ホンダ ライフダンク

ユーザー評価: 4.05

ホンダ

ライフダンク

ライフダンクの買取情報を調べる

一番付き合いの長い車 - ライフダンク

マイカー

一番付き合いの長い車

イイね!
ホンダ ライフダンク
走行性能
前後純正スタビ、専用ショックで強化してあるので同距離のJB1と比べるとコーナーではかなり差が付きます。

エンジンもターボ付きなので、坂道等はお手の物。
不満を感じることは少ないです。
乗り心地
さすがに19万キロを超え、ショックが抜けてきたのでガタ付きはある。
運転席シートはアームレストが付いていて長距離で非常に楽。
燃費
カタログ燃費は17.0km/L(10・15モード)だが、実際は11~14/Lぐらい。

社外マフラーと走行距離、年式を考えれば十分かと。
レギュラー仕様だが、ハイオクを入れると目に見えて低回転トルクが出ます。
積載性
後部座席は分割可倒式で、かつシートが足元に格納できるタイプなので非常に良い。

普段車内で片側のシートを倒して寝ている。
NA8CやEP91のボンネットもシートを倒せば運べたので非常に便利。
故障経験
Aピラー及びリアハッチの雨漏り(定番のようです)
ミラー付け根の塗装剥がれはディーラーで2回直してもらいましたが、すぐダメになりました(どちらも新品交換)

O2センサーが17万キロ
サーモスタットが18万キロ
満足している点
19万キロ突破記念でレビュー

今見てもスポーティーな4眼ライト
ベースモデルのJB1より内装が格段に向上している(オーディオスペースの2DIN化等)
SOHCターボだが64馬力あるので、低回転から良く走る。

コラムシフトにより足元広々。あえてベンチシートではないのも好印象。

中古部品が格安で出回っており、カスタムしやすい。
不満な点
散々言われているがミッションが3ATしか設定されていない。
5MTがあればもっと売れていたはず。
高速道路はギアレシオの関係もありうるさい。

ライトは規格H1で暗い。
雨や雪が降るとノーマルバルブでは厳しく感じる。

総評
父親がスタイルに惚れ、母親が動力性能に惚れて買ってきた車。
なんだかんだで19年目

コアなファンが多いのか、カスタムパーツも多く、JB1のMTを移植している方もいる。

現在はかなりお手頃価格で購入でき、中古部品もたくさんあるので初心者の1台目には十分。

天井のクリア剥げ、運転席シートのへたり等経年劣化はありますがこれからも頑張ってもらいます。
関連情報URL:https://minkara.carview.co.jp/userid/1683422/blog/42855581/

レビュー一覧へ

レビューを投稿する

 

 

みんカラを始めよう!

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース