シトロエン BX

ユーザー評価: 3.45

シトロエン

BX

BXの買取情報を調べる

クルマレビュー - BX

  • マイカー
    シトロエン BX
    • だ≪とりころーる

    • シトロエン / BX
      19TZi (1989年)
      • レビュー日:2021年2月9日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 3

    • デザイン5
    • 走行性能4
    • 乗り心地4
    • 積載性4
    • 燃費3
    • 価格2
    満足している点
    広い視界と快適なシート、柔らかな乗り心地、広い室内、部品が安定供給されている
    不満な点
    プラスチックの耐久性、足回り部品の耐久性や強度に難あり、街乗り燃費の悪さ
    総評
    故障らしい故障は今の所なし。高速での燃費も文句はなしだが、やはり定期的にボンネットを開けて点検する必要がある。
    デザイン
    5
    巨匠マルチェロ・ガンディーニが描いたボディデザインにシトロエンらしさが盛り込まれており、文句なしの仕上がり。
    走行性能
    4
    直進安定性は抜群。エンジンパワーはそこまでだが、トランスミッションとの組み合わせで不満はない。
    乗り心地
    4
    大きなうねりに対しては全くのフラットな乗り心地。
    細かいハーシュネスに対しては振動を拾う。
    静粛性は皆無。
    積載性
    4
    荷室はかなり広い。真四角・真っ平なのでなんでも積める。リヤシートが6:4分割可倒なのも使いやすい。
    燃費
    3
    街乗りで8〜9km/L
    高速だと13〜15km/L
    価格
    2
    店頭で買うと高いが、売却時には下取りはつかない
    故障経験
    リヤサスアームベアリングの交換、メーター不動修理など
  • 家族所有
    • MR.つかぽん

    • シトロエン / BX
      16TZi (1989年)
      • レビュー日:2021年1月31日
      • 乗車人数:5人
      • 使用目的:買い物

    おすすめ度: 3

    • デザイン4
    • 走行性能3
    • 乗り心地4
    • 積載性3
    • 燃費2
    • 価格2
    満足している点
    何よりスーパーカーのデザイン(カウンタックなど)で有名なガンディー二作品
    それに重くないハイドロの乗り心地
    不満な点
    やはりハイドロのメンテ 車体も古いのであちこち修理が出ていて少し大変です
    総評
    1.6Lでどうかなと思いましたが意外に普通に走ってくれて関心してます それが逆に大衆車文化のフランスを感じさせてくれます
    デザイン
    4
    やはりこの人目をひくガンディー二デザインにニヤニヤしてます^^
    走行性能
    3
    乗り心地
    4
    ちゃんと作動するハイドロはフニャンフニャンじゃなくコーナーも落ち着いてスムーズなんですね
    積載性
    3
    けっこう荷物入りますよ
    燃費
    2
    価格
    2
  • マイカー
    シトロエン BX
    • RedBeetleTURBO

    • シトロエン / BX
      不明 (発売年月不明)
      • レビュー日:2017年7月9日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:通勤通学

    おすすめ度: 5

    • デザイン5
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    ボートに乗っているような乗りごごちは他にはないと思います。
    不満な点
    オイルサスペンションがメンテナンスにコストがかかり過ぎました。。。
    総評
    エンジンを切ると、オイルサスペンションがオフセットされ、以上に低くて面白かった。。。
    デザイン
    5
    オンリーワンな雰囲気が好きでした。
    走行性能
    無評価
    走るという事を考えない車
    ハンドルをきると、手漕ぎボートの様にゆれる
    乗り心地
    無評価
    ボートの様な乗りごごち、フワぁっとした感じ
    燃費
    無評価
    そういう事は、考えない車
    価格
    無評価
    中古の価格は、安かった。
  • 過去所有
    • marron_mini

    • シトロエン / BX
      19TRS (1989年)
      • レビュー日:2017年3月22日
      • 乗車人数:2人
      • 使用目的:買い物

    おすすめ度: 1

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    イギリス赴任時に、前任者から引き継いだ奥様用脚車、そして我が家で初めてのラテン車がこのBX。
    それまでの常識が吹き飛ぶくらいの変な車でしたが、4年間で大きなトラブルは2、3度くらいで、妻の毎日のお買い物の脚として働いてくれました!
    もっさりとした乗り心地や包容力のあるシートなどの個性は、ほかの車では味わえないモノでした。
    不満な点
    何を不満ととらえるのか?を考えさせられ、自分の許容範囲を大きく狂わせられ、コンサバな車には興味がわかなくなってしまったこと。
    それって、不満じゃないですね(笑
    総評
    この車から、ラテン車との生活が始まったと言える、思い出の車でした。
    購入時に電装系パーツを一通り新品に替えたので、キャブが死んだり、走行中にドアが開いたり、といったメカ的なトラブル以外は、普通に走ってました。
    妻にとっても、初めての自分専用車として、楽しんでいたようです。
  • マイカー
    • berlina1994

    • シトロエン / BX
      19TRi_RHD(MT_1.9) (1989年)
      • レビュー日:2016年5月27日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:通勤通学

    おすすめ度: 5

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    エンジンは100psとパワーはしょぼかったが、ハイドロがもたらす優れた安定性と軽いシャシー、良好な空力などにより、クルマ全体のパッケージとしてはかなりの高速型だった。
    条件さえ許せば、150km/h前後での巡航が可能だった。

    また、高速になればなるほど、ステアリングの遊びがどんどんなくなり、シビアになっていく。
    これは、スピードが高まるほどに緊張感を持って運転すべき、というシトロエンのポリシーによる。ここでも理想主義。

    フランス映画などで、クルマを運転中、同乗者との議論に熱中するあまり、ハンドルから手を離し、助手席に向かって大げさな身振りで話し始めるシーンがある。
    シトロエンの頑固なまでの直進性は、こういうドライバーのためにあるのだ、ということをBXを運転してとても実感した。
    不満な点
    去年、シトロエンはハイドロニューマチックの開発中止を正式にリリースした。
    彼らが追求した、ひとつの理想の終焉だ。

    バウハウスの夢が、カンチレバーで終わってしまったように、
    シトロエンの理想は、ついに実現することはなかった。

    とっくの昔に自動車のテクノロジーの夢は終わっていたのだが。
    いま、カクタスやEVメアリといった新機軸を打ち出しているが、さて、次の未来はどうなるんだろう。
    総評
    ITテクノロジーがクルマにも浸食してきて、自動運転だなんだかんだと喧しい。
    でも、このままでは自動運転は実現しないと思う。いま自動運転システムを作っているヤツらに、クルマに対するリスペクトがないからだ。

    いま一生懸命にITで次世代のクルマをつくろうとしている連中は、第二のスティーブ・ジョブズになることを狙っている夢想家か、イーロン・マスクのようにVCから大金をせしめたい詐欺師か、そのどちらかだ。

    スマホが成功したのは、音楽業界や通信業界の障壁が少なく、しかもスマホ自体、まったく新規のモノだったからだ。
    でも、クルマは違う。歴史があり、市場は広く深い。新規参入や新技術の発展を阻むボトルネックや落とし穴なんか、あちこちにたくさんある。

    なによりも、自動運転システムは人の生死にダイレクトに関わる。そこが、機種変で気軽に使えるスマホと決定的に違う。

    だからこそ、シトロエンに“未来のクルマ”を作ってほしいと思っている。
    長い歴史の中でクルマに関する経験と技術を持ち、新しい技術にも積極的。なにより、理想を掲げることの価値を知っているし、挫折や苦さも味わっている。そんな彼らなら、知恵と経験と駆使して、まったく新しい自動車のカタチを組み上げてくれると思うんだ。
    走行性能
    無評価
    ※項目のタイトルを無視して書いています。

    バウハウスのカンチレバーのチェア、って知ってますか?
    「紅茶のおいしい喫茶店♪」みたいな店でよく見かける、こんな感じのチェア。



    シトロエンBXに乗るようになってから、このクルマはカンチレバーのチェアじゃないか、と思うようになった。


    乗り心地
    無評価
    「チェアから、脚を取りたかったんだ」と、カンチレバーのチェアを創作したデザイナーは言ったらしい。
    脚を取り払って、人間自体が宙に浮くような、そんなチェアもこれからテクノロジーが進めば夢ではないんじゃないか。
    そうしたら、チェアそのものがなくなってしまうかも知れない、とデザイナーは夢想したらしい。

    その話を読んだとき、僕はシトロエンがかつてDSで発表した有名な広告写真を思い出した。


    そう、シトロエンのエンジニアは、バウハウスのデザイナーとまったく同じことをクルマで発想したんじゃないか、と思った。
    大地とは一線を画し、どんな路面でも超絶にフラットな乗り心地を実現する、新しい乗り物。そんな理想を実現したくて、まず作ったのがオイルと窒素ガスに乗って走る、ハイドロニューマチックのシステムだったんじゃないか、と。

    実際、シトロエンが発明したハイドロの乗り心地と、カンチレバーのふわふわとした座り心地は、どことなく共通点があるような気がする。
    積載性
    無評価
    シトロエンはまた、トラクシオン・アヴァンもいち早く作っている。

    人や荷物を載せるためにスペース稼ぐために、また操縦安定性を高めるために、やはりエンジンと駆動システムは一体化して前に置いた方が良い。

    エンジニアはきっとそう考えて、トラクシオン・アヴァンを開発したんだと思う。
    この駆動システムは、後にハイドロニューマチックとひとつになって、さらなる高みに到達した。

    まさに、理想主義、ここに極まれり。
    燃費
    無評価
    シトロエンは「理想主義のエンジニアリング」だったと思う。
    まず、理想というかコンセプトがある。それを具現化すべく、知恵と技術を結集し技術を創造していく。そんなやり方。
    ハイドロニューマチックは、そんなシトロエンの理想主義が生んだ発明だった。

    乗員が何人乗っていても、どんなに荷物を積んでも、常にクルマはフラットな姿勢を保ち、同じ乗り心地を保つ。
    路面とシャシーはサスペンションによって隔絶されていて、20世紀の子どもたちがこぞって描いたエアカーのような。
    テクノロジーに未来があり、クルマにも未来があった時代の話だ。

    そういえば「サスペンション」という言葉には「宙に浮かせておく」といった意味もある。
    シトロエンは、オイルとガスで、まさに宙に浮かせておくような仕掛けをクルマに作ったんだと思う。

    故障経験
    ただ、理想主義も行きすぎたことがたびたびあった。

    一時期のシトロエンは、パワーウインドウの駆動からハンドル連動のヘッドライトなど、室内のあらゆるシステムを緑のオイルでまかなおうとした。緑の血が全身に行き渡った生命体のように。

    でも、当時のクオリティコントロールでは限界があり、あちこちでオイル漏れを起こした。それはちょうど、よみがえった巨神兵が身体のあちこちから血を吹き出して倒れていく、ナウシカのワンシーンのよう。クルマのあちこちから緑のオイルを吹きだして絶えていくシトロエンのクルマが重なった。

    そんな反省からか、BXのハイドロニューマチックはサスペンションの駆動とブレーキの油圧に限られ、パワーウインドウなどは一般的なシステムになっていた。

前へ123456789次へ >

レビューを投稿する

マイページでカーライフを便利に楽しく!!

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

まずは会員登録をしてはじめよう

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース