アルファロメオ 4C

ユーザー評価: 4.83

アルファロメオ

4C

4Cの買取情報を調べる

クルマレビュー - 4C

  • マイカー
    • ぼんじょるの

    • アルファロメオ / 4C
      4C_LHD(Alfa TCT_1.8) (2014年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:2人
    • レビュー日:2017/08/21
      使用目的:レジャー
    • 満足している点


      スポーツカーとは何ぞやをわきまえて製造されている存在感のあるスタイル及び軽量化命の為質素な内外装、あえて多気筒大排気量や馬力競争に加わっていないところ。

      不満な点


      発展途上のTCT

      総評

      時代に逆行してまでのコンセプトに忠実な作り
      V6やV8も載せればまた面白いかもしれませんが(爆)http://www.lazzarinidesign.net/

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • 試乗
    • かわりゅう

    • アルファロメオ / 4C
      4C_LHD(Alfa TCT_1.8) (2014年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:2人
    • レビュー日:2015/09/26
      使用目的:その他
    • 走行性能

      ジュリエッタQVと基本的に同じパワートレーン(多少変えてあるらしいが)であるが、
      その車重はエアコン装備の日本仕様でもわずか1.1t。
      それでいて240PSのターボエンジンは強烈な加速を示してくれた。
      ダイナミックモード、レースモードには切り替えずノーマルモードでの走行だったが
      それでも十二分に速い。
      MRらしく後ろからはエンジンの快音が響き渡り、オーディオなんか必要ないと思えてしまう程
      ずっと聞いていたい魅力的なサウンドだった。
      踏み込むとタービンの音もはっきりと聞こえ、過給してるんだという事もハッキリ実感できる。

      操作系に関してはスパルタンモデルらしく、余計なスイッチ類が一切なく運転に集中出来るレイアウト。 アルファロメオ唯一のTFTメーターは美しく見やすい。


       
      ペダル配置は一般的なクルマのそれと異なり、さながらレーシングカーの様に上からぶら下がっておりブレーキを踏む際は踵は一切使わず足の裏全体で真正面に蹴る格好になる。



      また、モノコックはカーボン製とこれまたレーシングカーの様。
      695ビポストもそうだが、まさにナンバー付レーシングカーと言って良いクルマだった。

      乗り心地

      ナンバー付レーシングカーと書いたが、
      乗り心地に関してはビックリする程良く、快適だった。
      ワイド&ローなボディの恩恵だろうか、道路の継ぎ目でも激しく体が上下に揺すられる事もない。
      しかし、試乗車はスポーツパッケージ付のフロント205/40R18、リア235/35R19の扁平タイヤを
      履いている事を考えたら、この乗り心地の良さは驚異的である。


      燃費

      試乗につき、未測定

      積載性



      トランクルームは当然ながら広くはない。
      しかし、1人(その気になればフル乗車2人)分の1泊分の荷物程度は積める深さの収納がエンジン手前に確保されており、S660の様な荷室皆無という事はない。

      満足している点

      ・刺激的なエンジンサウンド
      ・驚くほど良好な乗り心地

      不満な点

      なし!....................と書きたい所だったが、
      トラックやレーシングカーの様な
      常時映してくれるリアモニターが何としても欲しくなる絶望的な後方視界

      総評

      これとの2台持ちが出来る富裕層以外はとても維持が困難な
      価格・実用性(店への乗り入れ等を含む)である。
      しかし、それが出来る幸せな人は是非乗ってもらいたいと思える程のクルマだった。
      不満点に後方視界を挙げたが、それはランボルギーニなども同じであり
      実質的には不満は一切ない。
      今まで多くのクルマに乗ったが、その中でも最高ランク!
      もし私が買っていたら、宝くじでも当たったのだと思ってくださいw

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • 試乗
    • R茶

    • アルファロメオ / 4C
      4C_LHD(Alfa TCT_1.8) (2014年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:1人
    • レビュー日:2015/08/23
      使用目的:その他
    • 満足している点

      ◎背が低くて平べったい
      ◎1.7Lターボでも十分速いと感じさせる車重の軽さ
      ◎そんでもってフットワークも軽くて、ハンドルを切るのが楽しい
      ◎ 躊躇なく踏めてしまいそうなビシッとした安定感
      ◎147よりずっっっっっと小回りが効く

      不満な点

      ◎後ろが何も見えない、目があと5〜6個欲しい
      ◎レースゲームチックなメーター
      ◎重力と仲良しのホールド性皆無なシート
      ◎軽さと引き換えなのか、内装が雑
      ◎エキゾースト音はもう少し大人しくても良いような…

      総評

      お盆休みに東京へ出掛けた際に試乗致しました。
      1.7Lのターボだから恐らくそこそこの速さだろうと。多分フロントの接地感が寂しくておっかない車なんだろうと。予想はバッサリと裏切られて、なんかもうホント楽しくて試乗後の余韻に浸りながら飲んだコーヒーがやたら美味いのなんの。平べったいクルマって良いなあと思う。3ペダルMTが楽しさの絶対条件ではない事が再確認出来ました。

      今の私ではポケットを気が狂う程叩いてお金増やさないと手が出せませんが…埋蔵金でも掘り当てたら休日専用車として仲間入りさせたいですね(笑)ワガママを言うと試乗コースに首都高も入れて欲しかった!(=゚ω゚)ノ

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    アルファロメオ 4C
    • 黄色ナス

    • アルファロメオ / 4C
      4C ローンチエディション_LHD(Alfa TCT_1.8) (2014年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:1人
    • レビュー日:2015/08/16
      使用目的:レジャー
    • 走行性能

      走行距離も6000kmを超え、サーキット走行も無事にこなした感想です。

      身のこなしが軽く感じられる車です。どんな速度域からも前に押し出されるように加速します。ただしターボラグのようなものがあり、低回転時からでは いったん吸気音の高まりがあり、その後強い加速が発生します。

      アシストのないハンドルには、ダイレクト感と安心感があります。前車のロータス S2エキシージSとは違い、フロントに接地感があるため速度が上がっても落ち着いていけます。 ただ轍などのキックバックが強いことと低速時にはかなり重さを感じます。

      ミッドシップはピーキーさがあるとよく言われますが、4Cの動きは素直で、ピーキーさや不安定さを感じることはありません。その上でミッドシップ特有の荷重変化による運動性の変化が現れるので、日常からスポーツ走行までドライビングが楽しめます。

      ブレーキは最高です。 ノーマルのブレーキで、真夏の鈴鹿サーキットで30分間走り続けても大丈夫だった耐久性には驚きです。ブレーキ姿勢も安定していました。

      乗り心地

      スポーツカーですからw
      シートのリクライニングですが、後ろにはほとんど倒れません。
      また4点シートベルトをつけるには、シートの交換が必要です。

      燃費

      通常の使い方(高速&街乗り)でリッター当たり13~14kmです。
      今までの最高燃費は、リッター当たり17.7km(高速のみ)
      最低燃費は、リッター当たり3.6km(サーキット走行)

      実は我が家で一番燃費の良い車です。
      (ミニバンはやっぱり燃費が良くないし)

      満足している点

      明らかに分かる特徴のあるデザイン。
       低いフロント、車高、ワイドなボディ、全面を曲面で構成されたライン。
       ドアミラーに映るサイドのエアーインテークにドキッとします。

      その気にさせる内装
       4Cのウリのカーボンセルがむき出しで、シートを囲い込み、
       快適装備と無縁のシンプルな装備が、常にスポーツカーであることを意識させてくれます。
       そして走行中は、容赦なく背後から入ってくるメカニカルノイズ、ターボの吸気音が気分を高揚させてくれます。

      素直で穏やかな走行特性
       ミッドシップはピーキーとのイメージがありますが、4Cは常に素直で安定しています。
       ブレーキも耐久性、安定性に優れていて、不安になることがありません。

      不満な点

      実用性を求めないでください。
       後部トランクは小さく、ドリンクホルダーは手が届かない場所にあり、グローブボックスもなし。
       ゴルフバッグなど大きなものを積むときは、助手席に積むことになるので、一人用になります。

      後方、斜め後方が見えない。
       シートのすぐ後ろにエンジンが乗っているために、後方・斜め後ろは見えません。
       特に左ハンドル車では、合流に苦労するのでカメラやミラーなどで手当てしたほうが無難です。

      重すぎるハンドル
       ダイレクト感のあるアシストなしのハンドルですが、低速ではかなり重いです。
       また轍にハンドルを取られやすい面もありますので、タイヤの空気圧管理はマメに行うべき。

      MTの設定なし、良く効くエアコン
       残念ながら、4Cは現在のスポーツカーですので、そこまで漢らしくはありませんw

      総評

      4Cの価値の半分以上は、デザインだと思っています。
      低くワイドな車体に、グラマラスなリア。非日常的な外観。
      そこに、ミッドシップ、2人乗り、カーボンセル、ライトウェイト、ターボ過給などの記号が盛り込まれている、混じりけのないピュアなスポーツカー

      もちろんスポーツカーとして、吊るしのままのフルノーマルでサーキット走行をこなせる十分な性能。

      スポーツカーに許された「非日常性」を味わいたい人にはお勧めです。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    • もりた

    • アルファロメオ / 4C
      4C_LHD(Alfa TCT_1.8) (2014年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:2人
    • レビュー日:2015/05/17
      使用目的:スポーツ走行
    • 走行性能

      抜群です。
      理想的な車両重量。
      運動性能。
      ダイレクトなステアリングとブレーキフィール。

      あえて否を付けるなら、ホールド性のないシートくらいか。

      乗り心地

      スポーツサスペンションを選択しました。

      街乗りでは多少硬さを感じるものの跳ねることもなく4輪の接地感がとてもよく伝わってきます。

      剛性の高いボディーと相まって「カチッ」としたとても素晴らしい足です。

      燃費

      燃費の良さには驚きです。

      ノーマルモードなら街で13。高速で15は行きます。

      ダイナミックモードでも11くらいは行きます。

      レースモードは試していませんが、これだけハイパフォーマンスな車なのに燃費の良さには驚きました。

      積載性

      無いです。

      こういう車に積載能力云々は言っちゃダメです。

      故障経験

      無いです。
      イタリアンを信じます。

      満足している点

      何と言っても動力性能の高さと車の軽さですね。

      不満な点

      キッパリ言います。

      全くありません。

      総評

      4C最高!
      この車を世に送り出したアルファロメオに感謝!

      ブラボー!!

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評

前へ12次へ >

 

 

みんカラを始めよう!

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース

閉じる