久というだけでなく、施工後は水洗い洗車だけで美観を維持できるというところにもある。洗車を繰り返したとしても艶を保ってくれるので、コーティング被膜の劣化を気にせず気軽に洗車ができるので安心だ。

プロスタッフならではの簡単施工。スプレーして拭くだけで
ミラーボディが手に入る

通常、高品質なコーティングには精緻な下地処理や施工が求められがちだが、グラシアスゴールドは付属のマイクロファイバークロスに液剤をスプレーし、洗車後の乾いたボディを拭くだけという簡単施工。約20分もあれば全体を作業できるので、メンテナンスにも時間を取られない。ちなみに重ね塗りを行うことで艶と耐久性が向上するため、プロスタッフは施工後2~3時間ほど空けてもう1度施工することをすすめている。またグラシアスゴールドは全塗装色対応で、ホイールやメッキ、未塗装樹脂パーツにも使用できる。一本につき普通車3~4回分を施工できるので、時間に余裕があるときは愛車だけでなく家族の車に使用してみるのもいいだろう。洗車後のひと手間でワンランク上のボディを手に入れてみて欲しい。