アストンマーティン DB11

ユーザー評価: 5

アストンマーティン

DB11

DB11の買取情報を調べる

クルマレビュー - DB11

  • 試乗
    • みんカラスタッフチーム

    • アストンマーティン / DB11
      V8(4.0L) (2016年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:2人
    • レビュー日:2018/04/02
      使用目的:その他
    • 走行性能

      ※前置き:このクルマレビューは、自動車評論家でも、自動車編集者でもない、ただのクルマ好きのみんカラスタッフによる、JAIA(日本自動車輸入組合)開催の輸入車試乗会2018における、ちょこっと試乗レポートです。寛大なお心でご覧くださいませm(__)m

      こんにちは、スタッフSSです。

      JAIA輸入車試乗会2018レポート第一弾は、いきなりのアストンマーティンのスポーツGTクーペ、DB11です。
      試乗したのは、V8モデルで、搭載される4Lツインターボは、最高出力375kW (510ps)、最大トルク675Nm(68.8kgm)となります。



      500psオーバーと聞いて、ビビリながらエンジン始動してみると、ん?2年前(2016年)のJAIA輸入車試乗会でDB11の先代といえるDB9に乗せてもらったけど、だいぶ雰囲気が違う。もちろん、DB9はV12の自然吸気で、今回試乗するのはV8ツインターボだけど、DB9の非日常的な、野性味溢れる乾いたエグゾーストに比べて、ぐっと日常に近く感じる。もちろんDB11のV8ツインターボエンジンも、野太いエグゾーストを響かせているけど、魔物が口を開けてる感(←どんな「感」だ?)が、ない。これだけでも、「あ、これならいけるかもしれない」、という安心感が芽生えて、少し気が落ち着く。



      シフトノブを倒して、じゃなくて、センターコンソールのエアコン吹き出し口下の“Dボタン”を押して、そろそろとブレーキを離すと、おっと、思いの外クリープが速い(笑)



      慎重に自動車専用道路に出て、直線路で少しだけアクセルを踏み込んでみると、V8ツインターボの力強いエグゾーストを奏でながら、あっという間に法廷速度に達してしまい、DB11の「走行性能」を語れるような状況ではありません。
      もちろん、そんな状況にあったとしても、それを引き出すスキルもないわけですが、このシロウトスタッフがまがりなりにもいきなりシートに座って、動かして、どっと疲れが出ることもなく、程よいスポーティさを感じつつ、心地よいと感じられたということは、それなりのスキルのある方や、既存のアストンオーナーの方が乗れば、そのバランスの良さは、尚一層敏感に感じ取れるのではないでしょうか。



      その心地よさに貢献しているであろう、ZF製の超絶スムーズ8速ATは、Dボタンを押した後、パドル操作をするのが億劫に思えるほどの躾の良さ。もちろん、スポーツモード、もしくはスポーツ+(プラス)モードに入れて、アクセルを踏みつければ、ハイパワーV8と協調して、不足のないパフォーマンスを見せてくれることでしょう。ちなみに、0-100km/hは3.9秒とのことですので、スポーティさに期待する御仁も楽しめることと思います。

      とにもかくにも、新世代アストンマーティンのスポーティさと心地よさの絶妙なバランス感覚が、ほんの入り口だけでも垣間見れた貴重な試乗となりました。

      乗り心地

      一度目は通常の走行モードといえる「GTモード」で、2度目は「スポーツモード」で走りましたが、正直上限70km/hのスムーズな直線路では、違いはよくわかりませんでした。しかし、スポーツモードの時にサスペンションが硬すぎて、みたいな前時代的なことは当然なく、あくまでスマートな立ち振る舞いです。



      当然脚周りとしては引き締まっているわけですが、不快な硬さを感じずに、安心して日常走行を楽しめるセッティングだなと思いました。

      燃費

      試乗なのでわかりません。ちなみに、搭載されるV8エンジンはAMGメルセデス製です。

      積載性

      トランクは外観から想像する以上に奥行き、深さがあり、2人分の2~3泊の荷物であれば、問題ないのではと思われます(+2ですがリアシートもありますし)。



      ちなみに写真のトランク上方、左右にあるインテーク風のパーツは、Cピラーから取り込んだ空気の通り道で、その空気をトランクリッドに設けたスロット(溝)から排出することで、リアの安定性を生み出す、「アストンマーティン・アエロブレード(TM)」という機能だそうです。これによって、それまでのアストンマーティンに特徴的だった、リアエンドのダックテール状のリアスポイラーが不要となった、とのことですよ。

      故障経験

      試乗なのでわかりません。

      満足している点

      ●まずは、その新世代アストンマーティンを存分に感じさせる、引き締まった、文句なしにカッコいいと思えるスタイリングでしょうか。
      「積載性」のところで触れた、「アストンマーティン・アエロブレード(TM)」の採用により、リアのダックテール形状がなくなったことで、グッとスタイリング落ち着きが増して、スポーティすぎない、大人なGTクーペという性格が、見た目からも強調されたように思います。
      「走り」を重視するならば、同じく4LV8エンジンを積む、より“アグレッシブ”な『新型ヴァンテージ』をどうぞ、ということなのでしょう。



      ●次に、緊張感を強いることのない運転感覚は、既存ユーザーには物足りなさを感じさせる部分もあるのかもしれないのですが、新世代に突入したアストンマーティンの選択としては、とても納得のいく方向性なのかなと思いました。

      不満な点

      不満というほどでもありませんが、強いてあげれば、ナビのMAPが、モニタの解像度の問題なのか、ちょっとDB11の高級感にはそぐわない感じがしました。

      総評

      V8モデルでお値段約2,193万円からとなっていますが、DB11(V8)は2年前に乗ったDB9に比べて、短時間の試乗でも疲労度が全然違ったように思います。
      それをDB11の懐の深さと考えると、その実力を堪能することのできるオーナーは幸せだろうな、と思う次第です。あぁ、羨ましいったら。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    • JJB007

    • アストンマーティン / DB11
      DB11_RHD(AT_5.2) (2016年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:2人
    • レビュー日:2017/12/25
      使用目的:レジャー
    • 走行性能



      高速道路でちょっと踏むと、、、怖いくらいに速い。アッという間に、後続車を引き離していく。
      山間路では、縦横の姿勢が崩れず狙った通りに既定の車線をトレースできる(ドリフトとか操れる腕もないし)。でも、ヒラリヒラリという感じではないかな。
      いずれにせよ、現状、自分が語れることは少ない。いずれ、走行性能の半分くらいは出せるようになりたい。

      乗り心地



      ノーマル(GT)モードでも硬めに感じるけど、首都高の継ぎ目超えのときのコナシはうまいと思う。前車XJは、平時はとってもソフトだったのに段差のときは少しガタンとしていたのと比べると。
      ちなみに、Sモード、S+モードにすると、当然硬くなるけど、劇的に違うというより、明快に違うという程度。
      乗り心地には音も入るかな。エンジンについては、S+モードにすると、ガオっとけたたましくなって、凄くイイ。
      ボディは一切ガタピシしない。アクセルやハンドルは重めでしっかり。
      走行性能と乗り心地を合わせると、首都高環状線あたりが主戦場では? (といって見かけても煽らないで・・・) 

      燃費



      郊外路で6㌔以上、高速道路では10㌔チョイ出ている模様。この手のクルマとしては拍手ものでしょう。

      積載性



      仕事で使うキャリーケースで換算すると、機内持ち込み不可クラスの最小サイズ(3辺合計120㎝)で3つは入りそう。実質二人乗りなんだからこれでOK。ゴルフはやらないので事実関係は不明だけどゴルフバック2個はキツイらしい。

      故障経験



      止まる寸前、ごく低速でブレーキ鳴きが凄い。・・・凄かった。そして、だいぶ治まってきた。“バリ”が取れたか、自分との相性が良くなってきたか。

      満足している点



      「アストンマーティン」であること、「DB」であること、何といっても「ボンドカー」の系譜であること。。。それこそが自分にとって、最大の満足ポイント。
      & 惚れ惚れするスタイリング。どの角度から見てもビューティフル。隙が無いほど細部までデザインされている。ん~素晴らしい。特に、サイドミラー越しに見えるリアフェンダーの膨らみは絵も言えぬほどセクシー。クルマは見た目が9割。鑑賞性能はK点越え。
      そして、音。今までの愛車の中で一番うるさいけど(パジェロ・ディーゼルを除く)、今までの愛車の中で、オーディオをONせずに乗ることが一番多くなりそう(Bang&Olfsenへの投資は何だったか)。クルマのサウンドがこれほどソソルということに、遅まきながら気づいた。(ご近所さん、ゴメンナサイ)
      最後に、いつかは12気筒と思っていた。それが叶えられて嬉しい。

      不満な点



      え~、アイドリングストップ付いているんだ! しかも、常時Offにできず、始動のたびにOffしなくてはいけない煩わしさ。これがなんとも。というか、これだけ。
      あと、グローブボックスがない、TVが付いていない、オプションでもシートにマッサージ機能を付けられない(XJのとき、けっこう使っていた。気持ちよかった。ベンチレーションより使用頻度が高かった)とかあるけど(笑)

      総評



      乗り始めて1000㌔時点。クルマが馴染んできた。というか、自分がクルマに馴染んできた!? 気分だけでも007。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    • ぢ~ぢ

    • アストンマーティン / DB11
      DB11_RHD(AT_5.2) (2016年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:2人
    • レビュー日:2017/07/07
      使用目的:レジャー
    • 走行性能

      必要にして 十分な加速!
      時に問題のない 足回り。。。

      うっとりするサウンド♩

      データとか どうでもよくなるような
      運転して楽しいクルマですね!

      乗り心地

      高速道路では しっとり クルーズ

      山道では その気にさせる走り:::


      燃費

      そこらへん 3〜4キロ

      高速 10キロ・・・

      積載性

      ほぼ ないです。。。

      故障経験

      ないです。。。

      満足している点

      デザイン、エンジン、走り・・・

      全て 最高のラグジュアリー
      のような気がします!

      多分 世界で最初の
      HREのホイールが自慢です♩


      不満な点

      ナビがベンツ・・・

      ウィンカーのレバーとか ベンツ・・・

      後ろが乗れたもんじゃない。。。

      暖気運転とか だるい(笑)

      総評

      現在のとこ

      世界で一番 美しいクルマだと・・・

      個人的な好みですが♩

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評

 

 

みんカラを始めよう!

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース

みんカラ facebookページ みんカラ twitter