ジャガー Fタイプ コンバーチブル

ユーザー評価: 5

ジャガー

Fタイプ コンバーチブル

Fタイプ コンバーチブルの買取情報を調べる

クルマレビュー - Fタイプ コンバーチブル

  • マイカー
    • JOH_Jag

    • ジャガー / Fタイプ コンバーチブル
      Fタイプ_RHD(AT_3.0) (2013年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:2人
    • レビュー日:2015/03/25
      使用目的:その他
    • 走行性能

      エンジンはV6 3.0ℓ + ルーツ式スーパーチャージャー。
      パワーは340ps/6500rpm、トルクは45.9kgm/2500rpm。



      ドライバーズシートの乗り込み、エンジンをかけるとタコメーターがレッドまで振り切れ
      エンジンから咆吼があがります。

      トランスミッションは ZF-8速クイックシフト。
      シフト速度は必要十分レベルで、レスポンスもアクセルの踏量に応じて素直なレスポンス。

      最近の車にありがちなモード機能として「Dynamic」モードを備えます。
      これはなんちゃってではなく、マフラーのバイパスバルブが開き、
      音量が上がるだけでなく重低音に変化し、エンジン、シフトチェンジのレスポンスが
      鋭くなり、車内には快音が響き渡り、アクセルオフでアフターファイア音、
      シフトアップ時に「ボッ」という音を発し、背中を押されるような加速が体験できます。

      乗り心地

      Jaguar得意のアルミボディーを持ち、コンバーチブルとは思えない高剛性を持ちます。



      V8モデルに比べて頭が軽く、前後50:50の重量バランスからステアリングはシャープで、
      思ったとおりに正確なラインをなぞることができます。
      後輪のトラクション感も十分で、まさにFR車のお手本といえる乗り心地です。
      先代の車がマツダ NBロードスターという最高レベルに楽しいFRスポーツでしたが、
      F-Typeも走る楽しさは十二分です。

      20インチ(オプション)の足回りは街乗りではゴツゴツと硬めの印象ですが、
      高速道路での突き上げはしっかりと抑えてくれるため、不快感はありません。



      車幅は1925mmと非常に広いですが、前述の通り思ったとおりに操作でき、
      その車幅でいて最小回転半径は5.2mという扱いやすさも備えています。

      燃費

      燃費はシチュエーション毎に以下のような感じです。
       一般道を燃費走行 : 9km/ℓ、
       一般道を通常走行 : 8km/ℓ弱、
       一般道の渋滞時  : 6km/ℓ、
       高速道路       : 12km/ℓ

      このクラスの車両にして良い燃費であると評価しています。
      何気に低排出車であるところもポイントです。

      積載性

      皆無です。
      積載性を求めるのであれば厳しいかと思います。

      よくラゲッジの容量をゴルフバックが入る個数で表しますが、
      F-Typeは堂々の「0」です。
      積載能力の低さに加え、荷物を積みにくい、薄く、複雑な
      形状をしていることが使い勝手の悪さに拍車を掛けます。



      フェラーリ カリフォルニアやアストンマーティン バンキッシュのように
      +2シーターといったものもない、ピュア2シーターのため、
      車内にも積載能力はありません。
      (+2シーターの位置にはソフトトップが収まります)

      故障経験

      約11ヶ月、走行距離43000kmですが、
      スーパーチャージャーのベアリング、ベルト交換程度で故障はありません。

      ベアリングは交換必須レベルではなく、かすかに異音がするので
      保障で交換します、といったレベルです。
      ベルトは上記作業時の人的組み込みミスで磨耗し、こちらも保障で
      無料交換した、といったレベルになります。

      満足している点

      当然走行性能、操作性に満足いっていますが、
      それらに加えて以下の点も評価できるポイントです。

       ・ルーフは12秒で開閉でき、50km/h程度であれば走行中も開閉可能
       ・空力を意識した埋め込み式のドアハンドル
       ・DUCATIにマフラーを供給するサプライヤーが開発したマフラーからの官能サウンド
       ・2013年ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤーに輝いた
        ロングノーズ、ショートデッキ、ワイドアンドローの完璧なスタイリング

      不満な点

      個人的には「なし」と言いたいところですが、
      あえて不満な点を上げるとすれば以下でしょうか。
       ・フロントオーバーハングが長いため、フロントスポイラー下を段差で擦る
        (きちんと速度を落とし、気をつければ対処可能)
       ・重量が1730kgと重い
        (動作は軽やかでスポーツ走行でもなければ気にならない)
       ・オプションに頼らないと樹脂製パーツが目立ち安っぽい箇所がある
        (後付オプション等でもケア可能)
       ・ミッションはPDKなどとは比べると詰めが甘い
        -シフトアップ時のショックはそれなりにある
         (「それらしい」というメリットともとれます)
        -ブリッピング後のシフトダウンがややもたつく
         (こちらもスポーツ走行でなければ気にならないレベル)

      総評

      オーダー時には細かな内装色や仕様を決めることができ、
      自分だけの一台を作り上げることができます。



      また、これだけのパフォーマンスを持ちながら、
      (決して安いとは言いませんが)かなりのお買い得価格です。

      その他細かい紹介についてはまとめ記事も作成していますので
      そちらをあわせてご確認頂ければと思います。

      以上です。
      F-Typeオーナーが増えることを祈ってレビューを締め括らせて頂きます。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評

 

 

みんカラを始めよう!

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース