ホンダ トルネオ

ユーザー評価: 4.34

ホンダ

トルネオ

トルネオの買取情報を調べる

クルマレビュー - トルネオ

  • マイカー
    • ぷらっち!

    • ホンダ / トルネオ
      Euro-R(MT_2.2) (2001年)
      • レビュー日:2021年3月17日
      • 乗車人数:2人
      • 使用目的:スポーツ走行

    おすすめ度: 5

    • デザイン5
    • 走行性能5
    • 乗り心地5
    • 積載性5
    • 燃費5
    • 価格5
    満足している点
    ノンターボながら2.2Lのトルクフルなエンジン
    ネオクラッシクなデザイン
    トランクにタイヤ4本詰める積載性
    ランニングコストの安さ
    稀少性
    不満な点
    過走行車ゆえのエンジンオイル消費(V-TECは多い)
    ちょっとした故障が多い
    社外のエアロパーツが稀少(K's SPEEDのバンパー欲しい)
    総評
    街乗りもできて、サーキットもそこそこ走れて、車中泊もできる(リアの背もたれ取っ払ってフラットにしてます)万能な車。
    デザイン
    5

    デザインだけで購入したと言っても過言ではない!程よく角ばった感じが良い。
    走行性能
    5

    エビス東の登り勾配ストレートで3速に入れても失速しないパワー(画像は本庄だけど)
    乗り心地
    5

    前後ダブルウィッシュボーンのサスペンションのお陰で快適。東京から自走で北海道(大間~函館間はフェリー)一周しても疲れない純正レカロシート。
    積載性
    5
    ユーロRはリアシートの背もたれのセンター部が倒せて2m超のモデューロ製のセンターパイプも詰めるし、トランクにタイヤ4本詰める。
    燃費
    5
    H13年式の車でカタログ値220馬力の車としては異例の低燃費。個人の過去168回の燃費記録として最高燃費は北海道の下道のみで17.93 km/Lを記録。最低はサーキットで4.02 km/L。平均で11.35 km/L。
    価格
    5
    新車価格250万円でこんなに出来の良いスポーツミドルセダンは他になし。CL1の平均中古売り出し価格は購入時はマイナー車ゆえに50万円前後で推移していたのが今では100万円前後に。5年後には北米輸入規制25年ルールの対象車に。ワールドワイドなアコードとは違い、日本専売モデルのトルネオユーロRは特に値段が上がりそう。
    故障経験
    クラッチレバー折れ
    ブレーキペダルストッパー粉砕
    クラッチペダルストッパー粉砕
    オルタネータ調整ボルト脱落
    フロントガラス飛び石ひび割れ
    バッテリー上がり3回
  • マイカー
    ホンダ トルネオ
    • バレノア

    • ホンダ / トルネオ
      Euro-R(MT_2.2) (2001年)
      • レビュー日:2021年2月25日
      • 乗車人数:5人
      • 使用目的:スポーツ走行

    おすすめ度: 5

    • デザイン4
    • 走行性能4
    • 乗り心地4
    • 積載性5
    • 燃費3
    • 価格3
    満足している点
    スタイル、走りなど
    不満な点
    車重が重めなので、もう少し軽ければ
    総評
    総評として申し分ないですが、いかんせんアコードよりもフロントエアロがない。
    他はアコードと共通ですが、もっとトルネオ用のフロントエアロを出してほしかった。
    デザイン
    4
    古臭いイメージは年式からしてしかたがないです。
    走行性能
    4
    パワーはありますが、もう少し軽ければ…。
    乗り心地
    4
    ショックを硬めにしているので、振動は結構します。
    積載性
    5
    意外とトランクに荷物が積めます。
    燃費
    3
    スポーツカーにしては良いほうだと思います。
    価格
    3
    現在もユーロRはいい値段がします。
    故障経験
    オイル漏れ
    マスターシリンダー交換
    クーラントホース破れ
  • マイカー
    • ゆきワークス

    • ホンダ / トルネオ
      Euro-R(MT_2.2) (2001年)
      • レビュー日:2020年12月31日
      • 乗車人数:2人
      • 使用目的:スポーツ走行

    おすすめ度: 4

    • デザイン4
    • 走行性能4
    • 乗り心地3
    • 積載性4
    • 燃費3
    • 価格
    満足している点
    ・数少ないVTECエンジン搭載車。
    ・シンプルだけも飽きないデザイン。
    ・街乗りも◯、サーキットやジムカーナでも十分走ることができる。
    不満な点
    ・ホイールベースが長い為、小回りが効きにくい。
    ・シビック・インテグラと比較するとあまり高回転まで回らない。
    ・社外パーツは少なめ?&純正部品の廃盤が少しずつ出てきた。
    ・マフラーのタイコの位置が低すぎる。
    ・トランクを外から開ける手段がキーレスしかない。
    総評
    おとなしいデザインですが、決して古臭さを感じず、見た目以上の走りができてとても良い車です。
    今の車と比較すると装備面で劣る所は多少ありますが、街乗り+サーキット&ジムカーナという使い方には十分楽しむことができます。
    距離を走ってる為、メンテナンスもたくさん必要ですが、ノーマル+αでたくさん楽しむことができます。
    デザイン
    4
    今の車ではなかなかないボンネット・トランクが長く、フロントが低めのデザインでカッコいいです。
    FF車なのにボンネットが長い為、整備性も高く◯。
    内装もシンプルなものの、古臭さを感じないのが◯。
    マフラーのタイコの位置が低めなので、そんなに車高下げてなくても輪止めを気にする必要はあります。
    走行性能
    4
    VTECに入った瞬間の加速が強烈で、今まで乗ったことのあるEK4シビックやDC2インテグラと全く異なるフィーリングです。シビックやインテグラよりもVTEC入った時は面白いかも?
    ただ、エンジンはシビック・インテグラほど回らないので、サーキットによってはVTECを外しがちです。
    サイドブレーキがしっかり効けばジムカーナも楽しいです。
    乗り心地
    3
    納車時から車高調が入っており、かなり硬めですが、不快なほどの乗り心地ではありません。
    ただ、あまりサスペンションが変わった車に乗ったことがない人にとっては厳しいかも。
    この型のアコード・トルネオでは定番だと思いますが、エアコンのエアミックスモーターからの異音がややうるさいです。
    積載性
    4
    トランクはかなり広めで荷物をたくさん積むことができて◯です。
    トランクスルーも付いているので長いものでも乗ります。
    トランクを外から開ける手段がキーレスしかないのが△。
    燃費
    3
    自分の使用用途だと、基本的に10km/L前後。
    高速メインだと12km〜13km/L。
    思ったより伸びないです。
    価格
    無評価
    トルネオ自体の数が少ないので、車両の状態により価格はかなり変わってくると思います。
    故障経験
    2001年式で20万km以上走行の為、経年劣化関係のトラブルはありました。
    ・ディストリビューター
    ・タペットカバーパッキンからのオイル漏れ
    ・ブレーキホース裂け
  • マイカー
    ホンダ トルネオ
    • 狄雲@パーツ難民

    • ホンダ / トルネオ
      Euro-R(MT_2.2) (2001年)
      • レビュー日:2020年7月26日
      • 乗車人数:5人
      • 使用目的:スポーツ走行

    おすすめ度: 5

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    5人乗れるし、トランクも大きい。
    不満な点
    パーツ供給が終了している物が多い
    総評
    普通の車のフリして走れます
    積載性
    無評価
    トランクに大人が一人簡単に入ります。
  • マイカー
    • もんこち

    • ホンダ / トルネオ
      Euro-R(MT_2.2) (2001年)
      • レビュー日:2019年2月13日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 5

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    特筆すべきは価格の相場です。タイプRに押されているためか、かなり安価です。
    当方乗り出し98万で購入しましたが、それでも相場よりはやや高めかと思います。新車価格はEK9やDC2、DB8より高かったですが、中古相場は逆転しています。しかもタイプRとは違ってゴリゴリに乗り潰す人も多くなかったようで、比較的状態の良好なタマが多い印象です。
    しかも標準装備が中々豪華なのもポイントです。特に純正でレカロのセミバケが入っているのは魅力と言えます。よほどのことが無い限りシートは交換しなくてもいい気がします。

    また、チューニングパーツは2019年2月現在では意外とまだ出ています。カスタムの余地は十分にありそうです。

    VTEC搭載ですが、これは麻薬です。痺れます。もう普通のクルマには戻れないかも…。
    但し燃費に相当影響しますので、VTECに入れるのはほどほどにしましょう。

    アンテナはリアガラスプリントなので、ルーフには突起物がありません。自動洗車機でも安心です。
    キーレスエントリーも標準でついてます。しかもトランクもキーレスで開けられるのが地味に助かります。

    実用性は抜群です。「黙っていればファミリーカー」の渾名(?)は伊達ではありません。
    きちんと4人乗れますし、積載能力も充分にあります。小物入れもそこそこあり、アームレスト部の収納に大量のCDが入ります。静粛性も、窓を閉めていれば室内はかなり静かで快適です。乗り心地は普通車と比べれば硬めでしょうが、乗っていてうんざりするということは無いかと思われます。燃費もスポーツカーとしてはかなり優秀な部類(10km/Lは堅調)かと思われます。
    車格は高さ以外5ナンバー目いっぱいと考えれば大丈夫です。エンジンが2200ccになったついでなのか、フロントバンパーのナンバープレート台座で全長が、オーバーフェンダーで全幅が5ナンバー要件を超えていますが、どちらもオマケ程度です。
    不満な点
    シートポジションが微妙です。
    当方の体格ですと、シートを一番前にスライドしてクラッチが丁度よく踏めるのですが、そうすると体勢によってはステアリングコラムカバーに膝が当たります。かといってシートを下げるとクラッチが届かない…という悶々とするポジションです。
    2019年2月現在、ローポジションシートレールを販売しているメーカーもあるようですので、場合によっては交換を視野に入れた方がいいかもしれません。
    また、シートが非常に倒しにくいです。リクライニング機構の場所も分かりづらく、しかもレバーではなくダイヤル(?)式で、正直疲れます。あれだけはどうにも不便です…。

    特に実感はしていませんが、車重は1.3tあり重めみたいです。特にフロントヘビーの傾向が…。走りに拘るのであれば、エキマニの交換やFRPボンネットなど軽量化も考えるべきかと。(執筆時はどちらも一応売ってるところはあります。)

    アコード以上に影が薄いこともあるのか、発売当初の頃は存じませんが、現在はエアロパーツはほぼありません。まだアコードワゴンなどは比較的扱いがありますが、ボンネットなど形状が異なる為そのままでは流用できません。
    外装に興味がある方はアコードの方がいいかもしれません。

    下らない話では、後ろ側は初心者マークが真っ直ぐ貼れるほどのスペースが無いので、斜めに貼らざるを得ないというのはあります。
    また色々レアなので他の人に判って貰えるかは微妙です。オッサンには受けますが、若年層には大体「掃除機?」と言われます。そこは覚悟してください。

    まだ自分自身は修理に出したことが無いので断言はできませんが、やはり部品は出なくなってきているようです。今後は尚更争奪戦になってくるものと思われます。
    総評
    見た目にはインパクトは余りありません。
    しかし、欧州向けの「アコード タイプR」の正統進化であるこのクルマ。秘めたるポテンシャルは想像以上です。
    赤ヘッドのH22Aエンジンはホンダの本気の証。
    純正レカロシートや純正momoステアリングなど気合充分な標準装備があなたを待っています。
    4名乗車余裕な広々とした室内。タイヤ4本積載も可能なトランク。ドリンクホルダーや小物入れも充実。燃費、乗り心地も良好。
    このスポーツ性能と実用性を兼ね備えた、余裕な大人のパッケージこそが、「ユーロR」なのです。
    タマ数の減少、また価格の上昇といった話も散見されます。
    お買い得な今のうちに。あなたも大人な4ドアセダンの魅力に気付いてみませんか。
    走行性能
    無評価
    きびきび走ります。
    EPS(電動パワステ)の重さを3段階に変えられる余計な…もとい優秀な機構が備わっているので、気分と状況に合わせて重さを変えられます。(例:駐車場では軽め、高速道路では重めなど)
    但しこの装置は停車しないと切り替わらないので、高速に乗る時はETCだと止まらずに通過してしまうため事前に変えておく必要があります。
    また、H22Aエンジン搭載ですが、VTECは痺れます。日常生活では余りお世話にならないと思いますが…。力強いエンジンで安心感があります。
    強いて言うならば、5速だと高速等はちょっと苦しい場面もあり、もう1速欲しかったな~とはちょくちょく感じます。
    6速が譲れない方は後継のCL7が向いているかも。
    乗り心地
    無評価
    流石に昨今の普通車と比べれば硬いと思います。
    ですがガチガチということはありません。
    また運転席及び助手席には純正のレカロ製セミバケが入っているので、ホールド感は抜群です。
    何人か友人を助手席に乗せましたが、専ら好評です。
    積載性
    無評価

    見かけによらず、トランクはかなり広いです。
    自分はうまく載りませんでしたが、タイヤ4本ちゃんと載るという話も聞きました。
    但しトランクスルーは申し分程度です。
    燃費
    無評価
    10km/Lは余裕かと思われます。
    当方は高速や広域な国道などを走行する機会が多いということもあるかもしれませんが、15km/L近い計算になったことも多々あります。
    スポーツカーとして捉えれば相当優秀な方かと思われます。
    故障経験
    整備渡しでまだ半年も乗っていないので、これといったトラブルは遭遇していません。
    部品は減ってきているようですので(外装部品は特に絶望的です)、今後のことを考えると戦々恐々としています。

前へ12345678910次へ >

<< 前の10ページ次の10ページ >>

レビューを投稿する

マイページでカーライフを便利に楽しく!!

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

まずは会員登録をしてはじめよう

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース