みんカラPR企画

保険スクエアbang! 自動車保険「自動車保険を複数社比較して最も安い自動車保険を選ぼう!」

自動車保険は見積もり比較で平均35,000円も安くなる

「自動車保険の見積もりを取って比較してみたら、現在の保険料よりも安くなった!」という声が多数。安くなった保険料金額の平均は、なんと約35,000円となっています。
中には「50,000円以上安くなった」という人もいますので、ぜひ一度見積もりを取って、あなたにぴったりな保険を探してみましょう。

「保険スクエアbang! 自動車保険」なら、たった3分の入力で複数の保険会社に自動車保険の見積もり依頼ができます。

「保険スクエアbang! 自動車保険」が選ばれる3つの理由

1999年のサイト開設以来、400万人以上のお客様に利用されてきた「保険スクエアbang! 自動車保険」には、多くの方に選ばれる3つの理由があります。

①大手保険会社も多数参加!
テレビCMでもおなじみの大手保険会社が多数参加しています。たった一度の入力で、複数の保険会社に見積もり依頼をして比較することができます。

②見積もり結果がすぐわかる!
見積もり結果は入力完了後すぐに、「メール」「郵送」などで各保険会社または損害保険代理店からご案内が届きます。

③毎年、自動車保険の満期日をお知らせ!
自動車保険一括見積もり依頼サービスを利用すると、毎年、満期日を迎える前に、メールでお知らせしてもらうことができます。

サービス利用者からの喜びの声もたくさん

サイトを利用した方々から、様々な喜びの声が届いています。

・どこの保険会社も同じだろうと決め付けていましたが、一括見積もりをして比較した結果、数万円も安くなりました。(東京都在住 35歳男性)

・オンラインで見積もりを比較検討することができて便利でした。前年度より保険料を随分抑えることができて助かりました。(東京都在住 29歳女性)

・今回は現在加入している保険内容と同条件で、保険料を下げる事が課題でしたので、結果にとても満足しています。(大阪府在住 30歳女性)

※上記コメントは、当サービス「一括見積もり依頼」を利用し、各保険会社または損害保険代理店より見積もり結果を受け取り、比較・検討された方を対象に2014年2月に行ったアンケート結果を一部抜粋しています。

どうして「ダイレクト型自動車保険」は保険料が安くなるの?

自動車保険の保険料は、「純保険料」と「付加保険料」という2つの要素で構成されています。純保険料は、「契約者に対して保険金を支払うための原資」に利用されます。一方、付加保険料は、広告費、人件費、代理店手数料、店舗経費といった会社の運営に充てられるものです。

「ダイレクト型自動車保険」は、電話やインターネットで契約が完結するので、店舗運営にかかる経費や人件費、代理店手数料といったコストを抑えることができます。つまり、「付加保険料」が抑えられるため、保険料が「代理店型自動車保険」に比べて安くなるのです。