アウディ A4 (セダン)

ユーザー評価: 4.16

アウディ

A4 (セダン)

A4 (セダン)の買取情報を調べる

アウディA4~1年8ヶ月目のレビュー~ - A4 (セダン)

マイカー

アウディA4~1年8ヶ月目のレビュー~

おすすめ度: 5

満足している点
購入したA4セダンは2016年7月31日納車ですから、今現在、1年と8ヶ月ほど経過しています。満足している点を箇条書きにしてみます。
・最新装備
購入してから現在まで、大体の装備類が最新のものでしたので満足しています。
特にバーチャルコックピットは目の悪い自分からすると、アナログメーターより速度が見やすく運転しやすいです。ただし、これら最新装備と切っても切れない関係であるユーザーの使い勝手問題。万人が乗るものなのでデジタルが苦手な人も多いので、アウディはそこをどう考えているかですが、個人的に嫌いなタッチパネルを全面採用しなかったところを褒めてあげたいです。

・走行性能(クアトロ)
クアトロの性能ですが、兵庫~東京を往復、アウディドライビングエクスペリエンス(ADE)、飛行場での全開加速などを経験したうえで
間違いなく優秀だと思われます。直進安定性の高さ故の長距離移動の安楽さ(ハンドル操作はほぼ必要ありません)、全開加速しながらの大きな段差でトラクションが全く抜けないこと(同時参加のBMWオーナーさんなどの情報)が根拠となるでしょう。

・Sトロニック
搭載車種が減りつつあるDCTですが、今のところ全く不満はありません。シフトアップ、ダウンのショックがないことは車のキャラクターに合っています。今後、以前の車種と同じように故障が頻発する可能性は否定できませんが・・・。

・希少性
兵庫県の地方部ではあまりアウディは見かけません。特にA4はほとんどすれ違いませんので希少性が高いところは高評価です!

・エクステリア
クラムシェルによってボンネットがフェンダーに覆い被さり、それがキャラクターラインの一部になっており深いラインを感じ取れます
マトリックスLEDヘッドライトは夜に走りたくなりますし、男子はこういうギミックが大好きなものですよね(笑)
6ライトキャビンの上品さも良い。サイドから見たときの伸びやかさはA4最大の美点かもしれません。このサイズでこのスラリとしたプロポーションは惚れ惚れします。
ライト類やボディ各部のチリ合わせも緻密です。素人目線ではありますが、一分の隙もないかと思います。

・インテリア
きっちりと纏められています。インテリアのデザインで最も見るのはメーターですが、バーチャルコックピットのメーターは非常に見やすくフォントも美しいと思います。A4セダンのグラフィックもあり所有満足度を高めてくれます。センターコンソールでは、タッチパネルとスイッチの融合がうまくいっています。時折見かけますが、ディスプレイから肘置きまでの一連の流れがブツ切りになっていないところが好印象です。
写真で見るとアルミ部分が野暮ったく感じますが実物ではとても高品質です。好みですがブラッシュされたアルミですのでギラギラしていないところがクールです
また、スイッチ類の質感が高いということを他車種に乗る度に感じます。乗り続けたくなるポイントですね。
天井ライトもタッチするとフワァと光ります。ここは女性陣の受けが良かったです。
先代まで引き継がれていた赤色の上品な光はなくなり、白一色なところは過去のアウディへの愛着次第で評価が分かれそうです。最初は素っ気ないなと思っていましたが最近は慣れましたね。


・静粛性
CD値が全てではありませんが0.23は立派です。おそらくA4の静粛性で我慢できない人はいないと思われます。それほど静かになりました。
町乗りでもそうですが、高速道路でも音質が変わらないところも美点です。サーキットで確認しましたが200km/hでも全く気になりません。

・エンジン性能
上品な加速をします。トルクがあるため加減速の微調整が容易です。200km/hも普通に達しましたし、山陽道(常時100~120km/h前後)などで確認すると
130~140km/h程度が最も快適だと思います。それ以上はサーキットの感覚ですのでよくわかりませんが、ダイナミックモードで130km/hで7速に入るので
そのあたりでセッティングしているのではと思います。ちなみに他モードでは100km/hで1500rpmで巡航できます。

私が初めて親に買ってもらったのがアウディA4(B5)8年落ち?の中古車で、その後に自分で初めて買った車が今のA4です。そのためアウディ寄りの嗜好になっていることをまず白状しておきます。
(以下の内容は、過去に自分が書いたものを再度読み直しまとめ直したもの、追加したものとなります。備忘として自ブログへのリンクを残しておきます。
https://minkara.carview.co.jp/userid/2536130/blog/40042720/   )
不満な点
リアの突き上げが不満でした。足回りは以前より「リアはロアアームがアルミ製になったことによって、併せてスプリング異音対策とスムーズに動く対策」がなされたということですが
ハイスピードで段差を超える際の揺り戻しが気になっていました。が、CPMを取り付けることで気にならないレベルまで緩和されました。足回りの熟成はA4(B8.5)が上回ります。
また、メルセデスベンツC450のリアのどっしり感は素晴らしいものでした。S4やS5になると対抗できるレベルになりますが、それでもC450のほうが上だったかなと、FRの美点だと思います。

インテリアのレザー部分が非常に少ないこと。特にドアトリム部分は黒以外が選択できれば良かった。
ドア下部のライトが「反射板」になっていること。サブウーファーがないこと。この2つはみん友のamazonriderさんに教えて頂きました。
エンジンをかけて初めて40km/h到達時に「コキン」と作動音が毎回すること。(もう慣れましたが)
フロントガラスの左端にゆがみがあること。
シートメモリーがないこと

といったところです。リア問題以外は小事と考えています。※フロントガラスの歪みは、気にして見ないと気にはなりませんが、目の良い方は気になると思います。ディーラーの言い分では、設計通りなので保証対象外とのこと。)
総評
VWグループのディーゼル問題などが起こった時期ですが、アウディ品質というものは保持されていると感じます。
走行性能、デザイン、建て付けなど全てを上質に仕上げることで、絶対的なパワーや運動性能は他メーカーに劣るものの所有満足度を満たしてくれます。エレガンスさを追求している土俵にクールビューティを取り入れてきたところにアウディ躍進の理由がある、そういった評判がとても理解できます。アウディの良さというのは、一つ一つ緻密なもの(デザイン、ボタン類、テクノロジー類、各部触感など)を積み重ねて作り上げられる「印象」にあります。
こうした美学に共感できるか否かというところが購入の分かれ目かと思います。
走行性能
無評価
Sトロニックの進化によって10km/h以上~30km/hでも常に快適です。ただしトルコンATに比べるとぎくしゃくする部分はあります。
パワーに関しては、日常使用でこれ以上は必要ありません、という言い方はよくなされますが、A4の場合も同様です。
馬力、トルクが十分にあるので日常使用+余裕があり、それが上質、満足に繋がります。ただS4など上位モデルと比べてしまうと・・・。サーキットユーザーの意見を聞いた限りではシャシー(剛性)が大分進化しているようです。大きさも大阪市内では不便ですが兵庫県内では特に問題ありません。ラージセダンにはない軽快さと、コンパクトセダンにはない優雅さのいいとこ取りをしているモデルです。

直進安定性は非常に高く、特に他車種と比べて顕著なのは「ステアリングセンターがしっかり出ている」ことです。これによりビシッと走りやすく横風による不安を感じたことは一切ありません。また、コーナーを曲がった後にもセンターが出ていることで微調整が容易です。疲労防止に繋がります。
ただし、上記のようにリアの突き上げは褒められたものではありません。左右の微妙な揺れも気になります。いいとこ取りと先ほど表現しましたがサスペンションはスポーツ性と快適性が半端に仕上がっていると思います。熟成されるのを待つか、オプションのダンピングサスを追加することをおすすめします。

ブレーキに関して、カタログには表示されていませんがフロントに「対向2Potピストン」が装着されています。プロショップ社長によると、2ポットではあるけれど片押しピストンに比べて明らかにブレーキの効きは良くなるとのこと。ADEでフルブレーキングをしましたが、確かによく効いていたと思います。
また、ドイツ車にありがちなブレーキダストの多さはありません。純正で低ダストパッド(曙USA製ではないかとのこと)が装着されています。これは朗報です!
乗り心地
無評価
総じて良いのですが、Sラインパッケージのため堅さはあります。ここは今回のA4セダンクアトロSラインパッケージの最大のデメリットと感じます。
ただし、ある程度の路面の荒れ具合であれば、至極快適な、路面をなぞるような感触を得られます。高い遮音性と相まって心地よい空間になるでしょう。
が、ひとたびドシンとショックが入ると堅さが露呈します。CPMで緩和されましたが・・・
積載性
無評価
長尺物を載せたことはありませんが、日常の買い物や旅行程度であれば問題なく収納できます。車いすも横倒しですが収納可能でした。買い物袋用のフックもあります。
ただ、私はあまり荷物を載せるタイプではないので参考にならないかと思います。
燃費
無評価
カタログ燃費15.5km/lに対して、満タン法での実燃費は13.17 km/Lです。コックピット内に燃費計が着いているので、うまく走れば簡単に伸びます。
が、信号の多い町中では11km/l程度になるでしょう。
面白いのは、ダイナミックモードにしてガンガン飛ばしたとしても10km/lを下回ることはほぼありません。信号過多によるストップ&ゴーがA4燃費の最大の敵です。
このあたりはハイブリッド車にはかないません。
故障経験
これも箇条書きにして記載しておきます。
・塗装初期不良
リアのバンパー付近に、クリア塗装の下に大量の汚れがありました。カーコーティング専門店の方に指摘され、保証対応でいけると背中を押してもらい保証対応になりました。
・右後部座席の窓があがらない
窓ガラスの下部についているゴムの圧着が強すぎたため。すぐに治りました
・サスペンションからゴトンと音が鳴る
これもすぐにディーラーでも再確認が出来ましたので、ショック交換となりました。

困ったのは塗装不良とサスペンションからの異音でしたが、保証対応で事なきを得ました。その他、走行に関わる部分の故障は今のところありません。

レビュー一覧へ

レビューを投稿する

マイページでカーライフを便利に楽しく!!

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

まずは会員登録をしてはじめよう

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース