アウディ S1 スポーツバック

ユーザー評価: 3.91

アウディ

S1 スポーツバック

S1 スポーツバックの買取情報を調べる

クルマレビュー - S1 スポーツバック

  • マイカー
    アウディ S1 スポーツバック
    • PXR

    • アウディ / S1 スポーツバック
      不明 (2016年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:1人
    • レビュー日:2018/07/31
      使用目的:レジャー
    • 乗り心地

      足回りは硬くゴツゴツしています

      燃費

      ダイナミックモードで12km/Lほど

      積載性

      ラゲッジルームサイズはかなり小さいです. しかし, 純正ベースキャリアが必要ですが, スノーキャリア, バイクキャリアを使えば夏も冬も結構乗ります. キャリアはebayでドイツから買うと安いです.

      故障経験

      TVチューナーが故障しました. TV見ないので放置.

      満足している点

      東京23区独身で車を所有しなければならない場面なんて滅多にありません. だからこそ, カーシェアでできない趣味に特化した車がほしいと思っていました. 雪山にも行きたいし, サーキット走行もしたい.

      ・東京で使えるコンパクトさ
      ・MTでそこそこ速い
      ・ある程度ものが積みやすいハッチバック
      ・雪山を登れる4駆

      となるとGRB, S1, Golf Rあたりが目に留まりましたが, そのなかで最もコンパクトなS1を選択しました.

      サイズは都会で本当に丁度よいサイズです. どんな駐車場にも停められますし, 入れない小路もありません.
      速さとMTの楽しさは期待以上. カタログ数値以上の体感トルクがあります.
      コンパクトながらもタイヤはきちんと4つ乗り, 自転車もたためば入ります.
      ハルデックスカップリング(らしい)ではあるものの, 4駆性能に困った場面にはまだ出くわしていません. 心配だった最低地上高も問題なし.

      不満な点

      残念ながら現在国内で新車販売は停止中です. 電装周りは世代が古く, TVチューナーが不調です. 標準アンテナの背が高いので機械式駐車場では外さなければいけない場面も. シャークアンテナに付け替えました.

      総評

      大満足です.
      速くよく曲がるし, 一人二人なら, 前に乗っていたアウトバックと比べてもキャリアを使ってそこまで遜色ないユーティリティを維持できています.

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • 過去所有
    アウディ S1 スポーツバック
    • michy

    • アウディ / S1 スポーツバック
      S1 スポーツバック_RHD_4WD(MT_2.0) (2014年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:2人
    • レビュー日:2018/03/24
      使用目的:通勤通学
    • 満足している点

      コンパクトカーでありながら、しっかりと高級車としての質感があり、「さすがアウディ!」と思える仕立てとなっています。BOSEサウンドをオプション装着しましたが、良い意味で想定外の良いサウンドを聞かせてくれます。

      走りは、「大人のホットハッチ」という感じです。
      ハルデックス式のAWDですから、抜群のトラクションを備え、2.0Lターボのパワーを遺憾なく全開にできます。他のアウディSモデルとは違い、RSに近い、ヤンチャな部分もあります。

      不満な点

      エンジンなどのサウンド部分は、いたって普通という点です。

      ボディサイズから見て、多くを望んではいけないパッケージなのは十分承知の上ですが、後部座席は大人が長時間乗るのには耐えられないものです。併せて、ラゲージの大きさも最小限です。ホームセンターでちょっと多く買い物をすると、軽トラを借りる必要が出てきます。加えて、旅行へ行く際には、洗車道具など一切合財を降ろす必要があります。

      純正18インチのアルミホイールは、デザインも格好良く、軽量なので素晴らしいですが、タイヤの扁平35%はやりすぎ感が出ています。それは、走りに若干のドタバタ感が出ているということです。私は、215/45R17へ変更し、アルミはBBSのRG-Rへと変更したところ、ドタバタ感も和らぎました。また、225/35R18というタイヤサイズは、銘柄選びにおいて、選択肢が少なすぎます。

      純正ナビは、やはり扱いにくかったです。そこそこ高性能だと思いますけどね。

      総評

      AWDですから、車重が1,380kgもありますが、その数値に捉われる必要はありません。乗ってみると、凄い軽快です!ワインディングや首都高では、思わず笑みが出てしまうほど、運転していて楽しいクルマだと思います。

      そして、「小さな高級車」という言葉がピッタリな上質な内外装!走りと合わせて考えれば、大満足でした。

      ただ、走りの楽しさだけを求める方には、POLOのGTI(6MT)に対して、プラス100万円の価値は見出せないかもしれません。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    • kazumix1959

    • アウディ / S1 スポーツバック
      S1 スポーツバック クワトロリミテッドエディション_RHD_4WD(MT_2.0) (2016年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:4人
    • レビュー日:2018/01/08
      使用目的:通勤通学
    • 走行性能

      さすがクアトロ。冬道での安定感はいい。3000rpmからの加速とエンジン音は気持ち良い。
      ハンドルの癖はなく、回したイメージのとおり曲がる。走行モードが選択できるが、「ダイナミック」が一番良い。

      乗り心地

      以前乗っていたGOLF5GTIよりゴツゴツ感がない。上質感がある。

      燃費

      2リッター、四駆としては、かなりいいと感じる。

      積載性

      この項目は、期待しない方が良い。

      故障経験

      今のところなし。

      満足している点

      全体的に質感は高い。シフトは気持ちよく入る。クラッチも軽く、程よいハンドルの重さ。運転はしやすい。リアの外観もボリュームがあり、走り屋を演出。ヒーターもすぐ効く。

      不満な点

      運転座席の物入れが少ない。アームレストは、シフトチェンジにとても邪魔。トランクルームが浅く狭い。4人乗りというところも痛い。アンテナが上に長く立体駐車場では外さなければならない(COXに交換)。

      総評

      クワトロ、ハイパワーな割には、尖がったところがなく乗りやすい。成熟感がある。しかも、質感は高い。ファミリーカーにはならないため、若い時かセカンドカーがベストだろう。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    • Bluethunder

    • アウディ / S1 スポーツバック
      S1 スポーツバック クワトロリミテッドエディション_RHD_4WD(MT_2.0) (2016年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:2人
    • レビュー日:2017/10/15
      使用目的:通勤通学
    • 満足している点

      小さなボディーに十分な馬
      思ったよりも乗り心地が良い
      内装の質感

      不満な点

      予想通りだが、後席は狭い・トランクも小さい
      運転席回り、小物入れもない

      総評

      お手頃サイズに必要十分な動力、キビキビ走り
      全体的には満足しています。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • 試乗
    アウディ S1 スポーツバック
    • KATS-I

    • アウディ / S1 スポーツバック
      S1 スポーツバック_RHD_4WD(MT_2.0) (2014年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:2人
    • レビュー日:2017/09/12
      使用目的:通勤通学
    • 走行性能

      1)アクセル
       電子制御のアクセルなので多少レスポンスはマイルド。特性に慣れれば問題ないように思います。
      2)クラッチ
       MTのギアの入り方は秀逸。ポジションにカチッ、カチッて入る感触は心地いいです。
      3)ブレーキ
       電子制御のブレーキの車に乗るのは初めてなので。それとブレーキを多用する場面もなかったの未評価。試乗で違和感は全くなかったです。
      4)ステアリング
       電子制御のステアリングは初めてです。油圧制御とは違うので仕方ないですが、油圧制御のような重さはなく軽いです。これも慣れの問題ですね。油圧制御の場合、最初遊びがあり、切り込むに連れて重くなる。今回の試乗では油圧に比べて軽いと感じましたが違和感はなかったです。
      5)ターボ
       2速で4000回転くらい上げました。3000-3500でターボが効いている加速感がありました。でも非常にマイルドです。ターボ特有のカックンとゆう感じではないです。ターボを感じさせず、加速とトルクが出ている感じ。日常使いでは問題ない感じでした。
      6)加速性
       馬力、トルクの数値を見れば当然ですが、206よりははるかに良いです。
      7)4WD
       ところどころで、後輪も駆動を受けて仕事をしているのがドライバー伝わります。非常にいい味付けだと思います。前輪、後輪にどれくらい駆動がかかっているのか感じられます。これまでフォレスターとコンチェルトの4WDを運転していましたが、前後輪の駆動の状態をドライバーは伝えてくれませんでした。これはこの2台に比べると素晴らしいです。

      乗り心地

      1)安定性
       問題なし。車体鋼性、サスペンションの出来が良いのでしょう。加速時に軋み、振動、異音が全く感じられないので、空気抵抗を感じない。車体の軽さを感じます。
      2)サスペンション
       助手席では問題ないのですが、運転していると、道路の凹凸を通過したときのショックを感じました。扁平率の高いタイヤの影響なのか、ごつごつ感です。スポーツタイプの車ではこのごつごつ感がないとだめとゆう方もいるので、味付けなのかもしれません。慣れの問題かも。

      燃費

      不明

      積載性

      後部トランクのスペアータイヤ収納部に、バッテリー、電装装置が格納されています。
      スペアータイヤはなくパンク修理キッドが標準装備。
      ポロGTIもスペアータイヤはないのですが、こちらは、2段式トランクになっていて、スペアータイヤ収納部分も荷室になるので、ポロGTIよりは収納スペースは狭い。
      まあ、このサイズのハッチバックとしては標準的な容量と思います。

      故障経験

      無し

      満足している点

      家内のプジョー206SW S16 MT(2005年製)の買い替えが目的でディラーで試乗させていただきました。試乗は、家内の運転の助手席で5km。運転5km。走行したのは片側2車線のほとんど平坦な道でした。

      1)外観★★★★★
       このクラスのハッチバックとしては、極めてオーソドックなデザイン。Audi全般の特徴ですが、ボンネット、フロントガラスの傾斜が少なく直線的。ボンネット、フロントガラスの傾斜もポロ、ゴルフに比べると立っているように感じました。箱型のデザインです。フロントグリルは、A4.A6のデザインを踏襲。一目でアウディと分かります。尖ったところがなくミニ、クリオ(ルーテシア)、208程の個性は控えめです。プジョー206の美しさはありませんが、A4、A6よりは直線的で、このクラスでは、他に引けをとらないくらいおしゃれです。長く乗っても古さを感じない気がします。206のデザインは秀逸で今でも古さを感じないし、将来プレミアムがつきそうですが、そこまでの完成度には達していないです。

       使用する状況があるかわかりませんが、ヘッドランプウオッッシャーが装備されています。
       これも使用する機会などまれですが、フロントの牽引フックが格納されている。
       インタークーラー付きターボだけどボンネットに冷却用の風穴がない。

      2)内装★★★★
       コックピット回りは十分洗練されていて安っぽさを感じない。
       回転メーターとスピードメーターの間のディスプレイに、走行情報が表示され最近のトレンドを押さえています。

      3)居住性★★★★★
       ステアリングは、上下・前後の調整が可能。シートは、運転席、助手席とも、座面の前後、上下、背もたれの傾斜が調整できます。
       スポーツカー的なポジションに下げることも出来るし、ハイルーフの自動車並みにポジションをあげることも可能です。好みのポジションへの調整が思い通りになります。
       シートの出来は素晴らしい。プジョー206と遜色ありません。10時間くらいの長距離ドライブでも疲れを感じないと思われます。
      ハッチバックなので後部座席は狭いですが、シートの硬さも十分で、背もたれを立たせているし、ヘッドレストも申し分ないです。2-3時間の乗車でも全く問題ないように思います。プジョー206でも後部座席に乗車した人には好評でしたが、同等に良いと感じました。
      4)計器類★★★★
       MTのシフトレバーの位置、レバーの長さは理想的です。プジョー206のMTのレバーは1-2cm長く少し扱いづらかったです。
       ペダルの位置も申し分ないです。ヒール&トーも問題は感じませんでした。
       方向指示器、ライト、ワイパー、エアコン、オーディオなどの計器は触っていないので不明。
       ダッシュボード上にあるカーナビのモニターが格納できて、ダッシュボード上がフラットになるのは気に入りました。


      不満な点

      1)外装★★★
       ヘッドライトで十分なのかもしれませんが、フォグランプがない。
      2)タイヤ★★
       225・35・R18。
       通勤(片道20km)、帰省(片道1000km)、スキー(片道1000km)の一般ユーザーからすると標準タイヤの扁平率が高すぎるような気がします。ただヨーロッパ仕様でも標準がR18なので、これを標準に足回りのセッティングをしたと思われますが。少し過激。A1と同様R16でよいと思う。
      3)乗り心地★★★
       プジョー206のようなしなやかさがないような。一般道の凹凸を通過したとき、凹凸を通過した感触は音、手ごたえで伝わるのですが、206の場合、サスペンションは上下動しているけれど、車体の変化は感じず、勝手にサスペンションが凹凸を通過している感じでした。しなやかな猫足。S1の場合206に比べれば、サスペンションの上下にに応じて車体も動いているの感じました。ただその処理は、瞬時に修まるので不快とは感じませんでした。
       扁平率35のタイヤではなく、40か45ならもっと穏やかなのかも。
       もっとも、いくつかの代表的な国産のコンパクト車に比べたら素晴らしく良いのですが。
      4)操作性
       206の油圧式のステアリングとの比較ですが、電子制御のステアリングなので、軽く感じます。手ごたえがない感じ。初めての電子制御ステアリングなので、相違を慣れるしかないのでしょう。

       

      総評

      MTは絶滅危惧種。
      MTでAWDの5ドアハッチバックは、
      悲しくなるくらい車種が限られます。
      VW ゴルフR
      アウディ S1
      そしてマツダ。
      選択肢としてS1は良いのではと思います。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評

前へ123次へ >

 

 

みんカラを始めよう!

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース