カワサキ Ninja1000ABS

ユーザー評価: 4.75

カワサキ

Ninja1000ABS

Ninja1000ABSの買取情報を調べる

新車  17年モデル ninja1000 - Ninja1000ABS

マイカー

新車  17年モデル ninja1000

イイね!
走行性能
アイドリング時で近所に音が響
アクセル5mm捻れば住宅街に反響しまくる
それだけで速さが伝わってきます
モードもありますが私は『L・2・3』しか
使っていません
まだ1モードは無理です
新車時4000回転の縛りがあるので
高速で100キロ走行をしましたが
6速シフト40キロから普通に
シフトチェンジせず100キロまで出せます
下道60キロ走行でも6速で余裕です
走り出すまで鉄の塊ですが
走り出したら素直に答えてくれます
ハンドリングはかなり重く
体を使わないと曲がるのも大変です
カワサキ特有なのか身体のバランスで
操作するのが正しいのかなと思います
エンストは起こりにくいですが
ギアの入りには癖があります
パタン、パタンといった音が大きいです
慣れれば素直に反応してくれる
乗りやすいninja1000です
乗り心地
セパハンですがバーハンに近いので
前屈になるのは高速などの時くらいです
もう少しハンドルが高ければ腕や手首に
力を入れずに走れるかもです
私はお尻が痛くなりませんでしたが
渋滞に巻き込まれ背中と首、腕が辛かったです
振動もハンドルに響
穏やかなバイクでは無いそう思いました
右足側にファンが回ると右足側に
熱風が直撃します
炎天下の渋滞に熱風は地獄でした
水温計の上昇も体験しました
かなり高温で途中不安になりました
ファンはかなり大きい音がするので
最初びっくりするかもです
轍も拾いやすいので注意が必要です
燃費
450キロ走破しましたが
平均リッターあたり16キロ
高速で18キロ程度ではないでしょうか?
メモリ1つになっても6リットル程度
残っていましたので100キロ程度
まだ走れる感じです
ホンダ車と比べたら厳しいですけど
こんなもんじゃないでしょうかね?
因みにハイオク仕様です
積載性
何も付けなければ無いです
シート下もETCと車載工具、ギリ車検証だけです
私は純正パニアケース(28ℓ×2)
ゴールドウィンタンデム出来るバック(22ℓ)
同じく(72ℓ)合わせ
タンクバック(6ℓ)の合計156ℓ
積載可能にしています
北海道にツーリングはこれ位必要ですので
普段はパニアかタンデムバック
近場の些細な時はタンクバックと
肩がけバックだけです
故障経験
納車の時に自宅まで着いた時に
頑張ったのですが緩やかな立ちゴケで
左サイドカウル(ブラック部位)3箇所を
ガリガリにしてしまいました
クラッチレバー塗装剥がれ
ミラー2箇所スレ小
マフラー下側塗装剥がれ小とエキパイスレ小
目立つほどでは無いですが
スライダー注文していましたが
在庫無く納車が先になり
意味の無いオーダーになりました
満足している点
とにかく威圧的!
かなり目を惹きつけるが目線逸らされる
パニアケース付ければ迫力倍増し
141psの大型のパワーは持て余し
所有する喜び
不満な点
引き回しなどかなり重いです
慣れてる方なら楽?なのかもですが
右のハンドルまで手を伸ばすのがやっとです
小柄の女性では停車時の方向転換など
難しいのでは?と思います
総評
大型全般に趣味の世界なので
余程好きじゃなければ乗れません
初心者用的なバイク扱いで全てに80%
という扱いを受けてますが
プロレーサーでさえ20%も性能出せないと
聞かされました
そんな上限にこだわらずとも
素人には手なずける余裕すら無いです
正直私にはモンスターにしか感じません
色はグリーンなら直ぐわかるのですが
ブラックは異様に映るようです
楽しい存在と違い威圧感ありますので
あまり周囲の方達に敬遠されがちです
ダークなイメージは悪く無いですが
ちょっとかわいそうな気がします
そんなninja1000ブラックです
関連情報URL:https://minkara.carview.co.jp/userid/1439533/blog/39972375/

レビュー一覧へ

レビューを投稿する