カワサキ ニンジャ650 ABS KRT Edition

ユーザー評価: 4.8

カワサキ

ニンジャ650 ABS KRT Edition

ニンジャ650 ABS KRT Editionの買取情報を調べる

クルマレビュー - ニンジャ650 ABS KRT Edition

  • マイカー
    カワサキ ニンジャ650 ABS KRT Edition
    • TOM@あん摩屋

    • カワサキ / ニンジャ650 ABS KRT Edition
      Ninja 650 KRT EDITION (2020年)
      • レビュー日:2021年2月19日

    おすすめ度: 5

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    軽い。
    不満な点
    積載性
    総評
    よいと思います。
  • マイカー
    • ぴろき33

    • カワサキ / ニンジャ650 ABS KRT Edition
      KRT Edition (2017年)
      • レビュー日:2020年11月17日
      • 乗車人数:2人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 4

    • デザイン5
    • 走行性能4
    • 乗り心地3
    • 積載性1
    • 燃費4
    • 価格5
    満足している点
    性能が日本の道路事情に丁度良い。ミドルクラスなのに他社よりやや安め。ポジションが楽。見た目が良い。
    不満な点
    丁度良いの裏返しとして個性が無い。3000~4000rpmにて微振動が発生する。荷架けフックが少なめ。現行はLED化していますが、17年モデルはテールライトしかLEDになっていない点。
    総評
    フルカウルのツーリング好きにはお勧めできるバイクです。
    一言で言えば、スポーツな見た目が好きで、ツーリング大好きな方のためのバイクだと思います。

    ツーリングメインで考えると、ポジションも楽で長距離を走るのに打ってつけです。

    峠道でもそこそこスポーツ走行も出来るので、ツーリングの出先で、さほど持て余すことのないパワー内で気持ち良く走ることができます。

    また、シート高が低めなので低身長の方や女性の方にもオススメです。
    さらに、250ccや400ccからのステップアップや、免許取りたての方でも、無理なく堅実に扱えるという意味でおススメできる大型バイク(ミドルクラス)です。

    良く言えばスポーツとツーリングの中間を狙ったバイク、悪く言えば中途半端で何か突出したものが無いバイクです。

    この辺は個人の考え方で賛否あると思いますが、個人的にはこの中途半端感は日本の道路事情にピッタリで好きなので、ずっと乗っています。

    この下忍、中忍、上忍のNinjaシリーズはこの中途半端なところが魅力だと思います。
    デザイン
    5
    見た目は私好みなのでコレだけで買った価値はありました。
    大きさは小さな大型バイクと言うことで、パッと見250㏄と見間違えるかも知れません。
    でも、そこが良いんです。
    走行性能
    4
    日本の道路事情を考慮すれば、物足りなさもなく、持て余すことも無いという丁度良さが秀逸です。
    悪く言えば中途半端ですが、サーキットを走り回るわけではなくツーリングメイン、日常使いメインであれば、必要十分な走行性能です。
    高速での追い越しも余裕がありながらも、かと言ってリッタークラスの様に回せないフラストレーションも感じません。
    軽さも乾燥重量197kgと比較的軽めなので、取り回しも苦になりません。
    ただ、シートは厚くないので2時間くらいでお尻が悲鳴を上げるかもしれません。
    乗り心地
    3
    サスペンションはツアラー寄りでマイルド。
    ツーリングメインな方にはピッタリです。
    ただ、3000~4000rpmでは細かい微振動が発生します。
    古いアクションカメラをマウントしていると、凄くブレてしまうほど揺れるのはマイナス点です。
    ただ、人間的にはさほど気にならない微振動なのが不幸中の幸いではあります。
    積載性
    1
    悪いです。
    バイクなので当たり前ですが…。
    シート下は車検証くらいのスペースのみ、タンデムシート下はETCに占拠されてはいますが、車載工具と荷掛けネット位なら入ります。
    ただ、積載性はどんなバイクもさほど変わらないですね。
    特にフルカウルなら似たり寄ったり。
    この辺りは、サイドバッグ、シートバッグで補うのは必須ですね。
    燃費
    4
    さすがにカブの様な燃費は出ませんが、平均20~25kmといったところです。
    燃料もレギュラーなので、財布に優しいのは非常に好感が持てます。
    高速巡行なら平均30km以上行きます。
    価格
    5
    ミドルクラスで、この性能なら、比較的安い部類に入ると思います。
    スズキほどではないですが、カワサキは意外に値段頑張ってる印象が持てます。
    このクラスの話です。
    故障経験
    3年目に1度だけ、夜の奥多摩でバッテリー切れを起こしレッカーにジャンプスタートしてもらいました。
    それ以外は一切何も起きていないです。
  • マイカー
    カワサキ ニンジャ650 ABS KRT Edition
    • ららしむ

    • カワサキ / ニンジャ650 ABS KRT Edition
      Ninja 650 KRT EDITION (2020年)
      • レビュー日:2020年10月2日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:通勤通学

    おすすめ度: 5

    • デザイン5
    • 走行性能3
    • 乗り心地4
    • 積載性2
    • 燃費5
    • 価格4
    満足している点
    維持のしやすさ。豪華装備がないが故のコスパの良さ。
    不満な点
    足回りがよくない。街乗りではいいが、ワインディングに出かけるとバタバタする。
    総評
    スポーティーツアラーを謳っているが、全体的には街乗りバイク。もちろん650の排気量があるので高速道路は普通に走れるし、峠道の登りも楽々。だがしかしフワフワするフロントサスペンションがどうもこのバイクの全体のレベルを下げてるようにしか思えない。
    デザイン
    5
    忍者兄弟の顔。好きな人は好きだし(自分)、没個性だと切り捨てる人もいるだろう。
    走行性能
    3
    街乗り100点、峠60点、まったりツーリング100点といったところ。
    乗り心地
    4
    ふわふわしたサスペンションのおかげで市街地などは非常に乗りやすい。ハンドルもそこそこ切れるのでUターンも良し。ただしスピード域が上がってくるとこれが仇になる。
    積載性
    2
    今流行りのケツの小さいカウルモデル。お察しください。
    燃費
    5
    暴走するような走り方でなければ街乗りで22~25km/L、ワインディングでは25~28km/L。下道まったりツーリングでは30km/Lを超えることもある。
    価格
    4
    CBRと比較されがちだが正直向こうほど車体の完成度は高くないが、ツインの心地よさがそのまま常用域での乗りやすさに繋がっている。650とは思えないほど取り回しも楽なので、大型初という方。リッターオーバーに疲れた方におすすめ。
  • マイカー
    • BBトシ

    • カワサキ / ニンジャ650 ABS KRT Edition
      不明 (2020年)
      • レビュー日:2020年8月21日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 5

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    174cmの私ではベタ足で、乗りやすい。初心者でも運転しやすいと思います。まあ私自身初心者ですが😅オプション着ければそこそこ積載有り。
    総評
    評価はこれから走りながらですかね
    積載性
    無評価
    私は肩こり性&首が弱いのでリュックは背負いたくないので、オプションでタンクバック リアシートバック サイドパニア付けてるのでそこそこ積載出来るかな?
  • マイカー
    カワサキ ニンジャ650 ABS KRT Edition
    • 留め具10

    • カワサキ / ニンジャ650 ABS KRT Edition
      KRTエディション (2017年)
      • レビュー日:2019年9月23日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:買い物

    おすすめ度: 5

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    コンパクトで使い勝手が良いバイクです。コンビニにタバコを買いに行ったり、ドラッグストアに2Lのペットボトルを購入しに行ったりと普段の足としても重宝しています。
    また、200キロ程度のツーリングにも使用しましたが高速走行を含め不満はありませんでした。必要最低限のパワーが確保されています。
    大型初心者の方やリッター以上のバイクだと疲れちゃう様なおじいちゃんライダーにもお勧めです。
    不満な点
    慣らし中ゆえ3000回転以下で走る機会も多いから感じるのでしょうが、3000回転以下の極低回転域のトルクがもう少しあればと思います。
    (慣らしが終われば多少回せばいいので気にならなくなるかもしれません)
    鍵位置がタンクに近いので、他のカギを一緒にしているとハンドルを切ったときに暴れてタンクに傷がつく所。
    総評
    新車価格も80万程度とかなり安いのし、使い勝手が良いのでお勧めです。
    コンパクトな車体なので、大型バイクの存在感が欲しい方にはお勧めできません。
    走行性能
    無評価
    爆発的なパワーはないが6000回転も回せば結構な力があるので十分じゃないかと思います。
    6000回転縛りで慣らし中なのでそれ以上は慣らしが終わった後で・・
    積載性
    無評価
    トップボックスをつけたので、チョットした買い物ならば問題ありません。
    ノーマルのままだと積載性はほとんどなかったありません。
    燃費
    無評価
    街乗りに使っていると20程度でしょう。長距離だと24程度かと思います。
    故障経験
    なし
レビューを投稿する

マイページでカーライフを便利に楽しく!!

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

まずは会員登録をしてはじめよう

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース