シトロエン C4 ピカソ

ユーザー評価: 4.22

シトロエン

C4 ピカソ

C4 ピカソの買取情報を調べる

シトロエンC4グランドピカソ、ディーゼルとガソリンの違い - C4 ピカソ

試乗

シトロエンC4グランドピカソ、ディーゼルとガソリンの違い

おすすめ度: 5

満足している点
ディーゼルのトルクフルなエンジンは扱いやすく、街中での走行は快適そのもの。
わずかに硬くなった足回りとも相性がよく、ピカソの長いボディをストレスなく取り回すことができる。
交通量の激しい道路でもキビキビと走れて疲れません。

また、ディーゼルモデルの初回限定以降の量販モデルにはやっと自動ブレーキがつきますね。
カーナビも新しいモデルが付くそうで、VICSを受信しなかった点の改善含め、使いやすくなっていることに期待します。
不満な点
やはりディーゼルということで、高回転域の伸びはガソリンに及びません。
特に高速道路で、巡航速度から追い越しをかける際に不満を感じるかもしれない。
総評
エンジン特性の違いだけでなく、乗り心地(セッティング)に違いがあったのは意外でした。
逆に言えばシトロエンがそこまでこだわったということかと思います。

結論としてガソリンがいいか、ディーゼルがいいかは使用目的と好みの問題ですね。
街中走行が多い方はディーゼル乗りやすくてお薦めです。経済性でも優位です。

高速道路をよく走る方で、追い越し時の加速を求める方にはガソリンのほうが合っていると思います。
ガソリンエンジンは若干ですがエキゾーストノートも楽しめます。

いずれにしてもシトロエンC4グランドピカソ、乗るほどに味が出る、たいへん素晴らしい車です。
特にファミリーユースには絶対のお薦めです。
走行性能
無評価
普段はシトロエンC4グランドピカソのガソリンに乗っていますが、今回ディーゼルに試乗する機会がありました。
ガソリンとディーゼルの違いについて、感じた点があったのでまとめてみました。

乗り心地
無評価
ガソリンモデルとディーゼルモデルとの違いで、意外な点をひとつ発見しました。

"乗り心地"が違うんです。

ディーゼルモデルのほうがやや硬いんです。

硬いといっても、しなやかな中に感じる硬さですから、ガチガチ硬い訳ではありません。
ガソリンモデルに比べたらほんの少しだけ硬いという程度で、普通の感覚で言えば柔らかめの車に属すると思います。

この、ちょっとだけ硬くなった感じは街乗りにはとても合っていて、無駄な力を使わずに走れるというか、大変乗りやすかったです。

ディーゼル特有の振動はわずかに感じる程度。

燃費
無評価
もちろんいいはず。

レビュー一覧へ

レビューを投稿する

マイページでカーライフを便利に楽しく!!

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

まずは会員登録をしてはじめよう

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース