ユーザー評価: 5

ブリヂストン

ティービーワンe

ティービーワンeの買取情報を調べる

クルマレビュー - ティービーワンe

  • マイカー
    • Issi@ B18C赤

    • ブリヂストン / ティービーワンe
      不明 (2020年)
      • レビュー日:2021年7月4日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:買い物

    おすすめ度: 5

    • デザイン5
    • 走行性能3
    • 乗り心地2
    • 積載性4
    • 燃費5
    • 価格5
    満足している点
    ・回生ブレーキ機能
    MT車乗りとしてはエンジンブレーキ並に効くので、ブレーキへの負担を減らせるところがグッドです!
    効きの強さは2段階で調整でき、回生オフにもできます。
    バッテリーへの回生率は僅かです。


    ・バッテリーの保ち
    ↑で回生率は僅かと書きましたが、アシスト距離の向上にも貢献しているようです。
    フレームがスポーツ系なので速度が出しやすく、アシスト域を超えて走っていることもしばしば。

    カタログではエコモード130kmですが、乗り方次第ではオートモードのまま180kmイケそうです。
    万が一バッテリーが無くなったとしても、そこは自転車。人力で走れます。ただの鈍重な自転車になりますが(笑)


    ・出足〜直進時の安定感
    前輪モーター、後輪人力の二輪駆動、発進時は前輪の方が強くなるので、フラつかずにスッと加速できます。タイヤ径とホイールベースが大きめなので、速度が乗ってからでも、路肩の白線をピシッとトレースできます。

    車道メインで走る私としては、後ろの車に不安を与えないところは大事です!
    ただでさえ、世間の自転車に対する風当たりが強いですからね(-_-)

    ゼロ発進時の加速も、少し頑張れば原付に付いていけます。
    不満な点
    ・アシスト域を超えると明確にペダルが重くなる
    法規上アシストは24km/hまでと決まっているので、23km/h巡航はメチャ楽なのに、そこから加速しない感じです。
    おそらく、車体の重さと、大きめのフロントモーターがそのまま抵抗体になることが要因。

    ゼロ発進からは加速力も相まって勢いで27km/hくらいは出ますが、無意識に?速度をキープしようとしてドッと疲れることも(^^;)
    買う前こそ、ギアの丁数とかを調べてトップスピード重視で探したりもしましたが、実際のところ7速はほぼ使いません。

    この一年600km弱乗ってみて、私みたいな飛ばしたがり屋はロードバイクの方が相性が良かったんじゃないかとも思ったり…
    坂道は嫌いですが(´∀`;)
    総評
    コ○ナ禍で密を避ける移動手段として、また特別給付金もあり、特に去年は電動アシストとかスポーツ系のような高めの自転車がよく売れたそうです。

    私もまさか車に乗り始めて、バイクはまだしも今更自転車を買うなんて思っていませんでしたが、車に乗ったからこそ気づく自転車の良さが沢山あり、驚かされています。

    一番は維持費の安さですかね(´∀`;)
    チェーンの注油こそ必要ですが、そんなものは車やバイクのガソリン代からすれば無いも同然です。
    …ゆえにカスタムが捗ってお金が綱渡り状態にもなりましたが…

    あとは車を短距離移動に使わなくても良くなり、シビアコンディションを減らせたことがプラスですね!
    電動アシストなら20kmくらいは走り回れます♪


    TB1eで言うと、もう少しスピードが欲しい願望はありますが、坂が多いところに住んでいることもあり、アシストの恩恵に浸り倒してます。
    一度このアシスト力を味わってしまうと、手放せません(^^;)

    自転車でありながら坂道は無いものとして移動できるので、車で入ることは躊躇するような林道にもグングン入り込めたり、冒険気分も楽しめます。

    住宅街の小回りは苦手な分、大通りの車道ではスクーターのような感覚で走れるのではないかと思います。

    実際買い物に使うと大きなものは買えませんが、いくつか店を回ったりするときの機動性は圧倒的です。下見で安いところに目星をつけて、車でまとめて買いに行くみたいな…


    自転車も今ではいろんな種類のものがあって、以前より性能も上がっていると思いますので、お手軽な足車としてオススメできます!
    車と違って、見た目100%で選んでも困る要素は少ないのが嬉しいところですね。
    デザイン
    5
    好みで選んだので大満足で、所有欲も満たしてくれます!

    ですが、やはりいろいろ見てしまうと、ホリゾンタルフレームや23Cタイヤとかのロードバイクに目が行ってしまいますね(^^;)

    結局、車も自転車も好きなるものは同じでした(笑)
    走行性能
    3
    ベースがママチャリなので、スポーツ性には期待しないほうがいいと思います。

    巡航速度を上げにくいことは先述のとおり、コーナーではバンクさせると、重さでタイヤが変形する手応えがモロに伝わってくるので、無茶はしない方が良さそうです(笑)
    タイヤのエアは、空気入れに体重を全乗せするくらいパンパンに入れています。

    ペダリングや旋回など、操作のナチュラル感はノンアシストのママチャリに軍配が上がります。そこを突き詰めていくと、クロスバイクやロードバイクになるでしょうね。

    電動アシストの旨味を目一杯詰め込んだのがTB1eなのだと思います!
    乗り心地
    2
    スポーツ系のフレームよろしく、道が悪いとケツに結構な入力が…
    サドルが合わなければマジで泣きそうになる痛さです(^^;)

    工事の痕とか凸凹は避けて走っています。やむなければ腰を浮かせて入力を避けます。
    積載性
    4
    キャリアやカゴなどのオプションが充実している他、スポーツ自転車用のバッグも取り付けられるので、極めれば一泊旅は楽勝な感じです。他の人の使い方を見る限り。
    荷物満載でも、アシストで重さ知らず!
    燃費
    5
    バッテリー保ちの良さで、充電の頻度はめちゃくちゃ少ないです。久しぶりに充電しようとしたら充電器をどこにしまったか忘れているほど(笑)

    エンジンであるライダーの方は…察し(´∀`;)
    価格
    5
    同じようなコンセプト、スペックの電動アシストとスペック込で横並び比較して検討しましたが、圧倒的に安いんじゃないかと思います。
    当然、どこに重きを置くかで変わりますが…

    安さというより、後付できない回生ブレーキが装備されている点が大きかったような気もします。
    故障経験
    無し!
  • マイカー
    ブリヂストン ティービーワンe
    • Mine_Eye

    • ブリヂストン / ティービーワンe
      不明 (2020年)
      • レビュー日:2021年5月8日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:買い物

    おすすめ度: 5

    • デザイン5
    • 走行性能5
    • 乗り心地5
    • 積載性3
    • 燃費5
    • 価格3
    総評
    坂が多いので助かります
    デザイン
    5
    走行性能
    5
    乗り心地
    5
    積載性
    3
    燃費
    5
    価格
    3
レビューを投稿する

マイページでカーライフを便利に楽しく!!

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

まずは会員登録をしてはじめよう

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース