アウディ A4 (セダン)

ユーザー評価: 4.12

アウディ

A4 (セダン)

A4 (セダン)の買取情報を調べる

クルマレビュー - A4 (セダン)

  • マイカー
    • Bird-man

    • アウディ / A4 (セダン)
      2.0 TFSI スポーツ_RHD(AT_2.0) (2016年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:4人
    • レビュー日:2018/05/23
      使用目的:レジャー
    • 走行性能

      ハンドリングに関しては、ステアリングインフォメーションが少ないですが、ハンドルの切れ角と頭の入り方の関係が自然で思い通りに走行できます。直進安定性はすごく良い!とまでいえませんが問題無いレベルだと思います。クワトロは試乗していませんが、おそらくクワトロではもっと直進安定性は高いのだと思います。
      パワートレインに関してはFFの190psバージョンですが、多少リニアリティーにかけるところはあるものの、街中では力も十分で、高回転まで振動無く、気持ちよい音を発しながらすっきり回り切ります。エンジンブロックの剛性が高く、エンジンマウントも良いものを奢っていることがひしひしと伝わって満足感が高いです。
      ただし、高速道路での瞬発力を求める方はクワトロの252psもしくはS4等を選んだ方が良いかもしれません。

      乗り心地

      特に車体の剛性感がすさまじく高く、局部剛性(特にステアリング廻りの剛性)も大変高い為、S-Lineということもありスプリングレートも高く、ダンパーの減衰力もかなり高いですが、ブルブル感の少ないすっきりした味わいを出すことができています。硬質感の高い乗り心地とでもいうのでしょうか(これはアルミボディーではないことも寄与していると思います)。これはアウディ独自の乗り味だと思います。
      しかし、S-Lineの乗り心地は、ブッシュ類の容量が大きいので小さなざらつき程度の段差は吸収出来ているものの、一般的には硬いといえるレベルだと思います。また、高速移動の際に段差を乗り越えた際のリアの挙動はストロークが足りていない為、一発で収束とは言えず、少し跳ねる動きが出てしまっています。購入を考えている方は高速含めしっかり試乗することをお勧めします。

      燃費

      燃費に関しては、バルブ遅閉じによりアトキンソンサイクルの効果は大きく、高速のみではそれほど燃費走行を心掛けなくても18km/L程度は出ます。高速のみの長距離移動であればワンタンク1000km走破も可能です。
      街中でも、極端な単距離でなければ10km/Lを切ることは稀で、HVやディーゼルを除くDセグメントの中ではかなり良い部類ではないでしょうか。

      積載性

      室内・トランク含め特に広いとは言えませんが、Dセグメントセダンの標準的なものだと思います。家族4人で帰省の際はもう少しあ大きければ・・・と思うこともあります。不足であればアバントの選択肢もあります。

      故障経験

      ・納車直後、バンパー部に小さな塗装の剥がれを発見。部分補修で対応してもらいましたが、ちらほら聞く内容ですね。
      ・助手席のドアグリップソフトパッド部が熱膨張により、裂けが発生(製造工程での接着が甘かったとのこと)。
      ・バング&オルフセンのスピーカーカバー部のオーナメントの剥がれ(対策品に交換)
      ・エンジン始動時にヘッドライト異常の警告灯が点灯(データアップデートで解決)
      どれも大きな不具合ではないので、欧州車では一般的なレベルのトラブルのみです。

      満足している点

      ・ドイツ御三家の中で良い意味で独自の乗り味を実現している
      ・動的質感/静的質感が高い
      ・非常に高い車体の剛性感
      ・洗練されたパワートレインと燃費性能
      ・バング&オルフセンの音響
      ・4人家族にはうれしい3ゾーンエアコン

      不満な点

      ・質感は高いものの、ストローク感に乏しい足回り(特に高速移動で段差を乗り越えた際)
      ・塗装品質(グレイシアホワイトですが、若干曇りやボケがみられる)
      ・ドア廻りの素材質感
      ・高速道路でのここ一発の瞬発力
      ・オプションを付けないと非常にオーソドックスな装備な割に車両価格が高い
      ・運転席足元(左側)の張り出しによる、若干不自然なドライビングポジション

      総評

      今まで様々な国産車及び欧州車はVW/ベンツ/BMWと乗ってきましたが、どれとも違う特徴を持っている車です。
      乗り味・操作感がすっきりと洗練されており、ある意味無味乾燥な味わいですが、車体・パワートレイン含め総じて質感が高い乗り味が実現出来ており、私にとっては好ましい乗り味です。デザインとの調和もとれており、車1台としてのまとまりはすごく良いと思います。
      若干の不満点はあるものの、現行Dセグメントのドイツ御三家の中では動的質感は高いところにあるので、欧州車選びで迷った際にはぜひ試乗することをお勧めします。気に入る人は気に入ると思います。
      しかし、静的な内装質感はベンツの方が優れているので、動的質感を重視しない人にはあまり響かないかもしれないですね。。。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    • himajin14

    • アウディ / A4 (セダン)
      2.0 TFSI クワトロ スポーツ_4WD_RHD(AT_2.0) (2016年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:2人
    • レビュー日:2018/03/30
      使用目的:通勤通学
    • 走行性能

      Sトロニックの進化によって10km/h以上~30km/hでも常に快適です。ただしトルコンATに比べるとぎくしゃくする部分はあります。
      パワーに関しては、日常使用でこれ以上は必要ありません、という言い方はよくなされますが、A4の場合も同様です。
      馬力、トルクが十分にあるので日常使用+余裕があり、それが上質、満足に繋がります。ただS4など上位モデルと比べてしまうと・・・。サーキットユーザーの意見を聞いた限りではシャシー(剛性)が大分進化しているようです。大きさも大阪市内では不便ですが兵庫県内では特に問題ありません。ラージセダンにはない軽快さと、コンパクトセダンにはない優雅さのいいとこ取りをしているモデルです。

      直進安定性は非常に高く、特に他車種と比べて顕著なのは「ステアリングセンターがしっかり出ている」ことです。これによりビシッと走りやすく横風による不安を感じたことは一切ありません。また、コーナーを曲がった後にもセンターが出ていることで微調整が容易です。疲労防止に繋がります。
      ただし、上記のようにリアの突き上げは褒められたものではありません。左右の微妙な揺れも気になります。いいとこ取りと先ほど表現しましたがサスペンションはスポーツ性と快適性が半端に仕上がっていると思います。熟成されるのを待つか、オプションのダンピングサスを追加することをおすすめします。

      ブレーキに関して、カタログには表示されていませんがフロントに「対向2Potピストン」が装着されています。プロショップ社長によると、2ポットではあるけれど片押しピストンに比べて明らかにブレーキの効きは良くなるとのこと。ADEでフルブレーキングをしましたが、確かによく効いていたと思います。
      また、ドイツ車にありがちなブレーキダストの多さはありません。純正で低ダストパッド(曙USA製ではないかとのこと)が装着されています。これは朗報です!

      乗り心地

      総じて良いのですが、Sラインパッケージのため堅さはあります。ここは今回のA4セダンクアトロSラインパッケージの最大のデメリットと感じます。
      ただし、ある程度の路面の荒れ具合であれば、至極快適な、路面をなぞるような感触を得られます。高い遮音性と相まって心地よい空間になるでしょう。
      が、ひとたびドシンとショックが入ると堅さが露呈します。CPMで緩和されましたが・・・

      燃費

      カタログ燃費15.5km/lに対して、満タン法での実燃費は13.17 km/Lです。コックピット内に燃費計が着いているので、うまく走れば簡単に伸びます。
      が、信号の多い町中では11km/l程度になるでしょう。
      面白いのは、ダイナミックモードにしてガンガン飛ばしたとしても10km/lを下回ることはほぼありません。信号過多によるストップ&ゴーがA4燃費の最大の敵です。
      このあたりはハイブリッド車にはかないません。

      積載性

      長尺物を載せたことはありませんが、日常の買い物や旅行程度であれば問題なく収納できます。車いすも横倒しですが収納可能でした。買い物袋用のフックもあります。
      ただ、私はあまり荷物を載せるタイプではないので参考にならないかと思います。

      故障経験

      これも箇条書きにして記載しておきます。
      ・塗装初期不良
      リアのバンパー付近に、クリア塗装の下に大量の汚れがありました。カーコーティング専門店の方に指摘され、保証対応でいけると背中を押してもらい保証対応になりました。
      ・右後部座席の窓があがらない
      窓ガラスの下部についているゴムの圧着が強すぎたため。すぐに治りました
      ・サスペンションからゴトンと音が鳴る
      これもすぐにディーラーでも再確認が出来ましたので、ショック交換となりました。

      困ったのは塗装不良とサスペンションからの異音でしたが、保証対応で事なきを得ました。その他、走行に関わる部分の故障は今のところありません。

      満足している点

      購入したA4セダンは2016年7月31日納車ですから、今現在、1年と8ヶ月ほど経過しています。満足している点を箇条書きにしてみます。
      ・最新装備
      購入してから現在まで、大体の装備類が最新のものでしたので満足しています。
      特にバーチャルコックピットは目の悪い自分からすると、アナログメーターより速度が見やすく運転しやすいです。ただし、これら最新装備と切っても切れない関係であるユーザーの使い勝手問題。万人が乗るものなのでデジタルが苦手な人も多いので、アウディはそこをどう考えているかですが、個人的に嫌いなタッチパネルを全面採用しなかったところを褒めてあげたいです。

      ・走行性能(クアトロ)
      クアトロの性能ですが、兵庫~東京を往復、アウディドライビングエクスペリエンス(ADE)、飛行場での全開加速などを経験したうえで
      間違いなく優秀だと思われます。直進安定性の高さ故の長距離移動の安楽さ(ハンドル操作はほぼ必要ありません)、全開加速しながらの大きな段差でトラクションが全く抜けないこと(同時参加のBMWオーナーさんなどの情報)が根拠となるでしょう。

      ・Sトロニック
      搭載車種が減りつつあるDCTですが、今のところ全く不満はありません。シフトアップ、ダウンのショックがないことは車のキャラクターに合っています。今後、以前の車種と同じように故障が頻発する可能性は否定できませんが・・・。

      ・希少性
      兵庫県の地方部ではあまりアウディは見かけません。特にA4はほとんどすれ違いませんので希少性が高いところは高評価です!

      ・エクステリア
      クラムシェルによってボンネットがフェンダーに覆い被さり、それがキャラクターラインの一部になっており深いラインを感じ取れます
      マトリックスLEDヘッドライトは夜に走りたくなりますし、男子はこういうギミックが大好きなものですよね(笑)
      6ライトキャビンの上品さも良い。サイドから見たときの伸びやかさはA4最大の美点かもしれません。このサイズでこのスラリとしたプロポーションは惚れ惚れします。
      ライト類やボディ各部のチリ合わせも緻密です。素人目線ではありますが、一分の隙もないかと思います。

      ・インテリア
      きっちりと纏められています。インテリアのデザインで最も見るのはメーターですが、バーチャルコックピットのメーターは非常に見やすくフォントも美しいと思います。A4セダンのグラフィックもあり所有満足度を高めてくれます。センターコンソールでは、タッチパネルとスイッチの融合がうまくいっています。時折見かけますが、ディスプレイから肘置きまでの一連の流れがブツ切りになっていないところが好印象です。
      写真で見るとアルミ部分が野暮ったく感じますが実物ではとても高品質です。好みですがブラッシュされたアルミですのでギラギラしていないところがクールです
      また、スイッチ類の質感が高いということを他車種に乗る度に感じます。乗り続けたくなるポイントですね。
      天井ライトもタッチするとフワァと光ります。ここは女性陣の受けが良かったです。
      先代まで引き継がれていた赤色の上品な光はなくなり、白一色なところは過去のアウディへの愛着次第で評価が分かれそうです。最初は素っ気ないなと思っていましたが最近は慣れましたね。


      ・静粛性
      CD値が全てではありませんが0.23は立派です。おそらくA4の静粛性で我慢できない人はいないと思われます。それほど静かになりました。
      町乗りでもそうですが、高速道路でも音質が変わらないところも美点です。サーキットで確認しましたが200km/hでも全く気になりません。

      ・エンジン性能
      上品な加速をします。トルクがあるため加減速の微調整が容易です。200km/hも普通に達しましたし、山陽道(常時100~120km/h前後)などで確認すると
      130~140km/h程度が最も快適だと思います。それ以上はサーキットの感覚ですのでよくわかりませんが、ダイナミックモードで130km/hで7速に入るので
      そのあたりでセッティングしているのではと思います。ちなみに他モードでは100km/hで1500rpmで巡航できます。

      私が初めて親に買ってもらったのがアウディA4(B5)8年落ち?の中古車で、その後に自分で初めて買った車が今のA4です。そのためアウディ寄りの嗜好になっていることをまず白状しておきます。
      (以下の内容は、過去に自分が書いたものを再度読み直しまとめ直したもの、追加したものとなります。備忘として自ブログへのリンクを残しておきます。
      https://minkara.carview.co.jp/userid/2536130/blog/40042720/   )

      不満な点

      リアの突き上げが不満でした。足回りは以前より「リアはロアアームがアルミ製になったことによって、併せてスプリング異音対策とスムーズに動く対策」がなされたということですが
      ハイスピードで段差を超える際の揺り戻しが気になっていました。が、CPMを取り付けることで気にならないレベルまで緩和されました。足回りの熟成はA4(B8.5)が上回ります。
      また、メルセデスベンツC450のリアのどっしり感は素晴らしいものでした。S4やS5になると対抗できるレベルになりますが、それでもC450のほうが上だったかなと、FRの美点だと思います。

      インテリアのレザー部分が非常に少ないこと。特にドアトリム部分は黒以外が選択できれば良かった。
      ドア下部のライトが「反射板」になっていること。サブウーファーがないこと。この2つはみん友のamazonriderさんに教えて頂きました。
      エンジンをかけて初めて40km/h到達時に「コキン」と作動音が毎回すること。(もう慣れましたが)
      フロントガラスの左端にゆがみがあること。
      シートメモリーがないこと

      といったところです。リア問題以外は小事と考えています。※フロントガラスの歪みは、気にして見ないと気にはなりませんが、目の良い方は気になると思います。ディーラーの言い分では、設計通りなので保証対象外とのこと。)

      総評

      VWグループのディーゼル問題などが起こった時期ですが、アウディ品質というものは保持されていると感じます。
      走行性能、デザイン、建て付けなど全てを上質に仕上げることで、絶対的なパワーや運動性能は他メーカーに劣るものの所有満足度を満たしてくれます。エレガンスさを追求している土俵にクールビューティを取り入れてきたところにアウディ躍進の理由がある、そういった評判がとても理解できます。アウディの良さというのは、一つ一つ緻密なもの(デザイン、ボタン類、テクノロジー類、各部触感など)を積み重ねて作り上げられる「印象」にあります。
      こうした美学に共感できるか否かというところが購入の分かれ目かと思います。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • 過去所有
    • zuni

    • アウディ / A4 (セダン)
      1.8T クワトロ_LHD_4WD(MT_1.8) (1995年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:2人
    • レビュー日:2017/12/31
      使用目的:通勤通学
    • 走行性能

      1400kgの車両重量に150ps・21.4kgmで若干物足りないところもありますが、中速トルクもあり気持ちよい走りが出来ました。終始アンダーステアですが、流石クワトロで接地感は半端なくあり、さらに切り増すとしっかり曲がる。

      乗り心地

      ごつごつ感が出ない程度に気持ちよく固められた足回りで、クワトロの接地感と相まって飛ばしても安心。普段2人乗車くらいな4ドアセダンとしては最適なサイズで、同乗者はどう思ったか分かりませんが、これまでで最高の足回りでした。

      燃費

      記憶にございません。

      積載性

      A4の積載性そのままで問題なし。

      故障経験

      まったくなし。

      満足している点

      クアトロの安定の接地感と共に、私の体形には最適なサイズで、ニーサポートが体の動きを支えてくれました。程よい硬さの足と剛性感のある車体で走るのがほんと気持ちよかった。

      不満な点

      この1.8L 直4 DOHC 20バルブターボは極低回転はないものの、全般にトルクフルでした。しかし、5500回転で頭打ち感があり、もう少し突き抜けてくれれば最高でした。ターボのためヒールアンドトウでのエンブレはあまり効きません。

      総評

      まだ今のように自動的にブリッピングしてくれるATがない時代、親を乗せたタクシー走りでも、ヒールアンドトウでスピードを出していたことを分からせない安定した減速のため、MTは必須でした。そんな時代が懐かしいです。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • 過去所有
    • Oops AlfaRomeo

    • アウディ / A4 (セダン)
      2.0SE (2001年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:5人
    • レビュー日:2017/12/21
      使用目的:通勤通学
    • 満足している点

      無難な感じ

      不満な点

      意外と電気系が故障した外れを引いた感じ

      総評

      可も無く不可も無く無難

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • 家族所有
    • 三軒家

    • アウディ / A4 (セダン)
      2.0 TFSI クワトロ スポーツ_4WD_RHD(AT_2.0) (2016年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:4人
    • レビュー日:2017/12/09
      使用目的:通勤通学
    • 走行性能

      自分の運転スタイルは、スポーツ走行とかではなく 極普通にスムーズに運転することを心がけていますので ドライブモードはコンフォートでの感想です。

      ■エンジン & ブレーキ
      一般道路で一番多用する Stop & Go は、低回転からの太いトルクとマイルドなタッチのブレーキセッティングにより 非常に扱いやすく滑らかな操作性だと感じています。

      一方高速道路では、ゆっくり追い越す場合、アクセルの踏み込みに対してタイムラグはなく想定通りのレスポンスで加速します。これも太いトルクの恩恵だと思います。

      但し、80km/hrあたりから一気に踏み込むと…
      滑らかな加速から結構強烈な加速へ変貌し、体がシートに張り付き 思わず「うっひゃー」でした。 そう ドッカンターボに近い感覚です。(これが結構気に入ってます)

      これは、コンフォートモードが故の状況なのでダイナミックモードでは急加速でもレスポンスよく応答しますね。
      ドライブセレクトってすっげー(^^)

      ブレーキですが 日本の比較的軽量車の4輪ディスクにありがちな ペダルの軽い踏み込みで急激な効き(カックン)がなく 軽く踏めばマイルドに 強く踏めばしっかりと効いてくれます。 これが 皆さんがおっしゃる欧州車の出来のよさ だと勝手に思っています。

      乗り心地

      ■足回り
      S-Lineなので スポーツサスペンションのため少し硬いとのことです。確かに私の感じるところもその通りですね。ただ一般的に スポーツサス=硬い のイメージがあると思いますが、この車の場合はこれとは少し違います。

      乗り始めたころ ドライブモードをいろいろ試しましたが エフィシェンシーでは ゴツゴツ感が強く スポーツサス=硬い の状況でしたが コンフォートでは 「??? エアサスだったっけ?」と思えるほど滑らかに そして路面に吸い付いている感じになりました。

      ちなみに ドライブモードの足回りの違いは一般道ではあまり差を感じず、高速道路で明確に感じました。

      ちなみに 純正ドラレコを装着しましたが 高速道路の大き目のバンプで イベントを感知して「ピッピッ」ってなります。上位グレードはもっとよい乗り心地なんだろーなー と思う今日この頃です。



      ★★2017/12/9 追加情報です。★★
      初めて 助手席にのりました。
      で コンフォートモードなのですが
      まあ 路面のギャップを 拾う!拾う!

      ??? 運転席ではそんなに感じないのに
      助手席ではサス(ショック?)の硬さが結構気になります。

      今度 後席を試してみます。


      ■ハンドリング
      前述の通り 路面への吸い付き感、密着感の良さを感じます。直進性もよく、コーナーリングではロールが少なく やはり「路面を捉えている」と感じで非常に安心、安定しています。これはQuattroの恩恵も大きいのでしょうね。

      持論:私にとって Quattroは安全装備の位置づけです。

      ■静粛性
      これはAudiが売りにしている通り 素晴らしいと思います。
      私の中で 
       一般のセダン → 上級セダン → 高級セダン → 超高級セダン … 
      なんて区分があるのですが
      購入検討時 A4は 上級セダンのイメージでしたが 特に乗り心地の 足回り、ハンドリング、静粛性 を総合的にみて 高級セダンの域に入りました。… 買ってよかった!

      燃費

      購入1ヵ月でまだ十分なデータがそろっていませんが 燃費計の値で 
      ・通勤(一般道片道一車線 往復67km)で 14-15.5km/L … あらいいじゃないの
      ・高速(約100km走行 だいたい90-100km/hr)で 17.5km/L … すばらしいじゃないの
      高速道路は走行頻度が少なく 次回帰省時(往復1300km)に燃費トライします。…でも 時々有り余るパワーを感じたくなるでしょうが…

      積載性

      ・後部座席:まずまず広いですね。家族に身長183cmがいますので感想をきいておきます。
      (当人は A4の存在をまだ知らない…へへ)
      ・トランク:最大4名での帰省(3-4泊)前提ですので問題ないと思います。
      でも 帰ってくるときの 米と野菜が積めるかが課題です。

      ちなみに 身長183cm と 帰省時の荷物を考慮して A3からA4に変わった次第です。

      故障経験

      まだ1ヵ月なので・・・

      満足している点

      ・スタイル、色
      ・安全装備(安全性能)
      ・静粛性
      ・操作性
      ・パワー(走行性能)

      不満な点

      車の不満はありません。

      私自身の心残りが…
      ボディーが大きいので 特に駐車時にフロント、サイドを視覚的に確認できるようにサラウンドビューカメラがほしかったのですが、装着車量が少なく、他の装備を優先したので…
      新車で購入できるようになりたい!

      総評

      このクラスを所有したことがなく
      一般的な相対評価ができませんが・・・

      あらゆる面で 良い車、完成度が高い車 と思います。

      私の購入目的に対してのマッチングは100%(あたりまえですね)
      ですが 買ってからの 良い意味での驚きが各所にいっぱいあり これは120%~です。


       

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評

前へ12345678910次へ >

<< 前の10ページ次の10ページ >>

 

 

みんカラを始めよう!

イベント・キャンペーン

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース

みんカラ facebookページ みんカラ twitter