ユーザー評価: 3.76

アルファロメオ

その他

その他の買取情報を調べる

クルマレビュー - その他

  • 過去所有
    • Su-27 Flanker

    • アルファロメオ / その他
      不明 (発売年月不明)
    • おすすめ度:
      乗車人数:1人
    • レビュー日:2018/12/11
      使用目的:通勤通学
    • 走行性能

      2代目のジュリエッタです。
      車重1100kgに対して2Lの140PSなので、本当によく走りました。軽さは命です。同じ事がたとえばR30スカイラインにも言えると思います。

      乗り心地

      アルファロメオの伝統で、ソフトな乗り心地です。よくナマクラと言われますが、私はこういう乗り味が好きです(ガチガチはちょっと・・・)

      燃費

      一桁の後半でしょう。燃料タンクの容量が45Lぐらいしかなかったので、足は短かったです。

      積載性

      この時代のクルマなのでトランクスルーなどはありませんが、スペースユーティリティーもよく考えられていたと思います。

      故障経験

      第一にエンジンブロックとエキゾーストパイプのつなぎ目からのガス抜け。これには参りました。
      2速シンクロがバカになっていた件に関しては、ダブルクラッチで対応。

      満足している点

      全て定規を当てて引いたような、シンプルで直線的なラインが気に入っています。そして窓が広く開放的。スタイルから想像されるように、車内も広く、とにかく明るい雰囲気が気に入っていました。
      あと、エンジンそのものが発するメカニカルな音がそれはそれは素晴らしく、20年以上が過ぎた今でも耳に残っています。でも録音ぐらいはしておけばよかった。

      不満な点

      9年物を買ったので、その分は差し引いて考える必要はありますが、トラブルの多い車でした。
      2速のシンクロがヘタっていて、とくにシフトダウンにはダブルクラッチが必須だったり、エンジンブロックとエキゾーストパイプを固定する箇所の設計が悪いのか、ボルトのネジ山がバカになり易く、ガス抜けと騒音に何回も悩まされたり・・・
      あと、これはトラブルではありませんが、ウェバー2連は、やはり調整が面倒でした。

      総評

      いろいろと不安は抱えながらも、乗っていて楽しいクルマでした。もう一度欲しいとは思いませんが、機会があったらまた運転してみたいです。
      そして、やはりこのシンプルなデザイン。
      1977年に発売とは思えない垢抜けたスタイルは、さすが(たぶん)ジウジアーロ。
      こういうカタチ、今ではまず望めないでしょう。155で終わりかな?

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • 試乗
    • pino310

    • アルファロメオ / その他
      first edition (2018年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:2人
    • レビュー日:2018/08/04
      使用目的:購入目的
    • 走行性能


      パワーはSUVとして乗るには必要十分。車重が1800kg程度あるため、速いクルマではない。
      直4 2Lエンジンはかなりイケていない感。遮音がしっかりされているため遠くで吠えているだけだが、雑味があり非常に残念。
      ずば抜けて良いハンドリング性能があるだけに、パワートレーンとしての完成度は残念。その点を補ったクアドリフォリオは本当にいい車になると思う。
      ステアリングホイールは小さく好印象。86と同等か、さらに小さい印象。
      SUVにしてここまでクイックなステアリングレシオは無かったのではないか?

      乗り心地


      20inchということもあり、低速ではコツコツ感(ランフラットの様)が気になるが、郊外スピードであれば気にならない。
      車内は比較的静か。

      燃費


      このサイズで4WDなので、良いはずがない。
      ワンタンクで走れる距離も、大したことない。

      積載性


      トランクは電動ゲートがついているが、幅方向にかなり狭い。リアサスの影響でしょうが、BMW X3やジャガーF-PACEと比べても使いにくい印象。
      ステルビオはレジャーで使い倒すというより都会派SUVを目指しているようで、キャンプ用品とか自転車とかは想定していないのでしょう。

      故障経験


      ちょい乗りなのでなし。

      満足している点


      発売初期で車種登録がされていないため、今後登録し直す可能性があります。

      今流行りのミドルSUV。BMW X3、メルセデス・ベンツ GLC、ジャガー F PACE、マツダ CX-5といった並み居る競合車がいる中で、全く新しい個性を持つ車。
      オフロードは完全に切り捨て、オンロードに特化。走る、曲がる、止まるの基礎能力が高く、SUVに対する概念を見事に覆されました。
      幅1900mmと非常に巨体であり、運転席についたときはあまりの大きさに辟易。実際にステアリングを握ると思い描くラインと寸分違わず走行でき、BMW1シリーズ程度の感覚で運転できました。久しぶりの右ハンドルでもこれだけ意のままに動いてくれるということは、まさに車を着る感覚でした。

      イタリア車のデザインはやっぱりカッコいい。車内もジュリアよりホイールベースが延長された分、後席が広くなっています。

      不満な点


      first editionであり、これから改良されて行くとは思いますが、まだまだな部分が多い。
      ・実用一点張りのエンジン。
       フィーリングもレスポンスもサウンドも大したことはない。馬力も280ps本当にあるのか疑問。シフトチェンジのときも、「もわ~」っとしたフィーリン。本当にカタログ通り0.1秒でチェンジできてる?
      ・ZE製8速AT
       BMWも採用する8速ミッション。2012年のモデルで見られた2速から3速へのシフトショックが全く改善されていない。2014年モデルの4シリーズでは感じられなかったため、このステルビオでは制御プログラムがまだまだ甘いかと。
      ・ナビインターフェイス
       これまたBMW i-driveを思わせる横長のナビ画面。ボタンがダイヤル+2つしかないため、操作性イマイチ。結局ナビ画面には一度もできず。改良型ではボタンが6つに増えていると予想。歴史は繰り返されますね。
      ・運転支援システムの不出来
       同一車線自動運転技術なし。白線を見つけて警告するにとどまるようでした。赤信号で止まる度に、センサーが誤作動し周りを確認しろと怒られる。この個体だけだと信じたい。
      ・狭いトランク
       ミドルSUVにしては狭い。特に幅方向はだいぶ削られている。ゴルフバックはおろか、ギターのハードケースも横積みはできなそう。

      総評


      ニュルブルクリンク最速SUVのミドルグレード!
      ハンドリングに特化したプレミアムミドルSUV。指1本分のステアリング動作から機敏に反応し、どこまで行ってもフラットライドなのは驚愕的。SUVとはかけ離れますが、現行ポルシェ 718ケイマンが最も近いフィーリングでした。
      デザインだけでも欲しくなるのに、ハンドリングもここまで優れているとは・・・。SUVは重心が高く敬遠していたスポーツカー好きにも、一度は乗ってみてほしい作品になっています。モード切替はDynamic固定推奨!
      世界有数のワインディング・ロードであるステルビオ峠の名を冠するモデルは伊達ではないですね。
      Alfa初のSUVであり、詰めが甘いところもまだ見受けられるので、熟成を待ちたいですね。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • 試乗
    アルファロメオ その他
    • Persec

    • アルファロメオ / その他
      ステルビオ ファーストエディション (2018年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:1人
    • レビュー日:2018/07/20
      使用目的:購入目的
    • 走行性能

      SUVにしては、という前置きなしで極めてクイックなハンドリング、エンジン性能、上級モデルは500馬力を超えるモデルなので、通常モデルは必要以上のボディ剛性。ブレーキも強力だけど、設定が高速よりなので低速でやや扱いづらい。

      乗り心地

      ボディがしっかりしているので、気にならないが、SUVとしてはかなり硬い。

      燃費

      試乗のため不明

      積載性

      荷室はやや狭い。後部座席は4:2:4の分割可倒式。

      満足している点

      重いSUVに乗っていることを感じさせないハンドリング、高いフロア剛性。操作しやすいパドルシフト。

      不満な点

      装備が少しずつ古い。インフォテイメントが貧弱。ヒルホールドの効きが弱く、坂道で下がる。エアコンの効きが弱い。ナビがない(Android Auto、Car Playは接続可能)。インテリアのプラスチック部品の質感が低い。

      総評

      SUVながら走り方向に全振りした車。常にダイナミックモードで走ると楽しい(エンジンを切ってもモードは維持される)スポーツカー買いたいけど4人乗れて荷物積めないとだめ、という人にはお勧めできる。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    アルファロメオ その他
    • アルファロメオ / その他
      不明 (1991年)
    • おすすめ度:
    • レビュー日:2014/09/22
    • 走行性能

      トルクのあるエンジンで、低回転から力があって乗りやすく、ロードホールディングとスタビリティーも現代の車と比べても遜色ない走りです。

      乗り心地

      想像していたより乗り心地がよいですね、シートも比較的ソフトなので振動などを吸収してくれます。長時間でも疲れません。たまたま自分にフィットしたのかもしれませんが。

      使い勝手

      2人乗りに割り切っているので、割とゆったりた空間が確保されています。荷物もリアーのカーゴスペースに思ったよりつめます。ただし、リアーガラスの傾斜が強いのでかなり熱くなり温室状態です。

      内外装

      黒とベージュのコンビがきれいです。ただすべて本革は使われているわけではなく、部分的にビニールレザーなので、いっそのことどっちか一つのほうがいいかもしれません。合成皮革のほうが手入れは楽でしょうね。FRPの外皮は独特の光沢と色合いを醸し出しています。

      不満な点

      メインテナンスは手がかります、ちょっと想定範囲を超えました。財布には厳しいです。

      総評

      いろいろ大変ですが、それらも含めて思い切って購入してよかったように思います。

    走行性能乗り心地使い勝手内外装不満な点総評
  • マイカー
    アルファロメオ その他
    • アルファロメオ / その他
      不明 (2003年)
    • おすすめ度:
    • レビュー日:2014/07/05
    • 走行性能

      出だしからのトルクの強さ
      スピードにのった時の軽さ、加速スピードは申し分ないですね。

      乗り心地

      GTAですが 待ち乗りでは満足です
      横Gに対するロールが若干ですが気になります。

      使い勝手

      後部座席は使わないので  運転時は満足。
      ラッゲジスペースは、趣味の釣りさおが詰めない

      わがままですかね。。。

      内外装

      ブラック で統一シックでかっこいい
      リヤのタイヤハウスのあたりにサイドからのボリュームがあったら素敵ですね♪

      不満な点

      特にないです、この車が大好きなので♪
      考えても、これから出るかもしれませんが

      総評

      足回りだけ強化したいですが、ほぼ満点な車ですね
      アルファのちょっといやらしいデザインが好きです。

    走行性能乗り心地使い勝手内外装不満な点総評

前へ12345次へ >

 

 

みんカラを始めよう!

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース