ホンダ CBR600F

ユーザー評価: 4.07

ホンダ

CBR600F

CBR600Fの買取情報を調べる

クルマレビュー - CBR600F

  • マイカー
    • alfreed

    • ホンダ / CBR600F
      PC41 (2011年)
      • レビュー日:2021年2月23日
      • 乗車人数:2人
      • 使用目的:スポーツ走行

    おすすめ度: 3

    • デザイン4
    • 走行性能4
    • 乗り心地4
    • 積載性3
    • 燃費3
    • 価格3
    満足している点
    SSじゃないけど、セパハンで十分にスポーツ走行出来るし、長距離走っても手首が痛くなる事もない良い感じのポジション。(中途半端とも言う。)
    シートはセパレートじゃないので、ギャップが無く子供とタンデムしても身体が離れないので安心感がある。
    不満な点
    イタリアホンダの完全な外車、且つ超マイナー車なので純正部品すら手に入らない。
    総評
    見た目も格好良いし、エンジンもCBR600RRベースなので十分に速いが、やはり部品の供給が…。
    デザイン
    4
    走行性能
    4
    乗り心地
    4
    積載性
    3
    燃費
    3
    価格
    3
  • マイカー
    • lovez33

    • ホンダ / CBR600F
      不明 (1999年)
      • レビュー日:2020年11月6日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 4

    • デザイン4
    • 走行性能4
    • 乗り心地4
    • 積載性3
    • 燃費3
    • 価格4
    満足している点
    運転しやすい。充分に速いです。車重が比較的軽いので、取り回しが楽。
    不満な点
    燃費が悪い。リッター15km~18km。タイヤがすぐ減る。走行5000km位で、オイル交換と同時にタイヤ交換です。
    総評
    最新のバイクと比べたら、エンジンのフィーリングとかギアのタッチとか、それなりに年代を感じますが、コーナリング性能はなかなかだと思います。
    デザイン
    4
    古いけど、フルカウルなので、真横から見るとまあまあいけてる。
    走行性能
    4
    パワーは充分です。コーナリング性能も自分にとっては充分速いです。
    乗り心地
    4
    意外にショックがギャップをいなしてくれます。古さは感じません。
    積載性
    3
    積載性能は無いです。でもロングツーリングに行かないので充分です。
    燃費
    3
    キャブはガソリン喰います。
    価格
    4
    コスパは良いと思います。人気無いから、価格は割安です。
    故障経験
    特に無し。古いバイクなので、気をつけて乗りたいです。
  • マイカー
    • きく@CBR600F

    • ホンダ / CBR600F
      不明 (1999年)
      • レビュー日:2018年6月1日
      • 乗車人数:2人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 4

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    まず軽量なこと。以前に鉄フレームのF2(PC25)に乗っていたが、それと比較すると驚くくらい軽い。
    ハンドルの高さがちょうど良い。適度な前傾姿勢がとれて且つ低すぎない。
    長時間乗っても疲れないシート。最長で高速30分+下道2時間の無休憩走行をしたことがあるが、お尻が痛くなるようなことはなかった。かなり優秀だと思う。
    300kmを超える航続距離。
    センタースタンドが地味に便利。F4iやFSにしなかった理由の一つ。
    個体差かも知れないがF2と比較して走行中のハンドルの振動が少ない。
    不満な点
    タンクのニーグリップ部が幅広で足つき性がやや悪い。が、航続距離のためと思えば納得できる。
    アッパーカウルのデザインはどちらかと言うとキャブ仕様のほうが好み。中途半端なスパルタンさと言った印象。但しバルブ交換が楽なのは良し。
    シート下のラゲッジスペースは申し訳程度。社外品のサイドバッグとシートバッグを装備しているので特に問題は無し。
    ヘルメットホルダが使いづらい。と言うかサイドバッグを着けたら使えない。
    夏場はとにかく熱い。股間がゆで卵になってしまうんじゃないかと思うくらいに。F2のようなフルカバーのほうが良かった。
    総評
    街乗り、スポーツ走行、ロングツーリング等無難にこなす優等生。ただしその分使用目的に特化したマシンを求める人にはちょっともの足りないかも?
  • マイカー
    • チップスターJr.

    • ホンダ / CBR600F
      PC41 (2011年)
      • レビュー日:2018年3月4日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 5

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    600CCクラスのSS以外で4気筒&フルカウル&セパハンを兼ね備えた、まだ古くなっていない車種はこれ(と650F)しかなく、非常に貴重です。
    外観では、180のリアタイヤが迫力満点。4気筒ですが細めの車体に太いタイヤが映えます。また、後継の650Fと比較すると、デザインはより洗練されており、美しい外観を持っています。
    先にも書いたとおり4気筒車がずっと憧れでした。アイドリング、加速、減速といった各シーンで、すばらしい4気筒サウンドを楽しむことができます。
    不満な点
    ・イタリアホンダ製で国内仕様が存在しない車種なので部品供給に不安。お店からはカウル割ったら数ヶ月待ちと脅される。
    ・尻が痛い。
    ・クラッチが重い。のは修行が足りないせいだと思います。
    ・重心が高いので取り回し要注意かも。冷やかしで体験教習に参加し、CB400SFKを押したが、ほぼ重量は変わらないのに400SFKの取り回しがまるで自転車のように軽く感じた。
    総評
    扱いやすく、格好も宜しい。
    部品供給不安以外に不満点はありません。
    走行性能
    無評価
    中型車のつもりでヒラヒラ操れる。パワーも回せば100馬力が炸裂するのでしょうが、普通に乗っている分には「過不足ない」感じ。
    乗り心地
    無評価
    SSほどではないのでしょうが、乗車姿勢は前傾になります。長距離は疲れます。
    シートは特段柔らかくないので、ケツ持続時間は私の場合3〜40分ほどでしょうか。
    また、カウルはあまり風を防いでくれない印象です。
    取り回しは、NC750Lと比べて同じくらいか、より重いように感じます。装備重量は、600Fが208kgに対してNCが227kgではありますが、エンジンの位置が高く重心が高いため取り回しに影響していると思います。
    足つきは良好。身長170cmで両足べったりです。
    エンジンはすごい熱を発します。股の間にファンヒーターを抱えているのと同じ。夏日に渋滞にはまってみたところ、大変つらい思いをしました。
    積載性
    無評価
    シートバッグについては、SS用の物が適していると思います。リアシートが今流行りの三角形で、小さいので。
    燃費
    無評価
    燃費計を信じると、リッター24くらい。お店からはレギュラーでOKと言われたので素直に従っています。
  • マイカー
    • J-BOOWY

    • ホンダ / CBR600F
      不明 (2006年)
      • レビュー日:2014年7月25日

    おすすめ度: 5

    • エクステリア5
    • インテリア5
    • 装備4
    • 走行性能5
    満足している点
    抜群のプロポーション
    軽量でパワフル
    希少価値がある
    燃費がいい
    乗りやすい
    不満な点
    ツアラーにしてはポジションがきつく、またタンクの形状のためか、ニーグリップしにくい。
    総評
    大型バイクにありがちな威圧感が少なく、気軽に乗れる400CCと同じ感覚ながら、しっかり早いバイクです。
    希少機種であることも、ある意味魅力的なところかな?

前へ12次へ >

レビューを投稿する

マイページでカーライフを便利に楽しく!!

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

まずは会員登録をしてはじめよう

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース