フォード トーラス ワゴン

ユーザー評価: 3.71

フォード

トーラス ワゴン

トーラス ワゴンの買取情報を調べる

クルマレビュー - トーラス ワゴン

  • 過去所有
    • グレ様

    • フォード / トーラス ワゴン
      GL(ワゴン_AT) (1997年)
      • レビュー日:2019年7月13日
      • 乗車人数:7人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 5

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点


    ・バンパーをスムージングして、FRPでエアロ製作して、18インチ履いて、引っ張りタイヤ履いて・・・流行っていた時期ですね。
    ・この時期はトーラスワゴンをここまでイジっている人は少なく、結構目立ってたと思う。
    ・デカイ、重いけど、小回り効いて運転は楽しかったね。
    ・V6 3.0Lは当時のアメ車にしては大したスペックじゃないけど、パワーもあったし、乗り易かったね。
    ・サードシートが出て来て7人乗りになる所だね。
    ・当時エアロ製作、マフラー販売していた静岡のランドマークまでドライブしに行ったね。
    不満な点
    特にないですよ
    総評
    もう、今から24年前にFORD展示会で出会った
    ボルゾイのフルエアロをまとったトーラスワゴン。
    衝動買いで、ハンコも持たずに買います言ったね。

    この頃、NETがまだダイアルアップだったけど、車を通じて、色んな友達が出来たね。

    白馬のオフ会は楽しかったな!
    だいちゃんby静岡まで遊び行ったな
    KTさんby音楽吉でしたね
    ともみんby困った時の父さん的存在
    越谷さんby彼女さんが美人
    タカさんby仙台の細目乗り
  • 過去所有
    • 白眉慎太郎

    • フォード / トーラス ワゴン
      不明 (1991年)
      • レビュー日:2017年3月29日
      • 乗車人数:8人
      • 使用目的:通勤通学

    おすすめ度: 5

    • デザイン5
    • 走行性能5
    • 乗り心地5
    • 積載性5
    • 燃費3
    • 価格5
    満足している点
    コラムシフト、ベンチシートでムフフなフロントシート、バカ広い車内、「お茶の間が移動してるみたい」とある女子は言った高速ツアラー。みんなが乗りたがる、おともだちが増える大人気車。
    不満な点
    後継車がない。
    総評
    とにかくこいつと暮らした時代は楽しかった。楽しいを作り出すクルマ。

    それまでホットハッチなんかが好きだった私のクルマ観を完全に塗り替えた。以来現在に至るまでこのクルマが私の酷く偏ったクルマ評価のベンチマーク。
    デザイン
    5
    「アメリカ人がちょっと欧州車のまねをしてみた」みたいなところはあるかなと思う、アトランティックスタイルというか... スリークで印象的な外観、それでもリアハッチは幅いっぱいにひらき道具としての機能性に妥協がない、この時代のリアルアメリカン。
    走行性能
    5
    V6 3.8Lはアメ車特有の1500回転の力強さは超一流。おっとりかと思いきや市街地走行が柄に似合わずきびきび。空力特性は当時としては最高の部類だったと思う。外板の継ぎ目の段差がアメ車としては異例に少ない、泣かせるのはルーフキャリア断面がNACA形状で高速走行時にリフトをキャンセルする。しかも完全に全面から隠れるディープコンシールドワイパー。最高の空力特性の証拠に高速で風切り音ゼロ。そしてゼロリフト、冬季季節風の強いニューイングランドのインターステート93でもそして日本の関越自動車道でも横風なんかへっちゃら。本当に気持ちのいい高速ツアラー。
    乗り心地
    5
    ふわふわゆるゆるの一言。なぜか運転者を優しい気持ちにさせ安全運転にする。グラスセクションが少なくてオープンではないが、逆に重戦車みたいで安心感がある。
    積載性
    5
    ロングボード、競技スキー、トライアスロンサイクル、どんな長尺荷物もリアゲートから投げ込むだけの超絶積載力。引っ越しする友人からも引っ張りだこ。
    燃費
    3
    信じないかもしれないけど直4マークIIクオリスよりよい。カタログ値18mile/gallon っていったいいくつだ。国内に帰ると首都圏の市街地走行でリッター8Kmだった、すごいでしょ。
    価格
    5
    国内ではこれに近い仕様で400万円以上していたが、米国ではカムリと激烈な販売競争を繰り広げ93年型が出るといきなり大幅値引きで$22,000ぽっきり。当時$1 120円から105円まで急激に円高が進んだ時代だったので東京からワイヤートランスファーした金額が240万円だったのにはびっくり。
    故障経験
    特に故障はなかったが10万マイルでオーバーヒートで白煙を吐き力尽きた。並行輸入だったので手の出る修理工場がなくなすすべがなかった。30過ぎたおやじが廃車場で涙が出た。
  • マイカー
    フォード トーラス ワゴン
    • フォード / トーラス ワゴン
      LX(AT) (1996年)
      • レビュー日:2012年1月23日

    おすすめ度: 3

    • エクステリア4
    • インテリア2
    • 装備3
    • 走行性能4
    満足している点
    ・ゆったり、たっぷり、のーんびり
     V8のイメージを持っていたのでV6はやたらとエンジンが廻り、意外と走るんですよね。
     で、サイズがやっぱりアメリカン。アメリカではミドルサイズのワゴンなのですけど、日本では対抗馬がクラウンワゴン、マーク2ワゴン(笑。ちょっとこれらは商用車っぽいのと葬儀屋っぽいので・・・あとはトヨタのセプターワゴンが対抗馬ドンズバでしょうかね。つまりあのサイズで対抗馬がほとんど無いという感じです。
    ・静か~
     エンジン音はぶん廻さないと静かです。というか、ぶん廻すシチュエーションが無いので、常に静かです。振動もないし、初めて乗った時はエンジンが掛かっていないと思い、セルを廻してカカーーーっとやってしまいました。
    不満な点
    あ、短所は切り無いです。
    ・ミッション弱すぎ
     ATが抜けてしまいドライブに入れても走らない状態が何度もありました。
     ミッション交換も2度やってます。その後に対策品が出たのか強化ミッション部品が組み込まれたそうです。よくわからないですが、その後はシフトショックが大きくなりました。
    ・デカすぎ
     幅はいいんです。幅は。だって広く感じますから。問題は長さ。あの、だめだこりゃ~の長さんみたいなリヤバンパーは、ステップにもならないし、よくぶつけるし。あのバンパーのせいでフェリーが5m以上の割高料金になるんです。
    ・インテリアのベタつき
     ダッシュボードとかハンドルとか、なんか柔らかい材質で最初は高級感あったんですけど、しばらくすると焼けてきてボロボロになるんですよね。なんだろあれ?
    ・改造パーツの少なさ
     マフラー1本すら合法的なパーツがない。
     まぁ初代のパーツが出すぎているんで、その感覚でなんか改造できるかなぁ?と待っていたんですが、ぜんぜんパーツが出てきませんでした。
     あとで気付きましたが、不人気車だったんですね(笑 買う時の値引きで気付くべきでした。
    ・オイル漏れ
     6万km過ぎからエンジンブロックからオイル漏れ。ヘッド交換でもダメだからりゃエンジン載せ替えですね~と言われて下りるキッカケとなりました。
    ・電装系トラブル多し
     インパネのランプが切れていないのは買ったその日だけ。翌日には半ドア警告等、しばらくしてオドメーターのライト、オーディオのライト、最後は室内灯も切れました。
     まぁアメ車だしこんなもんだよ!と自分に言い聞かせながら、もう二度とアメ車なんか乗るもんか!と心に誓ったのでした。
    総評
    良くも悪くもアメ車でした
    ほんとうは初代のトーラスに乗りたかったのですが、もう当時は中古しかなく、しかもプレミアついちゃって程度の良し悪し関係なく中古相場が高かった覚えがあります。
    なら次の新車が出たら・・・と待ち続けて5年、やっと出ました。
    そしたら6発のアルミブロックとキャデラック並の先進性(笑
    CDチェンジャーを付けたくて、でも白が欲しくて・・・・当時は日産系列の店が売っていたんですが、下取りの日産ラルゴが思いの他に高く売れて、しかも最新トーラスが大盤振る舞いということでLXを買っちゃいました。価格は覚えていないのですが、確か下のグレードでオプションつけるのとLXで大幅値引きされるのとの差額が10万円なかったので購入を決意したのを覚えてます。
  • マイカー
    フォード トーラス ワゴン
    • フォード / トーラス ワゴン
      GL(AT) (1997年)
      • レビュー日:2011年6月11日

    おすすめ度: 4

    • エクステリア4
    • インテリア3
    • 装備3
    • 走行性能4
    満足している点
    回すとご機嫌なエンジン。3リッターV6DOHCらしいエンジン音で気持ちよかった。
    エンジンの耐久性。ウチの子もしっかりとオイル滲みが出来ていたが、問題なく走っていた。
    ゆったりした大柄な、安心感のあるボディ。
    リアのデザインがアメリカらしくてカッコいい。
    なかなか同じクルマが走っていない。偶然同じ車両を見つけるとちょっとうれしい。
    何だかんだで意外と錆びない。国産四駆は錆びまくっていたのに!w
    不満な点
    弱い電装品。すぐに壊れるセンサー類。
    サンルーフの枠?が何故か割れた。雨漏りはしなかったが、以後怖くてサンルーフを開けられなかったw。
    バタつく足回り。乗り心地が良いとは口が裂けても言えないかな(笑)。
    動力的に不満はなかったが、もしATが5速だったらもうちょっといい走りをしたかなーと思う。セダンにSHOというグレードがあるんだし、もうちょっと頑張って欲しかった。。。
    大雨の夜の中、暗い高速道を走るのはちょっと怖かった。
    ちょっとチープな内装。
    ボディのデカさ故に駐車場を選ぶ。
    スーパーやショッピングセンターの駐車場でも、普通に頭がはみ出てる。勿論マンションでも。
    ドアが分厚いのでそんなに室内は広くない。
    ラゲッジルームは、左側にスペアタイヤが鎮座している為、横幅があるものはちょっと積み難い。
    意味があるのか?サードシート(笑)
    スピーカーの耐久性。
    (↑まぁこれらは、アメ車を買おうと思ってる人なら全然許容できるはず。)
    ステーションワゴンの宿命か?後方視界はよろしくない。
    ノーマルのハロゲンライトはあまり明るくない。
    オーナーの忍耐が試されますが、国産車ドイツ車至上主義、アメ車の良さが分からない奴にバカにされる(当たってるから言い返せないがw)。
    総評
    思い出のアメ車
    5年ほど前に、中古で2年間くらい乗ってました。
    クルマ自体は悪くないです。
    3リッターDOHCデュラテックはスムーズに吹け上がり、一般道から高速道までそつなくこなしてくれました。
    何より5m以上ある全長からも分かりますが、ラゲッジルームもなかなか。
    走りも排気量とゆるーい足回りと大柄なボディとの相乗効果でゆったりしていました。
    ただ長い全長の割りに、ドライバーズシートとパッセンジャーシートは余裕があるものの、意外とリアシートは広くなかった印象。
    ボディは分厚いドアなどを見ても分かりますが、結構しっかりしてたかな。
    スピーカーの数が多いので、日産のR50、Y32、AUDI A6(C4)、SAAB9-3など乗ってきましたが、一番ダイナミックな感じでした。
    ただ、元のオーナーの扱い方か、それとも耐久性の問題か、音割れしていましたが(^^;)。
    (ここからはアメ車の味でもあると思うので、好きか嫌いかとなってきますが)
    シートがふわふわの為、長時間乗っていると少し腰に違和感が。
    足回りはゆるーいので轍を越えるときなどちょっとボディがバタつく。
    足が追いついてなかったか、こんなものなのか。
    極めつけは、電装品とポンプが弱い。これには参りました。
    エアコンが何故か摂氏表示に勝手に変わっていた。
    オートエアコンセンサー不調(しかもパーツが国内になかった)
    ドアロックセンサー不調により、室内灯付きっぱなし(電球抜いて対処)
    ダイナモ故障×2
    パワステポンプ断裂(オイルがダイナモにかかってお釈迦)
    とまぁ色々ありましたが、なんだかんだで気に入ってました。
    (俺は好きでしたが)好き嫌いの分かれるデザインに、アホなセンサー類、脆いパーツで。まさに構ってちゃんなクルマ。
    でもクルマが好きな人なら、こういう手が掛かる相方も悪くないと思っちゃうんじゃないでしょうか。
    ただ流石に、ダイナモ交換が10万以上ということでお別れすることになりましたが(^^;)。
    もし中古車で買う場合は、同時に最低限ポンプ類は全て交換されることをオススメしますw。
    思い返せば故障ばかりで、24ヶ月の内6ヶ月以上はドッグ入りしていた印象。
    でも色々な所へ連れて行ってくれました。一番思い入れがあります。
    これからトーラスをもし買いたい人が居たら、しっかりと整備された状態がいい車両を選択してください。
    状態が悪いと、本当に壊れまくります(笑)。
  • マイカー
    フォード トーラス ワゴン
    • フォード / トーラス ワゴン
      GL(AT) (1992年)
      • レビュー日:2010年8月13日

    おすすめ度: 5

    • エクステリア5
    • インテリア5
    • 装備5
    • 走行性能4
    満足している点
    おおらかな感じ(私事ですが)
    室内の広さ(他は余り知りませんがFFと言う事も)
    外寸も大きからず小さからずタワーPも駐車可
    8人乗り3列目は狭いですが法律的にとっても大切
    2列目3列目フルフラット(ステーションバンの様に)
    フロントベンチシート&コラムシフト
    燃費は想像していたより良くハイオクで高速リッター10以上(レギュラー仕様ですがノッキングするので)
    何と無く鯨の様な感じの外観(個人的な感想)
    不満な点
    3リッター弱有るEGですが力が無い?
    総評
    自分らしい車
    乗りたい車はいろいろ有りますが、出来るだけ乗り続けたい車は今のところ
    トーラスワゴン細めくらいな感じですね。
    勿論ノーメンテノートラブルでは有りませんが好きで乗っていると
    何と無く壊れそうな処が早めに分かるので気に成ったら交換して貰っています
    (それも少し楽しい個人的に)
    そしてまた出かける

前へ12345678次へ >

レビューを投稿する

マイページでカーライフを便利に楽しく!!

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

まずは会員登録をしてはじめよう

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース