アウディ Q7

ユーザー評価: 4.28

アウディ

Q7

Q7の買取情報を調べる

マイナス点を補って余りある満足度!! 現状ではほとんど同型車Q7とすれ違うことがないが、そのくせ、アウディだとは気づいてくれるので「他人と違うコ - Q7

マイカー

マイナス点を補って余りある満足度!! 現状…

アウディ Q7

おすすめ度: 2

満足している点
◆アウディであること
数年前までは認知度が低かったアウディが最近では近所のオバサンでも「あっアウディ」と言うくらい名の通ったブランドクルマに。
欧米ではプレミア路線を目指しているけど、日本ではそれほど「高級」クルマ扱いされないが、でも「上質」クルマだと思われている点は、色んな意味で好都合で良い気分。
◆燃費
特に高速道路での燃費は素晴らしい。近年のエンジンマネジメントの勝利。街中走行はそれなりだが・・。
◆インテリア
細かいところまで、それなりのクオリティが感じられるインテリア。同じプラットフォームの兄弟車の中ではピカイチでは?!
◆Sラインのサスペンション
多少ゴツゴツ感はあるものの(扁平タイヤの影響が大)コーナリング時の踏ん張りはさすがとしか言いようがない。首都高の池尻の山手トンネル入り口の螺旋カーブも全く恐怖感無し。
◆セクシーなLEDライト
どうやらトレンドになりそうなLEDライトだが、Q7のリアコンビネーションLEDはアイデンティティがあって個人的には好み。フロントのLEDレイアウトは個人的にはイマイチ・・・。
◆ハンズフリー
Bluetoothによるハンズフリーは賢く、通話クオリティも高い。このクラスの最近のクルマなら当然かも知れないが・・。
不満な点
◆ディーラーのサービス
身売り話が絶えない英国老舗(LR)やドイツ国民車(VW)などとは比べものにならないサービス費用とレベル。
◆車内の収納スペース
キノコミラー代わりの小型モニター設置のためか、サングラス置き場も無い。センターボックスは個人的には無用なCDチェンジャーのためにほとんどスペースは無し。グローブボックスには車検証入れさえ入らない。ドアポケットは大型だが使い勝手が悪い。リアラゲッジスペースは床下収納もありGOOD。
◆ターゲット
VWトゥアレグなどは本国以外の世界中(おそらく日本市場も含む)で販売してやろうという意気込みで作ったなと、色んな面で感じられるが、Q7は米国での使い勝手は良さそうだとしばしば思わされる。販売台数を考えれば仕方のないこととはいえ、日本ではプレミア価格を上乗せしているのだから、もう少し何とかならないのかと。
総評
マイナス点を補って余りある満足度!!

現状ではほとんど同型車Q7とすれ違うことがないが、そのくせ、アウディだとは気づいてくれるので「他人と違うコト」を意識しているヒトには嬉しい車種。
幅2メートル、全長5メートルを超えるボディサイズは、狭い路地裏に入り込んだ時や、日本の標準的駐車スペースには厳しいと駐車するたびに感じるものの、それを覚悟してのオーナーならば確実に満足感は高い。
おすすめポイント

ターゲット

ヤング向け、シニア向け

スタイル

お洒落、迫力がある

ドライビング

運転が楽しい

インテリア

ラゲッジルームが広い

エコ

燃費がよい

レビュー一覧へ

レビューを投稿する

マイページでカーライフを便利に楽しく!!

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

まずは会員登録をしてはじめよう

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース