BMW M3 クーペ

ユーザー評価: 4.36

BMW

M3 クーペ

M3 クーペの買取情報を調べる

助手席側シートモジュール(SMBF)の通信エラーについて - M3 クーペ

 
イイね!  
Cal.9R86

助手席側シートモジュール(SMBF)の通信エラーについて

Cal.9R86 [質問者] 2021/02/16 22:09

現在、某ショップにてMドライブパッケージの後付けコーディングを行っている最中なのですが、CCCのシステムバージョンが2007年と古く、コーディングしてもMDMの項目が無かったり、スロットルコントロールの項目にP400、P500やマニュアル操作という謎の項目が出ており、そこでどれかを選択すると強制的にマニュアル操作になり、設定のリセットをかけないとスポーツモードに戻らず、サーボトロニックもスポーツモードが選択可能ですが、恐らく機能していない状態です。

これに伴い、CCCのバージョンアップを行う為、BMW純正のシステムを使い、バージョンアップを試みましたが、唯一助手席側のシートモジュールとの通信が出来ず、足踏みしています。
シートモジュールはシートと接続されている車両側の黄色いカプラーの配線(配線加工された形跡は無し)から電源と通信ラインを直接繋ぎました。
テスターで確認したところ、電源、通信共に異常はありませんでした。

シートモジュールはショップが今回の様な社外シートでシートモジュールの無い車両に対応する為の対策として持っていた物で、今までは上記のやり方でクリア出来ていたとの事でした。
因みに、正規ディーラーでトライしても駄目でした。

私の車両の状態としては、両脚ともレカロのシートに変わっているのと、社外ナビ、レーダー探知機が付いており、CCCがトランクに移設されています。
ナビの配線が悪さをしているのかもと考え、ナビを外した状態でトライしましたが、結果は変わらずでした。
ナビは前々オーナーが2016年に専門ショップで取付、前オーナーが2019年にレカロに交換するまでの間、純正シートだったようです。(助手席が機能していたかは不明)

シートモジュールはディーラーで品番を調べて頂くと、運転席、助手席共に同じ品番でした。
現在、その品番の中古と新品が手元にあります。
新品はまだ一度も車両と接続していませんが、恐らく駄目かと思われます。

運転席と助手席の相違点として、着座センサーがあるので、それをモジュールとセットで接続しないと、助手席として認識されないのかもと考え、現在助手席の純正シートを他の車両から借りて、完全ノーマル状態で接続してみようかと考えているところです。(借りようとしているシートは右ハンドルの車両の物なので若干不安あり)

この方法が最終手段と考えていますが、これで無事通信出来るのでしょうか?
海外のサイトも含め、色々調べてみましたが、同じようなケースが見当たらず、困っています。
もし、何か解決策や同じ問題に直面された方がいらっしゃいましたら、何かアドバイス頂けると非常にありがたいです!
長々と解り難い文章ではありますが、よろしくお願いします。

新着順古い順

 

回答する

愛車に関する疑問点を質問してみよう!

投稿する

マイページでカーライフを便利に楽しく!!

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

まずは会員登録をしてはじめよう

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

  • 神奈川県

    BMW E36meeting ...

    車種:BMW 全モデル , BMWアルピナ 全モデル

ニュース