ホンダ SL125S

ユーザー評価: 5

ホンダ

SL125S

SL125Sの買取情報を調べる

クルマレビュー - SL125S

  • マイカー
    • うりpapa

    • ホンダ / SL125S
      不明 (1970年)
      • レビュー日:2020年7月9日
      • 乗車人数:2人
      • 使用目的:その他

    おすすめ度: 5

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    5年前後の放置期間を置いて、全身全霊、粉骨砕身、完全復活するために私の魂を全部注ぎ込んだ結果、これに応えるように復活を果たしてくれました。

    そして念願のオイルクーラーを取り付けることができ、とても満足です。
    これからはベストな状態を維持できるように日頃のメンテナンスをしっかりやります。
    そして、我が子のようにずっと大切にしていきたいと思ってきます。
    不満な点
    ◯ N→1と4→3→2のギアチェンジがとても渋いです。
    中古パーツの寄せ集めだから仕方がないのですが、スペアエンジン(旧メインエンジン)の方がスムーズです。

    ◯エンジンの回転が重い。
    スペアエンジンもそうですが、このエンジン特有の回転の上がりに重さを感じます。
    総評
    元々販売の珠数が少ないから、とても希少で貴重なバイクとなっています。

    高校生時代にグリーン色の中古SL125Sに乗るチャンスがあったにも関わらず、オヤジが勧める新車の誘惑に負けてしまい、ホンダ エルシノア MT125を買ってもらって乗りました。

    エルシノアはそれはそれでとてもいいバイクで楽しい記憶が多く残っています。
    しかし、ヤフオクで色違いのこのブルー色のSL125Sを手に入れるまでの40年近く、ずっーとSL125Sに乗らなかったことの後悔を引きずって生きてきました。
    ようやくこの忌々しい呪縛から解き放たれたというわけです。

    レストア シーズン1〜2を経て、私の魂を全てをSL125Sに注ぎ込みました。
    そんなことも含めてすべてが私にとっては最高のバイクであります。

    おすすめ度が5つ星となっていますが、皆さんがこのバイクに乗ることができる可能性がほぼほぼ0であることを思うと、強い優越感にどっぷりと浸ることができます(笑)

    走行性能
    無評価
    決してパワフルではないけれど、12psのパワーは一般道で他車に迷惑をかけない走りを実現するには十分です。

    回転がちよっと重苦しい感じがしてならないのが気になります ~ キャブレター調整で足掻いてみます。
    乗り心地
    無評価
    前後サスペンションの硬さやダンピング(まだ抜けていないようです。)はちょうど良い感じで、私の好みの範疇です。
    オフロードでのストロークは今時のオフローダーと比べると天と地ほどの差がありますが、オフローダー創成期のバイクだからこんなもんだと思います。

    リプロシートは思っていたより座り心地が良く、これなら日帰りツーリングは楽勝です。
    積載性
    無評価
    このバイクに荷物を積む想定は頭からありません。

    しかし、補修に係るパーツやツールを積むためのバッグをリアキャリアに取り付けています。
    燃費
    無評価
    梅雨が明けたら、思い切って日帰りツーリングを断行し、その際に燃費測定をしたいと思います。
    故障経験
    バッテリーは台湾製ですから、レストア シーズン1当時の一つ目のバッテリーと同様に、長持ちはしないでしょう。
    特に今回は充電圧がちょっと高すぎる感があり、バッテリーに相当の負担がかかっていると思います。
    そのために、予備の新品バッテリーを用意周到のごとくストックしていますので、心配御無用です。

    オイルクーラーのライン上にあるオイルフィルターのケース周辺からのオイル漏れなど、レストア・カスタム完成直後の不具合や問題は継続調整により解消しつつあります。

    キャブレターのセッティングは時間を要しますので、今は何とも…
  • マイカー
    • SLブラザーズ

    • ホンダ / SL125S
      S ブルー (1970年)
      • レビュー日:2014年9月23日

    おすすめ度: 5

    • エクステリア5
    • インテリア5
    • 装備5
    • 走行性能5
    満足している点
    とにかく、珠数が少なくて、超希少車ということが言えます。高校生の時に乗りたくても乗れなかったバイクを今、鼻の穴を拡げながら乗っていることが生きている喜びに繋がっています。このバイクを欲している方が少なくないことは周知の事実です。
    不満な点
    カタログ燃費を入力できないので、ここで申し上げます。なんと、60km/Lなのであります。すごい数字です。しかし、手放しでは喜べません。30km/hでの定地走行上の数値だからです。誰が原チャリと一緒に走るんでっか?
    総評
    総じて、すんばらしいの一言しかないでしょ!?
レビューを投稿する

マイページでカーライフを便利に楽しく!!

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

まずは会員登録をしてはじめよう

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース