みんカラPR企画

傷をつけずに洗車を楽しむ!
PHOTO

見るも悲しい「洗車キズ」。その原因、意外とタオルかも?

愛車をキレイにする「洗車」。
愛しい存在をキレイにしていくのは気持ちが良いものですが、ちょっと待った!

爪を立てただけ、服をこすっただけでも薄い傷が入ってしまうことからも分かるように、車の塗装は予想以上に薄く柔らかく、洗う・拭く・コーティングという洗車の工程のほぼ全てに「洗車キズ」のリスクが潜んでいます。

だったらそもそも洗わない方が…という声も聞こえてきそうですが、それはそれで傷をつける原因を作ることに…。

ちょっと面倒な気持ちも湧き上がってきますが、愛車を守るために、正しい知識を持って定期的に洗車を行っていきませんか?

こちらの記事では、洗車キズを防ぐために、皆様に知って頂きたい知識とおすすめのタオルについてご紹介します!

良い洗車タオル 選ぶ基準は意外と簡単!

では、肝心の洗車キズを防いでタオルとしての機能性も高い商品を選ぶコツですが、実はこれが意外とシンプル!

ズバリ!素材が「ポリエステル70% ポリアミド30%」のものを選ぶのがオススメです。

耐久性を上げる機能を持つ素材が「ポリエステル」ですが、「ポリアミド」は吸水性と、車を傷つけない柔軟性を上げる特徴があります。 
市販されている洗車タオルは、耐久性を上げ長期間使えるよう、またコスト削減のために「ポリエステル80% ポリアミド(ナイロン)20%」が一般的ですが、ポリアミドの配合が10%多く柔軟性の高いタオルを使うことで、クルマを傷つけるリスクを抑えることが出来ます。

また設計面では、フチがない「エッジレスタイプ」を選ぶのがおススメです。

遅れてきた大型新人「SorbEliteプロ」シリーズ!

2024年に満を持して発売した「SorbEliteプロ」シリーズ。

当然ながら素材は「ポリエステル70% ポリアミド(ナイロン)30%」!
抜群の吸水力は言わずもがな、フチも基本は超音波カットでのエッジレス、フチありのモノもソフトエッジを採用し洗車キズの危険性を極限まで少なくする仕様になっています。

また、製造国が「韓国」というところもポイント。

実は韓国は、繊維産業において世界トップクラスの技術を持つ国でSorbEliteは糸・染色・編み込みの全てを、信頼のおける1社で行っています。

素材の配合が同じものも市販されてはおりますが、より安心・信頼できる商品をお求めの方には、100%韓国生産のSorbEliteがオススメです。

用途に応じたタオルを用意して「ワンランク上」の洗車を!

そんなSorbEliteは、拭き上げ用、ワックス・コーティング仕上げ拭き取り用、多目的タオルなど用途に合わせた最適な商品をご用意しています。

ここまで読んで下さりありがとうございました!
最後に一つだけ。

皆様の中には、小ぶりなタオル一枚で拭いては絞り、拭いては絞り、と大変な思いをして、拭き上げされている方もいるのではないでしょうか。

もちろんそれも一つのやり方ですが、せっかく自分で洗車するならSorbEliteで、洗車キズも防ぐ「ワンランク上の仕上がり」を目指してみませんか?
使って頂ければ一発で良さがわかるはず!

詳細は、Amazon, Yahoo!ショッピング、楽天市場などの商品ページをご覧ください!