アウディ A5 カブリオレ

ユーザー評価: 4.28

アウディ

A5 カブリオレ

A5 カブリオレの買取情報を調べる

クルマレビュー - A5 カブリオレ

  • マイカー
    • hugonao

    • アウディ / A5 カブリオレ
      2.0 (2010年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:1人
    • レビュー日:2016/08/16
      使用目的:通勤通学
    • 満足している点

      乗り心地良いです。.オープンなのでクローズボディーに比べれば剛性は緩いですがそこが良いです。独特の雰囲気です。

      不満な点

      車重が重たい。重たいからこの乗り心地か。

      総評

      17インチタイヤにダウンすれば最高かも。本国は標準が17インチ。AudiJapanは見た目ではなく本質を見極めるべき。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    アウディ A5 カブリオレ
    • アウディ / A5 カブリオレ
      2.0 TFSI クワトロ 4WD(AT) (2012年)
    • おすすめ度:
    • レビュー日:2012/10/07
    • 満足している点

      値段は高いという方もいらっしゃいますが、日本車で同等のものをつくろうとしたら最低でも800万は超えるのでないかしら。大きい車がいいという人が多いかもしれませんが、あまり目立ちたくない人にとっては、このくらいの大きさが理想的です。田舎道では大きな車は他人の迷惑になりますしね。カブリオレですがA4よりも確実に静かでロードノイズも少ないですよ。ドライブセレクトは、何台も車を乗り換えるような楽しさがあります。BOサウンドシステムは、オープンにすると音が外に逃げますので、まわりを気にしながらクラシックを聴くなら音がしっかりしますからいいと思います。

      不満な点

      フルセグと思えないテレビの画質の悪さ。オートストップの再始動が少し遅いのと、ブルッと車が振動するのが上質でない。A6やA7についている止まっている前車にぶつからない安全装置がついていない(アダプティブクルーズが旧式)。自車の視認性はいいと思いますが、前後のライトが挑発的なのかゆっくり走っていると煽られることがある(大きくないベンツとかに)。うしろに人を乗せて、屋根をオープンにすると、ソフトトップが後ろの人の頭を小突きます。前もって説明しないと失礼になりますよ。なぜかカブリオレだけ、声による命令指示ができない(オープンにするから仕方ないのかな)。

      総評

      アウディA5カブリオレ
      2012年4月納車で、半年使用してみました。75%のエコカー減税と10万円のエコカー補助金が出ました。予想していなかったので、うれしいですね。2.0TFSIは、音もしずかで、加速もいいですね。もちろんボクスターのようなスポーツカーではありませんしSLほど高級でもありませんが、非常に上質でほどよい大きさであり、他人から羨まれるように目立つことはないと思います。A6やA7も試乗しましたが、うちのまわりの道ではこっちのほうが乗り心地が良かったですね。雪道も走る予定ですので4WDは必然です。4WDで、実用4人乗りの上品なオープンは、この上ではポルシェ4カブリオレかベントレーまでいかないとありません。東北の片田舎では購入対象から外れてしまいます。

    満足している点不満な点総評
  • マイカー
    アウディ A5 カブリオレ
    • アウディ / A5 カブリオレ
      2.0 TFSI クワトロ 4WD(AT) (2012年)
    • おすすめ度:
    • レビュー日:2012/04/02
    • 満足している点

      コストパフォーマンスは最高です。
      フェイスリフトされたエクステリアは人目を引くようです。
      (リアビューカメラは必需品でした。販売店の方のアドバイスに感謝です。)

      不満な点

      NAVIですが、今まで使用していたタッチパネルに慣れているので、目的地の設定に時間を要しています(早く慣れなくては・・・)。
      走行距離が短いので正確には判断できませんが、カタログ燃費を若干ですが下回りそうです。
      (カタログ燃費を大幅に上回っていたVWのTSIエンジンと比較するのは厳し過ぎでしょうか?)

      総評

      コストパフォーマンスは最高
      オープン時の爽快感とquattroの安定した走りのマッチングは想像以上です。
      MC後のモデルをオーダーして約3カ月で納車となりました。
      VOLVOのエステートワゴン3台、エルグランド、VWトゥーランと5台のファミリーカーを乗り継ぎましたが、子供達の成長を機にクーペタイプの車を探していました。
      VWのTSIエンジンが素晴らしかったので(走りも燃費も)、同系列のアウディからA5カブリオレに決めました。

    満足している点不満な点総評
  • マイカー
    アウディ A5 カブリオレ
    • アウディ / A5 カブリオレ
      不明(AT) (2010年)
    • おすすめ度:
    • レビュー日:2012/02/18
    • 総評

      気分転換には最適!
      昨年7月の納車でしたが、当初の予定からは震災の影響で納車が4ヶ月伸び、バックカメラの装着は更に遅れ実際にカメラが付いたのは今年1月になってからでした。排気量は2Lなので走りには期待していませんでしたが、一般道を走っている分には充分な印象でした。ソフトトップの気密性は高く、タイヤノイズや風切り音等、居住性についてもある程度の覚悟はしていましたが、これに関しても満足のいくものでした。

    満足している点不満な点総評
  • その他
    アウディ A5 カブリオレ
    • アウディ / A5 カブリオレ
      2.0 TFSI クワトロ 4WD(AT) (2010年)
    • おすすめ度:
    • レビュー日:2011/12/30
    • 満足している点

      インテリアエクステリア
       デザイン、カラーコーディネーション、マテリアルの選び方など、プレミアムブランドの中にあっても図抜けた存在だ。ある意味、カブリオレに適したインテリアだということもできる。何しろ、見せびらかす機会が多くなるわけだから...。
       質感以上に注目したいのが、フル4シーターカブリオレであるという点。ロングホイールベースを生かし、大人4人が快適にオープンエアクルージングを楽しめる空間を提供している。
       上級モデルらしく、処理速度が向上したMMIマルチインターフェイスや3ゾーン独立温度設定フルオートエアコンといった、ほとんどの快適装備が標準で備わった。オプションで“欲しくなる”のはアウディドライブセレクトくらいだ。 在庫在れば、安く長く乗れる一台になること間違いなし
      走らしてみて
       きれいなコンバーチブルカーだ。個人的にはルーフを取り去ったことでA5クーペのダイナミックなスタイリングの妙が少々減じてしまった気もするが、それはクーペが美しすぎただけの話。他のオープンカーに比べれば、A5カブリオレは際立って印象的である。
       まずはクローズドで走り出す。このクラスともなると近頃は、ソフトトップ車でもほとんどクーペと同じ快適性を保っているもの。幌がばたついてうるさいとか、何となく密閉感がないといった不満を感じることはまずない。ボディの補強もしっかりとなされていて、きしみや揺れなど不快な印象は一切なかった。
       ソフトトップのデメリットは単に精神的な面と、見た目質感の耐久性あたりだろうか。堅牢なソフトトップを切り裂いて中の物を盗む、には相当な根気が必要だが、そんな気にさせて中途半端に瑕付けられるのは確かに嫌だ。
       それでも、ソフトトップのエレガントさをボクなら選ぶ。これはもう無条件。高級オープンカーの必須条件だと思う。
       もっとも、これだけ広いフル4シーターモデルをハードトップで賄うのはちょっと辛そうだ。まず間違いなく全体のプロポーションを崩す。やっぱりソフトトップしかなかったか。
      オープンにする。基本的にはほとんど同じライドフィールで、外気の匂いと冷たさを感じることだけクローズドとの違いだが、低中速域においてちょっと力みが抜けて、マイルドな乗り心地になっただろうか。腰下に重厚感があって、シャシーの動きにも深みが出るのもまた、最新カブリオレたる所以だろう。

      総評

      マイナーチェンジ近し在庫を安く購入?
      A5カブリオレがMCが近いので、クチコミ書きました。ドイツのプレミアムブランド御三家の中にあって、今、最もコンテンポラリーで洒落たイメージのあるアウディ。アンチBMW、アンチM・ベンツの選択では最早なく、積極的に選ぶブランドとして、この不況下にあっても一定の人気を博している。
       そんなアウディラインナップの中にあって、とびきりの“オシャレさん”がA5カブリオレだ。優雅なクーペモデル/A5をベースに、流行りのリトラクタブルハードルーフではなく、あえてソフトトップを選んだあたりにアウディの美意識が現れる。
       3層構造のソフトトップは、ワンタッチ電動開閉式。センターコンソールのプッシュボタンもしくはアドバンスドキーにて操作する。開きに15秒、閉じに17秒。50km/h以下での開閉が可能な点も、天候の変わりやすい季節の変わり目(がオープンカーのベストシーズン)には嬉しい。このあたりも開閉式メタルトップ車より便利なところ。ちなみにソフトトップカラーは、青、茶、赤、黒の4色。
       もうひとつ、メタル式に比べて優位なのがトランク容量だ。メタルトップの場合、その物理的な仕組み上、トップを畳むとトランク容量がかなり制限される。ソフトトップならその影響も最小限。A5カブリオレではオープン時でも実に320リットルものトランク容量が確保された。

    満足している点不満な点総評

前へ12次へ >

 

 

みんカラを始めよう!

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース