ドゥカティ SPORT1000S

ユーザー評価: 0.5

ドゥカティ

SPORT1000S

SPORT1000Sの買取情報を調べる

クルマレビュー - SPORT1000S

  • マイカー
    • サンデ

    • ドゥカティ / SPORT1000S
      Sports1000S (2008年)
      • レビュー日:2013年1月29日

    おすすめ度:

    • エクステリア5
    • インテリア5
    • 装備3
    • 走行性能3
    満足している点
    「満足」という事での意味で言うとこのバイクの「良いトコロ」全てが「イマイチ」であるとゆー不思議な存在。

    未完成なバイクなので自分が関わる事で完成させてあげたい、少しづつ小物でも個性を出したいと思わせる小粋な「愛すべき」バイク。

    「ダメな子ほど可愛い」というし、欠点はあるけど兎に角一芸(カッコの良さ)に秀でるバイクなので非常に人間臭い。

    しかもやる気(チューン)を出すとDUCATI一族の素性の良さをメキメキ発揮し出す。(ドカももう少し最初からスポーツしたセッティングで出してくれれば良いのに・・・)

    現代に於いては「あばたもえくぼ」を体現した稀有なオートバイであり、日本のメーカー・・否「ひと昔前のDUCATI」以外では絶対に作れないキャラクターが最大の魅力。

    「とりあえず着けといた」的な部品をブラッシュアップする毎に走行性能や官能性が段違いに進化してゆく「ダイヤの原石」なのでバイクと一緒に育って行こう。
    と思っちゃったりしてね。^ー^
    不満な点
    ドカらしくない湿式クラッチに空冷LツインDSエンジンは92ps
    出力特性は穏やかで眠い、『ふざけんなよ・・』と思わせる程超過激なポジションとのミスマッチ具合といったら・・・。
    ノーマルのチューブタイヤも重くてもっさり、ライダーの入力から2テンポほど遅れてバイクが付いて来る、モダンなスポーツはできない形だけのつまらないバイク。
    に見えがちだがそれはそれで先読みの妙が有る?w

    工業製品としての「オートバイ」という観点からすると「欠点しかない」と云えるほど破綻した乗り物であり、およそライダーの事などこれっぽっちも考えていない傍若無人さは常識を持ったライダー達を遠ざける。

    が、その欠点全てを許せる人しか乗り続けないであろうから「コレでいいのだ!」w

    不満な点を数え出したらそれこそキリが無く。

    『その不満点をガマンして粋を貫く自分カッケーw』

    と思いながら乗るバイクなので気にしてはいけないのである。

    つまり不満な点を不満に感じる向きは乗らない方が良い。
    つか覚悟の無い奴ぁ乗るな!!∑@□@!
    総評
    満足な点がイマイチで不満な点がスキなトコロ、とゆー支離滅裂な評価になってしまいましたが、まさに支離滅裂なバイクなのですよ。w

    『おすすめ度』的には「是非乗りたい」という危篤なヒトにでも
    「悪い事は言わないから考え直せ」
    と再考を促したくなる程普通の神経では薦められない。w

    自分でも『よくこんなモン乗ってるな、変態だな』と思います。 ̄□ ̄;

    カタチや素材、質感から性能、装備まで全てが未完成でカスタムベースには最適、だけどカスタムパーツが非常に少ない。w

    元々SS900レーサーのレプリカである「マイクヘイルウッドレプリカ」のレプリカである「MH900e」を始祖とするスポーツクラシックシリーズの限定盤である「ポールスマート1000」の量産型。w

    と云う非常に解りにくいポジションのバイクで、数量限定で発表後スグに完売したポールスマートと違い、量産でいつでも買える上に鬼ポジションで実用的でなかったせいで販売台数が非常~に少なく。
    『ポールスマートより希少』
    と云う逆転現象を生み出しているのですね。w

    なので中古車相場もバカみたいに高く、性能や乗り辛さからすると現行相場の大枚(200マンとか・・・)を叩くバイクでは決してない!

    しかもにわかには考えられない事に、実は空冷の「ハイパーモタード」との共通部品が非常に多い、かなり近いイトコと言える。

    前後サスもやっつけ仕様で、素ノーマル状態のトータル性能では20年前の「初期型モンスター」(空冷900)にも劣る。

    このサスやタイヤやブレーキやホイールにまで手を入れると、やっと現代のネイキッドバイク程度までは動力性能が向上する。

    あとはバイクとシンクロする事で現代のスポーツバイク並のスピードで走行する事が可能。

    その時には極端に軽くて極端な前傾の空冷バイクをカッ飛ばす、という異次元の難しさと爽快感を体験出来る(と思う)。

    元々軽くて立ち(慣性)の弱いLツインエンジン搭載車なのでバネ下が軽くなってアシさえしっかりすれば痛快に曲がる「速いバイク」になる。

    心身ともに鍛えて山で水冷リッターネイキッドをやっつけろ~!w

    以上がこのバイクのあらましですかね?w

    ※各採点は素の状態のモノ。
    現在自分が乗っている状態では装備8、走行性能8と云ったトコロ。
レビューを投稿する

マイページでカーライフを便利に楽しく!!

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

まずは会員登録をしてはじめよう

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース