フォード エスコートRSコスワース

ユーザー評価: 4.33

フォード

エスコートRSコスワース

エスコートRSコスワースの買取情報を調べる

クルマレビュー - エスコートRSコスワース

  • マイカー
    • タカGT

    • フォード / エスコートRSコスワース
      不明 (1994年)
      • レビュー日:2020年12月31日
      • 乗車人数:2人
      • 使用目的:スポーツ走行

    おすすめ度: 5

    • デザイン5
    • 走行性能3
    • 乗り心地4
    • 積載性3
    • 燃費3
    • 価格1
    満足している点
    その昔、フォードがラリー車製作するにあたり、とりあえず太いホイール履かせたいので、フェンダー広げます!!

    4駆のベース車両ないので、FFのエスコートを魔改造します!!!

    エンジンと駆動系どうすっかな…もうシエラのを押し込めばいいか!!
    (当時シエラのラリー車を持っていれば、エスコートのボディを入手するだけでエスコートのラリー車が作れると言われてた)
    …って感じで切った貼った穴開けたして作ったような見た目と、せっかく気合い入れて作ったのに途中からフォードがやる気を無くして開発が進まずイマイチ勝てなかったという残念?な車という辺りが好きです

    あとはシエラの影に隠れすぎて車の知名度が低いのもタマランです←

    そもそも小さい頃から好きな車だったので、持ってて乗るだけでもう満足です(笑)

    (エスコート好きな方々、テキトーな事言って申し訳ございません…😅)
    不満な点
    ・車幅の割に、室内はめっちゃ狭いです
    ・シートポジションとステアリングの位置が結構サイテーです
    ステアリング位置が高いのにシートが変に低かったり…
    (当時のラリー用の部品で対策済)
    ・日本に正規で入らなかった車の為、部品入手は基本的に海外からお取り寄せです
    あとはワンオフ製作
    (めっちゃ維持費かかります( ̄▽ ̄;))
    総評
    大好きすぎて悪いとこも含めサイコー!!!!!
    (レビューをあてにしないで下さい…)
    玉数と部品が少ないので、今から手に入れる方は結構覚悟がいるかも知れません…(--;)
    デザイン
    5
    もうサイコーです(笑)
    後ろも前もサイコー!
    リアウィングもサイコー!!
    内装はめっちゃ安っちぃ←
    走行性能
    3
    同年代の国産スポーツカーはよく出来てると改めて感じます
    200馬力チョイでガツンと来る乗り味ではないですが、そこそこ速いです

    ボディ剛性は最近の国産スポーツカーと変わらんくらい高いです(その代わり重い)

    前後ヘリカルLSDを入れたので、コーナーで滑ってもなんとなーく前に進みます
    乗り心地
    4
    TEINのダート用サスの為乗り心地も良く長時間乗っていても疲れにくくなりました

    強化Egマウントにしてから、振動が凄くてお尻の辺りが痒くなります…
    積載性
    3
    225幅のタイヤ8本は積めるので積載はまずまずかと思われます
    (リアシート他カーペット等は撤去済です)
    燃費
    3
    高速はリッター12キロ、下道でも6キロを下回らないので2リッターターボとしては悪くないかと思います
    価格
    1
    日本にはタマがないのでなんとも…
    海外ではとてもとても買えるシロモノでは…( ̄▽ ̄;)
    故障経験
    イグニッションコイルが2回死亡、エアフロ1回死亡、燃料ポンプ1回死亡した事以外は今のとこ故障はでてません
    思ってたよりは故障は少ないです
  • マイカー
    • YBT380

    • フォード / エスコートRSコスワース
      ホモロゲーションモデル (1992年)
      • レビュー日:2020年12月18日
      • 乗車人数:5人
      • 使用目的:スポーツ走行

    おすすめ度: 3

    • デザイン5
    • 走行性能5
    • 乗り心地5
    • 積載性5
    • 燃費5
    • 価格3
    満足している点
    英国FORDレース専用チーム(Boreham)開発のGr.Aラリーに勝つ為に作られたラリー専用ホモロゲモデル。日本のホモロゲモデルとはちと発想が異なり製作手法はGr.Bカーと変わらない。分かる人だけに分かる車である事。鍛造ピストンと、コンロッドの重量合わせだけで、常時1.6barかけてもビクともしない鬼の様に強靭な鋳鉄ブロックとコスワース製ヘッド。
    不満な点
    電装系は同年代の国産車に比べると圧倒的に弱い。(笑) ドイツとイタリアの電装品満載で長く乗るにはこの辺りの対策が必要です。
    総評
    中身の分かる人にはオススメの車です。車を外観やスタイルのみで判断する人だと長期間の所有は挫折すると思います。実際、構造は超単純で縦置きエンジン故の整備性も良好。多少の電装知識と車の基本構造さえ分かってれば誰でも維持出来ます。お店に任せっ放しだとスッゴイ金額にはなりそうですけど。🤣
    デザイン
    5
    私的には文句付けようがありません。コレだけのデッカい羽根が違和感無く取り付いてるのは、ほぼ奇跡に近い。強いて言うなら、フロントの斜め60°ぐらいから見上げ気味の顔がちょっとブサイク。(笑)
    走行性能
    5
    エンジンはコレぞレース専用エンジンばりの超ドッカンターボ。ノーマルは約0.9barで227ps。ブースト1.5barに到達させるのに5000rpmまで回さないとあきまへん。(爆) 操舵性は国産車とはそもそも考え方が違います。トルク配分F30・R70も手伝ってアクセル入れながらステアリング切ればいっくらでも曲がります。公証で車重1310kgですがそれ以上に重く感じるのは低速トルクの無さと、ボディー剛性の高さの証明でしょう。後は乗り手の絶対アクセルを緩めない!という、根性が必要なだけ。もちろんスローイン・ファーストアウトは必要ですよ。(爆)
    乗り心地
    5
    もともと、手元に来た時に車高調入ってたので、純正の乗り心地は分かりません。現在F14kgR12kgですが、しなやかにロールもするし、乗り易い方だと思います。
    積載性
    5
    さすがは英国FORDの乗用車ベースなので、ST165より荷物はいっぱい詰めます。
    燃費
    5
    ブースト圧により変動しますが、ノーマルECUでは遠距離高速走行だと11km/L超えます。現在はフルコン化してるので、ブースト1.3barで、街乗りで〜7km/L、高速一定速度走行で8〜9km/Lぐらいです。
    価格
    3
    そもそも出物が出て来ないので、現在相場はあやふや。本国では1000諭吉超えてる個体もあります。(爆)
    故障経験
    年式相応の経年劣化による各部品の寿命は国産車と同様です。欧州車だから壊れやすい。って事はありません。日頃からのオーナーのメンテ次第です。
  • その他
    • n5f

    • フォード / エスコートRSコスワース
      不明 (1992年)
      • レビュー日:2020年2月29日
      • 乗車人数:2人
      • 使用目的:スポーツ走行

    おすすめ度: 5

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    趣味が増えたかな
    不満な点
    ラリー車の部品が海外で見つけにくい
    総評
    一人でコツコツのんびり
    走行性能
    無評価
    これから
    乗り心地
    無評価
    悪い
    積載性
    無評価
    ない
    燃費
    無評価
    悪い
レビューを投稿する

マイページでカーライフを便利に楽しく!!

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

まずは会員登録をしてはじめよう

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース