アウディ RS4 (セダン)

ユーザー評価: 4.1

アウディ

RS4 (セダン)

RS4 (セダン)の買取情報を調べる

クルマレビュー - RS4 (セダン)

  • 試乗
    • VOLK42

    • アウディ / RS4 (セダン)
      RS4_LHD_4WD(MT_4.2) (2006年)
      • レビュー日:2021年5月31日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 5

    • デザイン5
    • 走行性能5
    • 乗り心地5
    • 積載性5
    • 燃費5
    • 価格5
    満足している点
    滑らかなのね、とてつもなくね🤤
    2速と4速間違えても走るみたい😁
    不満な点
    無い。強いて言えば維持費か
    総評
    チョイ乗りで感動できる。
    MTならでは。
    こりゃあ良いね
    デザイン
    5
    青が良いよね
    走行性能
    5
    試乗なので、でもヤバイのは分かる。
    アクセルちょっとしか踏まないのに爆加速する🤤
    乗り心地
    5
    硬いけど快適
    積載性
    5
    セダンだけどかなり広い
    燃費
    5
    分からないけどよくないでしょ💀
    価格
    5
    中古車なら買えるが、維持出来るかなぁ
    故障経験
    なし
  • マイカー
    アウディ RS4 (セダン)
    • XG

    • アウディ / RS4 (セダン)
      RS4_RHD_4WD(MT_4.2) (2006年)
      • レビュー日:2021年5月30日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:通勤通学

    おすすめ度: 3

    • デザイン4
    • 走行性能5
    • 乗り心地4
    • 積載性3
    • 燃費1
    • 価格2
    満足している点
    100ps/LのNA/V8を正確な6MTで味わう幸せに尽きる。
    4人乗せてよし、荷物も乗ってよし、剛性の高い走ってもよしの4Drセダン。

    後は1990年式のファミリアに2012年まで乗って、2006年発売のRS4に乗り換えましたから、当時の装備なんでも乗せ(笑)。
    電動ドアミラーとたくさんのエアバッグとABSとESPとクリアランスソナーとディスチャージのプロジェクターヘッドランプとHDナビとサンルーフとパワーシートには感動しました(笑)。
    もう、電装が進化して、運転支援、灯火類はLEDだらけになってきましたが、今買っても、自動運転、有機ELに進化していくんで、已むを得んです。
    パワーシートは自分では買わないですが、一度使うと手放せないですな。
    不満な点
    >物足りないポイントはありますか?
    >例:内装が質素、後部座席が狭い、荷室が狭い、など
    ←セダン、ワゴンを買わないから、後席が狭いとか、荷室が狭いとかが不満になる。
    そんなことにならない様にセダンを買った。
    セダンに人気がないのは、気にならない。
    乗ってしまえば、外観は見えないが、狭い、重心が高い、乗り心地が悪いは、乗ってる限りずっと付きまとう。
    車は人気で選んで、走りがダメなところはスマホで遊んで補おうというのであろうが、ちゃんと走る車は、スマホよりも断然面白いぞ。
    指先でどうにかなる代物ではない。

    で、不満は車重が重いこと。
    420sp/1730kgはパワーウエイトレシオでいうと、300ps/1240kgと同じ。
    で、絶対後者の方が面白いこと(笑)。
    加速性能は似たり寄ったりだが、街中4km/Lの燃費は6km/Lにはなるでしょう。
    あとは、身のこなしがどうしても安定寄り(過ぎ)。
    これも、見事に鈍いが、遅れなく素直に反応するので(全部がそんな質感で統一されているのは良い)、
    どっちかと言うと、ひらりひらり派なので、ロードスターを買うのがピッタリなんだが、このV8を経験しちゃったので、絶対エンジンに満足できなくなると思う。
    罪作り。次に乗りたい車が無くなったなのが、一番の不満。
    あ、あと、リトラが無くなったのも(笑)。
    総評
    税金も維持費も分不相応なんだが、エンジンにやられています。
    開発チームは、殊更エンジンだけを強調するつもりはなく、全方位手を掛けたんだが、受け手側がエンジン以外が味わえない悲しさ(笑)。

    ブレーキはエンジンより速い、Fr8POD、Rrフローティングキャリバー(笑)。
    200km/hからでも、沈み込むように効く予感(笑)。 足回りもそれに対応してそう(予想)。
    ブレーキを踏まないので、重石、部品代高価、カックンブレーキになるの三重苦(笑)。

    クワトロシステムもきっと限界域でええ感じに車が向きを変えながら、ついて来れる車がないくらいのコーナー立ち上がりのはず(笑)。
    素晴らしーチューニングの内の安全だけを享受しています(笑)。
    あ、ドアンダーは経験した。怖かった。
    鼻先に推定300kgのV8積んでるんだから、物理的に無理。
    教科書頭DでもGT-Rがフロントヘビーで困っていたが、その比ではない。

    分かることもあるや。
    排気音も良いです。これは分かる。
    もう少しボリュームがあるほうが好きですが、同乗者や、自分の体調の悪い時などもあるので、丁度良い。
    普通の人にしたら十分煩いレベル(笑)。
    人造音が500万円クラスの車や、86では採用されているが、本物のサウンドはいつも表情が違って癒されます。
    モナリザの良さは分からんが、この音は運転中は音楽無、窓オープンでずっと聞いてます。
    これからの季節辛いけど。

    クラッチも良いぞ。剛性あって繋ぎにくくて(笑)。
    繋ぎにくいのはNA4.2Lエンジンの低速トルクが足りないから。
    100ps/Lなんで、4.2Lあっても1000rpmは燃やしにくい。アイドリングは800rpmだったかな?
    同じV8のセルシオが600rpmだったかしら。
    そういうのを8気筒に期待していましたが、そこは切り捨て、クラッチは420psを伝えるのでタイト。
    ユーザーが何とかしなさいという割り切り(笑)。
    街中は油断してるとショックでまくり。
    3000rpmも回してると嘘のようにスパスパ決まるので、なるほどなぁと思ってます。

    エンジンには感動を、その他には感心してます。
    デザイン
    4
    よく見ると只物ではない(笑)。
    気に入ってます(笑)。

    ダミーの穴が無い(笑)。
    リアにスポイラーは無い。

    速いとアピールしてない。
    で、速い。
    このアンダーステートメントぶりが粋だと思ってます。

    内装は、良いみたい(笑)。価値が分からん(笑)。
    安っぽさは感じないので良いのでしょう。
    先進性は皆無。カーボンパネルがひょーんと貼ってある(昭和)。

    カーナビとカーステの操作はタッチパネル。
    ボリュームや縮尺の必要なスイッチは物理スイッチなのは、良い。
    エアコン、灯火類のスイッチなどはすべて物理スイッチ。
    それで何も苦は無い。
    走行モード切替もスポーツモードボタンで、マフラーの通路が開いて音が出て、アクセルのMAPが変わってアクセルが開きやすくなって、ランバーサポートがきゅって閉まる。
    良くしつけられた足なので、5モードのドライバビリーティー変更で、使わないサーキットとエコは要らんし、違いを出すためのコンフォートとスポーツも使えない。
    みんなTEMSで何を学んだのか?
    で、ノーマルがぼんやりしてるんなら、ノーマルとスポーツの間位をしっかり作りこんでくれたらよい。
    5種類チューニングするより安くて良い物になるでしょう。

    でもね、助手席別制御のエアコンのスイッチ多過ぎて、不便。
    あと、使用頻度の低いスイッチが長押し。
    忘れてまうわ(笑)。
    これは、タッチパネルにしまい込んで欲しいな。
    走行性能
    5
    パワー感:使い切れてないのが不満(笑)。
    操作性:操縦せいか? 鈍くて、応答遅れなく、ドアンダーの極み。
    ひらりひらりと対局だが、これはこれで良いと思う。高速道路を250km/hで走る脚。
    鈍いのは早めに操作すればいいだけ。
    コーナリング中もヨーは足しにくいですが、ヨーを停めるのは簡単。
    民生用ハイパーワー車として好ましいのではないでしょうか?
    つまんないけど、危なくないのはスピードがとんでもなく出るのでありがたい。
    登りのタイトコーナーのドアンダーだけ何とかならんか?
    150km/hで突っ込んでフルブレーキで前輪に荷重を残して横力出して、アンダーを消せと言う事なんだろうけど、ブレーキパッドとタイヤがなんぼあっても足らんわい(笑)。
    扱いやすさ:30km/h以下はガクガクするぞ。
    エンジンの1000~1500rpmは使えない。
    そこを使って走るからいけないんだけど(笑)。
    1500rpmで60psくらい出せるので、ずぼら運転が可能です。
    そこは本筋じゃないんだが(笑)。
    峠ではアンダー出さなくても、鼻先を5度以上振るのは苦手。
    コーナリングがしんどそう。
    普通の交叉点で曲がりにくさを痛感します。
    それだけ、安定して真っ直ぐ走る車ということ。
    乗り心地
    4
    乗り心地は良い?
    乗り心地を捨てたかのような255/35R19を履く割には良い。
    高速になると、目地は大径タイヤとボディーとシートで何とかする。
    1Hzくらいの大きなうねりは、フルボトムしながら煽られずに一発で納めるのは(実際はお釣りあるけどね)圧巻。
    国産ミニバンだと乗員全員20cm突き上げられるところ。
    修理痕やマンホールの多い、市道や、生活道路はダメだな。
    60km/hのマンホールは強いショックが入る。
    工事後の凸凹を30km/hで走るときは、ノーサスかしらと思うくらい車揺すられます。酔う。

    足は硬いんだけど、4WDとDRCがいい仕事してる。
    4WDなので、リアだけで駆動力を吸収する必要が無い。 その分ばねを柔らかくできる。
    でDRC。スタビを右前左後ろ、左前右後ろに掛けてある。
    棒ばねでは無理なので、油圧でつなぐ。
    普通のスタビは、左右のロールに抵抗するように効く一方、ブレーキング時のダイブや加速時のスクワットには効かないし、1輪の伸縮時にばねとして効いてしまう。
    DRCは、ダンパーが縮んだ時にあふれる油と伸びた時に吸う油を利用する。
    ロール時は、外側のダンパーが伸びあがり内側のダンパーが縮むので油が移動する。
    それはコントロールユニットが油の移動を制限する。
    前後でもフロントが縮んでリアが延びるが同じように抵抗してくれる。
    で、制限速度で緩やかに走ってる限り、ノーロール、ノーダイブです。
    一輪だけが延び縮みする時は、油の移動が起こらないので、エアで油の圧力を受ける。
    ので、ばねとしての仕事は無い(正しくは仕事は少ないでしょうねぇ)
    ということで、サスペンションのバネは絶対的に硬い物の、ロールの事は考えなくて良くて、車重を支えることに専念できる。
    しっかり足を動かして、ダンパーを効かせる考え。
    と言うことで、乗り心地は良いのだ。
    と、頭で思い込んでないとしんどい乗り心地ではある(笑)。
    他の人の記事でも、この手の車としては文化的な乗り心地だそうですが、絶対的には硬いよな、やっぱり。

    なので、重心が高い車がロールを抑えるために不必要にばねを固めて、ダンパーの縮む方をゆるゆるにして、伸び側で減衰する足は、嫌い。
    道がスムーズだと見違えるくらい滑らかだが、道が荒れると伸び側が渋くて、途端にドタバタ安っぽい乗り心地を露呈する。
    ダンパーの値段ではなくて、考え方ね。

    静粛性は高い。
    250km/hで巡行するのが基準。
    タイヤのパターンの音は聞こえない。ロードノイズも100km/h超えてから先まで気にならない。
    一発ショックのドタバタと言う音が却って目立つくらい。
    積載性
    3
    全長4585mmのセダンなりの積載性。
    引っ越しと組み上がった3段BOXが積めなかったなぁ。
    そこはワゴンには敵わない。
    あと、リアシートはフルフラットにはならない。
    座り心地を取ったんでしょうなぁ。
    燃費
    1
    街中4km/L、高速9km/L。
    諦めてます。
    価格
    2
    新車で1000万円が5年落ちで400万円。
    レヴォーグなら、一番高い奴STI-EX4WDが409万円。
    維持費とか故障の心配を考えたら、新車のレヴォーグは釣り合うかも。
    CVTだけはなぁ。ひどく残念。

    マツダ6セダン2.2TD4WD6MT(!)が430万円。
    エンジンが天と地くらい違う。いい悪いじゃなくて。
    きっと満足できない様に思う。
    なお、2.5TのFF6ATも同じくらいの価格。

    ただ、もう車に400万円も出すことは無いなぁ。
    200万円くらいで面白い車が無ければ、車を降りることも考える今日この頃です。
    故障経験
    定番の樹脂がダメになる。
    トランクのキャッチがダメになる。
    トランクリッドの内装のテープがダメになる。

    フロントのブッシュが切れて、DRCのダンパーから油漏れ。入院2か月(!)30万円強の出費。
    フロントのシャフトブーツが切れる。
    シャフトを抜いて交換して5万円だったかな。
    バッテリーは5年おきの交換。4万円くらい。
  • マイカー
    • whitestyle

    • アウディ / RS4 (セダン)
      RS4_RHD_4WD(MT_4.2) (2006年)
      • レビュー日:2021年2月24日
      • 乗車人数:5人
      • 使用目的:その他

    おすすめ度: 4

    • デザイン3
    • 走行性能4
    • 乗り心地4
    • 積載性3
    • 燃費3
    • 価格3
    満足している点
    もはやネオクラシックの部類だが、スーパーカーSPECなのに乗り易く、4枚ドアで何でもこなせます。MTが苦じゃない方ならまぁまぁお勧めかな?
    不満な点
    フロントヘビーなのが玉に瑕。
    高齢車なので塗装や樹脂パーツの経年劣化が目立ってきました…
    総評
    圧倒的なスピード感は不足気味ながら、排気量NAのMT車の操ってる感は健在で、特に不満なし。
    乗り換えるにも選択肢が少なくかつ高価になるので、まだまだ現役でお願いします!
    デザイン
    3
    比較的ぽっちゃり系なので、カッコイイ写真撮るのに苦労します。
    走行性能
    4
    NAなので圧倒的なスピード感は不足気味ながら、通常速度域では運転も楽です。
    乗り心地
    4
    スーパーカーSPECながら、比較的コンフォートな乗りごこちです。
    積載性
    3
    セダンなので大物は積みにくいですが、特に不足感はありません。
    燃費
    3
    4.2Lエンジン、燃費を気にしちゃいけません 笑
    価格
    3
    可もなく不可もなくといった感じかと (^^;
    故障経験
    DRCオイル漏れ、ハイプレッシャーポンプ漏れ、リザーバータンクのヒビなどありましたが、ここ数年は特に問題なかったですが、ついに天井が落ち初める兆候が…
  • マイカー
    アウディ RS4 (セダン)
    • けーしゅう

    • アウディ / RS4 (セダン)
      RS4_LHD_4WD(MT_4.2) (2006年)
      • レビュー日:2021年1月29日
      • 乗車人数:3人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 3

    • デザイン4
    • 走行性能3
    • 乗り心地3
    • 積載性4
    • 燃費2
    • 価格3
    満足している点
    今更ですが、飽きるほど所持して走ったのでレビューを書きます。まだまだ所持します。
    ちなみに、2007年11月登録の2008年モデルです。
    総じて、中身はスポーツカーだけど、いざとなったら5人乗れてレジャーにも使えて、フォーマルにも対応出来る万能なところ。 あと、普段乗りの部類の車だけど、スーパーカー以上に見かけなくて他人と被らないところ。 きっと、国内新車登録200台も無いよねぇ。
    Audi Japanさん、未だ分からずセダンの登録台数教えてください。
    不満な点
    ・ワインディングでは車体が重くて気軽に振り回せない。 コンパクトセダンではあるものの車幅はあり、道幅狭いところは気を使う。飛ばすと小枝の餌食になる。
    ・プッシングアンダー強く下りコーナーでこじって、やっとケツが出る始末。
    ・不等長エキマニのせいで、アメリカンなV8ドロドロ音が嫌い。
    ・6000rpm以上回さないと良い音が出ない。パワーある故に回せるとこが無い。
    ・燃費悪い、税金高い、機能多いから壊れる。
    ・部品も高くて修理費高い。
    ・この車に精通してるエンジニアや整備工場が少なく、
    故障の際はショップを見極めないと余計な費用ばかり嵩む。
    ・顔つきがコアラ顔で嫌い。かと言って、今の顔つきはもっと好きじゃない。やっぱり素でカッコいいのはBMW。
    総評
    もっこりフェンダー、V8NAエンジン、MT、強靭なシャーシ、そして他人と被らない車、これら全ての良さが分からない方にはおススメ出来ない車。 逆にこれらの魅力にハマると手放せない車。 でも、きっと今なら買わない。

    ※これから購入を検討される方へ。
    Dでの整備で仮定した場合、足廻り交換70、クラッチ50、くらいだったと思う。ショップ次第ですが、その他のRS4あるある故障を洗い出すと200超えかも。そのつもりで予算組まないと大変です。 こんだけ金や手間かけてもエンジン逝ったら...と思うと、怖くて今なら買いません。
    球数はBMWより遥かに少なく選べる余地なく、泣くも笑うも買い手次第。(笑)
    滅多に市場に出ない希少車故に、他の人と車種を被りたくない人のコアな人種だけにおススメします。
    デザイン
    4
    ・プレスラインは良く出ていて横から見ればカッコいい。
    ・前から見ても後ろから見てもLBかと思うくらいもっこりフェンダーが個性的。標準車のA4と並べるとギャグ?かと思う出方です。
    ・前後の顔つきは個人的には好きじゃない。audi全般に言える事だが今も昔も顔には魅力を感じない。私個人の主観ですが、カスタマイズしてやっとBMWの素に近づけるレベルと思っています。
    走行性能
    3
    ■ハンドリングについて
    重いエンジンのくせに位置が前過ぎる。それなのに前後重量配分を60対40までした事は立派。
    逆の視点で見れば、フロント軽量化の努力やコストかけるくらいなら、エンジン位置を後ろにした方がよっぽど楽で効率的で安くならないか?
    しかし、リヤ寄りのトルク配分によってFRのような味付けとなっており、普通に飛ばすレベルだと回頭性は抜群でグイグイ曲がる。
    足廻りを固めて、車高やキャンバーのセッティング次第では、笑いが止まらないくらいご機嫌に曲がる。...が、やはり限界超えた先は四駆特性のアンダー。
    制御切っても制御は完全には切れない。

    ■エンジンについて
    この車の魅力は何と言ってもエンジン。これに尽きる。
    R8 4.2Lと同じエンジン。だから、コスパ最高のはず。
    この手の車は殆どがエンジンカバーに覆われてるけど、こいつは赤いヘッドカバーにカーボンパネルで、見ても楽しい廻してもご機嫌のエンジン。
    4.2Lの排気量でありながらも最高出力回転数が7800rpm、レブリミット8250rpmの高回転型ユニットで、アクセル全開すれば一気に吹け上がり、低速も強くトルク充分。 更にトルク特性カーブはしっかり山谷あり、ドラマティックな吹け上がり。対して4.0LのMは更に高回転型だがトルク特性カーブは一定なので、官能的なフィーリングはRS4のが上。 意外と知られていない事実。でも、中間加速力はMが上。
    速いをとるか官能的なフィーリングを取るかで評価が分かれる。
    乗り心地
    3
    この手の車に求めちゃいけない。
    けど、本革セミバケットシートの恩恵なのか乗り心地は意外に悪くない。強靭なボディ剛性なのか、生半可の足廻りだと足廻りが負けて逆にふわふわして気持ち悪い。やはり純正か、入れるならしっかりした車高調じゃないとボディに足廻りが負ける。
    積載性
    4
    これ気にするならセダンは選ばないからどうでも良いが、大人4人で冬旅行に行ける荷物は積めるから問題なし。後部座席は倒れるし、タイヤも二本は楽に積める。
    燃費
    2
    気にしちゃいけないけど、気になるくらい悪い。
    都内在住で渋滞ばかりだからか余計にそう感じるのかも。都心部の街中だと5km/ℓ切る。高速で80km/h巡航だと、10km/ℓは超えられる。
    けど、体感は30km/hくらいしか感じず、とてもじゃないけど耐えられないからアクセル踏む。結果、燃費は悪化しいたちごっこ。
    価格
    3
    同じ価格帯だと、やっぱりM3やC63が選択肢の対象になるのかな。
    インパネやエンジンルームには惜しみなく本物のカーボンパネルを使い、シートは本革バケットで、内装の質感は最高。 だけど、顔はBMWに遥かに及ばない。ブレーキも対向8ポットピストンだしエンジンご機嫌だし、中身だけ見たらコスパ最高。
    でもやっぱりハンサムが良いよねぇ、速さだよねぇ、ハンドリングだよねぇ、と思う時がある。そんな時は硬派の車、希少車と割り切る事にしてる。
    それと、車体価格以上に修理費が気になる。これは外車全般に言えることだけど、純正部品のぼったくり価格はどうにかして欲しい。
    故障経験
    足廻りダンパーのオイル滲み、高圧燃料ポンプの漏れ、ヘッドライト結露、クラッチカバーへたり、インマニ不具合...あげたらキリがないくらい多い。RS4特有のウィークポイントは殆ど経験しました。今はやっと出し切った気がする。200以上は使ったかな。あとはミッションだけど、ミッション逝ったら150飛ぶ。怖くて最近は大人しく運転しています。
  • マイカー
    アウディ RS4 (セダン)
    • XG

    • アウディ / RS4 (セダン)
      RS4_RHD_4WD(MT_4.2) (2006年)
      • レビュー日:2016年5月22日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 4

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    ・大排気量NA+MTは幸せ。いよいよ無くなるぞ。RS4はAT、M3はMTあるけどダウンサイジングターボ+人造音だ。
    高回転高出力のDOHCエンジンは引っ張って良し、流して良し、音良し、アクセル付き良し、吹け良し、ダブルクラッチごきげん。
    ・アクセルを踏む前からトルクが出るように錯覚してしまうエンジンレスポンスは唯一無二。
     フェラーリとかマクラーレンとかに乗ったことないが。
    ・レクサスRC-Fに乗ってきた。B8のRS4ってこんなんかなぁと思った。ATはやっぱり退屈。
    右足とエンジンの間に余計なもの(沢山の歯車/電磁クラッチ)や他人の制御(意図)が入るのは興醒め。
    今日もクラッチ踏んで、ギアを選択するのでした。
    ・DRCや、19インチのタイヤや、100馬力弱パワーもあってS4より20kg軽い。が単なる軽量化が目的ではないのがみそ。
     ボンネットフードに加えて、フロントフェンダーもアルミ。バッテリー(でかい)も、A4でワイパーの付け根のあたりにあるのを(これはこれで考えて置いてあるが)リアのトランクの奥の方(後の車軸の上)に移してある。
    フロント荷重を減らす執念は見事。
    ・V8がびっくりするぐらい鼻先にぶら下げてあるのに、素晴らしく旋回するのは不思議ではなくて、物理。
    なので交差点の左折で曲がらないのは御愛嬌。これも物理。
    不満な点
    ・ほんとにホイールはすぐに真っ茶色になります。磨いてたのは買って1年だけでした。
    ・パワステオイルが減ってたのは販売店の整備不良。ちゃんとチェックしてへんやん。パワステオイルは2年でちょぼちょぼ減るくらい。良かった。
    ・クラッチは、切っても、繋いでもがガクガクしがち。 乗り手を選ぶという古い価値観は長所かも。 繋ぐ時は滑らし気味がスムーズなんだが、貧乏症で滑らせれん。 鍛錬あるのみ。
    ・1速が低すぎ。坂道発進を考えると仕方ないんでしょうが。
     普段は2速で発進するようになりました。やっぱりエンストとの闘いです。
    ・いつもエンジンはアイドリングを維持するように燃料を吹いてくれるので、ゆっくりならば3速でも発進できる(4速まで成功)ので、低速トルクが足りないわけではないのでしょうけど、ちょっと慌てるとスムーズに(笑)エンストします。
    総評
    3年前の4か月間街中を中心に1600km乗った感想の投稿に続き、4年、1.2万km乗った感想です。
    良い車だが、維持費、保険、税金なども考えるとお買い得では無い。
    運動性能に妥協は無いが、日本ではとうてい使いきれない。
    では、駄目かというとそんなこと無くて、街中流していてもいつもしびれるう。
    すべてに剛性が高く、応答遅れ(加速、ハンドリング、減衰)が少ない。
    ばね、ゴムの部品が硬くて、強いのだと思う。
    これをベースに、硬めだがすっきりした乗り心地なのが良い。
    好きな人ははまると思う。
    走行性能
    無評価
    上りの峠道では、踏めどもESPのランプはよう点けん。 あのトラクションには公道では勝てない。
    乗り心地
    無評価
    普通に静か。 同乗者から騒音で苦情が出ることは無い。
    乗り心地は、低速の荒れた道はやっぱりしんどい。
    高速になると良くなるのが救い。
    積載性
    無評価
    トランクはでかい。 引越しの荷物は積めるのだが入れられない。 セダンだから仕方ない。
    燃費
    無評価
    高速で10km/L走らない。 街中で4km/L切る。 郊外走ると7km/L、これで嬉しくなるがすっかり基準がおかしくなってる。
    故障経験
    ・トータル6年4か月の5万1千km時点で前輪のアームのブッシュが切れ始めて、停車直前にハンドルを取られるようになりました。(困るほどではなかったんだが)
    ダンパーのオイルが結構漏れていたので、思い切ってフロントサスのブッシュとダンパーを交換。
    チューナーで費用が40万円弱。内訳はDRC付きのフロントダンパーが1本8万円弱、これが2本。
    Dラーだと工賃がもっと高いと思われます。
    ・リアのブッシュは切れにくいとのこと。フロントは舵を切るのでブッシュに厳しいらしい。リアの片方のダンパーからオイルが漏れ始めているのを確認。こちらも時間の問題。
    ・B7RS4の値段が下がってきてますが、足回り4輪の更新に80万円くらい計算して購入されることをお勧めします。
    ・とある中堅外車中古車販売屋さんで買いました。5年落ちで買うときに20万円ほど部品を変えましたが、7年目の車検はオイルとオイルフィルターの交換だけで車検は15万円ですみました。
    直しながら乗ることに抵抗なく、Dラー以外のお店をみつけられれば、メンテナンスの費用は耐えられる範囲と思う。

前へ12345次へ >

レビューを投稿する

マイページでカーライフを便利に楽しく!!

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

まずは会員登録をしてはじめよう

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース