ホンダ CBX1000

ユーザー評価: 4.67

ホンダ

CBX1000

CBX1000の買取情報を調べる

クルマレビュー - CBX1000

  • マイカー
    • Yoshy2020

    • ホンダ / CBX1000
      不明 (1978年)
      • レビュー日:2021年5月6日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:通勤通学

    おすすめ度: 5

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    総評
    そのうち
  • マイカー
    • Yoshy2020

    • ホンダ / CBX1000
      NON (1978年)
      • レビュー日:2021年5月6日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 5

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    総評
    後ほど、レビューします。
  • 過去所有
    • jan-u1997

    • ホンダ / CBX1000
      不明 (1978年)
      • レビュー日:2020年6月20日
      • 乗車人数:2人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 4

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    威風堂々としたバイク故に歩行者からの視線を集めます。
    寒い日のツーリングはエンジンからの放射熱で暖かいです。
    不満な点
    夏のツーリング時、エンジンからの放射熱で信号待ちが地獄でした。
    所有当時、バイクが近くになかった時に「何に乗っているの?」と訊かれ、「CBX!」と答えるとCBX400Fと勘違いされる事が多かった。CBXと言ったら、私は旗艦モデルのCBX1000と思い込んでいたが、周りにはCBX400Fの方が人気だった。
    総評
    私はアップハンをCB750Fのセパハンへ、マフラーはKERKER製集合マフラーに交換していました。純正の排気音よりも乾いた良い音がしてましたし、結構な軽量化にもなりました。
    設計者の苦肉の策のようですが、ダイヤモンド型フレームが功を奏して空冷直列6気筒エンジンを美しく見せていました。もしダブルクレードルフレームだったら、これ程の見栄えはしません。
    バイクは10数台乗り換えましたが、手放した中では一番後悔しているバイクがCBX1000です。現在所有されている方は末永く大事に乗って下さいね。道端で羨望の眼差しを向けているオヤジの一人がきっと私です。
    (タイトル画像は以前に「ツインリンクもてぎ」の「コレクションホール」で撮影した写真です)

    走行性能
    無評価
    最高出力105PSを一般道で使い切る事はありませんでしたが、滑らかな吹け上がりは筆舌に尽くしがたい唯一無二の感動を覚えました。
    車重があり、コーナー手前でブレーキングするとフロントがノーズダイブして、尚且つ細めのフロントフォークが捩れて狙ったラインから外れアンダーステア傾向でした。
    乗り心地
    無評価
    タンクにはHONDAのエンブレムの下に「SUPER SPORT」のステッカーが貼ってありましたが、スポーツと言うよりもツアラー、クルーザー的な乗り心地です。
    積載性
    無評価
    バイクですから、高が知れたものです。
    燃費
    無評価
    実燃費で10km/ℓも走ったのか?記憶が曖昧です。
    故障経験
    キャブレターが6つもあるので燃調を同調させるのが私には無理で、泣き着き先のバイク屋でも大変だったみたいです。
レビューを投稿する

マイページでカーライフを便利に楽しく!!

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

まずは会員登録をしてはじめよう

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース