BMW 1シリーズ ハッチバック

ユーザー評価: 4.04

BMW

1シリーズ ハッチバック

1シリーズ ハッチバックの買取情報を調べる

クルマレビュー - 1シリーズ ハッチバック

  • マイカー
    BMW 1シリーズ ハッチバック
    • Tai0422

    • BMW / 1シリーズ ハッチバック
      118d Mスポーツ_RHD(AT_2.0) (2017年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:4人
    • レビュー日:2019/01/16
      使用目的:通勤通学
    • 走行性能

      高速の合流時の加速、中速域のコーナリングは見事。ステアリングの扱いも楽。剛性感もあるし無駄なロールもない。車重もあまり感じない。多段ミッションも違和感はない。

      乗り心地

      とてもじゃないが良いとはいえない。まさに走りの良さと乗り心地を両立することの難しさを表している。特にMスポーツのサスペンションは硬い。前席のシートは調整がよく効き硬さもちょうどよくホールド性も素晴らしい。後席は角度がちょっとキツイしリクライニングが出来ない。

      燃費

      リッター14前後

      積載性

      必要十分以上。仕切りがあるので匂いのあるものをラゲッジスペースに積んでも問題ない。

      故障経験

      なし。

      満足している点

      ・キレのあるハンドリング
      ・ディーゼルなのでトルクがあります
      ・燃費もまあまあてところ
      ・ディーゼルエンジンなので20-80km/hでの加速が凄まじい

      不満な点

      ・後部座席が狭い上に硬い
      ・後部座席の肘掛がオプション

      総評

      走りは非常にいいが乗り心地は厳しい。ハッチバックなので荷物もそこそこ積める。2人で乗ることが多いなら間違いなくいい車だと思う。また運転席のシートがいい為長距離ドライブでも疲労感はそこまでない。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    • 土橋竜也

    • BMW / 1シリーズ ハッチバック
      M140i_RHD(AT_3.0) (2016年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:5人
    • レビュー日:2018/12/28
      使用目的:通勤通学
    • 走行性能









      乗り心地

      電子制御サスペンションが優秀で
      街乗りからワインディングまで問題なくこなします


      燃費

      SPORT+MODEにしなければ
      コンフォートMODE等では
      かなり優秀な方だと思います。

      積載性

      5人乗れるしコンパクトハッチバックは使い勝手良い


      故障経験

      満足している点





      ディラーの
      言い付けを守り
      コンフォートモードで
      走行するもガソリンの
      減り方が半端ねぇ残り355kmが
      20km走っただけで
      残り286kmに!!
      計算が合わない残り約50km分の
      ガソリンが
      一瞬で消えた事になるが


      まぁでも死ぬ程に速いです

      前回試乗したBMW M4が真面に感じますね

      よ~するに
      BMW M140iの方が
      イカレてるM4は高速安定性に優れ
      絶対に破綻しない上での
      曲がりを
      実現しているのに対して
      M140iは安定性無視の
      鋭くクイック
      曲げてみなさいよ!!
      と言わんばかりの超!!
      入力命・・・I LOVE YOUでしかない

      不満な点

      走行面の不満は皆無ですが
      実際の値段よりも安く見られがちな所かな

      総評



      今回初めて
      M140iの弱点???

      ネガな部分に気が付いた地元の大学付近の
      バス停のある下りを
      飛ばしていると

      これは走り込ん来たので
      慣れた部分もあるが★先に触れて置くと
      使い分けが分かって来た
      と言う事でもある

      下りの超!!の付く
      タイトコーナーではSPORT+モードだと
      入力が過剰すぎて
      アクセルレスポンスに
      対してハンドリングが
      余りに機敏・・・ステアリング操作自体は
      モードを上げる程に
      重くなるのですが

      何と表現すれば良いのか
      ハンドルが重くなり
      ステアリング操作は安定するも入力に全く
      遊びが無くなる1つモードを下げて
      SPORTモードの
      トラクション
      コントロール付き
      にしたら
      ピタリと決まった納得が行かないので
      再度チャレンジ


      SPORT~SPORT+を
      繰り返しにして
      10SET往復を
      攻めてみた少し考えながら
      その辺りを流すまぁ良い
      では気を取り直して
      フル加速!!速ぇ~~~!!

      なるほど
      そー言う事か(^▽^)/

      纏めてみるモード選択の
      使い方が大事

      しかも慣れて来ると
      そのモードには
      そのモード特有の上手い
      走らせ方がある同じ様にアクセルを
      踏み込んで同じ様に
      ステアリング操作を
      しては駄目なんだ200km/h付近の
      高速コーナーでは
      SPORT+がベスト
      1番に足回り等も
      しっくりと来る
      SPORT+だと回転数を
      上げて引っ張るので
      加速重視

      ギアはSPORTの方が
      シフトアップも速い=
      街中ではこっちの方が
      機敏に走れる気がする
      極タイトコーナーでは
      SPORT の方が
      足が固く感じられる
      シーンもあるが
      コレは
      トラクション
      コントロール
      の影響だろう


      まぁコレは
      慣らし運転が終わり
      パドルシフトを
      使用出来る様になれば
      1発で終わる話しこの手のシステムに
      違和感無く行ける
      理由は
      DUCATIのSPORTの
      オートシフターや
      回転やエンジンモード
      のソレっぽい同じく
      DUCATIのRACING
      これは
      アクセルレスポンスが
      余りに機敏で・・・
      怖い位なのでビックリするのが
      COMFORTモードだと
      1シリーズでありながら
      高級車みたいな
      重厚感さえあるECOモードは
      余り使わないが
      ハンドリングが
      1番軽い気がする?
      これは
      風邪引いた時用にするその後

      30km程走って

      はっ!!
      ここで気が付いた

      乗り慣れて来たから

      次の段階に来たんだ
      突っ込みの速度が
      自然に上がっている
      思えばアンナに狭い
      急勾配のS字の下り道で
      150km/hは出ていた

      我ながらイカレテル

      再び先程の道に戻り
      SPORT+~SPORTを
      繰り返したこれは!!
      SPORT+は相当
      リニアだと言う事

      よーするに乗り手=
      竜也が調子が悪かったり
      入力が
      中途半端だったりすると
      即座に拾い挙動が出る逆に覚悟して一発で
      ステアリングを決めたら
      見事な位に曲がったSPORTは
      普通に攻めるのが
      容易なモードで

      今までの竜也は
      雨の日にブッ飛ばして
      ばかり居たのでこのモードが多かった
      トラクション
      コントロールが働き
      ドリフトさせないモード

      SPORT+は
      敢えて初期の入力が高く
      ドリフトさせた上で
      それ以上に破綻させない
      モードだ!!分かっていた筈だが

      限界域が高い!!

      SPORT+は1発で
      ラインを決めて
      ステアリングホイールを
      瞬時に反応させて
      丁寧なアクセル操作で
      もっと速い速度で
      突っ込め!!
      よーするに
      SPORT+だけは
      かなり
      上級者向けなレベルで
      もっと速く
      良い仕事をしろ
      を要求して来る

      楽しい
      楽しい

      1番乗り易いのは
      SPORTモードで

      本気で行く時が
      SPORT+だな
      しかしこのSPORT+は
      雨の日には
      余り使いたくないな

      最終的には
      SPORT+でも上手く
      曲がれる様になったが


      下りのコーナーだと
      神経を集中して
      アクセルコントロールを
      しないと・・・
      ラフに踏み込んでかなり
      立ち上がりの加速が鋭い
      ヤバいのが来る故に
      ギクシャクしてしまうが

      レスポンスが良く
      反応速度が無茶苦茶に
      速いと言う事だ逆に反応速度が鈍く
      サスペンションが
      軟らかければ
      ゆったりと乗れる

      日本人は特にソレを好み
      高級
      ロイヤルサルーンと呼ぶが
      竜也にとっては
      眠くなるだけ刺激のある
      ミスの許されない
      バイクの様な操作性


      あたかも優秀な
      コンピューターの様に
      竜也の入力を瞬時に
      全て具現化してくれる

      良い車だ

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    • にゃち

    • BMW / 1シリーズ ハッチバック
      M140i_RHD(AT_3.0) (2017年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:2人
    • レビュー日:2018/12/27
      使用目的:レジャー
    • 走行性能

      ECO PRO, COMFORTモードでは、ハンドルもサスペンションもゆるゆるで、街乗りでは良いのですが、スピードが乗ってくると、ちょっと心許ない感じがします。

      SPORTモードにすれば良いのですが、コーディングでASDの音量を最大化しているので、落ち着かなくなります(^^;

      サスペンション設定とエンジン設定の組み合わせを選べるモードがもう1つ欲しいです。

      乗り心地

      F30はランフラットタイヤだったためか、かなりの突き上げ感があったのですが、ラジアルタイヤ(+ECO PRO、COMFORTモードのとき)になってマイルドになりました。

      SPORTモードにすると突き上げがきつくなりますが、それでもF30ほどではないかな。

      燃費

      街乗りで8-9km/L、高速で14-15km/Lくらいでしょうか。BMW Connectedで見ると、約4,000km走って、トータルで613÷50=12.26km/Lということですかね。


      燃費を気にして走るような車ではないことは分かっていますが、燃料タンクの容量は60Lあった方がありがたかったです。

      積載性

      あまり大きな荷物を載せることがないので、分かりません。

      故障経験

      故障ではないですが…。
      窓の辺りから異音がするのでDに見てもらったところ、簡易コーティング剤(私の場合はシュアラスターのゼロウォーター)が雨で流れ落ちてきて、ゴムと擦れるところから異音がすることが良くあるそうです。

      一度、雑巾で拭いてもらって収まっていたのですが、また異音がするので、次の対策として、擦れるところにフィルムを貼って対応してもらう予定です(D提案)。

      満足している点

      ・FR+6発エンジンのフィーリング
      ・小さいボディ+小回りが効く(F30比)
      ・怖いほど速い

      不満な点

      ・内装がしょぼい(Audi, Mercedes比)
      ・後部座席のアームレストがない
      ・コールドスタート時の30秒間の爆音
      ・ACC(アクティブクルコン)がオプションでも付けられない
      ・ガソリンタンク容量(60→52L)+燃費のダウン(F30比)でガソリンスタンドに行く頻度と燃料代が…

      総評

      恐らく、最後のFR+6発エンジンの1シリーズということで、F30 320iから思い切って買い換えました。

      ところどころに3シリーズとの差別化を感じます(ドア部のアンビエントライトがない等)が、それを上回るパフォーマンスに大変満足しています。

      F30 320iのときは、たまに料金所等でフル加速していたのですが、この車だとものすごい勢いで吹っ飛んでいくので、自重しています(助手席の嫁氏にお叱りを受けるようになったため(^^;)。

      余談ですが、M140i【エストリルブルー+アルカンターラ】仕様の国内ラスト1台とのことでした(以降はEdition Shadowのため、革シートのみ)。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    • hana-michi

    • BMW / 1シリーズ ハッチバック
      M135i_RHD(AT_3.0) (2015年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:4人
    • レビュー日:2018/12/03
      使用目的:レジャー
    • 走行性能

      116iでは高速で更に加速したい時にパワー不足を感じましたが、M135iではそれは全くありません。合流してくるクルマへの配慮や危険を避けたい時に無理する必要がないのは有り難いです。
      また116iで感じた足回りの不安定感もM135iでは全く感じられません。Mアダプティブサスペンションが優秀なのか、タイヤの違いの影響かは分かりませんが、この足回りの安定感はおそらく118dでは得られないものなのだろうと推測します。

      燃費

      F20 116iは10km/L前後の燃費でしたが、前回のM135iは坂道が多かったことも災いして6〜7km/L前後でした。国産車HVモデルの燃費を考えると圧倒的に悪いですが、割り切るしかないと考えています。

      積載性

      大人4名乗車を前提とすると、トランクスペースはやはり狭いかもしれません。しかし、コストコでの買物で困ったことはありませんし、2泊3日程度の旅行なら何も困らないと思います。
      因に引越の際に116iの後席を倒してトランクカバーを外して荷物を積みましたが、結構な量の荷物を飲み込んでくれました。
      ただ後席は6対4分割可倒式(運転席の後ろが4)なので長尺物の積載には明確に不便を感じます。4対2対4分割が理想的ですが、せめて運転席の後ろを6にして欲しかったです。

      故障経験

      M135iでは年式によって燃料ポンプのリコールが出たことがありますが、それ以外に明確な故障等はF20では経験していません。
      E87の直4エンジンでは経年劣化によるイグニッションコイルトラブルとオイル漏れを経験しています(詳細は整備記録に残してあります)。

      満足している点

      ①内外装のデザイン
      私はLCI前のF20の姿がかなり好きです。初めてF20の姿を見た時にはそのアクの強いフロントマスクに衝撃を受けましたが、3Dからリリースされたパーツを組んだフロントマスクを見た途端に「格好良い」に変わりました。そのパーツは前回も今回も装着しているリップスポイラーです。

      ②調度良いサイズ感
      道や駐車スペースが狭い地域に住んでいるので、4340mm×1765mmというボディサイズが扱いやすくて気に入っています。個人的には日本でのベストサイズはBMW 3erやBenz Cクラスと考えていますが、それらよりやや小さい1erやAクラスは扱いやすくて当然なのかもしれません。ただ後席と荷室は狭い(仕方ない)。広めの後席と荷室が必要なら3erかCクラス、取り回しを重視するなら1erかAクラス、という選択でしょうか。

      ③N55B30Aエンジン
      320ps、45.9kgm、0→100km/h 4.9秒というスペックを発揮する直6DOHCツインターボ。街乗りレベルでは整然と勇ましくかつ静かで、太いトルクの恩恵を最大限享受できるエンジンですが、アクセルをガバッと踏み込めばどこへ跳ぶか分からないという恐怖感を抱かせるほど暴力的な加速をします。家族車としては明らかにオーバースペックな気がしますが、必要な時にスッと前に出てくれるエンジンなので、余裕を持って走ることができます。

      不満な点

      ①リヤゲートがすぐ汚くなる
      車両後部の空気の流れが原因でどうにもならないようです(ハッチバックの宿命)が、リヤゲートとリヤバンパーがすぐに汚くなります。洗車前ににわか雨にやられると最悪です。そんな時にリヤワイパーを作動させたら悲鳴(笑)。雨が降ってるのにリヤ回りだけ洗うこともしばしばです。

      ②オプションでも選択出来ないリヤシートヒーター
      些細なことですが、リヤシートにヒーターが欲しかったです。

      ③パドルシフト
      PDKやDSG、DCTといったいわゆる「2ペダルMT」ではないので、私の場合はパドルシフトはまず使いません。外せるなら外したい装備です。

      総評

      F20は2015年式LCI前M135i→2015年式LCI前116i→2015年式LCI前M135i最終型と計3台乗り継いでいますが、M135i(M140i)は都内や横浜といった道や駐車スペースの狭い地域では家族車としてベストな選択の一つではないかと思っています。4340mm×1765mmというサイズ感、余裕を持って走れるトルクフルなエンジン。燃費の良い118dという選択肢もありましたが、初M Performanceの最終型を私は選びました。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    • Mickey1964

    • BMW / 1シリーズ ハッチバック
      116i スタイル_RHD(AT_1.6) (2013年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:2人
    • レビュー日:2018/11/27
      使用目的:レジャー
    • 走行性能

      アクセルを踏み込めば加速は前の車(アルファ147)と比べて不足はないです。それと(多分)FR特有の接地感があり安心して運転できますね。
      ただ、どうしても前の車と比較してしまうのですが、若干ふわふわした感じがあり、首都高のカーブなどではもう少し固めのセッティングだといいなと思います。このふわふわ感はランフラットでも普通のタイヤでも同じですので、サスの設定の問題かなと思います。

      乗り心地

      ほぼタイヤ(ランフラット)のせいだと思いますが、突き上げ感が大きい(大きかった)です。どうにもガマンできず、購入後一ヶ月で普通のタイヤに替えました。すると、突き上げ感はなくなり、走行ノイズも激減しました。
      例えば、第三京浜を(時速〇?キロで)走っているとき、ランフラットだとエンジンの音が聞こえないくらいのロードノイズでしたが、普通のタイヤに替えてからは、ブーンというエンジン音が普通に聞こえるようなりました。
      (40年近く車に乗ってますが、パンクはアメリカに住んでいるときに、ひどい悪路で一度経験しただけなので、日本で普通の道を走っている限りランフラットである必要はないのではないかと思います。BMWさんごめんなさいね。)

      燃費

      まだ一ヶ月しか乗ってませんが、街中で12、3キロ、高速だと15、6キロというところだと思います。アイドリングストップ付きの1.6リットル(ターボ)としては可もなし不可もなしですかね。

      積載性

      Cセグメントとしては普通だと思います。

      故障経験

      まだ、ないです。

      満足している点

      前の車はとにかく金食い虫(何かあると20万)でしたので、この車は故障しない(しなさそうな)ところがいいです。アイドリングストップは好みがあると思いますが、ガソリンを無駄遣いしていない(環境にやさしい)という安心感があります。5年落ちで2万3千キロの中古ですが、禁煙車で見た目はとてもきれいなので満足しています(前の車も下取りしてもらえましたし)。それにしても、中古の「外車」は安いと思います。デザイン(特にヘッドライト周辺)についていろいろ意見があるようですが、私はいまの鋭い目つきの車は好みではないので、ちょっとユーモラスなこの目つきの方が好みです。

      不満な点

      ランフラットタイヤの乗り心地はいまいち、というかガマンできませんでしたので、一ヶ月で普通のタイヤに替えました(これについては、機会を見て書きます)。iDriveの操作は慣れるまでちょっと時間が必要ですが、もう慣れました(地図も自分で最新版に更新しました)。オーディオは前のBose(純正)に比べると音質はアレですが、サブウーファー付きの6スピーカーですし普通にBGMとして聞くにはまぁこんなものかと思います。でも、近々、前側の2つのスピーカーだけは変えるつもりです。

      総評

      前の車(アルファ147)に比べると、今度の車(BMW 116i Style)は「ごく普通の車」です。色は前のアルファと同じ赤ですが、エクステリアもインテリアも落ち着いた感じで気に入ってます。120iと迷ったのですが、結果的には116iでも走行性能の面でとくに不満はありません。BMWはこのクラスでも8速ATですので変速もとてもスムーズです。このところ、フェイスリフト前のF20系の値段はかなり下がっているので、買い時のような気がします。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評

前へ12345678910次へ >

<< 前の10ページ次の10ページ >>

 

 

みんカラを始めよう!

イベント・キャンペーン

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース