アルファロメオ ジュリエッタ

ユーザー評価: 4.27

アルファロメオ

ジュリエッタ

ジュリエッタの買取情報を調べる

ドキドキできる車 - ジュリエッタ

マイカー

ドキドキできる車

アルファロメオ ジュリエッタ

おすすめ度: 5

満足している点
 日によって、角度によって、時間によって、色々な表情を見せてくれるスタイリング。車を降りても思わず振り返って見てしまいます。ぽてっとしてるなと思う時もあれば、妙にシャープに感じることもあり、わかりやすくカッコイイというのとも違う魅力あるデザインです。昔のアルファロメオよりはわかりやすくなったと思いますけどね。
 スタイリング同様、運転していて飽きることのない楽しさも魅力です。人間の感性を刺激してくれる何かがあります。
不満な点
 FFであるということ。小回りがきかないこと。たまに感じるターボラグ。朝一のブレーキが急激に効きすぎること。今時の車には当然のようについているハイテクなものが一切ないこと。
 挙げれば沢山あるんでしょうけど、でも何ていうか「まあアルファロメオだし。イタ車だし。しょうがないよね。」で、全て済んでしまう気がします。
総評
 最近の、特に国産車みたいな「便利で快適、ハイテク満載で安全!燃費も良いよ!」みたいなことを求めている人には全く響かない車だと思います。昔ながらの車の魅力、楽しさ、ドキドキ感が欲しい方には大変おすすめできます。中古も安くなっていますしね。ちなみにジュリアと乗り比べて買いました。ジュリアは、妻が「こっちがいいな。」というくらい、本当に素晴らしい車でした。でも私にとっては「10年後にまた会いましょう。」という感じの車でした。ジュリアのクアドリフォリオなんて高すぎますしね。
 車が好きで、数字や世間の評判なんて気にしない人にとってはとても良い車だと思います。
走行性能
無評価
 街乗りしている分には普通のファミリーカーと変わらないくらいの落ち着きっぷり。剛性感もあってこれはひょっとして高級車なんじゃないかと錯覚することもあります。
 でも一度ハンドルをスパッと切ればくるっと向きを変えてくれますし、アクセルを踏み込むとやる気を刺激する音と共に爽快な加速を味わえます。DNAスイッチをDに入れようものなら理性が飛びそうになります。絶対的な性能がどうこういうより、演出がうまいというかひたすらに楽しさを追求しているような車。
 アルファTCTはとても賢くて便利です。フィアット500のデュアロジックはちょっとおバカさんなところがあって、それもまたいいのですが、ほとんどマニュアルモードしか使っていませんでした。デュアロジックは「クラッチのないマニュアル」感が非常に強いミッションだと思います。一方、TCTは「オートマモードで充分。」と思わせるミッションです。マニュアルモードにするのはDNAスイッチをDに入れた時くらいなもの。あと、渋滞で1速を使いたい時かな。オートマモードでもパドルでシフトダウンできるところは本当に便利。
 
乗り心地
無評価
 街乗りで流している分には、多少カチッとした感じがする普通の車です。女性でも肩肘張らずに運転できそう。隣の妻もしょっちゅう寝ているので乗り心地に文句はなさそうです。
積載性
無評価
なにも文句はありません。
燃費
無評価
通勤経路が渋滞の名所だらけなので、通勤オンリーだとリッター7kmちょいです。高速だけ乗っていると11〜12km。週末だけ高速に乗ることが多いので、トータル8〜9km/Lになります。
故障経験
まだ4000kmくらいしか走ってないので無いです。

レビュー一覧へ

レビューを投稿する

マイページでカーライフを便利に楽しく!!

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

まずは会員登録をしてはじめよう

イベント・キャンペーン

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース