キャデラック CT6

ユーザー評価: 5

キャデラック

CT6

CT6の買取情報を調べる

クルマレビュー - CT6

  • マイカー
    • KUNIHITO

    • キャデラック / CT6
      CT6セダン プラチナム_LHD_AWD(AT_3.6) (2016年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:1人
    • レビュー日:2017/07/12
      使用目的:レジャー
    • 走行性能

      とても良い


      乗り心地

      超快適。 家族4人共に快適過ぎると言ってます。

      燃費

      メーターの平均燃費表示で、だいたい
      高速10Km/L
      街乗り6km/L



      積載性

      トランクは友人のレクサスLSハイブリッド車より大きいです。

      トランクスルーになるので、ワンピースの釣り竿が積めるのが良い。


      故障経験

      まだない。



      満足している点

      とにかくデキが素晴らしい。
      大満足。

      メルセデスベンツE250クラスワゴンS212からの乗り換え。
      メルセデスベンツは、新旧問わず、1分に1台は見るけど、キャデラックとは、ほとんど遭遇しない。

      駐車場でよく話しかけられます。 
      「これなんてクルマですか?」 って 
      「キャデラックです」 って言うと、皆さん名前は知ってますね。
      ゴッドファーザーか、テールフィンの付いた全長7m位有った頃のイメージから抜けてないみたいですが。
      所有満足度は高いです。


      不満な点

      強いて言えば、ワゴンが欲しかった。

      総評













      40代の後半で、憧れだったキャデラックオーナーになりました。
      アメリカ車(アストロ、トレイルブレイザー、ハマーH2)4台目です。

      私のアメリカ車のイメージは、丈夫で壊れない。 本国では捨てるような中古並行車を買った人達がアメリカ車を悪く言うせいで、アメリカ車のイメージが悪い気はしますが、D車か新並のクルマを買った人はあまり不満は無いと思います。
      そもそも、砂漠の真ん中で止まったり、治安の悪い地域で夜間車が止まると命に関わるので、アメリカ車はそんなに壊れるもんじゃ無いです。
      今はセンサーだらけの(しかもそのセンサーが中国製だったりする)ドイツ車の方がよっぽど良い状態を保つのにお金がかかるイメージ。

      今までのアメリカ車は、内装の仕上げや走行性は、ある程度こんな物という感じでしたが、メルセデスS212から乗り換えで、CT6は走行安定性、静粛性、乗り心地、疲労度、更に満足する出来映えです。

      3.6L-V6 NA は必要にして十分な動力性能
      小排気量ターボのフラットでないトルク特性に嫌気がさしていたので、NA車が欲しかった。

      購入店のキャデラック桜山とは長い付き合いで信頼してるから、たぶん困らない。今迄もそうだったし。輸入車は結局店選びだと思ってます。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • その他
    • 凌志

    • キャデラック / CT6
      CT6セダン プラチナム_LHD_AWD(AT_3.6) (2016年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:2人
    • レビュー日:2016/09/07
      使用目的:その他
    • 走行性能

      吹き上がりの良いV6エンジンと黒子に徹した8速ATが絶妙なコンビネーションを見せる。
      カタログを見るまでダウンサイジングターボだと思っていたら、3.6LのNAだった。道理でリニアなフィールなわけか。

      乗り心地

      今まで乗った高級車の中でトップクラスの乗り心地と言ってもいい。
      ステアリング、アクセル等入力に対しての出力が思い通り。
      終始フラットな乗り心地。
      ベントレーフライングスパーV8といい勝負。S300h、E200より良いかも?

      満足している点

      終始スムーズな乗り心地。ハーフスロットルでも十分高級感が味わえる。
      モダンだがエレガントな内外装。特にリアはキャデラックらしい縦型ランプで良い。

      不満な点

      車体がでかいので所有は無理か?全長5190㎜。
      ボディカラーがパールホワイト、ブラック、シルバーしかないこと。
      スーツのようにグレーでも色違いとか、こげ茶とか濃紺とか濃い緑みたいな色があってもいい。(本国には有り)
      セレクトレバーが「カキコキ」した機械的な手ごたえで、乗り味と合わない。リモコン式の方が良い。

      総評

      極上のなめらかさ。
      ドイツ車や日本車とは一線を画したエレガントな内外装。キャラクターのある走り、乗り心地。
      これぞアメリカ車の生きる道。
      アメリカ車が嫌いな人も、だまされたと思って乗ってみてほしい。
      左ハンドルしかないが、狭い道で端に寄せて走るなどのシチュエーションではメリットあり。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評

 

 

みんカラを始めよう!

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース