フィアット アバルト・695 (ハッチバック)

ユーザー評価: 4.81

フィアット

アバルト・695 (ハッチバック)

アバルト・695 (ハッチバック)の買取情報を調べる

クルマレビュー - アバルト・695 (ハッチバック)

  • マイカー
    フィアット アバルト・695 (ハッチバック)
    • zero_oj

    • フィアット / アバルト・695 (ハッチバック)
      不明 (2019年)
      • レビュー日:2021年5月5日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:通勤通学

    おすすめ度: 5

    • デザイン5
    • 走行性能5
    • 乗り心地4
    • 積載性3
    • 燃費4
    • 価格5
    満足している点
    ドライブが楽しいです。
    不満な点
    クオリティが低いw
    総評
    ゆっくり走っていても楽しい。
    デザイン
    5
    走行性能
    5
    乗り心地
    4
    積載性
    3
    燃費
    4
    価格
    5
  • マイカー
    フィアット アバルト・695 (ハッチバック)
    • isaouji

    • フィアット / アバルト・695 (ハッチバック)
      アバルト695 70°アニヴェルサーリオ_LHD(MT_1.4) (2019年)
      • レビュー日:2021年4月28日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 5

    • デザイン5
    • 走行性能4
    • 乗り心地4
    • 積載性3
    • 燃費3
    • 価格3
    満足している点
    可愛い見た目に反して、獰猛なレコモンサウンドに痺れます。
    不満な点
    まだ慣れてないせいか、低速でのもっさり感が…
    見た目と違い、小回りがきかないのにびっくり😱
    燃料タンクが小さい為、航続可能距離が短い
    総評
    後部座席に乗車する機会が無ければ、とても楽しい車だと思います。
    デザイン
    5
    なんと言っても丸く可愛いデザイン
    オーバーフェンダーなどのボディキットで、イタリアのちょい悪オヤジ風に🤣
    走行性能
    4
    LSD非装着車に乗った事ないため、比較できませんが、コーナーリング性能は良いと思います。
    乗り心地
    4
    純正のコニーは、硬すぎずストリートでの乗り心地も良いです。
    積載性
    3
    後部座席を使わなければ、さすがに狭いですが、ちょっとした買い物には充分だと思います。
    燃費
    3
    思ったほど、燃費は良くないです。
    今のところ、リッターあたり9キロぐらい
    価格
    3
    595コンペと比べるとコスパは高いと思います。
    故障経験
    まだ、1,111キロの走行… 今のところありません。
  • マイカー
    フィアット アバルト・695 (ハッチバック)
    • katoo3

    • フィアット / アバルト・695 (ハッチバック)
      アバルト695 70°アニヴェルサーリオ_LHD(MT_1.4) (2019年)
      • レビュー日:2021年4月25日
      • 乗車人数:4人
      • 使用目的:買い物

    おすすめ度: 5

    • デザイン5
    • 走行性能5
    • 乗り心地5
    • 積載性5
    • 燃費5
    • 価格2
    満足している点
    コロコロした塊感強い外装デザイン、見た目と合った弾けるトルク、直進性いいけど機敏さも健在、脚もしなやか
    不満な点
    ない
    総評
    元々ホットハッチが大好物なので、いつかはアバルト手に入れてやろうと思ってたのです。もうなくなるこのタイミングで。好きですからね、好きですよ。
    デザイン
    5
    内装はあまり興味がないのですが、外見はやっぱり重要。運転してる時はインテリアとか見ないですからね(完全に個人的にです)。元々ハッチバックが大好きで、小さければちいさいほど好きでして、角ばってるより丸いほうが好きなんですね。Nuova勿論好きですが、少し気楽に乗りたいお年頃です。
    走行性能
    5
    コンペも初期モデルはあまり好みでなかったのですが、最近のはメキメキと好みになってきており、友人のPistaでおおっ?!となって、こいつも最高でした。脚が引き締まってるのに靭やかに動くということは、各部の取付部剛性が上がってたり、アームや何かが太くあるいは厚くなってたりするんでしょうか。正直もう少しアンダーパワーでもいいですが、メガーヌRSほど頑張らないと楽しくないものではなく、コンビニやスーパー、ホームセンターに行くのも楽しいし峠道も相当楽しい。いや、セブンもそうでしたけど、楽な上に楽しさも張るというのは中々稀有な存在。ブレーキも少し効きすぎだけどタッチもいいしコントロールもできますね。
    乗り心地
    5
    もちろん比較対象によるわけですが、走って楽しむことに主眼を置いたものとしては望外にいいですね。引き締まってしなやかなスッキリとした無駄のない快適さ。
    積載性
    5
    チンクの荷室見たの初めてでしたが、結構広いですね。ホント荷物持たない生活なので使い切ることはないでしょう。
    燃費
    5
    まだ走行1500キロとかなんであれですが、10キロちょいはキープしそうな勢い
    価格
    2
    ここは機械としては完全に高いですね。BMWミニと同じブランド商売なのでしかたないし、何だかんだこのかわいいみてくれ7割で買ってるので、一切文句はございません。欲しければ買う、そりゃないよと思ったら買わない、そういう商品だと思います。
    故障経験
    まだ2000キロも行ってないので何もありません
  • マイカー
    フィアット アバルト・695 (ハッチバック)
    • knmr16msyk

    • フィアット / アバルト・695 (ハッチバック)
      アバルト695 リヴァーレ_RHD(ATモード付シーケンシャル_1.4) (2018年)
      • レビュー日:2021年4月20日
      • 乗車人数:2人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 5

    • デザイン5
    • 走行性能4
    • 乗り心地2
    • 積載性3
    • 燃費3
    • 価格4
    満足している点
    ※アバルト595 右ハンドル MTAの購入を検討されている方には参考になるのではと思います。

    アバルトはアフターパーツも豊富で、ネットにも様々な形で紹介されていると思います。
    私はDIYでは殆ど手を入れられない素人ですが、ネットや知人の勧めなどを参考にして、少しずつ補強を中心にカスタムを楽しむ事から魅力に引き込まれてゆきました。
    この車の不満要素を自分なりに情報を集めて”自己流”で改善する段階が入口となり、その後は自己流ではどうしても解消できない問題に突き当り、プロのショップ(岐阜県のレッドポイントさん)にトータルで見ていただくフェーズへと移りました。
    自己流で試行錯誤しながら楽しむのも、最初からプロにお願いするにしても、プロ・アマ両方が手軽に楽しめる懐の広さと伸びしろの大きさが最大の魅力のように思います。
    今の愛車は新車購入時に感じたネガの部分の殆どが解消され、当初では想像もできなかった程に居住性や走行性能が改善されています。
    愛車と深く関わって、少しずつステップアップさせてゆく事がとにかく楽しく、それはDIYでなくても可能です。時間と費用を捻出する努力が必要にはなりますが・・、だんだん苦では無くなります。麻痺してきます。
    不満な点
    ※新車購入後に感じた不満点で、今は殆ど解消済み

    1.乗車姿勢
    座面が高めに設定されていて、腰高の椅子の背もたれを起して座る設計です。まるで、軽トラのような乗車姿勢で独特なのですが、これは後部座席にも人が乗った時に、前席の人がシートを後ろにあまり引かずに済むように配慮された設計のようです。つまり、小さいながらも4人乗車出来るようにした工夫の賜物。でも、この姿勢が長時間運転では辛く、私は腰痛になりました・・

    2.段差で弾む
    新車の頃は、フワフワした乗り心地に少し戸惑いました。段差を乗り越える時の突き上げは小さなスポーツカーの割にはマイルドですが、衝撃の収まりがあまり良くありません。日本とイタリアの道路事情が異なるからなのでしょうか・・この収まりの悪い乗り心地は一種の味付けなのかもしれませんが、私には辛く、乗車姿勢に次いで早々に改善したいと思った要素の一つです。

    3.剛性が足りない?
    BMWのMINIに乗っていた経験があったためなのか、車体剛性(車体底面や側面の走行時のたわみの無さや車全体の微振動の無さ)が私には足りなく感じました。これは、気にならない人も結構いるかもしれません。

    4.MTAでギクシャク
    最初は1速、2速のシフト時のショックと、エンジンブレーキの強さに戸惑いました。普通のAT車とは違って、あくまでもMTのシフトチェンジを自動化させた機構であるためです。
    ただ、これは車に合わせてアクセルのオン・オフを適切に合わせてあげる事でかなり気にならなくなるものです。克服可能なもので、何なら、車に合わせて操作してあげる事そのものが一つの遊びの要素でもあります。
    総評
    『カスタムしないとダメな車なのでは?』という声が聞こえてきそうな事を書いてきましたが、あくまでも主観ですが『はい』とお応えします。
    カスタムする事を前提に買われた方が、後々の楽しさに繋がりますし、手を全く入れないと『不満な点』に記載のネガな部分のいずれかに直面することと思います。
    ドレスアップや走行性能のアップは個人の趣味の領域ですので必須とは思いませんが、乗車姿勢の改善をしないと私のように長距離運転で腰痛を起してしまう場合もあり、決して万人向けではない独特な作りの車でもあります。
    そうした、”可愛いけど曲者”である点もまた、愛着に繋がることが不思議な魅力です。

    新車からフルカスタムをショップにお願いする事もよいですが、私のように新車で何も手を加えていない状態から少しずつ進化を楽しむのもお薦めです。
    自己流での改善に限界を感じた私が(自己流なりの楽しさも勿論ありましたが)、間違いなくお薦め出来る事なのですが、プロのショップにきちんと見ていただく事です。リアのアライメント調整機構を持たないアバルトであっても、車体の複合的な調整で理想に近づける作業が可能で、それはプロにしか出来ません。その他に、電装周り(アーシング等)の根本的な弱さを熟知し、対処の仕方も確立していたりと、パーツレビューなどのネットの情報では把握しきれないノウハウが彼らにはあります。
    岐阜県のレッドポイントさんには、自車の状況を把握し、基礎を正した上で意図に応じたカスタムを施す事の必然と効果の高さを体験させて頂きました。忖度なしで、信頼できるショップですので、私のように行き詰まった人や、カスタム未経験だけど、どうにかしたいと思っている方には是非お薦めです。
    デザイン
    5
    デザインは文句が一つもありません。一目ぼれで買いました。
    購入したRivaleはアバルトの可愛いフォルムに上品な意匠を施した車です。カジュアルスポーツカーに無理やり上品さを備えさせたら上手く融合しないのでは思っていましたが、実車を見て覆りました。可愛いながらもイタリアのセンスの良さが光る一台です。
    走行性能
    4
    スポーツモードで豹変する走りは圧巻です。ハンドル操作が重くなり、トルクフルに、逞しいエキゾースト音を鳴らしてグングン進みます。他では中々味わえない走行体験です。
    一方、ノーマルモードの走行は人によっては物足りなさを気にする声もあります。私も、問題視する程ではないにしても、やはり物足りなく思っていました。ですので、一般道でもスポーツモードで走る事がしばしばでした。
    ※今は、ノーマルモードでもある程度高い走行性能に引き上げているので、一般道ではノーマルモードでも十分楽しいを走りをしています
    乗り心地
    2
    これが一番の課題だと思います。
    乗車姿勢と揺れや振動などの車体の挙動が私には合わず、まずは操作する上で一番大切な乗車姿勢から、どうにかしようと思いました。
    一目ぼれで買って、早期に手放してしまう方はこの乗り心地の克服が出来なかった方が多いようにお見受けします。
    積載性
    3
    車格相応の積載性です。
    後部座席を倒せば、60ℓの旅行鞄と、機内持込サイズの鞄を1つずつ詰めて、ちょっとしたお土産も載せられるスペースも確保できます。
    2人乗車で3~4泊の旅行も問題なく使えています。
    燃費
    3
    手を入れていくと、燃費も結構変わりました。


    起伏が多い土地での一般道メインで、カスタムをしていない頃の平均燃費(車内表示の燃費)はリッター11~12キロ。平坦で広い道路の多い土地の方はもっと良いかもしれません。

    そこから、アライメント調整などの基礎的な部分の補正や燃焼効率の向上、路面の追従性の改善などの複合的なカスタムを経て、今はリッター15~16キロ程になっています。
    価格
    4
    コスパという話になると、価値観次第としか・・。同じコストで、カスタムする必要のない素性のよい車は沢山あります。
    故障経験
    冬にバッテリーが劣化してエンジンがかかりにくい状況になった事があります。アバルトの純正バッテリーの評判はあまり良くないようで、突然死の話も目にしたことがあります。購入から2年程を目途に、寒い季節を迎える前に信頼できるメーカーのバッテリーに交換する事をお薦めします。
  • マイカー
    • てつ@ABARTH

    • フィアット / アバルト・695 (ハッチバック)
      アバルト695 70°アニヴェルサーリオ_RHD(MT_1.4) (2019年)
      • レビュー日:2021年3月17日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:買い物

    おすすめ度: 4

    • デザイン4
    • 走行性能4
    • 乗り心地3
    • 積載性3
    • 燃費4
    • 価格4
    満足している点
    コンパクトなので扱いやすく普段の
    お買い物車としてベスト。
    音も良いし結構速い。
    後部座席も意外なことに結構使えます。
    不満な点
    内装のデザインは良いけど質感は大衆車です。
    そして曲がらない(笑)
    総評
    街乗りからちょっとした旅行までこなせるので
    満足度は高いです。
    ちょっと爆音だけどそこがまたこの車の良さです😊
    デザイン
    4
    可変リアスポイラーとオーバーフェンダーが
    純正で付いたことに特別感を感じます。
    走行性能
    4
    リッターあたり100馬力以上出ているので
    ワインディングも楽しく走れます。
    乗り心地
    3
    適度な硬さで概ね満足だが大衆車ベースの
    トーションビームなので荒れた路面だと
    バタバタします。
    積載性
    3
    ハッチなので荷物の積みやすくスーパーへの
    買い出しにはとても使い勝手が良い。
    しかしリアシートの後ろが鉄板むき出しなのは
    いただけない。傷を付けないようにと気を遣う。
    燃費
    4
    気にして乗ってませんが乗り方次第で結構変わると思います。しかし燃料タンクはもう少し大きくても良いんじゃないかと😅
    価格
    4
    歴代695と比べると安かった。
    コスパは悪くないと思うけどコストカットされた部分も見受けられる(笑)
    故障経験
    故障ではないけどフォグランプのメッキが
    割れすぎ(笑)

前へ1234次へ >

レビューを投稿する

マイページでカーライフを便利に楽しく!!

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

まずは会員登録をしてはじめよう

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

  • 長野県

    FIAT & ABARTHで ...

    車種:フィアット 全モデル , フィアット 全モデル , フィアット アバルト・500C (カブリオレ) , フィアット アバルト・595 (ハッチバック) , フィアット アバルト・595C (カブリオレ)

ニュース