アルファロメオ 159 (セダン)

ユーザー評価: 4.21

アルファロメオ

159 (セダン)

159 (セダン)の買取情報を調べる

クルマレビュー - 159 (セダン)

  • マイカー
    • 麺食い

    • アルファロメオ / 159 (セダン)
      3.2_JTS_Q4_Q-トロニック_TI_RHD(AT_3.2) (2008年)
      • レビュー日:2018年9月6日
      • 乗車人数:2人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 4

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    なんといってもジウジアーロによってデザインされたこの見事なスタイリング。街中でも結構人目を引きます。街中であまり遭遇しないのもいいですね。
    そして3.2LのV6エンジンから発せられる野太いサウンドとQトロニックシステムの力強い加速と安定性は気をつけていないと制限速度を大幅に上回ってしまうほどです。
    内装も皮とアルミを使ったスポーティーな仕上がりでとてもかっこいいです。
    不満な点
    細かなことを言い出すとキリがないです笑
    まず、後部座席が結構狭い。中古車サイトの写真は前の席を前に出して撮影してる可能性もあるので注意したほうがいいです。
    そして、なぜか1つしかないドリンクホルダー。だからといって助手席側のエアコン吹き出し口にアフターパーツを取り付けると唯一のエアコン吹き出し口が塞がれます。なんてったって、インパネにある3つの吹き出し口は全て運転席側に向いていますからね。笑
    あとは内側のプラスチックが劣化してペタペタしてきていることです。
    維持費関係についてもそれぞれが高いです。3.2Lなので自動車税が高い、だいたい街乗りで5〜7km/Lでタンク容量が70Lなのでガソリン代が高い、tiの19インチはピレリかミシュランしか選択肢がなくタイヤ代が高い等々。
    アルファロメオディーラーのホスピタリティの低さ。
    総評
    なぜこの車に乗るのか。それはかっこいいからです。
    わがままでお金がかかるけど超絶美人と付き合うか、手間暇かからず欲も言わない普通の女性と付き合うか。
    この車に乗る人は前者でしょう。
    走行性能
    無評価
    必要にして十分。
    小回りは苦手です。
    乗り心地
    無評価
    固めですが不快に感じるほどではありません。
    積載性
    無評価
    サブロク板は入りませんでした。笑
    燃費
    無評価
    新型プリウスが満タンで1000キロ走る時代に70Lハイオク満タンで400キロくらいしか走りません。
    でもいいんです。そこで勝負していないので。
    故障経験
    O2センサー故障。
    トランク配線劣化によりトランクが開かなくなる。
    ミラーが時々片側だけ動かない。
    ウインドウの開閉ボタンがなぜか閉じる側に引くと下がり、開ける側に押すと上がることが何回かあった。
    配線の劣化(だったと思う)でエンジンを切ってもファンが回り続ける。しかもファンがでかいからうるさい。笑
    油圧センサー故障。
  • マイカー
    • Julimee

    • アルファロメオ / 159 (セダン)
      2.2_JTS_セレスピードディスティンクティブ_RHD(AT_2.2) (2006年)
      • レビュー日:2018年9月5日
      • 乗車人数:3人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 4

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    美しいサイドビュー 
    いかついマスク 
    センスの良いインテリア 
    静かに回ることもできるし豊かな音場を造り出すこともできるエンジン 
    思わず笑みがこぼれてしまうコーナリング 
    遅すぎず速すぎない絶対速度
    不満な点
    丁寧にデザインされているのに大ざっぱな組み付け精度 
    総評
    普通のセダンなのにセンスも走りもなんか普通じゃない。 
    普通に故障だと思えば嫌になってしまうが不思議と嫌にならない車は他には存在しないんじゃないかな。
    走行性能
    無評価
    クリープ現象が全くないのでトルコンATしか知らない人は初めて運転するときに戸惑ってシフトインジケータを確認するでしょう。1速から2速へのシフトはもたつくが、その後はスムーズに加速していく。スタートダッシュは明らかに国産に負けるけど、追い越し加速は国産より速い(感じがする)。ツインスパークほどフィーリングにドラマ性はないが低回転では静かながら野太い低音を出し、高回転ではドライなビートを奏でるエンジンは、元は違えどやっぱりアルファロメオだなと思わせる。ストレートでは普通でもワインディングでは豹変した身のこなし。人馬一体を得意とする国内M社の車と乗り比べても楽しさは全然負けてなかった。


    乗り心地
    無評価
    低速ではやや硬く轍にステアリングを取られる感じもあるが、80キロ以上になればフラットで至って快適になる。エンジン音もノイズに聞こえないので心地よくアクセルワークを丁寧に行えば助手席の人も不満はないと思う。
    積載性
    無評価
    必要にして充分でしょう。
    燃費
    無評価
    町乗りで7~8km 高速で12~13km ワインディングを楽しむと5kmくらいになってしまうのは割り切りましょう。
    故障経験
    配線劣化によるテールランプ点灯不良、燃料ポンプひび割れによる燃料漏れ、エンジンチェックランプ点灯、ミッションからの異音発生、オイルプレッシャースイッチ劣化によるオイル漏れが原因のセルモーターの不動などを経験し、燃料ポンプの交換、タイミングバリエーターの交換、タイミングチェーンの交換、ミッションのオーバーホール、セレスピードコンピューターの交換、ステアリングラックの交換、オイルプレッシャースイッチとセルモーターの交換などで今まで、もうすぐ3桁万円(奥さんに知れたらヤバい)費やしているけど嫌にならずに乗り続けてます。不思議ですね。


  • 過去所有
    アルファロメオ 159 (セダン)
    • ryu__

    • アルファロメオ / 159 (セダン)
      不明 (2008年)
      • レビュー日:2018年9月3日
      • 乗車人数:2人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 4

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    ・デザイン。こんな車あまりないですね。都内ですが、ほとんど見かけません。

    ・2.2Lですが、3.2Lに比べるとしょぼいのでしょうけど音を外で聴くと綺麗です。
    不満な点
    ・やや重い。
    ・何故かリコールにならない「持病」が多くある。
    ・アルファのディーラや専門店の仕事っぷりは総じてゆっくり、見積もりは適当なイメージがある。
    ・小回りがきかない。
    ・車幅があるので立駐に入らないケースがある。
    総評
    デザインだけで選んでよい車。

    最近のアルファの品質は悪くないと言われますが決してそんなことはなく、細部の造りは日本車と比べてはいけません。謎の不具合は多くあり、これをクリアするごとに愛着がわくのかそれとも逆になるのか。人間性や器が問われる車でもあります。感性的にマッチし、経済的負担を乗り切れるならば所有することが喜びになるでしょう。尖ったデザインはなかなか他のメーカーには見られないですし、走りの癖や音は感性に響きます。
    走行性能
    無評価
    ・出だしはもっさりで重いです。
    ・日本で走る分には特に不満はないでしょう。
    ・高速はどっしり走って、スピードもそれなりで楽。
    ・セレは壊れない限り楽ではあります。低速はいわゆるギクシャク感はありますが慣れの範囲です。そういうところがこの車の面白さです。
    乗り心地
    無評価
    タイヤを17inchコンフォート系に変えるとソフトで乗りやすくなりました。固いゴムや低扁平率のタイヤはゴツゴツがひどいのでおすすめできません。他、細部のミシミシ音などはイタリア車ということで。
    積載性
    無評価
    後部座席は狭くあまり使えません。トランクはそれなりに広いので後部座席を倒せばいろいろ積み込めます。
    燃費
    無評価
    よくないですね。高速で高ギアで走って11〜12km/l程度。街乗りは10km/l割ります。
    故障経験
    ・フューエルポンプ亀裂
    ・ウィンドウレギュレーター破損(窓落ち)
    ・デフオイル漏れ
    ・エンジンマウント破損
    ・セレモーター故障交換
    ・他
  • マイカー
    • Hirokazu(†|ξ)

    • アルファロメオ / 159 (セダン)
      2.2_JTS_LHD(MT_2.2) (2006年)
      • レビュー日:2018年8月24日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 5

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    簡単に2つ。

    他の車では有り得ない大胆で斬新なデザイン
    今になってもやはり凄い存在感。

    4気筒とは思えない音
    6万km台からどんどん良くなっていきました。気のせいではないと思います。やっと慣らし運転が終わった?笑
    不満な点
    内装のベタベタ。
    ミラーたたむと元の位置になかなか戻らない。
    アクセルレスポンスがちょっと鈍い。
    アンダーカバー擦りまくる。
    樹脂部品が触る度に砕けてゆく。

    総評
    当時は159か300Cかで迷っていましたが やはりMTで楽しい車が良いなとMT右Hの159を見に行きました、しかしもう売れてしまい現物がなかった。
    そこでたまたま入庫したてでHPにもまだ載せていない渋いグレーの159を見せていただき、座らせてもらいました。
    するとどうでしょう、乗った事もない左Hにも関わらずこれ下さいと即決。
    とにかく内外装のカッコよさに一撃でした。


    あれから6年2ヶ月になりますが、何一つ後悔した事はありません。159に代わるような車が存在しないので乗り替えも考えられない。
    総じて良い車だと思います。
    走行性能
    無評価
    素晴らしいハンドリングに、出だしは鈍さも感じるものの乗りやすく 扱いやすいパワー感で特に不満のない加速。
    コーナーも気持ちよく曲がってくれるので楽しいです。
    燃費
    無評価
    燃費を気にした事が一度もない‥
    故障経験
    6年間で。

    ソレノイドバルブセンサー交換
    バッテリー突然死
    パワーウィンドウ修理 2回(窓落ち
    運転席ドアノブ修理(外側から開かなくなった

    車両自体は12年落ちになりますが何故かそんな壊れません。
    ショップから○○さんの159は全然壊れないですね’笑 と言われた事もあるくらい。
    ただもう7万キロなのでそのうち?
  • マイカー
    アルファロメオ 159 (セダン)
    • みやG

    • アルファロメオ / 159 (セダン)
      3.2_JTS_Q4_Q-トロニック_セレクティブ_RHD(AT_3.2) (2008年)
      • レビュー日:2018年6月24日
      • 乗車人数:5人
      • 使用目的:通勤通学

    おすすめ度: 3

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    エクステリアの個性は他に代替がないくらい好きです。
    アルファレッドが欲しかったのですが、アルファシルバーが一番良いと最近思いますし、知人もアルファシルバーが良いと言ってくれます。

    インテリアも好きです。運転席に座ると計器類に囲まれた感があり、戦闘機(乗ったことはありませんが。。。)のコックピット的な感じがあります。

    コスト削減でストラットやトーションビームの足回りを採用している車種もありますが、159ではダブルウィッシュボーン、マルチリンクの足回りで攻めたときの限界の高さは感心させられます。
    また、FFベースのAWDではありますが、弱オーバーのステアリング特性は低μ路面で最高に楽しいです。
    不満な点
    結構壊れました。。。
    5年で50万くらいは修理したと思います。
    (他に自損で、20万強の修理も。。。)

    壊れるのは構わないのですが、部品代が高い。
    中古を探したり、自分で輸入したり対処できれば何とかなると思います。

    壊れるのがネタだと思えるような人に向いていると思いますw

    ブレーキの効きには不満が若干あります。車重があるので仕方ないかもしれませんが、かなり踏み込む必要があります。

    あまり気にしませんが、燃費が悪いです。
    総評
    エクステリアを気に入ったなら買いだと思います。個人的にはブレラがトータルデザインで好きです。
    実用性まで考えると 159が良いと思います。
    3.2、AWD、トルコンATのため燃費は悲惨です。

    中古の値段も安くなってきたので、壊れるまで乗ると考えると良いかもしれません。
    数は少ないですが、MTがあれば買いだと思います。

    5年乗って、乗り換えも何度か検討して試乗もしましたが、最終的に159を降りると後悔する気がしています。
    車齢が10年を超え、いろいろ壊れてきたし、これからも壊れてくることが予想されますが、修理して乗り続けるのも選択肢だと思ってきましたw

    正直、時代に逆行した車だと思います。
    でも好きになったら手放すことがなかなかできない車だと思います。

    あと、子供ウケが非常に良いですし、子供以外でもウケが良いですし、目立ちますw
    走行性能
    無評価
    3.2V6は低速トルクもあり、パワーも必要にして十分です。
    何よりも足回りが最高に良いです。
    雪国のため雪道を走ることもありますが、ASR、VDCのお蔭で非常に安心して走れます。
    乗り心地
    無評価
    街乗りは硬さを感じます。
    10年、4.6万キロの走行ですが、ボディ剛性が落ちてきた感じはあります。

    高速道路では非常に安定しています。
    GTですね。

    街乗りには向かないと思います。
    積載性
    無評価
    セダンとしては普通ではないでしょうか。
    燃費
    無評価
    地方ですが、街乗りで5km/l。郊外で7km/l。高速で9km/lくらいと考えると良いです。
    故障経験
    ステアリングギアボックス故障、パーキングヘルプセンサー故障、窓落ち、イグニッションコイルの寿命などがありました。

前へ12345678910次へ >

<< 前の10ページ次の10ページ >>

レビューを投稿する

マイページでカーライフを便利に楽しく!!

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

まずは会員登録をしてはじめよう

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース