ホンダ CBR125R

ユーザー評価: 4.55

ホンダ

CBR125R

CBR125Rの買取情報を調べる

クルマレビュー - CBR125R

  • マイカー
    ホンダ CBR125R
    • アルク cbr125r

    • ホンダ / CBR125R
      12モデル(逆輸入車) (2011年)
      • レビュー日:2021年5月22日

    おすすめ度: 5

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    総評
    125ccでは格別の乗り味
  • 過去所有
    • Enfini

    • ホンダ / CBR125R
      不明 (2004年)
      • レビュー日:2021年3月15日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:通勤通学

    おすすめ度: 5

    • デザイン4
    • 走行性能5
    • 乗り心地5
    • 積載性1
    • 燃費5
    • 価格2
    満足している点
    走行性能、デザイン、エンジンの音、ミッションの音、何でも気に入った。
    不満な点
    収納スペースが全く無かったけど、スポーツバイクには問題にならない。
    車幅が狭いと感じられたため、周りの人は純正より太いタイヤを履かせたりした。
    総評
    人生初の内燃機関が装着された相棒であるため、何でもよかった。
    よく走ってくれたし、良い思い出を作ってくれた。
    もう一度乗りたいけど、こいつのように程度がいい子には2度と会えないだろう。
    デザイン
    4
    格好いいデザイン、しかし車幅が少し狭く感じられる。
    走行性能
    5
    入門用スポーツバイクならCBR125Rと言えるほど、走行性能は保証している。
    乗り心地
    5
    単気筒特有の振動がある。
    積載性
    1
    トランクはないと考えた方が良い。
    私の場合いつも、ボディー拭き用でクロスを一枚入れていた。
    燃費
    5
    125CCなので、踏んでも燃費がすごく良かった。
    価格
    2
    韓国では外車になるため、値段は安くなかった。
    故障経験
    自分のシフトミスでオーバーレブしてしまいエンジンを壊し、OHした経験がある。
    すごくお勉強になった。
  • マイカー
    • Jiro00

    • ホンダ / CBR125R
      不明 (2004年)
      • レビュー日:2020年6月26日
      • 乗車人数:2人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 4

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    軽いし扱いやすい、維持費も原付二種だからお財布に優しい。燃費も良い。
    不満な点
    日本製でない事を忘れてはいけない。
    単気筒なので振動で手が痺れる。
    灯火類は暗すぎるのでLED化した方が安全安心。
    個体差も有るけど、ギヤ抜け対策した方が良い。
    タイヤは純正よりもミシュラン等が良い(ちなみに前後ワンサイズオーバー)
    総評
    とにかく全部含めて楽しい。
    カウルは新型よりこの初期モデルの方が格好いい。
    あと、レプソルカラー大好き。
    走行性能
    無評価
    細いので自転車感覚で乗るとスリリングで楽しい。
    乗り心地
    無評価
    ハンドルにくる振動を軽減させる事が重要で、対策すると疲れにくい。
    足つき性は良いが、シートが滑るのでこれも対策はした方が良いかも?
    積載性
    無評価
    社外のキャリアーをつければ安定して荷物が載る。
    燃費
    無評価
    正確に測ったことは無いが、30から40kmぐらいかな。
    故障経験
    キャブレターが詰まったが、タンク内のサビが原因だったから、清掃後に燃料フィルターを取り付けた。
  • マイカー
    ホンダ CBR125R
    • やっしーP

    • ホンダ / CBR125R
      国内正規 (2013年)
      • レビュー日:2018年7月3日
      • 乗車人数:2人
      • 使用目的:通勤通学

    おすすめ度: 5

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    防風性能、余裕のポジション、燃費、航続距離、明るいライト、同じデザインのCBR250Rよりフレームがカッコいい。
    不満な点
    価格が高い!税込み小売り希望価格は40万円を超え、原付2種の為例にもれず中古でも高値です。
    デザインが中途半端。ポジションや性格には合っているが、もう少しスポーティなデザインにして欲しかった。
    総評
    価格は高いが、原付2種MTに求められる全ての要素を見たしたバイク。
    「原付2種で40万!」というのは、「軽自動車で200万!」に近いインパクトがある。しかし、価格に見合った性能・使い勝手の良さもあるわけで、普段乗りに使うならバイク版のN-BOX、スポーツ走行をするならバイク版のS660といった所だろう。
    走行性能
    無評価
    SOHCで13馬力。YZF-R125等15馬力のライバルに比べると平凡なエンジンだが、さすがは水冷FIです。新興国から逆輸入した空冷キャブエンジン車とはパワートルク、安定感が違います。
    エンジン音だけ多少我慢すれば110km/h以上の巡行(巡行できるという点がポイント)も可能です(クローズドコースで試しました)。
    Nチビとかが走るカートコースでの走行会に混ざって走ったが(フルノーマル、タイヤも純正装着のRX-01)大柄な割に楽しく走れた。
    燃費
    無評価
    最低38km/L(冬の通勤)
    最高45km/L(夏のロンツー)
    故障経験
    ・登録から4年、1.3万キロ走った頃にフロントフォークオイル漏れ。
    ・マフラーカバーのステーが走行中の振動?(ぶつけたり、転倒してないので)で折れ、カタカタ煩い。
  • マイカー
    • Fishbone

    • ホンダ / CBR125R
      不明 (2004年)
      • レビュー日:2018年3月27日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:買い物

    おすすめ度: 3

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    原付二種で6速MTは希少です。エイプやグロムなどは低中速にトルクを振った5速(グロムは4速)であることを考えると、今時、高回転で最大トルクを発生する6速MTは時代のニーズに合っていないのかもしれませんが、好きな人にはたまらなく魅力的に映ると思います。

    キャブ車とは思えないほど始動性が良いです。真冬でもすぐに始動します。擬音であらわすなら…真冬の早朝でキュルル・ブ〜ン!」春夏秋では「キュ・ブ〜ン!」と、え?今セル回った?ってくらい激早始動。とにかくエンジンのかかりが良いです。

    JC34は純正でSS風のカウルが付いていますが、カウル無しのスタイル(ネイキッド)も意外とイケます。

    このクラスのバイクとしてはフレーム剛性が非常に高く、乗っていてかなり安心感があります。そして車体重量が軽いので前後ブレーキが効き過ぎなくらい効きます。街乗りではリアブレーキ主体でフロントブレーキは指1〜2本掛けのスタイルが乗りやすいです。リアブレーキだけでリアをロックさせるのは容易く、フロントブレーキだけをギュッと握ればリアがいとも簡単に跳ね上がりますw ナルホド…エクストリームバイクのベース車両にしているオーナーが多いことがうなずけます。スプロケ調整でギア比をローギアードにすることで、その真価が発揮できるのではないかと思います。

    走行動画リンク
    不満な点
    デザインに不満を言っても仕方ありませんが、前後ホイールベースに対してテールが長すぎ。それとタイヤが細いのも残念ですね。純正ハンドルのポジションが中途半端に高いのも不満です。最終的にはフレームをカットしてリアテールを縮め、ハンドルは社外セパハンに交換してポジションダウンしました。

    長距離走行向きではないですね。結構疲れます。でも、往復120km程度のプチツーリングなら問題なしです。
    総評
    タイホンダ製CBR125R JC34。2005年モデルです。主に欧州向けに輸出されていたバイクで、Web検索すると欧州ユーザーばかりがヒットします。エクストリームバイクのベース車両にしているユーザーも多いようで、Youtubeなどには、むちゃくちゃな乗り方をしている動画がたくさんありますw

    フルサイズの小型バイクでこの軽快さは乗っていて気持ち良いです。エイプ、グロムといった小型バイクとはまた違った楽しさがあります。動力性能も最近の中国製125ccより上です。輸入車ゆえパーツ適合の情報が乏しかったり、国内ホンダの正規サービスが受けられなかったりと、少々不便な点は否めませんが、街中で同じモデルと出くわすことはまず無く、その希少性が所有満足度を高めてくれています。国内版最終モデルのJC50も今では絶版となってしまい、新車の入手はほぼ無理ですが、各年式の中古車流通はまだあるので購入は可能だと思います。原付二種枠で快適性や積載性を求める人にはオススメできませんが、実用性度外視で遊ぶバイクと、割り切れる人にはオススメできます。
    積載性
    無評価
    荷物を積むことは考えていないので気にしていません。
    燃費
    無評価
    30km/Lくらいでしょうか。
    故障経験
    フロントブレーキスイッチの故障が一度だけ。安いパーツなので気にするほどではありません。

前へ12次へ >

レビューを投稿する

マイページでカーライフを便利に楽しく!!

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

まずは会員登録をしてはじめよう

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース