シトロエン C5 ツアラー

ユーザー評価: 4.26

シトロエン

C5 ツアラー

C5 ツアラーの買取情報を調べる

クルマレビュー - C5 ツアラー

  • マイカー
    • しーふぁい

    • シトロエン / C5 ツアラー
      ツアラー 2.0_RHD(AT_2.0) (2008年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:1人
    • レビュー日:2018/11/10
      使用目的:通勤通学
    • 走行性能

      エンジンは2リッターNAロングストローク のおかげで、数値以上のトルク感です。しかし、所詮昔のエンジン、今時の本当にず太いトルク感は皆無です。ボルトオンスーパーチャージャーしたくなります。そして4速ATのおかげでシフトダウン時のエンブレ感は十分出ています。ハンドリングはシャープです。2リッターエンジンのおかげでノーズが軽いのでスポーツカー並みのハンドリングです。

      乗り心地

      とても柔らかく滑らかです。表面が崩壊したアスファルトや砂利道では本当に滑らかに何事もなく走り抜けていきますが、時に一つ大きな凹凸の通過で車内にドカンと大きな音が聞こえるときがあります。それ以外は遮音は効いており車内はとても静かです。聞こえてくるのは4気筒エンジン特有のエンジン音と排気音だけです。

      燃費

      重い車重のわりに良く走ります。街乗りでリッター10キロ走ります。直前に乗っていた車は同じく2リッター4気筒NAのレギュラーガソリンの国産車でしたが、ずっと軽い車重なのに全く同じ道を全く同じように走ってもリッター10キロは走れませんでした。

      積載性

      まだトランクをまともに使ってないので見た目の判断ですが、物足りないです。タイヤハウスを覆っている仕切りがせっかくの車幅を打ち消してしまっています。ロードバイクは1台しか積めないと思います。スキーやスノボ、4人分の1泊荷物入らないと思います。板は外に積まなきゃならないですね。

      故障経験

      まだ8ヶ月しか乗ってないですが、故障無しです。
      25〜20年前にもシトロエンを乗っていましたが、故障はなかったです。世間には凄く壊れやすい車だと思われているようですが、まったくそんなことはありません。

      満足している点

      すべて。
      非力なエンジンにそぐわない大きめのボディを纏いつつ華麗に走る、初代DSがそのように形容されていたそうですが、C5ツアラー2.0も全くそれ、これぞ王道、キングオブシトロエンだと私は思っています。優しい乗り心地、シャープなハンドリング、スタイリッシュ、色んな装備が満載、個性の塊、4速AT&重めの車重の割に優れた燃費、実用域が可能な限りフラットトルク化され無駄にエンジンを回さずとも華麗に走れるのは見た目通り上品だと思います。リアハッチが電動で開閉するのは高級感をアピールできます。全方位センサーは大きなボディにはとても有り難い装備です。

      不満な点

      まず4速AT、段数が少ないためかシフトアップタイミングが変です。グローブボックスを開けてびっくり嘘みたいに容量無く、分厚いドアにもとてもミニマムなドアポケット、前席にはドリンクホルダーも無く後席のそれは浅過ぎて使い物にならない。外寸の割にサイドウィンドーが寝てる分室内はさほど広くない。クラッシャブルゾーンなのはわかりますが無駄に長いフロントオーバーハングと5ドアハッチバック並みに短いリアオーバーハング。けして明るいとは言えないヘッドライト。手元で4段階に変えられる車高ですが自由な走行に使えるのは下から2段目のみ。やはりブレーキダスト量。Bピラーの後席用空調ダクトの風量が極小。アルミホイール単体重量が重い。

      総評

      あばたもえくぽ。10年落ちの車をさらに10年乗るんだから、すべて受け入れます。しかし、本当にとても良い買い物をしたと思っています。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • 過去所有
    シトロエン C5 ツアラー
    • hrysd

    • シトロエン / C5 ツアラー
      ツアラー_エクスクルーシブ_RHD(AT_1.6) (2010年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:1人
    • レビュー日:2018/10/05
      使用目的:通勤通学
    • 走行性能

      ハンドルはクィックではないが、回頭性はよく思う方向に曲がってゆくし、後タイヤの追随性も良い。

      加速は悪くはないが決していいとは言えない。
      回転を上げるとエンジンの音がうるさい。

      高速道路の安定と乗り心地は最高

      コーナリングは高速もワインディングもしなやかで安定がいい。

      エンジンブレーキはあまり効かない

      乗り心地

      高級車の乗り心地です。
      静かな湖面をクルーザーで滑走しているようなイメージ
      油圧で常に姿勢を水平に保とうとするようになっています(ならない時もあるのだが)

      運転席シートにマッサージ機能が付いているが、使うことはなかった。

      燃費

      高速道路では13km/ℓ
      通勤で10km/ℓ
      街乗りは8~9km/ℓ
      排気量が小さいからか冷房を効かしているとさらに悪い。

      積載性

      ライトバン並みに荷物が載るので重宝しました。
      また、ハイドラクティブは荷物を積んでもあまりフィーリングが変わらずに走れる。

      故障経験

      ヘッドカバーからのオイル漏れには悩まされました(このエンジンの特性かもしれないが代理店で色々対策していただいたが中々治らなかった。最後は気合いで治していただいた・・・笑)

      1万キロくらいの時、イグニッションが1本故障してエンジンのプログラムのセーフティ機能が働き、ターボが効かなくなったため、軽トラより遅くなった。

      2万キロくらい走った時、冷却水が詰まってヒーターが効かなくなった。

      ヘッドライトの横のイルミネーションがよく球切れした。

      満足している点

      ハイドラクティブⅢ+はexcellence
      4輪がふわっと持ち上がってゆっくり下がって行く、独特のサスペンションの動き、乗り心地の良さでは国産のどのクルマにも負けないのじゃないかと思うくらい。

      車高が上がったり下がったりできるので、洗車の時は便利です。

      ダブルシェブロンのマーク

      1.6ℓの小さなエンジンでC6と共通の大きな車体を引っ張っていく

      シートが大きくてしかも、ホールドもよい

      前から見ても横から見ても後ろから見ても、好みのデザイン

      メーターの針が外側から廻っているのが珍しい。

      ソフトな乗り心地なのにコーナリングは安定している。

      ヘッドライトは明るく、ハンドルの舵角に合わせて動く。

      ラゲッジスペースのライトが取り外せて懐中電灯として使える。

      アイシンAWの6速ミッションはスムーズで信頼性も高い。

      BMWと共同開発というエンジンはサウンドが素晴らしい。

      同じ車に滅多に出会わない。

      ほかたくさん・・・

      不満な点

      この年式からカーナビがビルトインになったのですが、光に反射して見にくい。
      元々あったマルチディスプレイ?の画面のところに無理やり付けているからでしょうが、ナビ画面の角度が悪い。
      ハンドルのスウィッチはマルチディスプレイと連動していたのですが、無くなってしまっているので、意味が無いものになっている。

      車体の割にブレーキがチープと言わざるをえない。
      ブレーキの効きが悪いのにパッドの減りは早い(初回の車検までもたなかった)

      ダウンサイジングなのに燃費がいいとは言えない。

      外気温の警告灯があるなら、気温計にしてもらいたい。

      部屋が広いからかヒーター、クーラーともに効きが弱い。

      アイドリング時に僅かに振動がある。

      マイナーな故障がたまにある(多額の費用が掛かる故障はあまりなかった)

      全般に乗り心地は良いのですが、ギャップの形状によってはガタンと大袈裟なショックがある。

      総評

      シトロエンは昭和46年式のGSクラブが最初で、問題点も多かったが、好きなクルマでした。
      C5になってGSほどの問題点は無くなってきましたが、他社メーカーに比べるともう少し頑張ってほしいところです。
      ハイドラクティブはGSのハイドロニューマチックほどフィーリングは良くないですが、それでもタイヤが進化していることや、故障・耐久性の問題点は解決されており、万人向けかなと思います(その割には売れていない)
      短所も長所も多いクルマですが、総じてお気に入りのクルマでした。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    • ハイドロツアラー

    • シトロエン / C5 ツアラー
      ツアラー 2.0_RHD(AT_2.0) (2008年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:1人
    • レビュー日:2018/09/13
      使用目的:仕事
    • 走行性能

      山坂道が面白いほど自由自在、安定感、ロール無し、ブレーキ安心、

      乗り心地

      しっかり、しっとり、静か、

      燃費

      都内、年間5000キロ
      平均L6キロ
      長距離10キロ

      積載性

      とても広い

      故障経験

      ラジエータファン交換 5年目
      ライト切れ 6年目

      満足している点

      スタイル、乗り心地、ブレーキ性能

      不満な点

      小回りが効かない

      総評

      ハイドロの良さはオーナーのみぞ知る
      他に比べられない別の乗り物

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    シトロエン C5 ツアラー
    • takechoi

    • シトロエン / C5 ツアラー
      ツアラー 3.0 エクスクルーシブ_RHD(AT_3.0) (2008年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:1人
    • レビュー日:2018/06/29
      使用目的:レジャー
    • 走行性能

      今や古典的と言えるV6 3.0Lは、必要にして十分
      マルチシリンダーの回り方は、4気筒に加給して力を出したエンジンとは違います。
      C5C6にはV6が合ってると思います。
      サスペンションも最終的にWウィシュボーン、マルチリンクと進化し、タイヤも奢られ、200km超の高速域でも不安感なく走れます。

      乗り心地

      ハイドロは特別の乗り味を持ってます。
      他社のエアサスも体験して見ましたが違います
      シトロエン今後出すと言ってる簡易ハイドロも
      構造見て見てもスフェアの代わりをするものとは思えません

      燃費

      市街地6〜8 渋滞はまると5〜6
      高速 私の走り方(可能な限り130以上キープ)
      では10に届きません。

      積載性

      乗員、カーゴ内の荷物 どんな状態でも車体は地面とフラットな姿勢を保ち、操縦性の変化は無い。ハイドロの大きな利点です。

      故障経験

      故障ではありませんがハイドロのキモであるスフェアのライフについて書いておきます。
      1代目C5から窒素漏れの少ない新型のスフェアが使われてメーカーも10年20万kmの寿命などとしていますが、乗り味はやはり徐々に低下していきます。私は最近「ハイドロってこの程度の乗り心地だったかな?」と思うことが多々ありました。ハイドロの機能が落ちたハイドロモデルは無価値だと思ってるので、Xanでは2万kmごと初期C5では社外品のコンフォートを2度交換しております。
      最後のハイドロってことで、乗れるだけ乗る覚悟ですので意を決して交換して見ました。
      (社外品のコンフォートは旧C5の設定で、最終C5の設定はありませんので今回は純正品を選びました)
      結果、雲泥の差でした。本来のハイドロが蘇りました。
      ディーラーに相談しても「大丈夫です」とか「交換したケースがないです」とか言われると思いますが、私の車くらいの年数走行距離の方でこだわりのある方は交換されることをお勧めします。

      満足している点

      タイトル通り、ほぼ10年10万kmを目前にして書き記しておきます。Xan 初代C5 C5ツアラーと
      ハイドロモデルを乗りつづけましたが
      どの車も私にとって、時代ごとにこれ以上車に望むとはないと思わせてくれました。
      車趣味と言いますとスポーツカーやらチューニングやら高性能な運動性能に行きがちですが。
      高いレベルの実用性で私はシトロエン のハイドロモデルは他に代わるものはないと思っています。乗員荷物、路面、気象、速度、どのような条件でも操縦性は安定しており、長距離を極めて疲労少なく走りきれます。
      スタイルもドイツ車に寄ってきたと言われますが、並べてみるとディテールやポロポーションは優雅ですしシトロエンらしさは十分にあります。

      不満な点

      部品の交換サイクルはやはり長いとは言えません。5万kmで私が手に入れて現在までに交換した箇所。
      Fサスシリンダー左右 Fウィシュボーンロア左右 ブレーキローターall パッドall
      エンジンマウントall エアコンコンデンサー タイミングベルトWP一式 ATF2回 パワステホース スフェア一式 LDS

      総評

      新車時の良い状態をキープできれば、街乗りから高速までこんなに安楽な実用車はないと思います。加えてハイドロは、アルファがエンジンを楽しみたいがために用もないのに運転したくなるのと同様、の体感的なアメイジングがあります。「気持ちいい」のです。
      実用的であり、唯一無二の個性を持ってる稀有な車です。
      ハイドロを廃止したシトロエン は「ハイドロは古い技術」だと言いました。新しいハイドロに代わるものを用意していると言いいますが
      どうなんでしょうか?体験して見たいものです。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    シトロエン C5 ツアラー
    • shige-chang

    • シトロエン / C5 ツアラー
      ツアラー 2.0_RHD(AT_2.0) (2008年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:1人
    • レビュー日:2018/04/18
      使用目的:通勤通学
    • 走行性能

      始終スムーズに乗るには右足首の感覚を研ぎ澄ます必要あり。

      乗り心地

      悪い訳はない。しかし高速でオートモードにしていると、後部座席に乗った人が乗り物酔いする可能性もある。

      燃費

      市内を細かく走ると8km/ℓを切るが、遠出や高速道路走行が主だと12km/ℓを超す。私の場合、トータルで8.8km/ℓである。

      積載性

      この間、友人の引越しで半間物の箪笥を積んだ。
      この図体で積載性が悪い訳がない。
      その為にこのクラスのワゴンを買ったのだ!

      故障経験

      中古で買ってすぐシフトゲートソレノイドが壊れた。

      満足している点

      サスペンションは癖になる。ツアラーの名の通り長距離運転はラク。しかし本気で旅をするとなると・・・・・

      不満な点

      ・・・1.7tの車体を2リッターや1.6リッターターボで引っ張るのは少々厳しい。高速道路の巡航は100kmくらいまでは夢のようだが、もう少し欲張ると煩くなる。
      装備は少々欲張りすぎ。あれもこれも、とりあえずつけてみました感がすごい。結局、ドリンクホルダーをつける場所が無くなった。
      慣れの問題だが、この間、急な飛び出しにホーンを鳴らそうとしたらエアバックを収納しているへへマークのついたパッドを叩いていた。
      少し前のプジョー407SWに使われていたパーツが散見される。(これは別に不満じゃないが)ミッションがAL4の場合、まめにメンテナンスした方が良い。(性能については特に不満なし)

      総評

      個人的には5つ☆だが、人に勧めるのは若干のためらいがある。それで4つ☆。
      久しぶりに手に入れてよかったと思う車である。
      通退勤が楽しくなった。これがドライビングプレジャーか?
      なんで売れなかったのか?

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評

前へ123456789次へ >

 

 

みんカラを始めよう!

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

  • 香川県

    第40回 Tricolore ...

    車種:シトロエン 全モデル , プジョー 全モデル , ルノー 全モデル , フランスその他 全モデル

ニュース