フォード マスタング クーペ

ユーザー評価: 3.48

フォード

マスタング クーペ

マスタング クーペの買取情報を調べる

クルマレビュー - マスタング クーペ

  • マイカー
    • Black-Jack

    • フォード / マスタング クーペ
      50イヤーズエディション_LHD(AT_2.3) (2014年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:4人
    • レビュー日:2018/08/11
      使用目的:レジャー
    • 走行性能

      がっちりと地面をつかみながらロールせず曲がる辺りはさすがといったところ。V8エンジンにはもちろん敵わないが、2.3Lターボのエコブーストエンジンでも十分なパワーを感じることができる。

      乗り心地

      足回りは固めのため、地面の凹凸等は拾いやすい。しかしゆったりと乗れるように作られており、オートクルーズコントロールもついているため長距離走行でも疲れやすいということはない。

      燃費

      8km/L 程。

      満足している点

      ①直列4気筒 2.3LターボエンジンはかつてのV6エンジンからダウンサイジングしながらも320HPとパワーは上回っている。つまりエコでパワフルである。
      ②車内を包む「ゥオロロオオン」アメリカ車らしいサウンドは健在。社外から聞く排気音は低音ながら上品。
      ③見た目は言わずもがな、かっこいい。歴代のマスタングの特徴を残しつつ現代風にアレンジされたクーペ。ヘッドライト内側に入った3本の縦のラインはサメのエラのようであり、シャークノーズと言われるにふさわしい顔立ち。ボンネット、サイド、リアフェンダーなどはがっちりとした印象があり、まさにマッスルカーである。
      ④スポーツスペシャリティーカーというジャンルに属するだけあり、スポーティとラグジュアリの両方の顔を持つ。足回りやパワー・パドルシフト・走行モード選択が可能な辺りはスポーティ要素であるが、電動シート・シートヒーター/クーラー・ウェルカムランプ・内装各所に使われている本革はラグジュアリー要素が伺える。内装は全体的に上質で、特に印象的なのはハザード・トラクションコントロール・ハンドルモード・走行モードのスイッチがトグルスイッチであることである。(すごくかっこいい)
      ⑤タイヤは255/40/19で、標準で装備されていたのはピレリのP-ZEROであった。19インチホイールは骨太の5本(10本)スポークで、艶ありブラックである。迫力がありながら下品でなく、足元をしっかり引き締めてくれる。
      ⑥意外にも4人乗りである。背の低い人(子供や女性など)なら後部座席でも十分座れる。
      ⑦車幅が大きいため、意外にトランクの容積が大きい。後席を倒せばさらに大容量。
      ⑧ハイオクではなく、レギュラーガソリンである。

      不満な点

      ①車幅が1920mmと、大きい。立体駐車場などの車庫の都合が悪くなりやすいのはもちろん、都内などの狭い道では気を遣うことこの上なし。
      ②車幅が大きいのにサイドミラーが小さいため、車線変更の際には少し注意が必要(これは自分の運転スキルの無さが原因かもしれない)
      ③ハザードのスイッチが通常の車とは違い、前面中央下部にある上にトグルスイッチのため、最初のうちは慣れない。(慣れれば問題なし。自分は慣れた)
      ④かすかだが走行中にビビり音?がする。調べてみると、シートとセンターコンソールの接触面で音が鳴っているようである。国産車やドイツ車のように作りが細かいわけではない、かも…。
      ⑤リア周辺は平面が多く、汚れが溜まりやすい。
      ⑥アメリカ車ならではなのかもしれないが、ハンドルがセンターではなく少し左に曲がる位置で止まるようになっている(ハンドルから手を離すと左に曲がっていくわけだ)。「右手を軽く添えて片手運転するときにちょうど良いように」そういう設計にしたと聞いたが、真実は不明である(誰か教えてください)。
      ⑦燃費は一般道メインで8km/Lほど。320馬力にしては良い方なのかもしれないが、やっぱり、ね……。

      総評

      スポーティーとラグジュアリーを兼ね備えたシャークフェイスのマッスルカー。値段は少々高いものの、見ても乗ってもワクワクする車。フォードは日本から撤退してしまったため正規ディーラー品は中古でしか手に入らなくなってしまったが、マスタングユーザーがもっと増えるとうれしい。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • その他
    • タディのですくとっぷかふぇ~

    • フォード / マスタング クーペ
      50イヤーズエディション_LHD(AT_2.3) (2014年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:1人
    • レビュー日:2018/08/05
      使用目的:仕事
    • 満足している点

      ○ボロくてユルいアメ車のイメージを払拭。まるでアウディTTのような出来栄え。
      ○エコブーストエンジン。2.3l直4でも過不足なく、ミッションとの相性も良い。パドルシフト楽し。上まで回せば、アメ車の音になる。
      ○アメリカナイズなインテリア。左右対称のインパネ、トグルスイッチなど。リバイバルカーとして捉えても十二分に意義あり。
      ○シートクーラー。暑い夏に超気持ちいい!
      ○ドライブモード次第でエコにもスポーツにもはっきり変わる。

      不満な点

      ×当然、正規輸入の撤退。右ハンドルもV8もコンバーチブルも幻に終わった。

      総評

      通称「ギャロッピングホース」に乗るのは初めて。今までのがどんなのかも、アメ車自体そうそう乗ってなく、いきなり素の知識で乗ることになった。第一印象は先に記したボディがしっかりしていることが印象に残っていて、静かだしスムーズだし乗り心地もよく、これなら女性にも受け入れられそう。ド派手に行かず、割と大衆のためにあるのは50年前も今も変わらないようだ。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    フォード マスタング クーペ
    • harunohi

    • フォード / マスタング クーペ
      不明 (発売年月不明)
    • おすすめ度:
      乗車人数:1人
    • レビュー日:2018/08/02
      使用目的:レジャー
    • 満足している点

      エンジン音がやっぱり良い!
      憧れていた車なのでほとんど満足!

      不満な点

      燃費はどうしても悪い。

      総評

      是非皆さんにも乗ってもらいたい車のひとつです!

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    フォード マスタング クーペ
    • KJK2

    • フォード / マスタング クーペ
      2018 GT プレミアム (2014年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:4人
    • レビュー日:2018/07/23
      使用目的:通勤通学
    • 満足している点

      まず音
      何よりマスタング
      憧れの車

      不満な点

      マジでバックがむずい
      マンションの立体駐車場
      わずかな誤差が許されない
      幅広さ

      総評

      最高

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    フォード マスタング クーペ
    • KJK2

    • フォード / マスタング クーペ
      2018 GT プレミアム (2014年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:4人
    • レビュー日:2018/07/23
      使用目的:通勤通学
    • 満足している点

      まず音
      何よりマスタング
      憧れの車

      不満な点

      マジでバックがむずい
      マンションの立体駐車場
      わずかな誤差が許されない
      幅広さ

      総評

      最高

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評

前へ12345678910次へ >

<< 前の10ページ次の10ページ >>

 

 

みんカラを始めよう!

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース