アルファロメオ 147

ユーザー評価: 3.82

アルファロメオ

147

147の買取情報を調べる

クルマレビュー - 147

  • レンタカー
    • hiraline

    • アルファロメオ / 147
      2.0_TWIN_SPARK_Selespeed_RHD(AT_2.0) (2005年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:1人
    • レビュー日:2019/06/17
      使用目的:通勤通学
    • 走行性能


      公道走行の範囲では、以前乗っていた1.6ℓと比べると2.0ℓはさすがに低速から十分な余裕が感じられます。
      特に高速道路での恩恵は大きく、+400ccと可変吸気機構の威力は明らかです。
      タイヤは215/45R17のイーグルF1(2005年製)が付いており、185/65R15を履いていた私の1.6よりはグイッと曲がる印象が強いですが、「タイヤだけ先に曲がっていく」ような強引さは感じられませんでした。

      自動MTのセレスピードはかなり変速時間をゆったり取る制御になっていますが、その分シフトショックや「つんのめり感」は非常に小さいです。CITYモード(自動シフト)のシフトスケジュールもあまり違和感はなかったので、これならトルコンATしか知らない人にも馴染みやすそうです。
      フィアット各車のデュアロジックよりも挙動が気にならないのは、おそらく低速からエンジンパワーに余裕があるからと思われます。

      乗り心地

      走行性能の欄に記したとおりの低扁平オンボロタイヤですが、乗り心地は覚悟したほど悪くはありませんでした。
      直接的な衝撃はさすがに15インチだった私の1.6よりは大きいですが、ダンパーやブッシュ類の劣化は少なそうでムダな動きが後を引くこともそれほどなく、ボディが入力を受けとめきれない様子も見受けられませんでした。

      以前に弟が乗っていた同じ2.0の147の記憶からすると、なぜかこの個体のエンジン音はゴロゴロした感じが強かったです。変な振動にはつながっていないので異常ではないのでしょうが、非常にスムーズだった1.6とは明確に異なるところでした。

      燃費

      毎日の通勤(市街地:高速=約1:2)に使って、満タン法で10km/ℓをわずかに超える程度でした。
      1.6でもだいたい11km/ℓ台だったので、性能差を考えると上々といえるでしょう。

      積載性


      初期の2.0ℓモデルではBOSEのオーディオが標準装備でトランク左端をサブウーファーが占拠していましたが、こちらは私の1.6同様非装備なのでその分広いです。
      通常の容量は280ℓとCセグメントとしては小さいですが、後席はダブルフォールディングの分割可倒式です。

      故障経験

      1週間ほどの借用中は、全くありませんでした。
      悪名高い?セレスピードも、不審な挙動は一切見せませんでした。

      満足している点


      基本的には前所有車の1.6と同じですが、大排気量エンジンならではの余裕はありがたいものがあります。
      TIに付くレザーのスポーツシートやトリムも、カジュアルなファブリック仕様だった私の1.6とは異なり、いかにも「プレミアム」な印象です。

      不満な点

      個人的な好みで恐縮ですが、やはり内外装のデザインは前期型の方が好きではあります。
      改良が進んだセレスピードですが、手動モードでもレブリミット直前で自動シフトアップしてしまうのは個人的にはちょっと…。まあ、MT原理主義者としてはMT一択なので関係はありませんが(笑)

      総評

      2006年式の2.0TIセレスピードを代車として1週間ほど借用しました。13年落ちながら走行は4万4000kmで程度良好な個体です。

      パワー足りなめのエンジンをローギアードなMTでブン回す痛快さを楽しめる1.6、低速から余裕のトルクで快適さを味わえる2.0と性格の違いこそありますが、いずれも甲乙はつけ難いところです。
      高速移動の機会がそれなりにある方には2.0をおすすめしますが、今や1.6も2.0も中古車の販売価格帯は変わらないようですし、月並みですがどちらを選んでも間違いはないと思います。

      セレスピードもこのあたりの年式では信頼性・洗練性とも向上しているようですし、大多数のAT派にも取っつきやすくなっていると思います。

      気のおけない相棒として今なお、そして今だからこそ楽しめるクルマだと思います。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    アルファロメオ 147
    • らぞく

    • アルファロメオ / 147
      2.0スペチアーレ_RHD(AT_2.0)) (2009年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:1人
    • レビュー日:2019/05/29
      使用目的:通勤通学
    • 走行性能

      曲がることは ロードスターの方が上

      乗り心地

      革シート あまり好きではない

      燃費

      燃費気にするならプリウス

      積載性

      ロードスターより上

      故障経験

      何と言ってもセレが怖い

      満足している点

      トヨタのクルマに比べると乗っている人が少ない。

      不満な点

      ドアトリム浮いている。
      内装べたべたしているところがある。

      総評

      TOYOTAのクルマでは走らなくなれば怒られるが、アルファロメオは許してもらえそう。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    アルファロメオ 147
    • a1k1ken1

    • アルファロメオ / 147
      ドゥカティ コルセ (2008年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:5人
    • レビュー日:2019/04/08
      使用目的:仕事
    • 走行性能

      市街地走行にも高速道路走行にも十分なパワーだと思います。山道や高速道路の加速時はエンジン音もあり、パワフルにさえ感じます。直進性も安定していると思いますし、ハンドリングも素直だと思います。通常走行ではアンダーステアもあまり感じません。雪道も十分こなします。ただ、発進時はもたつきます。Uターンなどの小回りは苦手?かもしれません。

      乗り心地

      ドゥカティコルセなので、ローダウンのサスと純正18インチの設定からか乗り心地は硬いです。補修だらけの舗装路では低速走行になりがちです。スタッドレスタイヤは17インチにしましたが、こちらの方がバランスは良さそうです。エンジン音も室内によく聞こえるので決して静粛性は高くありません。でもそれが楽しいです。

      燃費

      仕事柄、市街地と高速道路はどちらも走行しますが、平均すると11Km/Lくらいです。

      積載性

      ゴルフバックの横積みはできませんが、荷室は必要十分の広さです。リアシートを倒せばフラットになるので、かなりの大きさの荷物が積めます。

      故障経験

      71000キロで購入して直後にギアチェンジができなくなったので、セレスピードのアクチュレーターを交換しました。ウォッシャー液がすぐなくなったのでヘッドライトウォッシャーのノズルを交換しました。それ以降は現在98000キロになりますが、特に不具合はありません。セレオイルはエンジンオイル交換時(5000キロ毎)にチェックして1度補充しました。

      満足している点

      免許取り立ての頃の1600ccスポーツカーに乗ってるような運転感覚と外観。大人3名のドライブも問題なく???できるできる室内と荷室の広さ。運転することにストレスを感じない車です。

      不満な点

      整備を「気軽」に頼める店舗が少ないこと。

      総評

      以前から興味はあっても、なかなか手を出せなかったクルマでしたが、中古からダメ元でもいいかと思い購入しました。1年で27000キロ走行しても大きな不具合もなく、運転することが楽しく飽きない良いクルマだと思います。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    • TMsFC

    • アルファロメオ / 147
      2.0_TWIN_SPARK_LHD(5ドア_MT_2.0) (2002年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:5人
    • レビュー日:2019/03/25
      使用目的:スポーツ走行
    • 走行性能

      悪くない

      乗り心地

      日本車に比べて固め

      燃費

      平均12はキープ出来る

      積載性

      リアタワーバーなしの後部座席倒しで、17インチの235/40~45を4本、255/40を2本、同径ホイール2本いける。16インチだと205/55が10本ってところかな。

      故障経験

      特になし

      満足している点

      積載量ハンパないって!

      不満な点

      内装のベタつき

      総評

      危険な魅力

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • 過去所有
    • nbtouhoku

    • アルファロメオ / 147
      1.6_TWIN_SPARK_RHD(MT_1.6) (2005年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:4人
    • レビュー日:2019/02/21
      使用目的:仕事
    • 走行性能

      ショートストロークで街乗りでも楽しめる。
      飛ばすとそれなりに直線、コーナーも速い。

      乗り心地

      固すぎず柔らかすぎず、ジェントルに程よくスポーツ。

      燃費

      14.5km/1L
      悪くても10は切らない。

      積載性

      ハッチバックなので意外と積める。

      故障経験

      エンジンのかかりが終始悪かったくらい。

      満足している点

      意外と燃費が良い。
      高そうに見えるらしい。
      リセールバリューが良い。
      音もなかなか悪くない。
      前期型は可愛い。
      致命的な故障は無かった。

      不満な点

      エンジンのメンテの施工性の悪さ。プラグの不調。
      ベタベタな内装塗装。

      総評

      「フェラーリを買うという事」
      で面白かった著者 清水草一先生の言葉を借りるなら。
      「アルファロメオは80%フェラーリだ」
      たしかこんなフレーズがあったと思います。
      彼の著書は面白くて好きです。

      V6の156くらいまでのモデルによいマフラーを入れれば、というお話でしょうけど。
      そういえば2019現在の最新SUVアルファロメオ(何て名前だかしりませんが)
      のエンジンはフェラーリ製でV8をV6にデチューンしているものが搭載されているとかいないとか。。。

      私はチョイノリ前提で、フェラーリ専門店で下取りに入っていたガレージ保管のガラスコーティングされた傷一つない、
      アルファロメオ147(1.6並行輸入車)のブラックメタリックカラーの車体を。
      55万円で購入しました。
      タイベルは交換済みの47000kmくらいの車体で30万円位したらしい「サクラム」製デュアルマフラーがついていたのが大きかったです。
      左ハンドルの本革、1.6Lモデルは日本には正規輸入車されていませんでしたから並行輸入車です。この車はサンルーフがなかったので後付けサンルーフを取り付けてあとは一切いじりませんでした。

      購入当初は
      「こんな爆音で大丈夫だろか…」
      と思ったマフラーも内装の密閉性が素晴らしく運転していると静かにジェントルに乗れました。
      イタリア車のストロークはショートストロークで80kmも出せば5速まで入り、実燃費は14.5km/1L
      くらいでした。
      みなさんの147の燃費平均は8から10くらい、となっているので2.0Lと1.6Lの違いと、4気筒モデルの違いだと思いますが驚きの省燃費車両だと思います。
      貧乏性が板についていたのか、あまり回さなかった、というのもあります。

      高そう

      に見られたのも意外な反応でした。
      55万円の車には全然見えない飽きの来ないデザインは流石です。

      肝心のサウンドですがV6でない事が当然といえば当然なのですが80%フェラーリとは感じませんでした。。。
      前述の通り密閉性が良かったのと、オープンカーに慣れていたからか官能的というよりジェントル、というイメージ。
      飛ばす気もないから回すこともない。
      クォーンという音が3000~4000回転くらいでいい感じですが上がスカスカでただ回っているという印象。
      意外とトルクがあります。

      そして「ツインスパーク」という意味不明のプラグシステムが困惑しました。
      エンジンがかぶり気味でプラグを交換しよう、としたら1本2000円。それが8本必要だというのです。
      4気筒なのになんで8本。。。
      更にそれが専用のカバーを外してどうのこうの、で一般工具で気軽に交換、というわけにはいかず。
      3本で900円、自分で交換していた足車のジムニーに対してあまりにメンテナンス費用のかかるエンジンです。
      プラグをかえても直らず、コイルか、プラグコードか。
      そして40000km毎に迎えるタイミングベルトの交換。

      ほとんどの方が時限爆弾にちかいセレスピードをお望みなのでしょうからよけいに、足車としてはちょっと不安になるのもうなずけます。

      不動になる前に欲しいというお客さんに30万円で売却してしまいました。
      歴代最短の維持期間となってしまいました。
      その方は1年乗って25万円で売れたそうですからすごいリセールバリューです。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評

前へ12345678910次へ >

<< 前の10ページ次の10ページ >>

 

 

みんカラを始めよう!

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース