フェラーリ ディーノ208 GT4

ユーザー評価: 4

フェラーリ

ディーノ208 GT4

ディーノ208 GT4の買取情報を調べる

クルマレビュー - ディーノ208 GT4

  • マイカー
    フェラーリ ディノ208GT4
    • esprits1

    • フェラーリ / ディーノ208 GT4
      208GT4 (1974年)
      • レビュー日:2015年4月10日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 4

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    バランスのとれたスタイリング、近代的なディメンションで幅広です。
    イタリアならではの凝ったデザインです。
    写真などでは、平面的に見える部分も、実は三次元的なデザインになっています。
    単純なプレスではできない面構成を持っています。
    エンジンの出力や、エグゾーストは、非常に素晴らしく、評価できます。
    性能的にもバランスがとれていて、欠点の少ないクルマです。
    車体全体は、スタビリティ方向に設計されていますので、高速でも安定感があります。
    不満な点
    小回りがきかないため、街中での取り回しがタイヘンです。
    エンジンの出力特性もフケが速すぎることや、パーシャルスロットルでの走行はあまり得意でないため、いちいち燃料をばらまくような操作になりがちです。
    また、目立つため、街角に放置しておくようなことができません。
    他のクルマから敬遠されがちで、クルマの前後が非常にあいてしまいますので、ぽつんといつも孤独です。
    スタビリティ重視のため、ひらりひらりとしたハンドリングは望めません。
    総評
    フェラーリ本来の良い部分をたくさん持っている車種です。
    上品で凝ったエクステリア、パワーのあるエンジン、オーケストラのようなエグゾースト。
    欠点の少ない、バランスのとれたクルマです。
    反面、いい加減なことは受付てくれませんので、起動するのにも、走るのにも、それなりの心構えが必要になります。
    GTとして本当に真面目に作られている車です。
    メカニカル的に丈夫ですので、良い個体の目安としては、パーツリストとの相違が無いことがあげられます。
    灰皿を開けると、ライトが、グローブボックスにもライトが、エンジンルームにもライトが・・・と、なぜかいちいちデンキがつきます。
    イタリア仕様は、インパネの表記が全部イタリア語です、ボディ色表記も、サイドエンブレムもイタリア語になっています。
    走行性能
    無評価
    非常にパワーがあり、トラクションにも優れています。
    ハンドリングは、若干アンダー強めに思えますが、高速ではニュートラルに感じます。
    308GT4と208GT4では、シャシ特性に違いがあります。
    ボディは大きくはありませんが、小回りが利きません。
    また、V8エンジンはフケ上がりは良いのですが、4連キャブですので、スロットルを小さく開ける動作を繰り返すと、かぶりやすくなります。
    乗り心地
    無評価
    室内が広く、乗り降りもしやすく、乗り心地は最高です。
    しっかりした強度のあるシャシに、ちゃんと動くサスペンションを組み合わせていますので、
    フラットライドとはこういうことなのだと実感させてくれます。
    ふわふわしないで、路面からのインフォメーションもちゃんと伝えてくるのに、不快な要素が一切ありません。
    乗り心地ということを意識せずに走れる車です。
    ブレーキもソリッドで非常によく効きます。
    積載性
    無評価
    トランクが大きく、マフラーの熱も思ったほどこもりません。
    リアのシートスペースは、大きくは無いものの、大人が乗ってもアシが入らないほどではありませんので、そこそこの居住性があります。
    フロントシートは小ぶりですが、室内は広く、開放的で、居住性は非常に良いです。
    フロントは、スペアタイヤのスペースですので、荷物は入りません。
    燃費
    無評価
    208GT4は、ファイナルが低いためか、リッターあたり4kmと非常に大食いです。
    308GT4だともうちょっと良いと思われます。
    故障経験
    意外なほど故障はしません。
    ですが、エンジンオイルが8リッター、ミッションオイルが4リッター入ります。
    しかもかなり良いグレードでないとダメです。
    オルタネータの端子カシメの不良で、バッテリーが充電されないというトラブルがありました。
    これは、製作時の不良です。
    ちゃんと整備されたまともな個体は、ほとんど故障しませんし、やわにはできていません。
  • マイカー
    フェラーリ ディノ208GT4
    • esprits1

    • フェラーリ / ディーノ208 GT4
      特注車 (1974年)
      • レビュー日:2014年11月17日

    おすすめ度: 4

    • エクステリア5
    • インテリア4
    • 装備5
    • 走行性能5
    満足している点
    写真などで見るよりも、ずっとフォトジェニックなクルマです。複雑な面構成やウインドを持ち、過剰ではありませんが、非常に端正なルックスです。加速能力に優れていて、ブレーキや、シャシのフィーリングも素晴らしいです。ウェーバーの吸気音とエンジンサウンドも、素晴らしく、脳みそやられます。室内は広く、乗り降りもしやすく、乗り心地もこれほど良いスポーツ車は無いと思います。意外に維持費もかかりません。
    不満な点
    V8エンジンは、何をするにも大変です。
    1発始動には、結構コツがあります。小回りが利かず、細い道は大変です。ハンドリングもフィーリングはいまいちです。燃費がリッター4キロ程度と悪いです。
    総評
    総じて完成度の高いクルマです。機械的にタフですので、維持費はそんなにはかかりません。
    が、フェラーリという名前が邪魔をして、それをやりにくくしています。
    フェラーリというネームが無くても、純粋にクルマとしてよくできています。
    スタイリングも眺めるに値するほど美しく、GTBなどと比べても、近代的で、見劣りのするものではありません。ただ、工作レベルは、後発のGTBよりも劣ります。
レビューを投稿する

マイページでカーライフを便利に楽しく!!

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

まずは会員登録をしてはじめよう

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース